引越し侍 見積もり。 引越し侍の口コミ・評判 | みん評

株式会社エイチーム引越し侍

引越し侍 見積もり

あなたの好きな「おにぎりの具」はなんですか? おにぎりは、日本の国民食ともいわれるほど、身近な料理。 手軽で美味しくて、作り置きもできて持ち運びもできる、まさに万能選手です。 ごはんに合えば、どんなものでも「具」として中に入れることができるのも魅力のひとつ。 実際に、コンビニには常時、様々な種類のおにぎりが並んでいます。 しかし、いろいろな種類があるからこそ、「何を食べよう?」と迷うこともありますよね。 逆に、「私は絶対にコレ!」というこだわりがある人もいるのではないでしょうか? そこで、引越し侍の利用者に「好きなおにぎりの具は?」というアンケートを取って、人気の具を調査しました! また、おにぎりだけでなく、「好きなお弁当のおかず」も調べたので、ランキング形式で紹介していきます! 新型コロナウイルスで、なかなか外出できない状況が続いています。 お子さんにも楽しく「巣ごもり」してもらえるように、人気の具材やおかずを使った「おうちピクニックごっこ」はいかがでしょうか? 目次• おにぎりの具ランキング!定番のアレが1位に 「好きなおにぎりの具」ランキング 1位に輝いたのは、定番具材の「鮭」でした! コンビニでも、「鮭」だけで数種類売られているほどなので、その人気さがうかがえます。 2位にランクインしたのは「たらこ・明太子」です。 たらこや明太子は、おにぎり以外でも人気の食材ですよね。 3位は「ツナマヨ」、4位には「梅干し」でした。 ツナマヨという現代らしい食材のすぐ下に、伝統的な梅干しがランクインしているのは感慨深いものがあります。 さらに注目すべきなのが、食材の種類です。 実は、1位から6位までの食材は、4位の「梅干し」を除いて全て 「海の幸」なのです! 多くの日本人が、海の食材の「具」を支持しているということから、日本人の食生活が海と密接していることがわかります。 鮭やたらこ、ツナ(マグロ)など、海由来の具は7割以上、それ以外の具は3割未満と、その差は歴然です。 おうちピクニックをしながら、こうした日本の伝統文化などをお子さんに教えるよい機会になりそうですね。 しかし、これらの傾向は、どんな人にも当てはまるのでしょうか? 年代や地域、性別などで、人気の具に違いはあるのでしょうか? ここからは、「人気のおにぎりの具」について、さらに詳しく掘り下げてみた結果をご紹介します。 地域別にみる「人気のおにぎり具材」 まずは、好きなおにぎりの具を、出身地域別に比べてみました。 どの地域でも、おおむね、全体のランキングと違いはなさそうです。 九州のみ、1位に「鮭」ではなく「たらこ・明太子」がランクインしています。 これは、九州で1番人口の多い福岡県の名産品が「明太子」だということに関係しているのでしょうか? 北海道・東北では、「イクラ・筋子」の人気がずば抜けて高いという結果になりました。 「イクラ・筋子」に投票した人の数は、人口の多い関東よりも多いという、脅威の人気ぶりです。 イクラの生産量1位は北海道、2位は岩手と、北海道・東北地域が多いことが影響していると考えられます。 ちなみに、鮭の消費量は青森県が最も多く、2番目が北海道となっているため、鮭やいくらは北日本の人にとって身近なものなのではないでしょうか。 中国・四国地方や沖縄では、3位に梅干しがランクインしました。 梅干しの消費量ランキングでは、沖縄は8位、中国・四国地方では香川が14位と、意外にも高くありません。 そのため、なぜこれらの地域で梅干しの人気が高いのかはよくわかりませんでした。 年代別にみる「人気のおにぎり具材」 年代別にみると、30代のランキングが、他の年代と比べてやや違いがあることがわかります。 30代のランキングのみ、1位の「鮭」と僅差で、「ツナマヨ」が2位にランクインしています。 ツナマヨというおにぎりは、1983年(昭和58年)に、セブンイレブンが初めて商品化したとされています。 80年代といえば、ちょうど今の30代の人が生まれたころですので、生まれたころからツナマヨが身近にあったということに関係があるかもしれませんね。 おにぎりの伝統的な具材「梅干し」は、年代を重ねるにつれ人気が高まる傾向にあります。 ただ、10代の3位にも梅干しがランクインしているのには驚きです。 大人にとっては「伝統的」な食材でも、ミレニアル世代にとっては一周回って「新鮮」に感じられるのかもしれません。 男女別に見る「人気のおにぎり具材」 男女別にみると、女性と男性でツナマヨの順位が大きく異なることがわかりました。 「日本おにぎり協会」によると、男性はツナマヨを好む傾向があるとのことだったので、納得できる結果です。 