アンジェロ サーチ。 特技/【アンジェロサーチ】

FF8(PS)アイテムコンプリート

アンジェロ サーチ

アンジェロサーチ ここでは特殊技「アンジェロサーチ」について述べます。 「アンジェロサーチ」で入手可能なアイテムを調査するにあたっては、 Ab. vector. 深く御礼申し上げます。 (管理人はまだライセンスを購入しておりませんが、どうやらシェアウェア版の「Alquade」ではさらに高速でアプリケーションを動かすことができるようです。 あのトロくさい飛空艇ラグナロクで、かの潜水艇ノーチラスの気分を味わいたいという方は、シェア版の購入を検討してもいいかもしれません。 ) 1. 「アンジェロサーチ」の発動条件 「アンジェロサーチ」(以下、サーチ)は戦闘中にランダムでアンジェロが乱入し、アイテムを掘り当てる特殊技。 エスタの本屋(Karen's Store)でペット通信5号を購入すると修得可能になるが、実際に使用できるのは飛空艇ラグナロクを入手し、エスタ国立魔女記念館のイベントを終了させた後になる。 サーチの発動はランダムで、1回の戦闘中に複数回発動する。 敵または味方が全滅しないようセッティングし、放置しておけば、半永久的にアイテムを拾わせることも可能であるが、 サーチは特殊技なので、飼い主がカーズ状態だったり、アルティミシア城で「特殊技」の封印を解いていない状態では、当然ながらサーチは発動しない。 なお、サーチの発動頻度と飼い主のピンチ度の間に相関関係はない。 ただし、飼い主の早さ・運は単位時間当たりのサーチの発動頻度に大きく影響するので、飼い主の早さ・運を可能な限り強化し、さらに「オートヘイスト」をジャンクションさせておくといいだろう。 ちなみに、 「アンジェロリカバー」・「アンジェロリバース」はサーチと競合するおそれが強いため、修得すべきでない。 (というより、「コンバイン(アンジェロ)」で修得する必要があるのは「アンジェロサーチ」・「インビジブルムーン」・「ウィッシュスター」くらいで、これら以外は修得してもかえって邪魔になる。 ) また、戦闘中にランダムで乱入してくるG.F.ギルガメッシュは、戦闘を長引かせていると『必ず』乱入し、「斬鉄剣」などを使用するので、入手してはならない。 「アンジェロサーチ」で入手可能なアイテム サーチで入手可能なアイテムについて現在わかっていることは、 a. サーチで入手可能なアイテムの種類は、戦闘突入時に決定されている。 サーチで入手可能なアイテムのパターンテーブルは、サーチ発動時の敵モンスターの編成によって変化する。 サーチの発動頻度は、飼い主の早さ・運の数値や、敵モンスターの編成によって変化する。 の3点。 入手アイテムの詳細については、『4. 「アンジェロサーチ」に関する調査結果』(作成中)の項をご覧いただきたい。 「アンジェロサーチ」を有効に活用する 今のところ、多くの種類のアイテムを入手したければ ・ 早さJ「トリプル」 ・ 運J「アルテマ」 ・キャラアビリティ 「早さ+20%」「早さ+40%」「運+50%」「オートヘイスト」 これらをジャンクションし、 UFO?相手に放置するのがベストであるといえる。 Electronic Arts Square 2000 以下、調査中のネタ。 