膵炎 血液 検査。 [医師監修・作成]急性膵炎の検査:CT検査・MRI検査・診断基準・重症度判定基準など

膵炎について

膵炎 血液 検査

原因 それぞれの原因は以下の通りです。 急性膵炎 もっとも多い原因はアルコールの多飲によるもので、全体の約40%を占めます。 次に多いのはが膵管と胆管の合流部にはまりこんだもので、女性の急性膵炎に多いです。 原因不明のものも約20%あります。 そのほかには、内視鏡検査や手術などが原因となる医原性のもの、、膵臓や胆道の奇形、、感染症などが挙げられます。 慢性膵炎 もっとも多い原因は急性膵炎と同じくアルコールの多飲によるもので、男性では70%を占めています。 原因不明のものが約20%で、女性の慢性膵炎の約半数は原因不明の特発性とされています。 そのほかには、胆石などの胆道系疾患、高脂血症、腹部外傷、奇形など急性膵炎と共通した原因となります。 症状 それぞれの症状は以下の通りです 急性膵炎 急性腹症のひとつであり、症状は重症度によって大きく異なります。 みぞおちから背中にかけての断続的で強い痛みが起こり、吐き気や嘔吐、発熱などの症状が続きます。 また、重症になると、を併発し、腸管の運動が麻痺するために高頻度でが起こり、ショック状態となるため、全身状態としては、頻脈や血圧低下、出血傾向、呼吸障害などがみられ、非常に重篤な状態へ移行します。 また、膵臓の組織が 壊死 えし を起こすため、膵臓から遊離した脂肪と血中のカルシウムが結合してを呈することがあります。 また、慢性膵炎が急激に悪化すると、急性膵炎のような症状が現れることもあります。 慢性膵炎 症状は発症してからの時間によって異なります。 発症してから10年ほどは、主な症状はみぞおちから背中にかけての痛みであり、飲酒や脂肪が多い食事を食べた後にひどくなるのが特徴です。 また、発症後10年以降には腹痛は軽減しますが、膵臓の機能が低下し、消化酵素やインスリンなどのホルモンの分泌が次第に減少します。 このため、脂肪が消化されず、脂肪便や下痢、体重減少などがみられ、インスリンが正常に分泌されないことでを併発します。 慢性膵炎はしばしば急激に悪化することがあり、その場合には急性膵炎と同様の症状が現れます。 検査・診断 膵炎の診断にはCT検査が有用です。 そのほかにも補助的な診断や全身状態を評価する目的で、血液検査や他の画像検査、消化酵素やホルモンの分泌能を評価する検査などが行われます。 画像検査 造影剤を用いたCT検査がもっとも有用な検査です。 急性膵炎では、膵臓の腫れや周囲の炎症がみられ、慢性膵炎では膵管の拡張や膵石がみられます。 やMRCP検査なども膵管や膵石の状態を確認することができますが、第一に選択されるのは造影CT検査でしょう。 また、もっとも簡便に行えるレントゲン検査では、や膵石を確認することができ、急性腹症の場合には緊急的に消化管穿孔などとの鑑別が行える検査です。 血液検査 血液検査は膵臓と全身の状態を評価するために行われます。 膵酵素であるアミラーゼとリパーゼは、急性・慢性ともに上昇します。 しかし、慢性膵炎の末期ではこれらの酵素が減少するため、膵酵素の値は慢性の進行を評価する目的で定期的に検査されることがあります。 また、急性膵炎では炎症反応が上昇し、血小板や凝固因子の現象がみられます。 重症例では、膵臓組織の壊死によってカルシウムの低下とLDHの上昇が見られ、重症度を評価する指標のひとつでもあります。 膵外分泌能検査 慢性膵炎で行われる検査で、膵臓の消化酵素であるアミラーゼやリパーゼの分泌能を評価するものです。 膵キモトリプシン活性を反映するPFD試験や便中の脂肪量を評価する検査などが行われます。 膵内分泌能検査 慢性膵炎で行われる検査ですが、主にインスリンの分泌能を評価する検査です。 検査方法は一般的なの検査と同様で、やHbA1c値の測定、糖負荷試験などが行われます。 治療 それぞれの治療は以下の通りです。 急性膵炎 軽症の場合には、膵臓への刺激を抑えるために安静、絶食などの保存的な治療が行われます。 基本的には入院が必要になり、脱水予防のために点滴が行われ、症状の程度によっては蛋白分解酵素阻害薬を使用して、膵臓の組織を保護する治療が行われます。 一方、重症の場合には、全身管理が必要になり、呼吸状態や血圧低下などに対する集中的な治療が行われます。 また、膵炎に対しては蛋白質分解酵素阻害薬の大量点滴が行われ、性膵炎では胆道ドレナージ(胆汁を外へ排出する)や胆石切除が行われます。 いずれも早急に適切な治療が開始される必要があり、治療の遅れは救命率の低下につながります。 慢性膵炎 消化酵素やホルモンの分泌が保たれているときには、禁酒や低脂肪食などの食事療法が行われ、症状や進行を抑えるために消化酵素薬と蛋白質分解酵素阻害薬の内服がすすめられます。 一方、消化酵素やホルモンの分泌が減少する頃には、分泌が低下した消化酵素の補充やインスリン療法が行われます。 また、膵石が膵管に詰まることによって、保存的な治療では改善しない腹痛がある場合には、内視鏡での膵石除去や膵管拡張、手術による膵管減圧術などが行われることもあります。