一方で、ツナマヨは女性からの人気はあまり高くないようです。 マヨネーズと聞くと、カロリーが高いイメージがあるからかもしれません。 女性では、たらこ・明太子が2位にランクイン。 たらこ・明太子は、女性に人気の食材としても知られ、カフェやレストランでこれらの食材を見かけないほうが少ないくらいです。 お弁当の人気おかずランキング おにぎりは「外で食べるごはん」ですよね。 そこで、同じ「外で食べるごはん」である、お弁当についても調査をしてみました。 ダントツの 1位に輝いたのは、みんな大好きな「唐揚げ」でした。 2位との差はなんと500票以上で、圧倒的な人気を誇っていることがわかります。 2位は卵焼き・出し巻き卵と、こちらもお弁当の定番おかずです。 卵焼きの味付けは、しょっぱいのか甘いのかで、票がわかれそうですね。 3位以下は、大きな票差は出なかったものの、定番のおかずが並びました。 上位に並ぶおかずには「お肉系」が多くランクインし、海産物が多かったおにぎりの具ランキングとは、また違った様子ですね。 ここからは、おにぎりと同じように、お弁当のおかずについても、詳しく調査を進めていきます。 「人気のおかず」を地域別に調査 ほとんどの地域では、上位3位の順位は全体のランキングと同じ結果になりました。 一方、 特徴が明らかになったのが沖縄です。 多くの地域では、1位の唐揚げの票の割合が40%ちかい人気が出ているのに対し、沖縄だけ30%を切っています。 かわりに、 「生姜焼き」は、他の地域よりも多くの票を集めているようです。 生姜焼きは豚肉で作るおかずなので、豚肉料理が好きな沖縄県民らしい結果になったといえそうです。 ちなみに沖縄では、欄外ですが、同じく豚肉で作る「野菜の肉巻き」も、他の地域よりかなり高い割合で票が入っていました。 「人気のおかず」を年代別に調査 年代別にみると、50代・60代で、他の年代と異なる傾向があることがわかります。 特に60代では、「唐揚げ」が4位まで転落、1位には「卵焼き・出し巻き卵」がランクインしました。 高齢の方は、脂っこいものよりも、優しい味の食べやすいおかずを好む傾向にあると考えられます。 また、50代・60代の方は「ハンバーグ」よりも「生姜焼き」の人気が高いことから、 40代以下よりも和風なおかずを好む傾向にあるといえます。 10代では、唯一「野菜の肉巻き」や「天ぷら」がランクインしています。 多様性に富んだ若い世代ならではのランキング結果ともいえますね。 「人気のおかず」を男女別に調査 男女別では、ランクイン順位に差は出なかったものの、割合に大きな差があることがわかります。 特に大きいのが、2位以下のおかずの割合です。 「卵焼き・だし巻き卵」の割合は、男性が13%しかないのに対し、女性は28%もあります。 一方で、3位の「ハンバーグ」では、男性が12%、女性が8%と、大きく票の割合が変わります。 このことから、 やはり男性にはお肉系おかずの人気が高いということがわかります。 女性には、お肉よりも卵のほうが人気は高そうです。 お弁当の主食はごはん?パン?それとも… 「お弁当はごはん」という人が全体の8割以上を占めていました。 「パン」と答えた人は、サンドイッチなどオシャレなお弁当が好きな人なのかもしれませんね。 驚くべきことに、「麺類」と答えた人も一定数存在しました。 確かに、コンビニ弁当でいえば、最近は麺類の種類も増えてきていますよね。 自分でお弁当を作るときに、主食を麺類にする人は少ないのではないでしょうか。 まとめ おにぎりは、シンプルながらも定番の「鮭」が一番人気でした。 多くの地域や年代、性別で1番多くの票が入っていたので、「日本人が一番好きなおにぎり」といえそうです。 地域別にみると、たらこ・明太子は特に九州で好まれ、イクラ・筋子は北海道・東北地域で好まれていることがわかりました。 それぞれ地域の特産品であることが、影響しているのかもしれません。 年代別にみると、30代にはツナマヨが人気でした。 また、ツナマヨは男性の人気が高いことから、30代男性はツナマヨが好きな傾向にあるといえます。 お弁当で一番人気のおかずは「唐揚げ」でした。 しかし、50代・60代と年齢を重ねるにつれて唐揚げの人気は衰え、卵などのおかずが台頭してきます。 卵は女性にも人気が高く、優しい味と栄養豊富な食材だということが影響していそうです。 地域別にみると、沖縄ではやはり豚肉料理の人気が高そうだということがわかりました。 お弁当やおにぎりは、一般的に「外で食べるもの」とされてきました。 しかし、家の中で楽しむ「おうちピクニック」は、外出に制限がある今だからこそ試してみたい、巣ごもりアイデア。 この機会にぜひ、新しいお弁当やおにぎりの楽しみ方に挑戦してみてはいかがでしょうか。