管理人が経験した限りでは、サーチで入手可能なアイテムは198種類のアイテム全種というわけではなく、 「弾薬アイテム」「イベントアイテム」「特殊G.F.アイテム」「強化アイテム」は1つも入手できなかった。 また、UFO?相手には最大で43種類のアイテムを入手することができたが、それ以外のモンスターではその43種類中特定の数種類だけしか入手することができなかった。 しかし、アルティマニアのp. 122「聖戦の薬 試作型」「聖戦の薬」の項には『「アンジェロサーチ」で入手可能』というニュアンスの、 同p. 315には『「ゆうじょうのあかし」「モグのお守り」「リボン」「チョコボの名札」「食欲魔神のナベ」「となりのカノジョ」「ソロモンの指輪」「魔法のランプ」の 8つのレアアイテムのうち、一部は「アンジェロサーチ」で入手可能』というニュアンスの記述がある。 (うち、「食欲魔神のナベ」は実際に入手できた。 ) さらに、管理人はネット上で『UFO?戦で「モグのお守り」を拾ってきた』『サイファー(4)戦で「聖戦の薬」を拾ってきた』などの情報を目にしたことがあるので、 『サーチで入手可能なアイテムのテーブル』が何らかの条件で変化するのは、おそらく間違いないと思う。 おそらく、アルティマニアp. 341のシークレット55『アーヴァインのシュートが決まる条件』(「勝った回数」により変化)やおでかけチョコボRPGのアイテムテーブル(「戦闘回数」により変化)と同様、 d. サーチで入手可能なアイテムのテーブルは「戦闘回数」「勝った回数」「逃げた回数」などによって変化する のではないかと管理人は推測しているが・・・残念ながらこれを裏付ける事実は確認できていない。 「アンジェロサーチ」で入手可能なアイテム』のa. を裏付けるデータは以下の通り。 「アンジェロサーチ」に関する調査結果 可能な限り以下の条件に揃えた上で、調査を行った。 ・リノア レベル:11(EXP:10000) HP:9999(基本値763・HPJアレイズ・HP+80%) 力・体力・魔力・精神・早さ・運:255(各能力値Jなし) 命中:255%(命中Jトリプル) 回避:37%(回避Jトルネド) 属性防御: 炎・冷気・雷・地・毒・風・水・聖100%(属性防御Jアルテマ) 属性攻撃・ST攻撃・ST防御:なし コマンドアビリティ:ぼうぎょ・まほう・レベルダウン キャラアビリティ:HP+80%・オートヘイスト・オートポーション・リボン 倒した敵の数:0 戦闘不能回数:0 戦闘回数:4510 (勝った回数4504・逃げた回数6) ・その他のキャラクター スコール: レベル7・ジャンクションなし・戦闘不能 ゼル: レベル8・ジャンクションなし・戦闘不能 ・戦術 アイテムをすべて売却してから対象とエンカウントし、「レベルダウン」が有効な敵では戦闘開始直後に対象のレベルを1にした。 また、無属性ダメージを与える全体魔法攻撃を使用する敵との戦闘では、こちらがダメージを受ける(=「アンジェロラッシュ」が発動する)ことのないよう、「サイレス」「バーサク」で魔法攻撃を封じた。 (ただし、モルボルやエルノーイルなど一部のモンスターには沈黙・狂戦士が無効なので、これらの敵との戦闘ではどうしても「アンジェロラッシュ」が発動してしまう。 ) その後「ぼうぎょ」を選択して放置し、一定時間後に逃走、あるいは戦闘に勝利して入手アイテムを記録した。 (注) ディアボロス・セクレト・ミノタウロス・モルボル・エルノーイル・機動兵器8型BIS・サイファー(4回目)・『魔女』(1〜3)・トンベリキング・バハムートに関しては、 SeeD就任式直前(戦闘回数1963・勝った回数1957・逃げた回数6)からエスタ国立魔女記念館まで突貫したデータで調査した。 このデータにおける条件は以下の通り。 ・リノア レベル:11(EXP:10165) HP:9999(基本値763・HPJアレイズ・HP+80%) 力:39(必要に応じて力Jホーリー・力+60%で強化) 体力・魔力・精神・早さ・運:255(各能力値Jなし) 命中:157%(命中Jオーラ) 回避:48%(回避Jトルネド) 属性防御: 炎・冷気・雷150% 地・毒・風・水・聖50%(属性防御Jレイズ・シェル・フレア・プロテス、必要に応じてプロテスをレビテトやエアロに置換) 属性攻撃・ST攻撃・ST防御:なし コマンドアビリティ:ぼうぎょ・まほう・かいふく キャラアビリティ:HP+80%・回避+30%・オートヘイスト・リボン(必要に応じて「回避+30%」「リボン」を「くすりのちしき」「オートポーション」に置換) 倒した敵の数:1 戦闘不能回数:0 戦闘回数:2136 (勝った回数2069・逃げた回数67) ・その他のキャラクター スコール: レベル7・ジャンクションなし・生存or石化 ゼル: レベル8・ジャンクションなし・生存or石化 ・戦術 アイテムをすべて売却してから対象とエンカウントし、「ぼうぎょ」を選択して放置。 一定時間後に逃走、あるいは戦闘に勝利して入手アイテムを記録した。 ・結果 (バイトバグ・グヘイズアイ・ケダチク・フォカロルフェイク) (アルケオダイノス・レッドマウス・ボム・ブエル) (ガルバディア兵・エリート兵・ハウリザード) (ヘッジヴァイパー) (グラット・グラナルド・ラルド) (ディアボロス・フンゴオンゴ) (スラストエイビス・コカトリス・ウェンディゴ・オチュー) (グレンデル・バイセージ・ゴーマニ・ドロマニ) (アダマンタイマイ) (ブラッドソウル・ベルヘルメルヘル・フォカロル) (エサンスーシ・プリヌラ・ライフフォビドン・セクレト) (ミノタウロス・クリープス・グランデアーロ) 049-052 サーチ不可 053-056 サーチ不可 (トライフェイス) (オイルシッパー) 065-068 サーチ不可 (メズマライズ・ゲイラ・ゴージュシール・ドラゴンイゾルデ) (ダブルハガー・ブリッツ・ワイルドフック) 077-080 サーチ不可 (ルブルムドラゴン・モルボル) (グラナトゥム・クアール・ガルキマセラ) (鉄巨人・エルノーイル・ベヒーモス・雷神(2回目)) (風神(2回目)・機動兵器8型BIS+支援兵器L型+支援兵器R型) (サイファー(4)・『魔女』(1)) (『魔女』(2)・『魔女』(3)・アビスウォーム・キマイラブレイン) (メルトドラゴン・トンベリ・オーディン・トンベリキング) (サボテンダー・ジャボテンダー・バハムート・アルテマウェポン) (UFO?) (コヨコヨ・スフィンクス・アンドロ・トライエッジ) (コキュートス・ドルメン+アリニュメン・ウルフラマイター) (ガルガンチュア・カトブレパス・ティアマト・オメガウェポン).

