パワポ 印刷 余白。 [PowerPoint]印刷時に余白の設定を変更する方法

パワーポイント(PowerPoint)の印刷|ノートマスターと配布資料マスター

パワポ 印刷 余白

A4一枚の紙に複数のスライドを印刷するには、いくつかの方法があります。 以下の画面は、パワーポイント2013です。 1 パワーポイントの印刷設定画面で設定する方法(通常の方法) 印刷の設定画面で、「フルページサイズのスライド」をクリックし、メニューから、4スライド、6スライドをクリックします。 2 プリンタの設定で、複数枚数のスライドを印刷します。 印刷の画面で、プリンタのプロパティをクリックします。 プリンターのプロパティで、4枚分の印刷を選びます。 キャノン製プリンタで4ページ分を印刷する。 エプソン製プリンタで4枚分印刷する。 この方法は、パワーポイント以外のOffice製品、その他のアプリケーションでも同様に4枚分印刷できます。 3 配布資料マスターで設定 「表示」>「配布資料マスター」をクリック 「1ページあたりのスライド数」をクリックし、プルダウンメニューからスライド数を選択します。 印刷時の余白を少なくし、スライドを大きく印刷したい メニューから「印刷」を選択し、「設定」下のメニューから、「フルページサイズのスライド」と表示されている部分(すでに「6スライド(横)配布資料」等が選択されていることがあるかもしれません)を選択します。 表示されたメニューから「用紙に合わせて拡大/縮小」を選択します。 プリンターによっては、「とじしろ」や「余白」の設定がされていて、印刷時の各スライドの大きさが小さくなってしまうこともあります。 プリンターやメーカーによっても名称が異なりますが、印刷メニューの「プリンタのプロパティ」から「とじしろ」「余白」「プリント位置」「プリント領域」などを選択して、余白を0mmにしたり、「とじしろ」を「なし」にしたりします。 これらのメニュー内に、プリント領域の「拡張」等のメニューがある機種もあります。 割り付けで設定できる機種もできます。 以下は、Canon製インクジェットプリンタのプロパティです。 用紙いっぱいに印刷すると、とじしろがなくなってしまいます。 印刷枚数が複数ページになる場合は、「とじしろ」の設定をしておくとよいと思います。 4 パワーポイントのスライド、4枚、6枚分をPDFファイルにしたい。 「名前を付けて保存」>保存場所を設定>「ファイルの種類」で「PDF」を選択します。 「オプション」をクリックします。 オプション画面の「発行オプション」-「発行対象」プルダウンメニューから「配布資料」を選択します。 (ノート、アウトライン表示を選択し、PDF化することもできます。 ) 1ページあたりのスライド数を選択します。 A4縦なら6スライド、A4横なら4スライドが適当だと思います。 パワーポイントのスライドに枠を付けて印刷したい 背景が白だったり、薄い色だったりすると、配付資料の印刷時にスライド部分の境界が分かりにくくなります。 「スライドに枠を付ける」にチェックを入れると、印刷時に見やすいです。 設定したら、「OK」をクリックします。 名前を付けて保存の画面に戻るので、「保存」をクリックします。 PDF化して印刷することによるメリット データ容量が小さくなる PDF化すると、データ容量が小さくなります。 事前に主催者や担当者に資料を送るとき、PDFにすれば容量が小さくなるため、メール添付しやすくなります。 印刷担当者が印刷の設定で迷わない あらかじめPDF化しておけば、印刷担当者は、迷わず印刷できます。 自分が人の作ったプレゼン資料を印刷するとき、「レイアウト」や「資料印刷」の設定で迷うことがあります。 印刷資料にタイトルやページなどを入れたい場合、パワーポイントのままですと、印刷担当者が印刷に手こずる場合があり、その対応に時間を割いてしまうことがあります。 PDF化しておけば、印刷担当の方に「PDFにしておきました。 両面で印刷をお願いします。 」と伝えるだけで済み、印刷担当者の手を煩わせることがありません。 逆の立場で、私が印刷を担当する場合、プレゼンする人に 「1ページあたり6スライドでいいですか? ノート付きですか?」 「ヘッダー、フッター、ページ番号などを入れますか?」 「カラーでよいですか?」 などと聞きます。 プレゼンする方の考えもありますから、意図していることと違っては失礼にあたります。 パワーポイント資料印刷時のスライド枚数について 印刷したときにA4用紙1枚あたりの何スライド表示するかは、お客さんや資料を見る人の層にもよります。 内容や聞き手によって使い分けます。 私は、次のようにしています。 私の会社では、社内プレゼンの場合は、A4縦1枚あたり6スライド、両面印刷が多いです。 外部なら、A4横で4スライドが多いです。

