デスクトップ パソコン 寿命。 デスクトップとノートパソコンどっちが長寿命ですか

デスクトップパソコンの寿命は平均何年?寿命の症状や原因を解説!

デスクトップ パソコン 寿命

バッテリーがおかしくなる• 充電器が動かなくなる• モニターが付かなくなる などの症状が出始めます。 こういった症状は• パソコンを稼働させている時間の長さ• 持ち運びの衝撃• 内部のホコリの溜まり具合 などによって前後します。 私の場合は毎日8時間程度の稼働時間で、外には持ち出さないが部屋の中を移動させる、ホコリの掃除は一度もしていない状態で5年でした。 なので少なくとも 使い始めて3年を超えたら寿命も頭に入れておきましょう。 症状がハードディスクの故障と似ていますが、 バッテリーを外すと通常通りになります。 その時の治し方については、の記事で解説しています。 この場合は断線しているかもしれないので 買い替えるのが一番手っ取り早いです。 まず最初にパソコンの電源が急に落ちる症状が出ます。 毎回落ちるわけではありませんが 1か月に1回くらいの頻度で落ちて、再度パソコンをつけても画面が真っ暗のままで動きません。 何度か再起動を繰り返すと症状が一時的に改善されますので、 急いでバックアップやデータの移行準備をしましょう。 できれば 毎日バックアップを取るのがベストです。 私の場合は急に電源が落ちる症状が出てから 2か月後に再び同じ症状が出て、それから動かなくなりました。 こうなってしまったらどうしようも無いので、修理か買い替えるのどちらかを選択しましょう。 2.寿命がきたら修理より買い替えるべき パソコンを使い始めて3年以上が経過しているならば、 修理するよりも買い替えたほうが良いです。 その理由は2つあります。 修理を依頼すれば2万5000円~3万円が相場です。 買い替えると安くても5万円、高ければ10万円はしますので一見、 修理したほうが安く済むように感じます。 しかし、ハードディスクを修理したとしてもパソコンを止めているネジが壊れて内部が見える状態でした。 他にもファンやディスプレイライトなど別のパーツの寿命を間近で、かなりの修理が必要になっていたと思います。 ハードディスクが壊れやすく一番寿命が短いだけで、他のパーツも消耗しています。 一部分だけ修理しても次々と壊れるので、かさむ修理費用と手間を考えると買い替えたほうが費用も時間も短縮できます。 そういった時代の変化とパソコンの劣化に対応するためにも買い替えをした方がよいです。 因みに私はパソコンを買い替えたことで• HDDからSSDに変わったので起動が早くなり• CPUの能力も上がって作業がサクサク進む 良いことばかりです。 修理ではスペックが上がることはありませんので、今のパソコンに不満があるならば思い切って買い替えをしましょう。 3.買い替えなら圧倒的にネットがおススメ パソコンを買い替えるならば電気屋などの店頭で買うよりも ネットで購入しましょう。 ネットの方が種類が多くじっくりとスペックの比較もできます。 また値段も メーカーからの直接購入だとセールで安く買える場合があります。 実際に私は夏にDELLのサイトから15%OFFで購入しました。 ただし、デメリットもあります。 メーカーからの購入は受注生産が多いので 注文から自宅に届くまで2週間は必要です。 パソコンを仕事道具にしている フリーランスの人だと2週間は致命的なので、そういった急ぎの人は店頭で購入したほうがよいでしょう。 4.データの移行準備はこまめにしよう ノートパソコンを買い替える前に するべきことがあります。 それは データのバックアップとアプリなどのライセンス移行です。 パソコンが完全に動かなくなってからでは、データの移行とアプリの準備だけで半日費やします。 できれば、月1回はUSBや外付けHDDにデータを保存しておきましょう。 USBやHDDがないなら• evernoteやDropboxなどのサービスを活用• ブラウザのブックマークのエクスポート• 頻繁に使うサイトのIDやPWの整理 をしておけばOKです。 いつパソコンが壊れても大丈夫なようにデータの移行準備をしておきましょう。 5.実際にパソコンを買い替えた体験談 パソコンを買い替えた感想は、「思い切って買い替えて良かった」と思っています。 CPUもメモリも良いものに変えたのでブラウザも動画もサクサク動きますし、能力が高いのでプログラミングもや動画編集もスムーズ。 オンラインゲームも問題なくできるので、値は張っても買い替えて良かったです。 ただ、bluetoothのバージョンやUSBポートの数などを確認していなかったので、買い替える際は慌てて買わずに日ごろから候補をピックアップしておいてゆっくりと決めれるようにしておいたほうがよかったです。 SSDに変わって、故障のリスクも下がったはずなのでトータルでコスパの良い買い物だったと思っています。 6.ノートパソコンは消耗品!思い切って買い替えよう ノートパソコンが故障したり、異常が発生したら思い切って買い替えましょう。 実際に買い替えた者の意見として、長い目で見れば修理よりも買い替えるほうがいいと感じました。 仮に15万円のパソコンを買ったとしても月1万5千円を稼げば一年でペイできるので、安いものです。 変な症状が出たら時間との勝負なので、データの移行準備から始めていきましょう!.

