地震予知ミシェル。 【地震予知ミシェル】2020は震度8の南海トラフ発生で東京オリンピックが中止?

地震予知のミシェル氏(以前はキャンディ)の予測をブログで見てみました

地震予知ミシェル

となります。 なんとなく、矛盾しているように感じるかもしれませんが、私の中では、ぜんぜん矛盾は無いんですよね。 まずは、このことについて、順序だててお話してみたいと思います。 過去、予知に成功したと思われる「地震予知」は存在していないこと。 「予知情報」は、過去の歴史の中で思いの外沢山存在しています。 地震発生場所(震源地もしくは、大きな揺れが生じた地域)• 地震発生の日時(何月何日の何時頃など)• 地震規模(多少、規模の幅があってもOK) の3要素が予知内容に示されている必要があります。 )が欠けている内容となっているんですね。 ゆえに、本質的には、そもそも「地震予知とは認められない」内容が大半だということ。 上記の地震予知3要素が示されている予知情報自体が、ほぼ皆無といって良い状況ですので、 「予知に成功したと思われる地震予知は存在していない」とわりと簡単に結論付けてしまうことが出来るのです。 「地震活動」以外の出来事・事象を対象とした場合には、「地震予知3要素」は不要となりますからね。 ゆえに、予知情報として、成り立つ出来事・事象が存在している可能性があるものと考えられるのです。 1970年台から1940年台にかけて、活躍したアメリカの予知能力者(実際には、リーディングと呼ばれる能力を発揮していたと言われています。 彼が予知した要素としては、「病気」や「ライフサイクル(人生の流れ、人の人生に関する出来事など)」が多く存在。 それらの中で、実際に予知通りの結果となったと考えられる事例が多数存在しています。 そまことを理解する上で、 誰でも簡単に行える地震予知(偽りの予知)方法をご紹介してみたいと思います。 「日時」を不明確にした地震予知方法。 まずは、最も簡単で、しかも、かならず的中する地震予知(偽り)となるのが• 「日時」を不明確にした地震予知 です。 これは、地震に関して、ほとんど知識が無くても、簡単に予知情報を作ってしまうことが可能となる方法なんですね。 例題を記すると下記となります。 干支で「丑・寅の年」。 「紀伊半島沖から愛知沖にかけての海洋部」で、マグニチュード7を超える大規模地震が発生。 大規模被害の発生が予知できました。 といった感じで、「発生場所(震源エリア)」と「地震規模」に関しては、わりと明確に記するのがポイントとなります。 「干支」での表現などは、今後も何度も繰り返される要素となるんですね。 ゆえに・・。 何十年後・何百年後、いつか予知として記した場所&規模の地震が発生してくる可能性があるわけです。 時間に区切りが無いわけですから、まあ、ほぼ予知は成功となりますよね。 場所や規模が具体的だと、結構リアルに感じてしまうものですからね。 こちらも、まずは例題を。 2020年10月7日の朝方、「茨城県・福島県」にて強い揺れを感じる地震が発生することを予知しました。 といった感じとなりますでしょうか。 苦笑 このケースでは、「1」のパターンと比較すると少々地震に対する知識が必要なります。 「季節的に地震が発生しやすい月はいつか」「年間通じて地震が発生しやすい場所」を知っておくことが必要な知識となります。 いかがですか?結構、「日時」と「場所」を絞って表現していますので、予知として信ぴょう性を感じてしまう方も少なくないのではないでしょうかね。 でも、ここでは「地震規模」を記しておらず「強い揺れを感じる」と留めているのがポイント。 しかも、「震源地が茨城県・福島県である」と表現しているわけではありませんので・・・まあ、当日に、茨城県・福島県で揺れを感じる地震があれば、それたけで・・「予知が的中した~」と感じてもらえることになるわけです。 「1」のケースには、かなり劣りますが、それでも、「震度1」くらいなら、結構な確率で予知日に地震揺れを感じる出来事は生じるのではないでしょうかね。 「発生場所」を曖昧にした地震予知方法。 最後は、「発生場所」を曖昧にしてみましょう。 「海外」も含めてしまえば、確率はかなり高まります。 2020年1月~5月の期間に、M6を超える大規模地震が発生。 日本を含めた周辺各国でも、大きな衝撃を受けることが予知されました。 と言った感じでしょうか。 この場合、「日時」は具体的な日付で示す必要はありますが、期間を少々幅広く設定するのがポイントとなります。 「地域」に関しては、上記のように表記すると・・実際はかなり曖昧なのですが、なんとなくしっかりと示されているように感じてしまう人もいるもの。 この表現なら、「日本」以外の「海外」で発生した地震も対象として含めてしまうことが可能となるのです。 これも「1」のケースよりかは、確率が劣りますが、それでも、「予知的中」と言ってしまえるような地震(M6前後の地震でOKなので)が発生する確率は、少なからずありますので。

