あん摩 マッサージ 指圧 師。 どの資格を取るべき?【柔道整復師、理学療法士、鍼灸師、マッサージ師】

あん摩マッサージ指圧師になるには? 必要な資格は?

あん摩 マッサージ 指圧 師

スポンサーリンク 理学療法士とあん摩マッサージ指圧師 違いと有効性 理学療法士 「理学療法士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、理学療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、「理学療 法」を行うことを業とする者をいう。 「理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作 能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段 を加えることをいう。 理学療法士は、診療の補助として理学療法を行なう理学療法士は、一般に考えられている高齢者、交通事故など により発生した身体機能障害の回復のためのトレーニングのみならず、脳卒中での片麻痺などから、新生児の運 動能力の発達の遅れ、身体的な障害を持つ人に対して、 医師(時に歯科医師)の指示の下、その基本的動作能力 の回復を図ることを目的に、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、温熱、マッサージなどの物理的手 段を加える(物理療法という)者であり、その活動を理学療法という。 理学療法・作業療法・言語聴覚療法を治 療の中心としたものがリハビリテーション病院である。 平成18 年度の医療改正において度重なる診療報酬の低下は基より、理学療法料という名称は無くなり作業療法・ 言語聴覚療法とを統合してリハビリテーション料として算定されるようになり、その治療対象も疾患別で限定さ れるようになった。 また治療日数に制限も課せられた。 さらには看護師・柔道整復師・マッサージ指圧師等の他 職種も一定の講習を受けるだけでリハビリテーション料を保険請求できるようになり(みなし理学療法士)、理 学療法士を取り巻く環境は急速に厳しいものとなっている。 介護保険分野においても介護・リハビリを主として在宅復帰を支援する施設として、理学・作業療法士の配置義 務がある介護老人保健施設での利用者100 人に対して常勤の理学・作業療法士いずれか1名、という極めて低い 人員基準は理学・作業療法士が介護保険法制定時から数倍に膨れ上がった現在でも変わっていなく、理学療法士 がこのような危機的状況に陥ったといえる背景には医療リハビリテーションの専門職を謳いながらも名称独占 資格から抜け出せていないことがある。 医師免許と違い、診断を業として行う事を認めてなく 診断は医師の独 占業務 、患者に対して投薬やレントゲン写真撮影や手術をすることはできませんが、 医師法により、医療行為で ある診療行為(診断と治療を業として行うこと)は医師の独占業務であると規定しているが、あはき法(あん摩 マッサージ指圧師・はり・きゅう師法)は、医師法の例外規定であり、その法の下、あん摩マッサージ指圧師は 独立してあん摩・マッサージ・指圧の施術(医業でいう治療)を行うことを認められている。 医師の同意があ れば下記の特定疾患を含む施術 医業でいう治療 での保険請求が出来る 称の如何に関わらず、マッサージを業とできる者は「医師」と「あん摩マッサージ指圧師」のみ(業務独占) であり勤務する場合は病院や診療所の整形外科や理学療法科やリハビリテーション科であり、これらの勤務先で あん摩マッサージ指圧師は病院診療報酬改定により、一定の講習を受けるだけで「みなしPT」とし、リハビリ テーション料を保険請求できるようになり、病院併設の老人介護施設で機能訓練指導員をなることができる。 ま た、あん摩マッサージ指圧師として5年以上の実務経験を積めば、介護支援専門員の受験資格が得られる。 あん摩マッサージ指圧師の手技療法の有効性 東洋医学と西洋医学的にも多方面からアプローチでき、凝りからくる不快感はまず、筋肉を緩めることで気持 ちを鎮め、目に見える症状が治まった時に今度は内面に潜む根本的な問題を取り除く為の全身治療に切り替えて 治療を進めて行きます。 始めに内面の症状を改善し、全体のバランスを整えることもできます。 あん摩指圧は身体の中心から末端~心臓より遠いほうに向い施術します。 これにより隅々まで気血を巡らせます。 マッサージは足先など心臓より遠い方から体の中心へ向かって施術し、血行を改善するとともに、体液の循環を 活性化させます。 これにより新陳代謝が高まり、身体の老廃物の排出を促します。 例) 脳梗塞で倒れた場合のあん摩と理学療法の違いはあるか? 初期段階(180日のリハビリ期間内)なら、病院のリハビリ室にて理学療法士より医師の指示の基、残存機 能の維持の為の機能訓練を行いますが、 リハビリ終了後の維持期になれば、あん摩マッサージ師でもできる機能 訓練と傷病によって負った原因の治療を含めた機能訓練に、在宅でも往療費も含んだ健康保険が適応できるあん 摩マッサージ師の「リハビリ」+「治療」が有効と思われます。 主治医のマッサージ同意書だけでリハビリマッサージが可能です。 主治医のリハビリ指示書なしできちんとした医学的根拠に基づくリハビリができます。 脳性麻痺(成人) 変形性頚椎症 多発性硬症 脊柱管狭窄症 脊髄損傷 腰椎圧迫骨折 大腿骨頚部骨折 糖尿病性抹消神経障害 くも膜下出血 頚椎症性脊髄症 シャイ・ドレーガー症候群 大脳皮質基底核変性症 パーキンソン病 リウマチ 変形性脊椎症 (頚部痛、背部痛、腰痛) 変形性腰椎症 脳梗塞後遺症 運動ニューロン病 筋緊張性ジストロフィー 脳出血後遺症 骨折後の関節拘縮 脳腫瘍術後 関節運動障害 筋麻痺・関節拘縮 その他疼痛疾患など あん摩マッサージ指圧師 脳性麻痺(成人) 変形性頚椎症 多発性硬症 脊柱管狭窄症 脊髄損傷 腰椎圧迫骨折 大腿骨頚部骨折 糖尿病性抹消神経障害 くも膜下出血 頚椎症性脊髄症 シャイ・ドレーガー症候群 大脳皮質基底核変性症 パーキンソン病 リウマチ 変形性脊椎症 (頚部痛、背部痛、腰痛) 変形性腰椎症 脳梗塞後遺症 運動ニューロン病 筋緊張性ジストロフィー 脳出血後遺症 骨折後の関節拘縮 脳腫瘍術後 関節運動障害 筋麻痺・関節拘縮 その他疼痛疾患など あん摩マッサージ指圧師 脊髄小脳変性症 筋萎縮性側索硬化症 球脊髄性筋萎縮症 頚椎症性脊髄症 変形性膝関節症 変形性関節症 多発性脳梗塞 脳挫傷 後縦靭帯骨化症.

