Zoom ビデオ プレビュー ダイアログ。 ラングランドのオンラインレッスン(ZOOM)

2,000円ちょいでかんたん「Zoom映え」、女性記者がスマートLEDで実践!

Zoom ビデオ プレビュー ダイアログ

読書と編集 千葉直樹です 閉塞感と戦っているみなさんへ 札幌はすすきのも人が少ないみたいです。 人が少ないからこの機会に出かけてお金を使ってなんとかして経済を回そうという人たちもいます。 人が少ないので危険度は高くないという考え方もできるし、いつもは混雑していてなかなか入れないお店にも入れたりして、それはそれで良いなあと思います。 とはいえ、人が集まりすぎるとそれはそれでひとつのリスクになってしまうのが辛いところです。 それにしても、閉塞感とか、警戒感とかそういうストレスが本当は一番大変ですよね。 そんなわけで、少しはストレス解消になるかもしれないということで近いうちに仲間内でオンライン飲み会をやろうかなあと思っています。 オンライン飲み会ってなにが楽しいんだってことはまあやってみないとわからないんですけど、とりあえず雑談をするっていうのも少しはストレス解消になるんじゃないかなあということで。 どんな環境を使うのか? ツールは最近すっかりメジャーになったを使おうということにしているのですが、せっかくの飲み会なんだから少し遊び心を入れてみるのが良さそうです。 みんなね、オンラインで顔ださない方法ないかなと考えていたりすることがあると思うんですけど、ビデオをオフラインにしちゃうというのもちょっと寂しいじゃない? というわけで、アバターをかぶって飲み会をやる。 手軽に。 という話をします。 手軽にと言ってもそれなりに準備がいるし、このやり方は2000円弱のお金がかかります。 パソコンもお仕事用の最低限仕様ではできないかもしれません。 僕がやってみたのはWindowsだけです。 Macでも多分できると思いますけどまだやっていません。 残念ながらMacではFaceRig使えないみたいです(20200312追記)。 まあこんな条件でもやってみようという方はやってみてください。 準備1 Zoomを導入 に行って、サインアップしましょう。 無料です。 たぶんGoogleアカウント(Gmailアドレス)か、Facebookアカウント持っているでしょうから、それを使ってもいいですよ。 新しく登録するとパスワードを新しく作ることになってまたひとつ管理するものが増えるので、既存のアカウント連携を使うのがいいです。 そのかわりGoogleアカウントとかFacebookアカウントとかは死守する。 二階層認証は絶対! サインインすると自分でミーティングをホストすることができるようになります。 プロフィール設定したり、背景隠したりもできるようになるのでオススメです。 サインインすると一番上、右の方に「ミーティングを開催する」っていうのがありますからね。 そこから「ビデオはオン」っていうのを選びます。 すると、こんな画面になりますので、Zoomのアプリケーションをダウンロードしましょう。 僕はすでにダウンロード済なので「Zoom Meetingを開く」を押しちゃいますけど、全く初めての人はダウンロードしてください。 特に問題がなかったら、Zoomのアプリケーションが起動して、さらにミーティング画面が開くと思います。 出てくるダイアログの「コンピュータでオーディオに参加」をクリックする。 これでたぶん自分の顔が映っていると思います。 ひとりミーティング状態ですね。 顔が映らなかったらなにかおかしい。 そこはなんとかして解決してください。 状況によるので全部はかけません。 ここまで不安だという方はというのをやっていますのでご利用ください。 僕の身の回りではほとんど問題が起こったという話は聞きませんが。 で、このひとりミーティングは終了しておきます。 終了しないとあとの手順がうまくいきませんからね。 準備2 FaceRigをインストール っていうアプリケーションがあります。 こういう説明がある。 WebCamに映った顔を認識して、アバター動かしてくれるアプリケーションです。 これを使います。 これ、っていうゲームのプラットホーム上のアプリです。 Nitendo SwitchとかPlayStationとかはハードウエアプラットホームですけど、パソコン上にソフトウエア的にゲーム用プラットホームを提供するものです。 この時点でね、会社のパソコンとかには入れられないでしょうね。 これは会社が悪いので諦めましょう。 で、とにかくSteamをインストールします。 右上にSteamをインストールってありますからね。 インストールしたらSteamのアイコンがデスクトップにあるはずなので起動して、サインアップしてください。 ここちょっとめんどくさいですけど、一度は通る道です。 無事にサインアップできたら、ストアっていうのがありますから、そこの右上あたりの検索窓から「FaceRig」って入力してください。 こんなふうになると思います。 1480円ですね。 クレジットカードなり、コンビニでSteamプリペイドカードを買ってくるなりして支払えるように用意しましょう。 で、この1480円のところを選ぶと、FaceRigのページに行きます。 で、いろいろ読みながら下の方にスクロールしていくと、「カートに入れる」があるので押します。 するとショピングカートに移りますので、買うと決意して、「自分用に購入」して決済手続きしてください。 なんだかんだで購入できたら、「ゲームをインストール」というボタンが出てくるのでインストールしてください。 ちょっと時間がかかります。 この辺スクショ取っていないので画面出せないのが悔しいですが、「Steam ゲームの買い方」あたりでググると丁寧な説明ありますからね。 そちらを参照してくださいね。 で、晴れてインストールが済んだら、自分のライブラリにFaceRigがありますから、いよいよ「起動」します。 準備3 FaceRigをやってみる FaceRigを起動すると、こんな画面になります。 そこから、左の「LAUNCH」をクリックします。 うまくいったら、WebCamの撮影中のLEDが光って、こんな画面になると思います。 うまくいったら、自分の顔を動かしたり瞬きしたり、口を動かしたりするとアバターが同じ動作をしてくれるはずです。 色んな顔をしたりして遊んでみてください。 準備4 Zoomと接続 では、デスクトップにあるZoomのアイコンをクリックしてZoomアプリを起動しましょう。 こんなの出ると思います。 右上の歯車を押すと設定画面が出ます。 左のメニューから「ビデオ」を選ぶと、真ん中の「カメラ」がWebCamになっていると思いますので、それを「FaceRig Virtual Camera」に切り替えると、上のプレビュー画面がFaceRigの画面になると思います。 それを確認したら画面を閉じます。 さて、新規ミーティングを開いてみましょう。 自分がアバターになったでしょう? この状態にしておけば、次のミーティングからあなたはアバターです。 先にFaceRigを起動しておくことと、Zoomでビデオを「FaceRig Virtual Camera」にする。 これがポイントですね。 ZoomのビデオをWebCamに戻せば自分の顔にもどることができます。 ミーティング中ならビデオを一旦オフにして切り替えましょう。 アバターを切り替えるのはFaceRigの画面で右側に出るメニューの一番上の「アバター」を押せばできます。 これはZoom起動中でもできますのでやってみてください。 まとめ• がんばってZoomをインストールする• がんばってSteamをインストールする• がんばってFaceRigを買ってインストールする• がんばってFaceRigの設定をする• がんばってFaceRigとZoomをつなぐ と、あなたもアバターでZoomに登場できます。 さて、Zoom飲み会の企画をしようっと。

