そら豆 オーブン トースター。 春だ!焼き「そらまめ」のチーズソース(使うのはオーブントースターだけ)

【あさイチ】そら豆のオーブン焼きローズマリー風味の作り方。イタリアンシェフ直伝レシピ(2月26日)

そら豆 オーブン トースター

そら豆を魚焼きグリルで焼く美味しい方法は? まず魚焼きグリルで焼いてみましょう! 1.魚焼きグリルに水を張って5分温める 2.その間にそら豆の筋を取っておきます 3.魚焼きグリルが中が温まったらそら豆を並べます (火傷しないように気を付けてくださいね) 4.まず7分ほど中火で焼きます(焦げてもOK) 5.裏返してあと3分焼きましょう 6.火を消したら余熱で5分放置 7.塩をかけたら完成! 両面焼きのグリルであれば10分焼いて5分余熱で温めましょう。 そら豆をフライパンで焼くと絶品だ! 魚焼きグリルは掃除が大変なので次はフライパンで試してみましょう。 1.そら豆の筋を取る 2.そら豆をフライパンに並べて中火で5分 3.反対側は弱火で4分(焦げてもOK) 4.塩をかけたら完成! チーズをトッピングする方法もオススメ! 1.サヤからそら豆を出します。 2.中火で両面3分ずつ加熱 (加熱中はフタを閉めて蒸し焼きに) 3.スライスチーズを乗せる 4.塩コショウを軽く振って完成! そら豆を手軽にトースターで焼く方法は? 1.そら豆の筋を取る 2.トースターに並べて1000wであれば10分ほど 3.塩をかけたら完成! どの調理方法もですが、蒸し焼きにしたい場合は筋を取るだけにしてください。 ホクホクそら豆が楽しめます。 蒸し焼きにした方がそら豆の栄養分を閉じ込めることができるのでオススメです。 甘みも濃くなり美味しさもUPします。 筋を取って切り込みを入れておくと水分が蒸発してまた違った食感になります。 お好みの方で調理してくださいね。 そら豆のにおいが苦手な方は薄皮を取り除いて食べてみてください。 薄皮があの独特なにおいを発しています。 薄皮を取り除いても食べにくければ塩以外の味付けをすることもオススメです。 マヨネーズやカレー風味にすることでにおいが気にならなくなり食べやすくなると思います。 またオイスターソースなど濃いめの調味料を使って豚肉などと炒め物にしても絶品です。 まとめ そら豆には嬉しい栄養分がたくさん入っています。 茹でるより焼いた方が栄養分をしっかり摂ることができます。 今回はそら豆のいろいろな焼き方をご紹介しました。 私はいつも一番手軽に感じるトースターで焼いて食べています。 どの調理方法も焦げ目がつくまで焼くので、食べるときは火傷しないように気を付けてください。 また、サヤごと焼いていることを生かして食べてほしいと思います。 焼き終わって完成したらサヤからそら豆をお皿に全部すぐに出してしまうのではなく、食べる直前にサヤから取り出すことで長時間温かいそら豆を楽しむことができます。 そら豆は茹でたり焼いたりする他にもポタージュやお菓子にもアレンジすることもできますよ。 旬の短いそら豆レシピを存分に楽しんでくださいね。 そら豆は鮮度が落ちてくると皮が厚くなり固くなってしまうので新鮮なそら豆が手に入ったら早めに食べるようにしてくださいね。 この夏は絶品そら豆料理をみんなで美味しくいただきましょう!.

次の

そら豆をさやごとトースターで蒸し焼きにしてみました!

そら豆 オーブン トースター

そら豆はマメ目マメ科ソラマメ属の植物で、原産地は西アジアやアフリカと言われています。 その歴史は古く、古代エジプトや古代ギリシャから世界中で栽培されて食べられていたようです。 日本に伝わったのは奈良時代で、インドから持ち込まれて広まったという説があります。 江戸時代の文献でそら豆の記載があるので、江戸時代にはすでに日本に伝わっていたと考えられます。 そんな古い歴史を持ったそら豆ですが、栄養も豊富です。 ビタミンC、ビタミンB、植物性タンパク質、カリウム、鉄分などが含まれています。 ビタミンCとビタミンBは肌荒れを予防したり肌にハリを与える効果が期待できます。 カリウムは余分なナトリウムを排出することで血圧を下げる効果が期待できるとされています。 鉄分は貧血を予防したり免疫力を上げる効果が期待できるようです。 今回はそんなそら豆の美味しい食べ方を焼き方や茹で方、皮はどうするのかについて紹介していきます。 そら豆は鮮度が落ちやすくさやから出すと傷みやすいので、新鮮な状態での冷凍保存がおすすめです。 生の状態のものはさやごと冷凍することで風味がそのまま保存できます。 保存方法は 洗って水気を拭き取りフリーザーバックなどに入れて空気を抜き冷凍庫に入れるだけです。 食べる際には電子レンジを使って軽く解凍し、さやから取り出して3分程度塩茹でをしましょう。 冷凍保存を行った際の 保存期間の目安は1ヶ月程度です。 すぐに食べないという場合には購入後そのまま冷凍して、食べる際に食べる分だけ解凍するといいでしょう。 さやごとの冷凍がおすすめですが、場所をとってしまって邪魔という場合はさやを剝き薄皮の状態で冷凍しましょう。 解凍する際に破裂しないか不安という場合には、黒い筋の部分に切り込みを入れて冷凍してください。 解凍は塩水を沸騰させて3分程茹でるか電子レンジで解凍しましょう。 料理に使うという場合には冷凍のまま使えます。 保存期間の目安は同じく1ヶ月程度です。

次の

そら豆のオーブン焼き レシピ

そら豆 オーブン トースター

管理栄養士・料理研究家の五十嵐ゆかりです。 今回は、「そら豆のおかかマヨ焼き」をご紹介します。 旬のそら豆をおいしく味わえるレシピです。 カツオ節のうま味やしょうゆの風味を加えたマヨネーズソースがそら豆のおいしさを引き立て、塩は控えめでもおいしく食べられます。 七味唐辛子の代わりに、山椒や黒コショウをふってもおいしいです。 それでは、レシピをご紹介します。 [作り方] (1) そら豆はさやを半分むく。 (2) (A)を混ぜて塗り、230度のトースターでそら豆に火が通るまで10分ほど焼く。 途中焼き色がついたらアルミホイルをふんわりとかぶせる。 (3) 七味唐辛子をふる。 (レシピ作成 管理栄養士・料理研究家 五十嵐ゆかり).

次の