次の

あん摩マッサージ指圧師になるには

あん摩 マッサージ 指圧 師

人を治療したい、パフォーマンスを上げたいと思ったらいくつかの職場が思い浮かび、それに伴って必要な資格をいうのがみえてくる。 ただ外からみたらどれがどんな資格かという「中身」まではわからないので、悩む人も多いと思う。 そこで今回は取る資格の選び方について「現場の目線」から建前なく正直に解説していく。 各資格の基本的な内容は各自調べてから見てもらった方がわかりやすいかも。 またこれについてはLINE@で相談を頂いた内容になり、スライドで音声も取っているので良ければそちらもチェックしてほしい。 他に質問などあったらLINE@よりどうぞ。 内容にもよるけどそのまま返答するかスライドを使って解説するかになると思う。 資格選びは迷う これから資格を取ろうと言う人で、それぞれの資格の具体的な違いやメリットなどを理解している人ってそこまでいないと思う。 と言うのもそもそも資格の違いってわかりにくくない? なんやら専門用語に近い話をされて、結局どうなの?ってところが知りたい人にはわかりにくいはず。 そんな中多くの人は「自分が経験した資格」を取る方向に行きやすい。 例えばケガで整骨院にお世話になったら柔道整復師、病院で手術したなら理学療法士って感じで。 「でもケガのリハビリも整骨院でしたしなぁ?」なんて思う人もいるはず。 あくまで分かりやすさを意識したものなので、詳しくは「〇〇(資格名) 仕事内容」など調べて貰えばわかりやすいだろう。 資格の違い 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、理学療法士の資格の違いとメリット・デメリットを現場目線で解説していく。 スポンサーリンク 柔道整復師(じゅうどうせいふくし)の特徴とメリット・デメリット 柔道整復師は主に整骨院でケガの処置をメインに行う。 今では健康保険を使わず自費治療で体のメンテナンスをするところも多い。 メリット:捻挫や打撲、肉離れなどに対して健康保険を使うことが出来き、ケガやケガの処置に強くなる(テーピングや包帯など)。 開業権がある。 その他にも現在は他にデイサービスで機能訓練と言うリハビリに似た仕事や整形外科、スポーツジム、スポーツトレーナーなど幅広い活動が出来る。 デメリット:健康保険の決まりが厳しくなってきている。 以前より柔道整復師が増えたので、ライバルが多い。 ちなみに管理人は柔道整復師。 鍼灸師(しんきゅうし)の特徴とメリット・デメリット 鍼灸師は鍼(はり)をやお灸(おきゅう)を使って体を良くする資格。 鍼やお灸は古臭いと考える人もいるけど、キチンと出来れば効果はしっかり出る。 メリット:鍼をうつことが出来る。 開業できる。 デメリット:自分で開業せずに勤めているお給料はあん摩マッサージ指圧師と並んで安い。 鍼に頼りがちで「体を動かす仕組み」に対して弱くなりやすい。 (現代はこのからだを動かす仕組みというのがどの資格でもスタンダードになりつつある) その他:鍼灸師はあん摩マッサージ指圧師の資格と合わせて持つ人も多い。 単独では他の資格より2〜3万円給料は安いため。 あん摩マッサージ指圧師(あんままっさーじしあつし)の特徴とメリット・デメリット あん摩マッサージ指圧師は文字通りマッサージをメインに行う資格。 