次の

デスクトップとノートパソコンの違い ~性能・消費電力・メモリ・寿命などから比較~

デスクトップ パソコン 寿命

「パソコンを買うなら、10年は使いたい!」 わたしは新しいパソコンを買うときは、これくらいの気持ちでパソコンを選びます。 一般的にパソコンの買い替え時期は、4〜5年程度と言われています。 でも、事務仕事やネットを見る程度だったら、10年くらいは普通に使えます。 ただ、パソコンには寿命と呼ばれるタイミングが2つあります。 どのような状態になるとパソコンは寿命になったと考えられるのか。 パソコンの寿命は買い替え時期にも深く関係してくるので、詳しく説明していきます。 パソコンが寿命を迎えるタイミングは2つ パソコンが寿命を迎えるタイミングは、「OSのサポート終了」と「故障」の2つです。 この2つの問題さえクリアできれば、パソコンは10年といわず、100年後も使い続けることができます。 OSのサポート終了 パソコンには、基本ソフトとしてOS(オペレーティングシステム)というものが最初から入ってます。 有名なところでは、「Windows」や「MacOS」になります。 このOSがないと、インターネットもできないし、オフィスソフトも動かすことができません。 Windowsの場合は、過去に「Windwos7」「 Windows8」「Windows10」が販売されていて、それぞれのOSごとにサポート期間が決められています。 で、このサポート期間がパソコンの寿命の一つの基準になります。 なぜかというと、このサポート期間には、OSの不具合やセキュリティの修正・対策が含まれているからです。 今のパソコンはネットを使うのが当たり前になっていますが、その分、情報漏洩や不正アクセスなどのセキュリティ対策をしないと、いつどんな被害を受けるかわかりません。 そして、OSに情報漏洩などを起こす不具合が見つかった場合に、セキュリティ対策の更新プログラムを配信してくれるのが、このサポート期間です。 つまり、OSサポートが終了したサポート外のOSで、ネットに繋げると犯罪に巻き込まれる可能性が一気に高まるということです。 なので、OSのサポート終了がパソコンの寿命と考えられる理由です。 Macの場合も、Windowsと同じように、複数のOSバージョンがあり、サポート期間が決められています。 そんなことを考えながら、Windwosのサポート期間をまとめた下の表を見てみましょう。 1 2013 年 11 月 13 日 2023 年 1 月 10 日 Windows10 2015 年 7 月 29 日 2025 年 10 月 14 日 ここで注目して欲しいのは、「ライフサイクル開始日」と「サポート終了日」です。 どのOSもだいたい10年間のサポート期間が設定されています。 このことからも、パソコンはだいたい10年は使えると考えられます。 例えば、windows10の場合は、2015 年 7 月 29 日から、2025 年 10 月 14 日の約10年間になっています。 2015年にパソコンを買っていれば、10年間はサポート切れを心配する必要はないです。 問題は、2015年以降にWindows10のパソコンを買った場合です。 例えば、2017年にWindows10のパソコンを買うとサポート期間は8年しかありません。 10年間パソコンを使いたい場合は、これだと困りますよね。 でも、心配ありません。 OSをアップデートすれば良いのです。 あと数年もすれば、Windows10. 1やWindows11などの最新バージョンが発表されます。 最新OSが快適に動くパソコンを購入すれば、次期バージョンのOSも問題なく動かせます。 OSをアップデートすれば、サポート期間も延長されるので同じパソコンを10年以上使い続けることができます。 OSのサポート期間が終了したら、パソコンは使えない? OSのサポート期間が終了しても、パソコンがすぐに使えなくなるわけではありません。 ネットにつなげるのが危険になるというだけです。 つまり、ネットに繋げなければ、これまでと同じように使い続けることができます。 ただ、ネットに繋げられないパソコンって使い勝手が悪いです。 文書作成や、プリント専用くらいにしか使えません。 それだったら、新しいOSを入れるか、新しいパソコンに買い換えた方が良いでしょう。 故障 パソコンの調子が悪くなる、壊れた時の「故障」を寿命と考えるのも一般的ですね。 わたしは毎日パソコンを使っていますが、調子が悪くなることは、しょっちゅうあります。 突然、マウスが動かなくなったり、キーボード入力ができなくなったり、画面が表示されなくなったり。 