次の

「好きなおにぎりの具」をランキングで紹介!人気の「お弁当おかず」も大調査|引越し見積もりサイト【引越し侍】

引越し侍 見積もり

2020. 22 2020. 01 2020. 29 2020. 27 2020. 21 2020. 06 2020. 01 2020. 25 2020. 24 2020. 17 2020. 13 2020. 08 2020. 07 宝島社「steady. 」にて弊社が紹介されました 2020. 04 2020. 20 2020. 13 2020. 31 2020. 30 2020. 22 2020. 4 2019. 2 2019. 29 2019. 1 2019. 1 2019. 19 2019. 30 2019. 22 2019. 15 2019. 15 2019. 08 2019. 30 2019. 25 2019. 09 2019. 18 2019. 9 2019. 13 2019. 31 2019. 23 2019. 15 2019. 15 2019. 25 2019. 19 2019. 18 2019. 11 2019. 09 2019. 02 2019. 30 2019. 27 2019. 20 2019. 17 2019. 15 2019. 12 TBSラジオ「森本毅郎のスタンバイ!」にて『引越し侍』が紹介されました 2019. 08 2019. 08 2019. 08 TOKYO-FM「クロノス」に『引越し侍』が出演しました 2019. 06 2019. 04 2019. 04 2019. 01 2019. 01 2019. 01 2019. 01 2019. 01 2019. 01 2019. 01 2019. 27 2019. 26 2019. 25 2019. 25 2019. 25 2019. 25 2019. 25 2019. 24 2019. 23 2019. 22 2019. 21 2019. 21 2019. 21 2019. 14 2019. 12 2019. 08 2019. 07 物流ニッポンにて、『引越し侍』が紹介されました 2019. 07 2019. 07 フジテレビ「とくダネ!」にて弊社調査が紹介されました 2019. 06 2019. 03 2019. 03 2019. 03 2019. 03 2019. 02 2019. 29 日本経済新聞夕刊「Bizワザ」にて、『引越し侍』が紹介されました 2019. 31 2018. 25 2018. 10 2018. 10 2018. 30 2018. 15 2018. 15 2018. 28 2018. 31 2018. 24 2018. 15 2018. 15 2018. 30 2018. 05 2018. 26 2018. 15 2018. 05 2018. 15 2018. 15 2018. 26 2018. 19 2018. 25 2018. 05 2018. 28 2018. 26 2018. 24 2018. 17 2018. 15 2018. 15 2018. 14 2018. 13 2018. 12 2018. 06 2018. 06 2018. 05 2018. 22 2018. 07 2018. 29 2018. 22 2018. 22 2017. 01 2017. 22 2017. 16 小学館『DIME』にて弊社調査結果が掲載されました 2017. 05 日本テレビ「ニノさん」にて弊社調査が紹介されました 2017. 01 2017. 01 2017. 19 フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」にて弊社調査が紹介されました 2017. 13 札幌テレビ放送「どさんこワイド179」にて弊社調査が紹介されました 2017. 15 2017. 15 2017. 22 2017. 01 2017. 04 2017. 04 2017. 21 2017. 03 2017. 20 2017. 16 2016. 01 2016. 01 2016. 22 2016. 16 2016. 16 2016. 10 大分放送「おはようナイスキャッチ」にて弊社調査結果が紹介されました 2016. 20 テレビ朝日「マツコ&有吉の怒り新党」にて弊社調査結果が紹介されました 2016. 20 2016. 07 2016. 13 2016. 10 テレビ朝日「スーパーJチャンネル 18時天気」にて弊社調査結果が紹介されました 2016. 28 2016. 25 2015. 25 2016. 22 2016. 21 広告・クリエイティブの事例データベース「AdGang」にて弊社のCMが紹介されました 2016. 20 フジテレビ「バイキング」にて弊社調査結果が掲載されました 2016. 