マッサージという文字は他の資格では使用できない決まりで、柔道整復師や鍼灸師、街によくあるマッサージをする店ではマッサージという言葉を使ってはいけない。 メリット:マッサージという単語を使える。 訪問(医師の診断書が必要)で訪問マッサージなどができる。 開業できる。 デメリット:鍼灸師と同じで患者などの「体を動かす」ことが苦手。 マッサージ主体になりやすい。 給料も単独の資格だと柔道整復師や理学療法士と比べて安い。 その他:あん摩マッサージ指圧師は鍼灸師と併せて資格を取る人も多い。 単独だとやはり他と比べて給料は安くなりがち。 開業はできるけど、厳しい。 理学療法士の特徴とメリット・デメリット 理学療法士は主に病院、クリニックなどで医師の指示のもとリハビリを行う。 リハビリ内容はケガのあと、手術のあと、脳梗塞など内科疾患のあとなど幅広い。 メリット:他の資格と比べて体の知識が深い。 福利厚生がしっかりしている職場につきやすい。 デメリット:年々資格保持者が増えていていて、人数が多すぎる。 医師の支持がないと基本的に資格を使うことができない。 その他:理学療法士は他の資格と比べて体の知識は深い反面、体の知識というのは独学で勉強出来るという問題もある。 理学療法士としては開業できないので、理学療法士の資格は持っているけど「整体師」として開業する人が多い。 どの資格を取るべきか? どの資格を取るべきかを簡単に解説。 ただ資格保持者として思うのはいずれにせよ「体を動かす仕組み」を理解するのはとても重要。 その点からみると鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師は弱い。 ・・・・・・ と思いがちだけど必要であれば「体をうごかず仕組み」と言うのは 独学でも勉強出来る。 ぶっちゃけケガについてもテーピングや包帯なら練習すれば出来る。 つまりこれらの資格の中で現状、その資格しか出来ないものというのは「鍼をうつ」ことだけなんだよね。 だから今後優位性が高いのは鍼灸師だと僕は思っている。 体を動かせて仕組み理解している鍼灸師はかなり強い。 と言ってもそんな鍼灸師はほとんどいないけど。 鍼だけうって完結してしまう人が多いからね。 ここだけの話、柔道整復師の資格を持っている現役の僕が目指すなら「体を仕組みを理解して、動かせる鍼灸師」だ。 雇われている間は多少給料は安いかもしれないけど、それ以上に伸びしろはある。 もちろん病院で働きたいなら理学療法士を取ればいいし、開業して捻挫とかみたいのであれば柔道整復師となる。 自分が何をしたいのか? 当然だけど、これが資格選びの最重要ポイントだろう。 資格選びのおまけ。 生活を意識するなら看護師が最強 ぶっちゃけどの資格にも魅力を感じず、生活できる資格がほしいなら現状で最強は看護師。 もちろん医師は除いてね。 職場は大変かもしれないけど、パート・アルバイトでも他の資格よりも時給はいいし、求人も多い。 持っているだけで一生食べれる資格。 雇われる立場で時給2000円を軽く超えて、なおかつ多くの求人があるのは看護師で、間違いなく持っておいて損はない資格だと思う。 以上で「どの資格をとるべき?」の話は終わりになる。 少しでも参考になれば幸いです。 スポンサーリンク.