他によくあるのは、「パソコンの動作が遅い」です。 パソコンが遅い場合の対策としては、「不要ファイルの削除」や「初期化」などでほとんど改善できます。 でも、こんなのはよくあることなので、パソコンの寿命とは関係ないトラブルです。 パソコンの寿命と考えられる「故障」は、このようなものです。 電源を入れても画面に何も表示されない• 「不要ファイルの削除」や「初期化」をしても速くならない これらの症状が出た場合は、機械的な故障になるので修理が必要です。 パソコンの故障で一番壊れやすいのは、データを記録する「HDD」と呼ばれる機械です。 HDDはよく壊れるのですが、他の部品「CPU」や「メモリ」は滅多に壊れません。 ほとんどの場合はHDDだけを交換すれば直ります。 私が使っているパソコンも7年間でHDDが2回壊れました。 ただ、デスクトップパソコンだったので、HDD交換が比較的簡単だったので自分で交換しました。 自分で修理したので、1回の修理はHDDのパーツ代(約10,000円)だけです。 つまり、HDDの故障程度でパソコンを買い替える必要はないってことです。 保証無しで、パソコンショップへ修理を依頼すると「診断料」「作業代」「パーツ代」で3万円くらいかかります。 そうなると、あと数万円プラスすれば新しいパソコンが買えちゃいます。 5年以上使っていれば、パソコンの買い替えを検討しても良いですが、3年以内だとちょっと悩みますよね。 HDD交換を自分でできるなら、自分で修理しちゃえば良いです。 でも、もっと複雑な故障だったり、機械いじりが苦手な場合は、保証期間を延長した方が安心です。 パソコンは1年以内で壊れることもあれば、10年故障無しということもあるので、本当に「故障」は運次第です。 もしもに備えて、一番安い延長保証に入っておくと良いと思います。 私が利用しているパソコンショップは、3年保証で7,000〜15,000円でした。 もし、わたしがここで延長保証に入るなら、3年で壊れるかどうかもわからないので、一番安い7,000円の保証に入ります。 パソコンの故障リスクを減らす方法 わたしが今使っているパソコンはHDDが2回壊れましたが、過去に使っていたパソコンでもHDDが何回も壊れてます。 10年以上パソコンを仕事や趣味で使ってきたわたしの感覚では、パソコンの故障の8割はHDDです。 わたしは、HDDは必ず壊れるものだと考えてます。 HDDの故障さえなければ、わたしが今使っているパソコンは7年間故障無しで使えてます。 パソコンの故障リスクを簡単に減らす方法は「HDD」を使わないことです。 実は、パソコンは「HDD」を使わなくても動きます。 「HDD」の代わりに「SSD」を使えば良いのです。 SSDは、HDDと同じようにデータを記録するパーツのことです。 HDDとSSDの違いを簡単に説明すると、 HDDでは、データを保存する「ディスク」を回転させたり、データを読み書きする「磁気ヘッド」を移動させるので、衝撃や震動を加えると壊れやすい。 SSDでは、データ保存に使う「NANDメモリ」、データを読み書きする「NANDメモリコントローラ」は電気信号だけで物理的な動きがなく、パーツも少ないので衝撃や震動に強い。 となります。 SSD搭載のパソコンを買えば、故障リスクの8割を無くすことができます。 これから、パソコンを買うなら、HDD搭載よりもSSD搭載のパソコンです。 わたしもこれから購入するなら、絶対にSSD搭載のものにします。 パソコンを10年使い続けるコツは? 買ったパソコンの寿命を伸ばす方法は簡単です。 何も難しいことはありません。 最新OSを搭載した新しいパソコンを購入する。 定期的なメンテナンスをする。 この2つのことをやるだけです。 新しいパソコンを購入するというのは、特に難しくないと思います。 パソコンショップなどで、新しいモデルのパソコンを選べば良いだけです。 もし、どんなパソコンを選べば良いか迷ったら、こちらの記事を参考にしてください。 この2つのことを守れば、パソコンは10年は使えます。 まとめ パソコンは故障さえしなければ、5年でも10年でも使い続けることができます。 パソコンの寿命を伸ばしたいなら、最初の購入時にあまり性能の良くない安すぎるパソコンを買わないことです。 今使っているOSの動作も遅いようなパソコンだと、数年後に新しく発売されるOSにバージョンアップできない可能性があります。 長くパソコンを使いたいなら、最初に多少高くても今のOSが快適に動かせる性能のものを購入しましょう。 また、故障はいつ起きるかわからないので、予算との相談になるとは思いますが、できるだけ延長保証も付けた方が安心です。