次の

Zoomでアバターを使ってオンライン飲み会をやろう

Zoom ビデオ プレビュー ダイアログ

ZOOMを入手できたら、再度ミーティングテストURL の「参加」をタップください。 「このページを"ZOOM"で開きますか?」と表示されたら「開く」を選択すると、アプリが起動して、ミーティングテストができます。 ミーティングテストへの入室 ZOOMを入手できたら、再度ミーティングテストURL()をタップください。 ミーティングテストに入ると、カメラやオーディオの設定が求められます。 次のように設定してください。 フルネームである必要はありません。 レッスン中に使用する好きなニックネームを入力してください。 3 ZOOMを入手できたら、再度ミーティングテストURL()をタップください。 「ミーティングテストに参加」から「参加」を選択すると、アプリが起動して、ミーティングテストができます。 ミーティングテストへの入室 ZOOMを入手できたら、再度ミーティングテストURL()をタップください。 ミーティングテストに入ると、カメラやオーディオの設定が求められます。 次のように設定してください。 フルネームである必要はありません。 レッスン中に使用する好きなニックネームを入力してください。 「ビデオプレビュー」が表示された場合は、「ビデオ付きで参加」をタップしてください。 ダウンロードとインストール カメラやマイクなど外部機器がある場合は、PCにつなげた状態で下記作業をお願いします。 1ミーティングテストURL ()から 「参加」をクリックすると、 インストールがはじまります。 ご使用環境によっては、システムダイアログで許可を求められることがあります。 内容をご確認いただき、 「許可する」や「OK」などを選択ください。 いつまでも「起動中...」の場合、画面下に表示される「ZOOMをダウンロードして実行」をクリックください。 ダウンロードされた実行ファイルをダブルクリックして、ファイルを実行すると、インストールがはじまります。 インストール後は、自動でZOOMが起動します。 フルネームである必要はありません。 レッスン中に使用する好きなニックネームを入力してください。 講師にご自身の顔などの映像を映すために 「ビデオ付きで参加」を選択ください。 着信音が聞こえない場合は、「いいえ」をクリックして、着信音が聞こえるまでスピーカーを切り替えます。 その後、 リプレイが聞こえたら「はい」をクリックします。 リプレイが聞こえない場合は、「いいえ」をクリックして、再生音が聞こえるまでマイクを切り替えます。 3画面の右下のビデオのマークに赤い斜線が入っている場合は、クリックをしてONにしてください。 赤い斜線が入らない状態になれば、設定は正しくできています。 なお、マイクやビデオのマークの隣から「オーディオ設定」「ビデオ設定」に進むと、各種設定をすることができます。 マイクが認識されない場合(マイクのマークが出ない場合).