次の

慢性膵炎

膵炎 血液 検査

病気と検査 膵臓機能検査 膵臓機能検査 膵臓は、おへその上、胃の裏側に位置しており腹部の内臓の中で最も深いところにある臓器です。 長さは約15cm、重さは約70gで左右に細長く、バナナの形に似ています。 膵臓の右側は十二指腸に接続し、そこから膵液である消化酵素を十二指腸に送り出します。 膵臓の働き 膵臓は外分泌機能、内分泌機能という二つの重要な働きを持っています。 1.外分泌機能(消化酵素の分泌) 食物を消化、吸収するために、蛋白質、脂質、糖のそれぞれの栄養素を消化する酵素を分泌し十二指腸へ送り出す働きをします。 2.内分泌機能(ホルモンの分泌) 血液中の糖をコントロールするインスリンやグルカゴンというホルモンを膵臓の中にあるランゲルハンス島という細胞から分泌し血液中に送り出す働きをします。 膵臓の主な病気 膵炎 膵臓から分泌される消化酵素によって、膵臓自体が消化され、炎症を起こす病気で、急性膵炎と慢性膵炎があります。 強い腹痛や、下痢、嘔吐などの症状があります。 膵癌 初期には無症状であることが多く、進行すると背中の痛みや黄疸の症状が出てきます。 糖尿病 膵臓からインスリンが分泌できなくなり、血液中の血糖値が上昇します。 検査方法 膵炎や膵癌を血液中で調べる方法として、膵臓から漏れ出てきたさまざまな消化酵素や腫瘍マーカーを調べる方法があります。 主な膵臓機能検査 膵臓機能検査 アミラーゼ でんぷんや糖を分解する消化酵素。 膵臓と唾液腺から分泌されますが、ほとんどが膵臓由来です。 血液だけでなく尿中からの検査も有用です。 アミラーゼ アイソザイム 膵臓由来のアミラーゼ(P型)、唾液腺由来のアミラーゼ(S型)を調べることで、膵疾患、唾液腺疾患の診断に有用です。 リパーゼ 脂肪を分解する消化酵素。 胃液にも存在しますが、血中のほとんどが膵臓由来です。 トリプシン 膵臓のみから分泌される蛋白分解酵素。 膵PLA2 脂質を分解する酵素。 特異性が高く、特に急性膵炎の診断に有用です。 PSTI 膵臓内でのトリプシンの活性を阻害し 膵臓の自己消化を防ぐ蛋白質。 膵炎のマーカーとして有用です。 腫瘍マーカー CA19-9 膵癌、胆道系癌をはじめとする消化器癌で高値になります。 しかし良性疾患でも高値になります。 Span-1 エラスターゼ1 膵臓に存在する蛋白分解酵素。 膵癌の早期発見に有用です。 NCC-ST-439 膵癌をはじめとする消化器癌、肺癌、乳癌で高値になります。 SLX 膵癌、肺癌、卵巣癌で高値になります。