次の

ハードディスクの寿命

デスクトップ パソコン 寿命

参考: また企業でパソコンを使用する場合、パソコンも減価償却の対象となるため、法定耐用年数は4年に設定されています。 耐用年数はあくまでも目安であり、5年経過すればすべてのパソコンが使用できなくなるわけではありません。 パソコンによっては5年より長く使用できる場合もあれば、それよりも早く寿命を迎える場合もあります。 寿命の要因 一般的にパソコンの寿命は 4〜5年程度とされていますが、その理由は以下の通りです。 ハードディスクの故障 パソコンの故障の中でもっとも多いのが、ハードディスクの故障です。 ハードディスクの寿命は一般的に4〜5年程度といわれているため、これもパソコンの寿命が5年程度といわれる所以といえます。 故障したパーツは交換や修理で修復することができますが、ハードディスクの故障の場合はパソコンを買い換える必要が出てくるでしょう。 ハードディスクが故障すると記録されたデータにアクセスできなくなるため、交換や修理では対応できないことがあります。 データ修復を依頼すればハードディスク内のデータをコピーできることもありますが、場合によってはかなり高額になるため、そこをパソコンの寿命と判断する方も多いようです。 OSのサポート終了 OSによってサポート期間が異なるものの、Windowsを例にとると、最新OSのサポート期間は最低10年間とされています。 Windowsはメインストリームサポートが5年間+延長サポートが5年間提供されますが、サポートが終了すると、仕様変更やセキュリティ更新プログラムの提供など全てのサポートが受けられなくなります。 サポートが受けられなくなると、脆弱性を狙ったサイバー攻撃の対象となりやすいため、インターネットに接続するのは危険な状態となります。 サポート終了のタイミングで新しいOSをインストールすることも可能ですが、パソコンの購入からすでに長期間経過していることや、新しいOSにスペックが対応できないことなどを踏まえ、パソコンの寿命と判断されることが多いです。 寿命が長いのはデスクトップパソコン 機械の故障や老朽化を考えた場合、デスクトップパソコンとノートパソコンでは、デスクトップパソコンのほうが寿命は長くなるケースが多いようです。 ノートパソコンの寿命が短い・故障を起こしやすい理由としては、次のことがあげられます。 外部からの衝撃を受けやすい• 熱暴走が起きやすい 外部からの衝撃を受けやすい ノートパソコンは持ち運びをすることが多く、落下の衝撃や外部にぶつけて衝撃を受ける確率が高いです。 ノートパソコンは内部にハードディスクが内蔵されていますが、ハードディスクは揺れや衝撃に弱い特徴があります。 衝撃を受ける頻度が高くなるほどダメージが蓄積され、パソコンの寿命を縮めてしまいます。 熱暴走が起きやすい もうひとつの理由として、熱に弱いことがあげられます。 CPUが高温になると発生する熱暴走というトラブルからわかるように、パソコンはとても熱に弱いです。 そのため、内蔵ファンや放熱用のフィン、筐体に空けられたスリットなど、外部に熱を放出し冷却するための工夫が施されています。 ノートパソコンよりもデスクトップパソコンのほうがこの冷却効果が優れており熱に強いため、寿命の長さに影響を及ぼしているようです。 パソコンの寿命と思われる症状 パソコンはいきなり動かなくなることもありますが、通常は事前に何かしらのサインを発しています。 以下のような症状が表れた場合、寿命が近づいていると思われます。 パソコンからこげくさいニオイがする• 起動時に異音がする• ハードディスクから異音がする• 頻繁に電源が落ちる• ファイル破損が多発する• 動作反応が低下する• 熱暴走が頻発する• フリーズが頻発する• ブルースクリーンが頻発する• 勝手に電源がついたり消えたりする• リカバリしてもパフォーマンスが上がらない 詳しい内容は、以下のとおりです。 