次の

【RPG攻略】ファイナルファンタジー8リマスター版のアンジェロサーチの調査結果

アンジェロ サーチ

FF8 バトル中に愛犬が勝手にアイテムを探してくれる、という超スグレものの技です。 の「」で使える乱入型の技。 バトル中にランダムで発動し、が掘り起こしたアイテムを入手できる。 を手に入れ、ワールドマップで約400秒間移動したら修得できる。 ゲーム的にはありがたいが、冷静に考えると現実的には、ただひたすら迷惑なだけの技である。 戦闘中、勝手にアイテム探しに行かれてもなあ。 どうせなら戦ってない時に探してくれよ……。 がない場合にポケステのみのアイテムを手に入れるにはこれに頼るしかない。 しかしこれはなかなか発動しない上、狙ったものが出る可能性も低い。 実際に等のレアアイテムが出たという報告例は、少なくとも自分は聞いた事が無い。 本当に出るのか疑問である。• Twitterで画像付きでリボン取得を報告していたのがあった。 PSP版だったのでポケットステーションは利用不可であり、 アンジェロサーチで拾ってきたと考えるのが妥当だろう。 PS3経由で考えれば不可能ではないはずだが、現実的ではないか。 ここはやはり信じてみたい。 PS4版で取得確認 相手に三倍速の1日放置で3つほど拾って来ました。 何とラストバトルでも発動することがある。 アンジェロ、拾ってきてくれるのは嬉しいんだがタイミングを考えてくれ。 レアアイテム以前にそもそも発動確率自体が低い。 ごく普通にEDまで進めた場合、最速でこれを修得しても実際にバトルで目にするのは一回か二回程度。 狙ってつかうならダメージをまったく受けないように工夫した上で長時間放置ということになる。 そこまでして手に入れたいものがあるかは疑問だが。 ポケステ入手困難の今は限定アイテムなら普通に欲しいけど 今のところ報告例が無いんなら長時間放置はリスク高いな。 その発動率はリノアのとの値に依存する…らしい。 入手アイテムの種類も含めて、未だに検証する余地は大いにあると思われる。 アルティマニアの記述では、乱入型特殊技もピンチ度が高いほど発動率が上がるらしい。 また「確実にレアカード化」の要領でポーションを100個用意してみたが、アンジェロは気にせず拾ってくる模様。 いろいろ気になっていたので軽く実験してきた。 方法は戦での放置。 実験期間は半日。 発動条件 時間経過。 あとおそらくリノアの生存。 ともあれ健康な状態でぼーっとしていれば発動する。 発動頻度 1時間に9回(実験時)。 発動の間隔が(アクティブタイムで)1時間ごとにループしていたようなので、 発動回数は割と安定している模様。 ただし演出時間の分発動の間隔がずれてゆくのを確認した。 入手可能 アイテム 確認したレアアイテムは「 早さの書」、「 運の書」、「 鉄のカーテン」の3つ。 入手総数 108個。 うち回復アイテム59個、GF能力アイテム22個。 アンジェロよ、何を覚える気だ…。 結論としては、「もしかしたらリボンも入手できるかもしれない」程度。 だがダメージを受けないように工夫するだけでなく、 お互いに一切行動しない状況を作らないと効率がガタ落ちしてしまうようだ…。 本当によく頑張ったなw リボンの他にも、ソロモンの指輪や魔法のランプ、 食欲魔神のナベやとなりのカノジョなど、個数限定のアイテムも入手可能ということらしい。 それにしても犬が探してきた雑誌とか触りたくもないな…ヨダレ塗れだろう• 犬に毎朝新聞をとってきてもらう家庭も少なくないし、アンジェロはとても賢いので大丈夫だろう。 冗談抜きでお疲れ様です!• 自分もまる1日放置してみたところレア枠は上記のアイテムとほぼかぶっていた。 特に格闘王は003だけ5冊手に入った。 戦闘する敵か地域によって入手可能アイテムが異なると考えられる 上記以外でめぼしいところは「オリハルコン」「救急セット」そして「モグのお守り」 モグのお守りは賢者の石を拾ってきたと考えれば一番のレアアイテムか 通常版と海外版では入手できるアイテムが異なるらしい。 には確率まで載っているが、解析だろうか? また、Windows版のFF8は海外版をもとに作られたためか、おそらく海外版と同じ。 不確定だが表にまとめてみた。 通常版は以下の43種を確認済み。 回復系のアイテムはほぼ同じだが、逆にそれ以外はほとんどが異なる。 変えた意図もよく分からない。 UFO? 以外では月の涙以降にエスタ等でいつでも会えるがおすすめ。 防御形態で混乱状態になると何の行動もしなくなる。 HPが低いのでグラビデなんかで防御形態にするといい。 ただしを入手していると乱入してくるまでアンジェロサーチが発動しなくなるうえ、斬鉄剣やまさむねで相手を倒してしまうこともあるため安定しない。 ギルガメッシュは1回の戦闘では1回しか乱入しないのでギルガメッシュの発動を待って倒さないことを確認してから放置を開始することになる。