次の

Zoomクライアントアプリ設定 その2「ビデオ」設定

Zoom ビデオ プレビュー ダイアログ

Zoomの接続テストとよくあるトラブル ZoomなどのWeb会議・ビデオ会議で一番多い問題は、音声トラブルやビデオのトラブルです。 いざZoomセッションに参加しようとしても、 ビデオや音声通話がうまく動かない場合があります。 主にカメラやマイクの接続の問題やOSやZoomの設定の問題が考えられます。 また、接続はできても、 ビデオや音声通話の品質が悪い場合も考えられます。 この場合は、逆光など照明の問題や帯域不足などネットワークの問題が考えられます。 あとは、そもそもカメラやマイクを準備していないことに気づいたり、、、マイクだけであれば、iPhoneに付属するApple製のイヤホンだと、ボリューム調整(音量調整)の箇所にマイクが内蔵されているのでおすすめです。 他に参加者のいるZoomセッションでは、どちらの問題かわからない場合もあります。 その場合も、個々にテストすることで問題を切り分けられます。 Zoomが初めての方も、すでに利用している方も、テストのやり方を覚えておくことをおすすめします。 Zoomのテストミーティングにアクセスする Zoomの接続テストを行うには、ZoomテストミーティングのURLにアクセスします。 Zoomテストミーティングへの参加に、アカウント作成は不要です。 ブラウザによって画面に表示される文言等が違うようです。 また、ブラウザによって、アプリケーションのダウンロードが自動的に始まるかどうかが変わります。 すると、ブラウザでZoomのダウンロードが開始します。 WindowsかMacかは自動的に判別され、OSに適したアプリケーションがダウンロードされるはずです。 Windowsの場合、Zoominstaller. exeもしくはZoom…. exeがダウンロードされています。 Macの場合、Zoom. pkgがダウンロードされています。 ダウンロードしたファイルを実行すると、インストーラが起動します。 画面の案内に従ってインストールを実行してください。 インストールが完了したら、再度テストミーティングにアクセスしてください。 ビデオをテストする 最初に ビデオプレビュー画面が表示されるので、カメラの映りを確認します。 ビデオの調子が悪い場合は、ここで映像が乱れている可能性があります。 もし映像が映らないなどの問題がある場合は、 カメラの接続などを確認してください。 ビデオに問題がない場合は、 「ビデオオンで参加」をクリックして参加します。 ちなみに、テストミーティングの参加者は自分一人なので安心してください。 「ビデオミーティングの参加時に常にビデオプレビューダイアログを表示」のチェックを外すと、今後ビデオオンのミーティングに参加するときにカメラの映りを確認せずいきなりセッションに参加します。 見た目や背景の映りこみなどを毎回確認したい場合は、チェックをしたままにしておきましょう。 右上の 「背景」マークをクリックすると、Zoomの設定画面が開き、バーチャル背景を設定できます。 画像はMacの例ですが、Wondowsもほぼ同じです。 スピーカーをテストする テストミーティングに参加すると、 スピーカーのテストが始まります。 着信音に合わせて出力レベルが動くので、その音がスピーカーから聞こえているかを確認します。 もし聞こえない場合は、パソコンの スピーカーの音量や ミュートになっていないかなどを確認します。 複数のスピーカーが検出されている場合は、 出力するスピーカーを切り替えてみます。 「いいえ」をクリックすると、スピーカーが切り替わります。 (画像は「内蔵出力 内蔵スピーカー 」が選択されている状態です。 ) 「はい」をクリックすれば、スピーカーのテストを終了します。 このとき選択したスピーカーが、Zoomの出力スピーカーとして設定が変更されます。 マイクをテストする スピーカーのテストが終わると、次は マイクのテストです。 マイクに向かって何か話してから少し待ちます。 すると、録音された声がスピーカーから返ってきます。 もし声が返ってこない場合は、パソコンと マイクの接続を確認し、マイクの音量やミュートになっていないかなどを確認します。 複数のマイクが検出されている場合は、 入力するマイクを切り替えてみます。 「いいえ」をクリックすると、マイクが切り替わります。 (画像は「内蔵マイク 内蔵マイク 」が選択されている状態です。 ) 「はい」をクリックすれば、マイクのテストを終了します。 このとき選択したマイクが、Zoomの入力マイクとして設定が変更されます。 テストを終了してオーディオに接続する スピーカーとマイクのテストが完了すると、以下の画面が表示されます。 「コンピュータオーディオで接続」をクリックします。 以下の画面が表示されますので、 「コンピュータオーディオに参加する」をクリックして音声通話に参加します。 「ミーティングへの参加時に、自動的にコンピュータでオーディオに参加」をチェックすると、次回からこの画面は表示されずに音声が接続されるようになります。 ここで、 「バーチャル背景を選択」をクリックすると、Zoomの設定画面が開きます。

次の