次の

予知夢 掲示板

地震予知ミシェル

いつ起きてもおかしくないと言われている 「南海トラフ巨大地震」。 あなたのお住いの地域は、 どのくらいの被害が想定されているのかなど 心の準備や心構えは大丈夫ですか? 「南海トラフ巨大地震」のような地震は、 台風のように予測ができません。 そのため、とても怖い自然災害の1つです。 しかし、この 巨大地震を予知している ミシェルさんという方が 日本に在住しています。 そこで、今回は、ミシェルさんが予知する 「南海トラフ巨大地震」について 詳しく紹介していきます。 地震の予想日や安全と言われている 地域について紹介していきますので、 ぜひ、参考にしてくださいね。 少しでも恐怖の地震から逃れられるように、 被害を最小限にとどめられるように できる限りの努力はしたいものです。 この記事を読んで、 心の準備だけでもしておくとよいですよ。 南海トラフの予想日はいったい…いつ?! 南海トラフ巨大地震は、 気象庁によると 「いつ起きてもおかしくない地震」と 言われています。 最近でも、震度3程度の地震が 各地で起きていますが、今日、明日…と、 いつ巨大地震が起こっても 不思議ではない時期にさしかかっているのです。 政府の地震調査機関や地震専門家の間では、 「2029年すぎに巨大地震が 起こる可能性が大きい」と言います。 これは、今までの地震サイクルに 基づいた考えであり、過去の地震からの 地層のずれを考えると 2029年以降が とても危険だというのです。 そして、予知能力のあるミシェルさんも、 2019年12月1日、16:28のブログで こんなことを書いています。 【大きめの注意】 「はっきり言えないけれど、 海外でM7以上の体感がある。 さらに、異様に眠くなり、 自宅で仕事を中断して横になった。 ただし、国内の可能性もある。 」 これは大変なことです。 台風などの自然災害が来るときも、 ミシェルさんは、耳鳴りがひどくなったり、 横にならないといけないほど 体調が悪くなったりしまた。 そんなシェルさんの体に今、 異変が起きているのです…。 この記事が更新されてから すでに2か月が過ぎています。 現在のミシェルさんの様子は どうなのでしょうか…。 12月のような体の不調が 続いているのでしょうか。 心配です。 いつ起きてもおかしくないと 言われ続けている「南海トラフ巨大地震」は、 もうすぐ私たちを 恐怖のどん底に陥れることでしょう。 スポンサードリンク 南海トラフ巨大地震がきても安全な県や地域などない? どっち? 安全な地域や県はありますよ。 南海トラフ巨大地震の予想震源域は、 四国地方、和歌山県、三重県、 愛知県、静岡県の広範囲にわたります。 これらの地域では、 予想最大震度7以上、 予想される津波の高さが30m超です。 家屋が全壊したり、記憶に新しい 東日本大震災のように大津波に 襲われたりするのが目に見えています。 しかし、 予想震源域から遠ければ 遠いほど安全だと言えます。 例えば、 北海道、東北地方、北陸地方、 中国地方、九州地方などが安全ですよね。 ただ、南海トラフ巨大地震の影響で 広範囲にわたって津波の被害が 出る恐れがあります。 海沿いの家の方は十分に 津波にご注意くださいね。 また、予想震源域に経済の中心地が 集中しているので、経済混乱を 招く恐れを秘めています。 南海トラフ巨大地震が起これば、 どれだけ震源域から離れていようとも 何かしらの被害が出ることは 覚悟をしておいてください。 さらに、 南海トラフ巨大地震が起こるときは、 大きな地震が連なって 頻発するとも言われています。 特に、 巨大地震の約32時間後から 約2年間の間に同じくらいの 大きな地震が起きる可能性が 高いと言われているため、 最大限の注意が必要です。 今住んでいる地域の予想被害情報を 見ながら、準備すべきことを家族や 大切な人と考えることも 大事になってきますね。 気になる方はチェックしてみて下さいね。 いつ起こってもおかしくない 南海トラフ巨大地震に備えていきましょう。 まとめ 今回は、予知能力のある ミシェルさんが予知する 「南海トラフ巨大地震」について 詳しくご紹介しました。 また、地震の予想日や安全と 言われている地域についても紹介しました。 ミシェルさんによれば、 近い将来、 海外または日本で震度7以上の 地震が起こる可能性が高いと言います。 これは、気象庁や政府の地震調査機関や 地震専門家の方たちも同じ意見です。 安全だと言われる地域は、震源域から 遠く離れた地域になりますが、 どこの地域にいても何かしらの 被害があるほど大きな地震になることは 間違いありません。 南海トラフ巨大地震が起これば、 日本の約半分の地域が被害を受け、 経済的にも大打撃を受けることになります。 まずは、予知や予測された 南海トラフ巨大地震のことを知って、 地震に対する準備や 心構えをしておきましょう。 準備や心構えがあれば、 家族や大切な人とともに被害を最小限に 抑えることもできるでしょう。 そして、予知能力のあるミシェルさんの ブログから、今後も目が離せませんね。 ぜひ、気になる方は、ミシェルさんの ブログをのぞいてみてください。