パソコンからこげくさいニオイがする パソコンからこげくさいニオイがした場合は、発火の危険性を伴っています。 発火するとパソコンに大きなダメージを与えるだけでなく、火災に発展する恐れもあるため、すぐにシャットダウンしてください。 修理に出す場合でも、自宅では絶対に電源を入れなおさないようにしましょう。 起動時に異音がする パソコン内部に不具合が発生すると、起動時に異音が発生する場合があります。 「ガリガリ」「ゴー」など、いつもはしないような大きな音が聞こえたら、故障が近づいている合図です。 異音の発生箇所としてあげられるのはCPUファン、電源ユニット、ハードディスク、グラフィックボードなどです。 中でもハードディスクの異音はパソコンの寿命に直結することもあるため、注意が必要です。 ハードディスクから異音がする パソコンを長期間使用していると、ハードディスクから異音が聞こえてくることもあります。 「ガガッ」「カタカタカタ」「カンカンカン」「カツンカツン」など、さまざまな音が聞こえてくるようになりますが、異音の内容によっては寿命が近づいているといえるでしょう。 振動音であれば経年劣化が考えられますが、金属音の場合は故障の前兆と考えられます。 頻繁に電源が落ちる パソコンの経年劣化が進むと、さまざまな原因が絡み合い電源が落ちる現象が発生するため、寿命が近い合図と考えられます。 電源が落ちる原因の代表的なものとして、熱・電源・ソフトウェア・ハードウェアの4つがあげられます。 熱 パソコンは過熱してしまったCPUを冷却できる仕組みになっていますが、冷却に問題があると熱が原因で電源が落ちることがあるようです。 電源 電源に問題があり、正常に電源が供給できない状態になると、停電時と同じように電源が落ちることもあります。 ソフトウェアやハードウェアに問題があっても、電源が落ちる原因となります。 ファイル破損が多発する ハードディスクに保存しているデータ破損が増加している場合、ハードディスクに問題が発生していることが考えられます。 突然電源が落ちたり、フリーズが頻発するなどの兆候が同時に現れると、寿命が近いといえるでしょう。 動作反応が低下する マウスをクリックした際の反応が鈍い、データのアクセスに時間がかかるなど、パソコンの動作反応が低下してくると寿命が近いかもしれません。 原因としては、ハードディスクの劣化が考えられます。 熱暴走が頻発する 熱暴走が頻繁に起きる場合、CPUの異常発熱や冷却機能に問題があることが考えられます。 パソコン内部に溜まったホコリなどが原因で、冷却機能が低下する場合もあります。 パソコンに衝撃を与えない パソコンは精密機器で構成されているため、衝撃にはあまり強くありません。 起動時はハードディスクが高速で回転しており、少しの衝撃でもディスクに傷がつきます。 特にノートパソコンは持ち運ぶことが前提になっており、その分だけ衝撃を受けるリスクが高まることを考えると、衝撃を与えないようケースに入れるなどの配慮が必要であると言えます。 パソコンに負荷をかけない パソコンに負荷をかけ続けるとCPUが発熱し、内部が高温になります。 パソコンを劣化させる原因の一つになるため、パソコンに負荷をかけないよう、なるべく同時に重い処理をさせないなどの注意が必要です。 積み重ねによってダメージが蓄積されるため、なるべくパソコンへの負荷が少ない運用を心掛けましょう。 まとめ パソコンも家電製品と同様に寿命があるため、永続的に使い続けることはできません。 しかし、使い方に気を付けてさえいれば、寿命を延ばすことは可能です。 パソコンにトラブルが発生した際は早めにパソコン修理業者へ診てもらい、必要であれば修理することも寿命を延ばす方法のひとつといえます。 パソコン修理業者のはパソコントラブルの大小問わず、ほとんどの修理に対応してくれます。 パソコンの寿命を延ばすためのクリーニングなども相談に乗ってくれるので、一度連絡してみてはいかがでしょう。

次の