16 BS-TBS「ホンネDEジャパン!」にて弊社調査結果が掲載されました 2016. 12 2016. 29 2016. 21 日本テレビ『月曜から夜ふかし』にて、弊社調査結果が紹介されました 2016. 16 小学館『DIME』にて弊社調査結果が掲載されました 2016. 25 物流ニッポンにて、『引越し侍』が紹介されました 2016. 19 2016. 12 2016. 12 2016. 26 2016. 18 2015. 18 2016. 13 日経産業新聞に弊社の取り組みが紹介されました 2015. 01 2015. 25 2015. 21 2015. 02 熊本放送「ウェルカム!」にて、弊社調査結果が紹介されました 2015. 01 2015. 01 2015. 25 2015. 13 2015. 9 毎日放送「ちちんぷいぷい」にて、弊社調査結果が紹介されました 2015. 2 2015. 1 豊田信用金庫様の広報誌に、弊社調査結果が紹介されました 2015. 30 2015. 06 2015. 25 2015. 14 2015. 11 2015. 28 2015. 20 TBS『白熱ライブビビット』にて、弊社調査結果が紹介されました 2015. 20 2015. 06 2015. 06 2015. 31 2015. 24 2015. 26 2015. 22 2015. 07 TBS『アッコにおまかせ!』にて、弊社調査結果が紹介されました 2015. 01 2015. 15 2015. 01 2015. 15 コマーシャル・フォト 2015年5月号に引越し侍のCMが紹介されました 2015. 30 2015. 28 メ~テレ「ドデスカ!」にて、エイチームグループが紹介されました 2015. 24 2015. 20 東海ウォーカー4月号に、『引越し侍』が紹介されました 2015. 19 2015. 17 KBCラジオ『徳永玲子のお昼ドキッ!』に電話出演いたしました 2015. 16 2015. 05 CBCテレビ『やすだの歩き方』にて、エイチームグループが紹介されました 2015. 01 2015. 26 物流ニッポンにて、『引越し侍』が紹介されました 2015. 25 2015. 13 2015. 05 2015. 28 2015. 27 宣伝会議様のWEB媒体『AdverTimes(アドタイ)』で弊社テレビCMが紹介されました 2015. 27 2015. 20 2015. 19 フジテレビ『ネプリーグ』にて、弊社調査結果がクイズとして出題されました 2015. 19 2015. 19 2015. 16 2015. 15 2015. 14 日本経済新聞に『ピアノ買取一括査定サービス』に関する記事が掲載されました 2015. 06 2014. 24 2014. 22 2014. 17 2014. 11 2014. 08 フジテレビ『ネプリーグ』にて、弊社調査結果がクイズとして出題されました 2014. 28 2014. 21 2014. 18 2014. 17 クマムシ出演のラジオCM『あったかいんだから』篇と『サービス訴求』篇の放送を開始しました 2014. 16 日本テレビ特番『芸能人引っ越しセンター!』で弊社調査結果が紹介されました 2014. 14 日本経済新聞に『ピアノ引越し見積もりサービス』に関する記事が掲載されました 2014. 13 2014. 30 2014. 21 2014. 30 2014. 12 毎日放送『ちちんぷいぷい』で弊社調査結果が紹介されました 2014. 09 2014. 28 2014. 14 2014. 30 2014. 17 2014. 16 2014. 09 2014. 03 2014. 03 フジテレビ情報番組ノンストップ!で弊社調査結果が紹介されました 2014. 03 日刊ゲンダイに弊社調査結果が掲載されました 2014. 26 2014. 01 2014. 11 2014. 08 日本経済新聞(関西版)に弊社調査結果が掲載されました 2014. 31 プレイボーイ 3月31日号に『引越し侍のテレビCM』が紹介されました 2014. 28 2014. 26 2014. 20 2014. 19 ニュース情報番組『キャスト』内で引越し侍が紹介されました 2014. 18 2014. 17 DIMEで弊社調査結果が紹介されました 2014. 13 2014. 12 2014. 07 2014. 05 2014. 03 2014. 28 2014. 26 2014. 21 2014. 19 2014. 14 2014. 12 2014. 07 2014. 06 2014. 31 2014. 17 2014. 15 2014. 26 引越し比較・予約サイト『引越し侍』の新テレビCM『人生のイベント編』の放映を開始しました.

