じゃがいも ポテト フライ。 フライドポテトの「残念な事実」が明らかに 早死にリスクが2倍に

美味しいフライドポテトのコツとレシピ/作り方:白ごはん.com

じゃがいも ポテト フライ

(1)カットしたポテトは、水に「1時間」さらす! 水にさらすと、ジャガイモに含まれるでんぷんが水に溶け出る。 でんぷん質が残った状態のじゃがいもを加熱すると粘りがでてベタっとした仕上がりになるため、水にさらすことで表面がカリっと揚がり、香ばしく仕上がりやすくなる。 (2)揚げる前に「薄力粉3:片栗粉2」の割合の粉でポテトをコーティングする! ポテトをコーティングしてホクホク感をキープさせる役割を持つ薄力粉。 粒子が細かく、揚げるとカラッと仕上げてくれる片栗粉。 この2種類を「薄力粉3:片栗粉2」の割合で混ぜてコーティングすることで、ジャガイモのホクホク感を残したまま、カリッとムラのない衣に仕上げることができる。 (3)「2度揚げ」では温度を変える! はじめに低温で揚げることで、ジャガイモのでんぷんが酵素により分解されて糖質に変化する。 そのときにジャガイモの甘みが引き出され、ホクホクとした食感になる。 さらに高温で2度揚げすることで、表面がカリカリに仕上がる。 (このとき、お好みでチリパウダーを追加でふってもOK!) カリカリ食感に手が止まらない、絶品フライドポテトとフレーバーアレンジのレシピを紹介した。 旬の新ジャガがスーパーに多く並んでいる今こそ、ぜひ作ってみてほしい! <レシピ作者プロフィール> 五十嵐ゆかり(管理栄養士・料理研究家) 1987年生まれ、千葉県出身。 ゆるく気軽に取り入れられるグルテンフリーレシピや減塩でもおいしく作れる料理のコツなど、日々の暮らしに取り入れやすい健康レシピを提案している。 美容や健康にうれしい要素を取り入れたレシピを得意とする。 企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、講演、イベント出演、料理教室など、多方面で活動中。 著書に「食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖」や「発酵いらずのちぎりパン」、「塩レモンでつくる基本のおかず」など。 Blog: Twitter: HP: フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の

品種別のじゃがいもレシピ【男爵・とうや・きたあかり・メークイン】で絶品フライドポテト(フレンチフライ)

じゃがいも ポテト フライ

フライドポテトのじゃが芋の切り方 フライドポテトを作るときに、じゃが芋の皮をむくかどうかはお好みでOKです。 私は個人的に皮が気になるときがあるので、全部むいてから作ります。 4〜6等分と幅があるのは、芋の大きさに差が大きいので。 その理由は水にさらしてでんぷんを溶け出させることで、 表面はカリッと、中はふんわり(ホクホク)といった揚げ上がりの方向に近づけるためです! 水にさらす、さらさないで揚げてみるという比較もしてみたのですが、水に1時間ほどさらした方が上記のような傾向があったので、 それ以降は水に最低30分、長くて2〜3時間ほどさらしてからフライドポテトにするようにしています。 さらしたじゃが芋は水気をしっかりとふき取り、じゃが芋1個(約100g)に対して大さじ1の薄力粉をまぶします。 中力、強力、小麦粉なしなど、様々試してみた結果、 薄力粉が一番硬さが口に残らずに、軽い感じのカリッと感が出て美味しかったです。 3〜4分ほど揚げたら一度取り出します。 このあと油を高温にして2度揚げすることでカリッと揚げることができるのです!! 2度揚げの時間は『ホクホク感を楽しみたい場合は2分程度』『表面のカリッと感を強くしたい場合は3分以上』を目安としてください。 フライドポテトが揚がったら、広めのバットなどにキッチンペーパーなどをしいて広げ入れます。 塩・胡椒を表面に振りかけ、全体を混ぜ合わせて完成です。 できるだけ揚げたてをいただきましょう!! 好みでケチャップにつけて食べたり、塩・胡椒と一緒にカレー粉を少し振りかけたりしても美味しいです。

次の

マクドナルドのポテトの自宅で再現レシピ!じゃがいもの種類と味付けは?

じゃがいも ポテト フライ

(1)カットしたポテトは、水に「1時間」さらす! 水にさらすと、ジャガイモに含まれるでんぷんが水に溶け出る。 でんぷん質が残った状態のじゃがいもを加熱すると粘りがでてベタっとした仕上がりになるため、水にさらすことで表面がカリっと揚がり、香ばしく仕上がりやすくなる。 (2)揚げる前に「薄力粉3:片栗粉2」の割合の粉でポテトをコーティングする! ポテトをコーティングしてホクホク感をキープさせる役割を持つ薄力粉。 粒子が細かく、揚げるとカラッと仕上げてくれる片栗粉。 この2種類を「薄力粉3:片栗粉2」の割合で混ぜてコーティングすることで、ジャガイモのホクホク感を残したまま、カリッとムラのない衣に仕上げることができる。 (3)「2度揚げ」では温度を変える! はじめに低温で揚げることで、ジャガイモのでんぷんが酵素により分解されて糖質に変化する。 そのときにジャガイモの甘みが引き出され、ホクホクとした食感になる。 さらに高温で2度揚げすることで、表面がカリカリに仕上がる。 (このとき、お好みでチリパウダーを追加でふってもOK!) カリカリ食感に手が止まらない、絶品フライドポテトとフレーバーアレンジのレシピを紹介した。 旬の新ジャガがスーパーに多く並んでいる今こそ、ぜひ作ってみてほしい! <レシピ作者プロフィール> 五十嵐ゆかり(管理栄養士・料理研究家) 1987年生まれ、千葉県出身。 ゆるく気軽に取り入れられるグルテンフリーレシピや減塩でもおいしく作れる料理のコツなど、日々の暮らしに取り入れやすい健康レシピを提案している。 美容や健康にうれしい要素を取り入れたレシピを得意とする。 企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、講演、イベント出演、料理教室など、多方面で活動中。 著書に「食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖」や「発酵いらずのちぎりパン」、「塩レモンでつくる基本のおかず」など。 Blog: Twitter: HP: フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の