次の

パワーポイントの「余白」を印刷時に設定する方法 [パワーポイント(PowerPoint)の使い方] All About

パワポ 印刷 余白

毎日寒い日が続いていますね..。 夜も冷え込みますので皆さまお身体気を付けてください。 今日は、パワーポイントを印刷するときの「余白」調整方法についてご紹介します。 パワーポイント 印刷時の余白を小さくする方法 よくある、余白問題 パワーポイントの資料を印刷したときに、よくこんな余白ができませんか? スライド上ではせっかくぎっちり作成したのに、、 印刷してみると上下や左右のスペースが思ったより広くなってしまった! 結果、残念な仕上がりになってしまったってことありますよね。 今回はここの余白部分をなるべく小さくする方法についてご説明します。 まずは、ページ設定を行う パワーポイントには「余白設定」というものがありませんので、 大前提としてスライドのサイズを、実際に出力するサイズでつくることをします。 やり方はこちらのブログで説明しておりますのでご確認ください。 この設定をしていただくと、例えばA4サイズだと下記のようになります 少し小さくなりましたね。 パワーポイントではデフォルトの設定だと4:3になっていて、そのまま制作し印刷すると最初の画像のように大きな余白スペースが出来てしまいます。 今回のように、はじめからA4に設定すると余白が小さくなります。 ただ、これでもまだ余白が出来てしまっていますね。 これよりももっと小さくしたい方は次の方法で設定できます。 もっと余白を狭くしたいとき スライドサイズを実寸に設定する 設定方法は、まず、 「デザイン」タブで 「スライドのサイズ」 「ユーザー設定のスライドのサイズ」を選択します。 「スライドのサイズ指定」は 「ユーザー設定」にしていただき、 「幅」と 「高さ」をA4サイズでしたら29,7cm、21. 0cmに数値を変更します。 ここで、A4用紙の実寸(最大)サイズに設定します。 終わりましたらOkボタンで完成です。 これで余白は極限まで、小さくなります。 ちょっと面倒かもしれませんが、余白を確実に少なくされたい方は 毎回サイズに合わせて設定するのがいいかもしれません。 私の知る限りではこれが限界ではないでしょうか。 もっと小さくできる!という方はぜひ教えてください。 印刷設定を実寸に設定する さらに、印刷設定で「実寸」または「フチなし」印刷にします。 やり方は、左上の 「ファイル」タブをクリックし、 「印刷」をクリックします。 「プリンターのプロパティ」を開き、 「原稿サイズ」がきちんと設定されたサイズになっていればOKです。 プリンターにもよりますが、[ふちなし]や[全面]といったオプションがあったらそれを選択してください。 これで、最大限の余白を狭くすることが出来ます。 また、プリンター自体がフチなし印刷に対応してない場合もあります。 おまけ:印刷するときのコツ いつも私は資料を印刷するとき、「2アップ」を使います。 印刷設定画面またはプロパティで、2画面を選択してみてください。 自分で流れを確認したり、スライドの説明をお客様にしたりする場合は2アップの方が見やすいときもあります。 また、2アップにすると紙の節約にもなりますので、ぜひ、内容によって使い分けてみてくださいね。