次の

引越し侍に注意!口コミ評判を集めて分かった正体と見積もり事例|生活110番ニュース

引越し侍 見積もり

引越し侍をネットで検索すると、「引越し侍 ぼったくり」というキーワードが出ますが、引越し侍でぼったくりが行われているかどうか、確認してみましょう! ラジオのCMでは、引越し侍のラジオCM「ぼったくり」篇が、なかなか強烈です。 どぶろっくの「もしかしてだけど」編もあります。 都市伝説の関暁夫 お得に引っ越しができるサイト「引越し侍」 その伝説に迫るという話~ これはもうパンドラの箱を開けちゃったんだよね~ その伝説というのが引っ越し料金に最大50% 差が出ることもあるっていう話 複数の業者の見積もりを比較できることにその鍵が隠されているわけ! これはもう段ボールの箱を開けちゃったんだよね~ ヤバイでしょ! 信じるか信じないかは、あなた次第です!! 引越し比較 予約サイト 引越し侍 引越し侍のラジオCMはいくつかありますが、 どのCMも最後に、女性の声で、 「引越会社はちゃんと選ぼう。 引越し料金比較サイト。 引越し侍」 と訴えるパターンはお決まりですね。 そうなんです、引越会社はちゃんと選ぼう! そのために、「引越し料金比較サイト」をお使いください! という訳で、 引越侍は引越し業者じゃなくて、引越業者を選ぶためのサービス会社です。 ・・・と。 それから、「引越し料金比較サイト」の使用料金は無料だし、引っ越し料金は、こちらが選んだ引越会社に直接払うわけだから、 引越し侍が、ぼったくる!? っていうことは、あり得ません。 ですので、「引越侍は、ぼったくり!」は、根も葉もないウソ! まじめな話、がやっていることはその逆で、ユーザーが引越会社からぼったくられないように、「引越し料金比較サイト」をお使いください!というサービスをやっています。 ただし、従来の「引越し料金比較サイト」には、サイトに登録すると大量の引越し業者から電話が殺到するという欠点がありました。 この点、引越し侍に対する口コミを見ると「電話が殺到して迷惑!」という苦情の口コミが多かったのも事実です。 そこで、引越し侍はどうしたかというと、ユーザーに「電話が殺到しない」業界発の新しい「引越し料金比較サイト」を開発しました。 このサービスを利用すれば、こちらの条件に一番合った引越し業者を探すことができ、もう業者からの電話に悩まされることもありません。 「 引越しネット予約サービス」では、最短1分(実際は3分ほど?)で、必要事項を入力すると、すぐに、10社ほどの引越し会社の見積もり料金や、使用者の口コミや、会社のサービス情報がわかります。 しかも、 その入力事項には、申し込み者の氏名や電話番号等の個人情報も入力する必要がありません。 主に、引っ越し元と引越し先の住所(大まかもでもok)や建物の種別(マンションとか戸建てとかの別・・・)、引越しする際の家具やダンボールの箱数などを入力すれば、すぐに10社ほどの詳しい見積もり・サービス・多量の口コミ等が出ます。 その情報を比較すると、最安値の引越会社がすぐに分かるだけでなく「これだ!」と決めた引越会社へ、即、予約をすることも可能です。 ですので、引越しを急いでいる人が、 すぐに引越料金を見積もって決定したいときにも、超便利です。 また、引越侍の「引越しネット予約サービス」は、紹介された10社ほどの引越し会社が全部気に入らなければ、予約をする必要はありません。 ということは、情報の収集だけにも使えるってことです。 さらに助かるのが、引越会社からかかってくる電話は、予約をした会社からだけ。 なので、たくさんの引越会社からかかってくる電話に悩まされることもありません。 実際、これほど簡単な方法で、引越し業者の詳細な情報を提供するシステムは、いままで見たことがありません! このシステムを使えば、他社のシステムは、ちょっと幼稚に見えてきます。 あなたも、ぜひ引越しのシミュレーションをしてみてください。 私がシミュレーションした詳細は、こちらに記載してあります。 ジョンソンタウンは、米軍住宅の跡地を利用したアメリカみたいなかっこいい街です。 