次の

あん摩マッサージ指圧師

あん摩 マッサージ 指圧 師

と の仕事内容の違い 柔道整復師の仕事 柔道整復師とは、骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲など症状に対し、外科のような手術を行わず、人間の治癒力を利用して治療する仕事です。 「ほねつぎ」や「接骨師」と呼ばれることもあり、主に整骨院や接骨院で働いています。 治療方法は、理学療法や運動療法、テープ療法などさまざまありますが、大きな特徴としては、まず「投薬や手術を行わないこと」、もうひとつは「人間が持つ治癒力を利用する、東洋 の考え方に基づいていること」です。 こうして見ると、あん摩マッサージ指圧師と柔道整復師にはあまり違いがないように思うかもしれませんが、行う治療内容も役割も異なっています。 治療の目的の違い あん摩マッサージ指圧師は、「あん摩」「マッサージ」「指圧」の3種類の技法を組み合わせ、人の健康を増進させます。 具体的には、衣服の上からなでる、押す、揉む、叩く(あん摩)、血液やリンパ液の循環を改善させる(マッサージ)、全身にあるツボを押す(指圧)ことによって、人の自然治癒力を高めながら症状を改善に結びつけていきます。 一方、柔道整復師は骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷といった運動器の損傷に対し、自然治癒力を高めながら治療を行います。 治療の目的は、基本的に「損傷からのリハビリや回復など」となっており、主に「生活習慣による肩こりや腰痛、その他の疾病などを改善させる」あん摩マッサージ指圧師の治療とは、違いがあるといえます。 マッサージができるのはあん摩マッサージ指圧師のみ 最大の違いは、 の指示なく「マッサージ」が行えるのは、あん摩マッサージ指圧師のみであることです。 柔道整復師の場合、急性外傷に対するアフターケアとして手技を使うことは認められていますが、肩こりなどの慢性疾患の改善のためにマッサージを行うことは、本来認められていません。 あん摩マッサージ指圧師と柔道整復師のなる方法・資格の違い 「あん摩マッサージ指圧師」と「柔道整復師」は、どちらも国家資格です。 これらの仕事に就くためには、いずれの場合も特定の学校で3年以上知識と技術を学び、国家資格に合格しなければなりません。 あん摩マッサージ指圧師と柔道整復師の給料・待遇の違い あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師ともに新人時代の平均年収は350万から400万円程度がボリュームゾーンのようです。 人気が出ると600万円から700万円程度になる人が多いようです。 あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師ともに技能職であるため、その人が持っている経験や実績によって給料には違いが出やすい仕事でもあります。 あん摩マッサージ指圧師と柔道整復師はどっちがおすすめ? 両者の仕事内容には違いがありますが、高齢化社会が進み健康ブームも続く現代では、どちらの職業も人気が高まっています。 両者とも医師や と同様に「開業権」があるため、経験を積めば独立開業できるという点も、その人気を後押ししているようです。 あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師ともに医療機関で働く以外にも、 として、また介護・福祉の分野で機能訓練指導員として働く人も増えています。 高齢化するこれからの日本では、とくに介護の分野での存在が大きくなることが予想され、どちらの職業を選んでも活躍の場は多くあるといえるでしょう。

次の