次の

FF8(PS)アイテムコンプリート

アンジェロ サーチ

時すでに遅し? アンジェロサーチという技がある。 ペット通信5号を読んで、ある程度フィールドを歩けば効果音と共に習得できるリノアの技だ。 この技は戦闘中ランダムで発動し、ある規則性にそったアイテムを掘り当ててくれる。 中にはPS版でポケットステーションを使わなければ取れなかったリボン、モグのお守りなどの希少品をゲットできる可能性もあるため、けっこう大事だったりすることに気づく。 そう、UFOをこわしてしまった後に・・ 実はUFOの間なら敵から攻撃されることもなく、こちらが逃げてもまた出現するのもあってアンジェロサーチのこれ以上ない使いどころだったのだ。 細かくセーブしてたわけでもなく、前のデータまで戻るのも厳しい、万事休す。 が、ひとつだけ手があった。 まだコヨコヨ本体とのバトルが残っていた。 一縷の望みをかけコヨコヨとエンカウント。 そして放置・・。 エリクサーちょうだいの声を聞き続けなければいけないものの、逃げたり攻撃してくるわけでもないのでサーチ放置はかろうじてできた。 ただし、こちらからは逃げたり倒しちゃったりはできない、やりなおしのきかない一発勝負という点だけ注意。 8時間やった結果は・・ 食欲魔神のナベ、ゆうじょうのあかし、英雄の薬 といった貴重なアイテムが取れた。 が、本命のリボン、モグのお守りは残念ながら手に入らなかった。 UFOたおしちゃった!って場合でも、コヨコヨでアンジェロサーチ粘りをやろうと思えばできるという話でした。 リボンとかは完全に運なのかな。 試せてよかったと思うことにした。 カードコレクター カードを全種類集めきった。 メニューの星印がうれしい。 カードクイーンの関連のカードが大変。 わざと負けて指定されたレアカードを奪わせてあげると別な場所で新たなレアカードが出るようになるという流れがあり、手間がかかった。 レアカードをやりとりするとクイーンが今いる場所に飽きてきまぐれにちがう場所に移動するのがまた難儀なところ。 ドールでないとレアカードが増えないのだが、ドールにはランダムハンドというこちらから出すカードを選べないルールが存在していて更にやっかい。 レアカードを余分にあげながら、ランダムハンドのない場所を経由してなんとか取った格好。 もしかすると、クイーンが移動とかしてない状態でトレードルールをフルとかにして、1回で要求されるグラシャラボラス以外の必要なレアカードを一気にまとめて取ってもらいドールに行くのを見届けるのが一番楽だったのかもしれない。 今度やる時はそうしてみようと思う。 オメガウェポン討伐 昔、プレイしたときは成長ボーナスとかなにもなしにこちらのレベルが100で、当然オメガウェポンもめっちゃ強く、あえなく敗北しあきらめた経験があった。 そのため、今回は可能な限り低いレベルで挑んでみることにした。 結果レベル15位で戦った。 HPが9999になるようにジャンクションで魔法、アビリティを調整。 一撃死に備えてデスをST防御につけとくと安心。 戦闘開始直後は必殺技が出やすくなるオーラをスコールに。 メルトンでこちらのダメージの通りをよくして準備完了。 メギド・フレイムがくるまではHP最大を保つよう回復に専念。 メギド・フレイムの9998固定ダメージでHPが1だけ残るので、ピンチをチャンスに変え連続剣を発動。 エンドオブハートが出れば最高に熱い。 他の人は一応回復。 倒れなければ繰り返しなのでケアルガ、アレイズ、かいふく、そせいは必須。 できればエンドオブハートまで粘りたい。 他に使う場面の中々ない英雄の薬を使うのもあり。 これが一番安全かも。 倒すとヘルプにオメガの勲章が追加される。 多少ぎこちないこともあったかもしれないが、ジャンクションなど独特なFF8のシステムを上手く使いこなしたと満足感を得られたのは間違いない。 エンディング ラスボスは長め。 ちなみに2度ほどゲームオーバーになった。 必殺技にこだわらず、とどめをさすときHPは高い方がいいのと、HPが1になった時は即座に回復するのがいいと思う。 ここで対処に遅れると死ぬ。 エンディングのムービー、BGMはすごくよかった。 色々あったけど、みんなよかったね・・って気持ちになれる。 スタッフロールのムービーも出てくる人がみんな活き活きしていて、ビデオカメラを持つ人の手ブレも分かるような凝った演出なので、これを観ないのはもったいないと思う。 最後に 8は挑戦的な内容なので賛否両論あったし、自分も昔は分からないことが多かった。 でも今やってみると伝わってくるメッセージ性が確かにあり、Eyes On Me で大団円を感じてから忘れたころにおとずれる Final Fantasy で目頭が熱くなる。 FF8もFFだったなあと思えた。 物語の奥深さ 登場人物の心境とか 、システム、やりこみの良さが理解出来たらこんなに楽しい時間をすごせるのかと改めて気づかせてくれた作品でもあった。 スコールたちが記憶の中に残るよりかっこよくなったのももちろん見逃せない。 リマスタードをプレイできて本当によかった。 Copyright C 1999, 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. あわせて読みたい>>.

次の