ちょっと憧れちゃいますね。 本当に格安の引越し業者を簡単に探す方法があります! ここでおすすめする「本当に格安の引越し業者を簡単に探す方法」とは、引越し侍の「引越しネット予約サービス」です。 今までの、「一括見積もりサービス」は、申し込んだ後、数多くの引越し業者から電話が殺到するという欠点がありました。 しかし、引越し侍の「引越しネット予約サービス」を使えば、複数の引越し会社と交渉せずに、まず、自分の条件に適する引越し業者の料金相場やサービス内容を知った上で、気に入った業者があれば、すぐに予約もできます。 また、このサービスを使えば、氏名や住所、メールアドレス、電話番号などの個人情報を開示する必要がないため、業者から電話が殺到することもありません。 興味のある方は、こちらのページに詳しく説明しましたので、参考にしてください。 ただし、suumo引越しの場合、一括見積もりを申し込む際に、下記のように、電話番号は任意ですから、記載をしなくても良いのですが、名前やメールアドレスの記載は必須となっています。 そして、一括見積もりの結果が出た後に、予約が可能となり、その予約を入れたい業者に限り、こちらの氏名やメールアドレス電話番号等を記入して知らせる、ということになります。 ですので、まるで空いているホテルを探して予約を入れるときと同様の手続きとなります。 なので、とにかく引越し業者を探してみたり、料金が気になったときは、個人情報を記入せずに、気楽にシミュレーションすることできます。 【関連記事】 引越し侍 会社案内 商号 株式会社エイチーム引越し侍(Ateam Hikkoshi Samurai Inc. ) URL 本社所在地 名古屋市中村区名駅三丁目28番12号大名古屋ビルヂング32F TEL 052-533-2098 設立 2013年8月22日 代表取締役社長 熊澤 博之 取締役 林 高生(株式会社エイチーム 代表取締役社長) 徳久 佑介 監査役 有藤 速利 主な事業内容 引越し関連サービス エアコン関連サービス ピアノ関連サービス インターネット回線関連サービス ウォーターサーバー関連サービス 生活サービス関連紹介サービス 引越し侍が、ぼったくりなことは? 当サイトでは、上記の本文で「引越し侍は、ぼったくりじゃない!」と主張しましたが、「これって、確かにぼったくりかも?」という点もありますので、補足記事にしました。 それは、引越し侍が、我々に安価でサービスの良い引越し会社を紹介してくれるだけのサイト運営なら、それは素晴らしいのですが、実は、「引越し業者の紹介だけではない」ということです。 引越し侍は、他になにをやっている? これは、つまり、引越し侍の運営会社である「エイチーム」が他に何をやっている?ということになりますが、引越し見積り比較サイトの他に、車やバイク、ピアノなどの買取サイト、自宅の消毒作業に関するサイト、火災保険に関するサイト、エアコンの移設工事に関するサイトなど。 他にも、引越し関連の他サービスにも積極的に拡大の手を広げていることですね。 そして、引っ越し関係でつながった顧客には、引越し関連のサービスを紹介して企業の利益につなげる!この徹底ぶりが「ぼったくり」と悪評をたたかれる原因かもしれません。 しかし、これって、江戸時代から続いている「台帳(顧客リスト)」に基づく商売と同じですね。 しかし、このような他サービスの紹介は、我々にとって、単なる紹介にしかすぎません。 迷惑と思えば、きっぱりとお断りすることで、引越し侍の担当者も引き下がるはずです。 また、退会連絡や電話での連絡をお断りする場合、PC画面の場合ですが、引越し侍公式サイトの右肩に「お問い合わせ」という小さな文字がありますので、これをクリックすると、「引越し侍 お問い合わせ」のページが開きます。 その中に、キャンセル依頼や「電話での連絡を止めてほしい」などの記載がありますので、希望する箇所にチェックを入れて引越し侍に送信するようにしましょう。 【関連記事】 引越侍の「引越しネット予約サービス」入力方法などについて。 引越し内容を入力するだけで一括見積もりができ、予約もできます。

次の