次の

【PowerPoint】スライドをA4用紙にフチなしで印刷するには│働くオンナのパソコン教科書

パワポ 印刷 余白

これは良く使うにゃ 全体の文章だけを確認したい場合 スライド枚数が増えた場合、全体の誤字脱字をチェックしたいことがあります。 その時は 赤い四角に囲まれた部分をクリックして 右上の[アウトライン]をクリックします。 下の画像のように複数スライドの文字だけが印刷されます。 ただ、プレゼンの資料の場合は画像や図形を多用し、文字は少なくすべきだと思うのでこの設定は 使用機会が少ないかもしれません。 ノートを印刷する場合 パワーポイントの下部には、メモ書き用の場所として[ノートペイン]が存在します。 出現します。 このノート部分を印刷するには、 赤い四角で囲まれた場所をクリックして ノートをクリックすると、下の画面のように印刷されます。 あれ?ノートだけ印刷されるんじゃないの?と思った方。 スライドとノート上下分割され印刷されます。 つまりスライド1枚につき紙1枚を使用するので、 枚数が増えすぎます。 もし、このレイアウトで印刷したいのであれば、後で説明する「 スライドとメモを同時に複数枚印刷する方法」がおすすめです。 地味だけど、プレゼン本場用は結局これが一番かにゃ スライドとメモを同時に複数枚印刷する方法 「スライドとメモを同時に印刷したい。 でも1枚づつは嫌だ」という方。 「配布資料の作成」機能を利用しましょう。 メモが少ない場合は、1枚に3スライド程度が入ります。 このような感じ。 ワードの操作に詳しければ、文字や表の設定を変更して後から自由にデザインできます。 結局、ワードに張り付くのですが自動でやってくれます。 張り付けるデザインを選ぶことができますが、 一番上のチェックのままでいいと思います。 そのまま[OK]をクリックすると、自動でワードが起動してパワーポイントのスライドとメモがコピーされます。 これは知らなかったにゃ! メモは手書きで用意する場合 スライドを印刷して、メモを隣に書きたい場合はどうしましょうか。 そのまま印刷すると、 メモを書く余白がありません。 赤い四角で囲まれた場所をクリックして 右の[ 3スライド]を選んでください。 すると このように、スライド3枚とメモ欄が右側にあるデザイン設定になります。 右側に手書でメモを記入できますね。 残念ながら [3スライド]以外を選ぶとメモ欄はなく、スライドのみになります。 プレゼン本番に使用する際の印刷方法はどれがおすすめ? 結局、プレゼン本番に持ち込むメモはどの印刷がよいのでしょうか? 私がおすすめの印刷方法は次の2つです。 パワーポイント下部のノートペインに入力したメモを、ワードに貼り付けて1枚にまとめる。 配布資料印刷の9スライド。 余白に手書きでメモ書き追加。 画面で見せると、 このどちらかです。 理由は メモはできるだけ少なくすべきだからです。 プレゼンテーションを行う際、 話すことは全て暗記しておくのが理想です。 自分の目線は、メモ用紙ではなく伝える相手に向いているべき。 ではメモはいらないのでは? いえ、暗記したつもりでも緊張すると話し忘れが出る可能性も出てきます。 ボリュームのあるプレゼンテーションの場合、話す流れぐらいはその場で確認したいものです。 ちらっと確認するため、もしくは万が一の保証のために用意するのがプレゼンのメモではないでしょうか。 そう考えると枚数を少なく(なるだけ1枚に収める)できるこの2つの印刷設定が本番ではおすすめということになります。 まとめ パワーポイントで作る資料は、印刷せずそのままプロジェクターに映して使用する場合の方が多いかもしれません。 それでも印刷するということは、相手に渡す資料であったり、自分の本番用だったり 目的がしっかりあるはずです。 その 目的にもっとも適した印刷設定を選びましょう。 これだけ多くの印刷設定が用意されているのも、きっと使用用途が人によってさまざまだからですね。

次の