旅行 キャンセル 保険。 【HIS】キャンセルサポート

【HIS】キャンセルサポート

旅行 キャンセル 保険

トラベルセーフティプランは海外渡航者安全事業共済会が提供するシンプルでリーズナブルな保障です。 海外旅行中においてのトラブル・事故に対して、海外渡航者が自己防衛することができる最良の手段としてトラベルセーフティプランをご利用ください。 トラベルセーフティプランを第2のパスポートとして安心な旅をお楽しみください。 トラベルセーフティプランの充実したサービス 本会は世界有数のアシスタンス会社と提携していますので、海外での事故も安心です。 (海外ではアクサ日本語サービスセンターをご利用いただきます) スタンダードプラン2,000円より エクストラプラン2,700円より 報道されている新型インフルエンザについて、共済期間中の感染は、 一般の疾病と同じく、共済金お支払いの対象となります。 提携病院で安心治療 日本語サービスセンターへご連絡いただくだけで、病院を紹介・受け入れを手配します。 共済金請求書兼報告書と加入証書(パスポートも)を持って病院へ行けば、スムーズに治療が受けられます。 治療費は日本語サービスセンターが直接病院へお支払いしますので、面倒な手続きはありません。 *地域によってはキャッシュレスサービスができない場合もあります。 詳しくはお問合せください。 また、ご出発10日を切ってのお申込の場合には、して いただき当社宛FAX(03-3314-6094)してください。 折り返し当社より確認のお電話を差し上げます。 (送料弊社負担).

次の

ANAのキャンセル保険「そらもよう」

旅行 キャンセル 保険

ただし、上表の事由に該当した日からその日を含めて30日以内に被保険者が婚姻の届出をした場合は被保険者の配偶者とみなします。 渡航は止めてください。 (退避勧告)」または「レベル3:渡航は止めてください。 (渡航中止勧告)」が発出された場合をいいます。 「レベル1:十分注意してください」や「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。 」は退避勧告に該当しません。 日本国政府の海外感染症危険情報()に危険情報カテゴリーや感染症危険情報が掲載されます。 すでに退避勧告が発出された渡航先については旅行変更費用補償特約がセットされた海外旅行保険を新規にご契約されても保険金請求できませんのでご注意願います。 【旅行目的】 観光・短期留学・短期出張 海外旅行保険の保険期間と旅行変更費用補償特約の保険金額により、特約の保険料が決定します。 旅行変更費用補償特約(オプション特約)の保険金額は、お支払いの限度額となります。 「旅行代金の総額」あるいは「急な帰国費用のための航空券代金など」いずれか高い金額を目安にお決めください。 上限は1契約あたり、200万円となります。 旅行変更費用補償特約(オプション特約)は、海外旅行保険(個人プラン)の場合は1名あたりの保険金額、海外旅行保険(ファミリープラン)の場合は旅行者(被保険者)全員の保険金額となります。

次の

旅行キャンセル補償の比較 【日本のほけん・海外旅行保険比較】

旅行 キャンセル 保険

海外旅行保険の取扱い 保険金をお支払いする場合 海外旅行保険(インターネット海外旅行保険「新・海外旅行保険【off! 】」、海外旅行総合保険など)において、保険金のお支払い対象となる場合は以下のとおりです。 補償項目 保険金のお支払い対象となる場合 疾病死亡• ・責任期間中に死亡された場合• ・責任期間中に発病して、責任期間終了後72時間以内に治療を開始し、責任期間終了後30日以内に死亡された場合• ・責任期間中に感染して、責任期間終了後72時間以内に発病および治療を開始し、責任期間終了後30日以内に死亡された場合• 治療費用 治療・救援費用 疾病治療費用• ・責任期間中に発病して、責任期間終了後72時間以内に治療を開始した場合• ・責任期間中に感染して、責任期間終了後72時間以内に発病および治療を開始した場合• 旅行変更費用 (新・海外旅行保険【off! 】では販売していません。 ) 以下の事由に該当し、出国を中止または中途帰国した場合。 ただし、これらの事由およびその原因がご契約日または保険料支払日以前に生じている場合を除きます。 (1)被保険者、同行者またはご親族の方が死亡した場合または危篤となった場合• (2)被保険者、同行者またはご親族の方が所定の期間入院した場合• (3)渡航先(渡航先の属する国の地域を含みます。 (4)被保険者または同行者に対して日本もしくは外国の官公署の命令、外国の出入国規制または感染症による隔離が発せられた場合 など• 渡航は止めてください。 (退避勧告)」または「レベル3:渡航は止めてください。 (渡航中止勧告)」が発出された場合をいいます。 なお、補償対象となるのは、各国に対する退避勧告または渡航中止勧告発出前にご契約いただいた場合に限ります。 保険責任期間の自動延長について 感染可能性のある旅行者の収容・拘束も報道されていますが、次の事由により保険期間末日までに帰国できない場合には、それぞれ下表のとおり保険責任期間の終期が自動的に延長されます(今回の新型コロナウイルスの影響が予想される事由を抜粋して記載しております。 事由 延長期間 ・搭乗予定航空機等の遅延、欠航・運休 ・被保険者が治療を受けたこと ・被保険者の同行家族、同行予約者の入院 到着が通常遅延すると認められる時間で、かつ、72時間を限度に自動延長 ・被保険者に対する公権力による拘束 (日本政府や渡航先政府による感染可能性のある方の隔離・収容など) 正常な旅行行程につくことができる状態に戻るまでに要した時間だけ自動延長• 注 2020年5月1日時点の取扱いであり、今後の状況により変更する場合がございます。

次の