次の

【地震予知ミシェル】2020は震度8の南海トラフ発生で東京オリンピックが中止?

地震予知ミシェル

2000. 5クラス の地震発生合図が単一出ました。 関東甲信越地方中心として、 近畿地方〜東北地方では、一週間程地震発生に要注意です。 特に、 内陸直下型地震発生に要警戒です。 ) 予測した地震が発生しました。 0クラス の地震発生合図が連日沢山出ました。 小笠原地方中心 として、 南太平洋 を始め、 環太平洋地方 では、一週間ほど地震発生に要注意です。 特に、 父島観測所より北方で発震すると本土では、被害地震の可能性も有りますので要警戒です。 ) 予測した地震が発生しました。 1 震度? 0 震度? 3 震度? 0クラス の地震発生合図が複数出ました。 北海道地方中心として、 関東甲信越地方〜サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。 ) 予測した地震が発生しました。 3 震度4 深さ8. 2クラス の地震発生合図が、単一出ました。 九州地方中心として、 フィリピン・台湾・南西諸島・東シナ海〜近畿地方では、 一週間程地震発生に要注意です。 ) 予測した地震が発生しました。 0 震度? 地震発生合図も、 父島・柿岡・女満別・鹿屋圏内 に出ています。 もし、地震発生があるとすれば、震度は、 1〜4程度。 地震発生合図も、 父島・柿岡・女満別・鹿屋圏内 に出ています。 もし、地震発生があるとすれば、震度は、 1〜4程度。 ) * ようこそ本ホームページを、お訪ね下さいました。 * あなたは、 人目の訪問者です。 (2014年09月12日から) (2000. 20から2015.02.01まで 17,718,662 人目でプロバイダー変更によりクリアーされました。 地震警報 では有りません。 他の目的に、絶対使用しない事を約束できる人のみ 見る事を許可します。 特に、「デマ」「社会騒乱」の防止に努め「うわさ」を拡散させたり「悪用」しないでください。 当方では、「本地震予報」を利用しても、 一切(全て)の責任を負いません。 尚、「社会騒乱」の恐れが有る時は、直ちに本ホームページを 閉鎖 致します。 ・ ・• 本ホームページで使用する地震データは、全て 「気象庁」及び「(財)日本気象協会」の発表によるものです。 ) 地震予報データ提供 : アキラ地震予知研究所 Akira's Earthquake Forecast Laboratory ( 本ホームページデザイン:土・日でマスターホームページの作り方,浅輪・高作著参考) Up Load 開始 (2000年03月22日).

次の