次の

急性膵炎

膵炎 血液 検査

副院長:奥嶋一武 膵臓の病気について 膵臓という臓器は胃や腸に比べて一般的に認知度が低く、体のどこにあり、どのような働きをしているかご存じの方はあまり多くないと思います。 また、膵臓の病気は胃潰瘍などの胃の病気と同じような症状を呈することも多く、胃痛を訴えて病院を受診された方が膵臓の病気だったということがしばしば見受けられます。 そこで、膵臓について簡単に述べさせていただきます。 膵臓は胃の後ろ側 背中側です にあり、十二指腸に繋がっています。 そして、膵臓は内分泌機能と外分泌機能と呼ばれる体にとって2 つの重要な働きを担っています。 内分泌機能とはインスリンやグルカゴンと呼ばれるホルモンを産生する機能のことで、糖代謝を担っています。 糖代謝異常の病気で最も有名なものが糖尿病であり、日本人も多くの方がこの病気に苦しんでいます。 一方、外分泌機能とは食物を消化するための膵液という液体を分泌する機能で、いくつかの消化酵素を含んでいます。 その酵素の主なものはアミラーゼ、リパーゼ、トリプシンです。 この機能が衰えると食物の消化や吸収が十分にできなくなります。 膵臓の代表的な病気である急性膵炎と慢性膵炎について述べます。 急性膵炎 急性膵炎とは、膵酵素が何らかの原因によって膵内で病的な活性化を受け、膵臓と周囲組織を自己消化する急性病変です。 簡単に言えば、食物を消化するために膵臓が分泌する酵素が病的な状態になってしまったことによって、膵臓自身と膵臓の周囲にある組織を消化してしまう病気です。 男女比は1:0. 4 5 で男性に多く、男性は50歳代に最も多く発症し、女性は70歳代に最も多く発症しています。 また、前屈みの姿勢になると腹痛が軽減する傾向があります。 他には食欲不振、発熱、腹部膨満感などがみられることもあります。 さらに膵炎の原因や重症度などによっていくつかの追加の検査が必要になります。 急性膵炎は通院では治療困難であり、緊急入院となる場合がほとんどです。 絶食で、大量の点滴を連日行うとともに、いくつかの膵炎の治療薬を投与します。 重症例では外科手術や血液濾 ろ 過透析が必要な場合もあります。 治療期間は軽症で2~3週間、重症では数カ月に及ぶこともあります。 【急性膵炎】 膵臓の炎症がその周囲組織に波及している。 予後 軽症は2~3週間で改善し、膵機能障害などの後遺症が残ることは少ないです。 しかし、重症例の致命率は8. 急性膵炎は良性の疾患でありながら亡くなってしまう危険が高い恐ろしい病気です。 慢性膵炎 慢性膵炎はアルコール過飲などにより、膵臓に慢性の炎症が起こる病気で、徐々に進行して膵臓が荒廃していきます。 慢性膵炎は現在の医療では治すことができないため、この病気にかかると死ぬまで病気に苦しめられることになります。 原因・疫学 慢性膵炎は40~50歳代に多く、男女比は1:0. 2 6 で男性に多く発症する病気です。 他の原因には胆石、遺伝、膵臓の奇形などがあります。 背中の痛みを伴うこともよくあります。 他の症状としては吐き気、膨満感、腹部重圧感などがあります。 普段は無症状ですが、飲酒や過食が誘因となり強い発作的な痛みを訴える場合も多くあります。 また、少数例ですが全く痛みなどの自覚症状がなく、検診で発見される方もみえます。 発症して10~15年以上過ぎると腹痛などの疼痛は軽減していきます。 そして、糖尿病と消化吸収障害が現れてきます。 これは慢性膵炎が進行したために膵内分泌機能と膵外分泌機能が低下したことが原因です。 慢性膵炎は進行性の病気のため、糖尿病や消化吸収障害は年月を追うごとに悪化していきます。 慢性膵炎は経過中に膵臓に結石が出来てきます。 炭酸カルシウムの塊りで膵石と呼ばれます。 膵石は疼痛や炎症の原因となり、慢性膵炎の進行を速めます。 超音波またはCTで膵石があれば慢性膵炎の診断が確定します。 膵石がない場合は、内視鏡やM R I を使って膵管と呼ばれる膵臓の中にある管の変化を調べる検査を行います。 糖尿病や膵外分泌機能を調べる検査も行います。 治療としては、最も重要なのが禁酒です。 内服薬は膵炎の痛みをコントロールするために病状に合わせて各種組み合わせて投与されます。 糖尿病や消化吸収障害が出ればその治療薬も使います。 急性増悪と言って、急性膵炎の様な強い急性の炎症を伴うこともしばしばあり、この場合は急性膵炎と同様に入院治療が必要となります。 【進行した慢性膵炎、膵石症】 膵臓全体に膵石が多発している。 他に多い死因は脳血管障害、肝不全、腎不全、肺炎です。 慢性膵炎で亡くなった方の平均寿命をみると男性は67. 2歳、女性68. 7歳であり、日本人の平均寿命よりも男性で10年、女性で16年ほど寿命が短くなっています。 長年におよぶ過量の飲酒などの生活習慣の乱れが寿命を短くしている大きな原因です。 慢性膵炎の完治は現在の医療ではできませんが、生活習慣の改善と適切な治療によって病気の進行を遅らせることは可能です。

次の