アジア ティーク バンコク。 アジアティークはバンコクの夜を賑わす話題の最新マーケット

アジアティーク ザ リバーフロントへ初めて行く人が知っておくべき攻略ガイド【4エリアの特徴・ボートでの行き方】

アジア ティーク バンコク

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• バンコクの人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 空港周辺• 人気の周辺施設• バンコクの人気カテゴリ• バンコクで検索数の多いキーワード• 正しい日付を入力して、もう一度検索してください。

次の

アジアティーク ザ リバーフロント バンコクのデートスポット!? 人気のナイトマーケットを歩く!!

アジア ティーク バンコク

BTSでサパーンタクシン駅へ まずは行き方ですがBTSサパーンタクシン駅の2番出口から船着場へ向かいます。 夕方5時過ぎからアジアティークザ リバーフロントまでの無料シャトルボートが出ていますのでこれに乗船するのが一番簡単な行き方です。 ただし週末はかなり込み合うため、何便か船を待たなければならないこともしばしば、開演時間ぎりぎりに合わせて行くのではなく、早めに着いてショッピングとお食事をしながらショータイムを待つのが賢い選択です。 中には日本からバンコクに夕方の便で到着し、急いでホテルへのチェックインを済ませカリプソに直行しようと計画される方も多いようですが、飛行機は遅延することもある上、イミグレーションで大混雑だったり、荷物が中々出て来なかったりと思ったよりも時間が掛かるものと思って下さい。 日本のようにスケジュール通りには行きませんので、到着当日の観覧を希望される方は21時からのショーを予約するのが無難です。 ディナーショーとカリプソショー 現在のカリプソにはディナーセットを頂きながらタイダンスや古典ラーマキエン物語を見るディナーショーとニューハーフたちのパフォーマンスを見るカリプソショーがセットになったコースもあります。 ディナーセットのメニューは以下の通り。 ・おこげのココナッツソース添え ・豚肉の串焼きカレーソース ・パンダンの葉で包んだ鶏のから揚げ ・五目野菜炒め ・チキンのグリーンカレー ・トムヤムクン ・ライス ・季節のフルーツ盛り合わせ ・コーヒーまたは紅茶 勿論アジアティークザ リバーフロントには食べるところも沢山あるので、カリプソショーだけのコースでお食事は自由に摂って頂いても構いません。 階段を上がった2階がディナーショー会場になっています。 【ディナー付きチケットのスケジュール】 19時30分開演ショーのディナー開始時間は18時以降、21時開演ショーのディナー開始時間は19時45分以降となります。 基本情報 ツアー名 カリプソキャバレーショー チケット予約 利用可能日 毎日 時間 1日2回公演 19:30~、21:00~ お休み ウィサカブチャー(仏壇節)の日だけ(5月下旬) 場所 アジアティーク ザ リバーフロント(Asiatique The Riverfront)内WAREHOUSE3にあるカリプソシアター 催行人数 1名様よりお申込み頂けます。 料金に含まれるもの チケット1名に付き1ドリンクが含まれています。 その他 ・バンコクに夕方ご到着で当日19時30分からのショーをご予約になる方が増えておりますが、飛行機が着陸してから市内のホテルに到着するまで最低2時間をお見積もり下さい。 また、フライトが遅延する可能性も考慮の上、予約日をご検討頂くようお勧めします。 ・ナビの予約確認書をチケットブースにてチケットと交換してください。 ・座席指定はできませんので、ご了承ください。 注意事項 予約完了後に発行される予約確認書を印刷し、当日必ずご持参下さい。 【注意】IPhoneや携帯電話などで予約確認書をお持ちいただく方がいますが、チケットの引き換えは行えませんので、必ず紙に印刷してお持ちください。 Dinner付きチケットスケジュール 19時30分開演ショーのディナー開始時間は18時以降、21時開演ショーのディナー開始時間は19時45分以降となります。 Dinner メニュー トムヤムクン、グリーンカレー、豚の串焼き、野菜炒め、ご飯のタイ料理セットメニュー (事情によりメニュー内容が変更になる場合がございます。 ) 何れの料理も辛さを抑えた味付けになっていますので辛いものが苦手な方でもお召し上がり頂けます。 (お飲み物は現地で直接スタッフにお申し付け下さい。 ) お子様料金 2017年11月1日よりお子様料金の設定は無くなりました。 椅子を利用される場合は『人数』として加算下さい。 お付き添いの方の膝の上に座れるお子様はカウントされません。 変更・キャンセル規定 お客様のご都合により予約を変更・キャンセルなさる場合は、以下の通り違約金を頂戴いたします。 (電話、メールまたは第三者による依頼はお受付しておりません。 行き方 BTSサパーンタクシン駅の2番出口から出てアジアティーク ザ リバーフロントのシャトルボートで行く方法と、同駅の3番出口から出て通りの反対側へ渡りタクシーかトゥクトゥクで行く方法があります。 どちらの方法も早めに到着するよう心掛けましょう。

次の

アジアティーク ナイトマーケット (Asiatique)

アジア ティーク バンコク

リバーサイドの アジアティーク ナイトマーケット アジアティーク ナイトマーケット (Asiatique)は、バンコクのチャオプラヤ川沿いにあります。 昔の倉庫街を改装した広大なマーケットは、レトロでお洒落な雰囲気で、タイ雑貨などの小さな屋台風のお店が建ち並び、タイ旅行のお土産探しにもぴったりです。 ショッピングの他にも、遊園地、劇場、レストランも揃っていて、色々な遊び方ができる一大テーマパークです。 アジアティーク ナイトマーケット はBTSサパーンタクシン駅が最も近く、駅のそばの船着場から無料の送迎ボートが発着しています。 日が暮れた後のバンコクの夜景を見ながらボートに揺られ、アジアティークの大きな観覧車が見えてくる瞬間は、何度行ってもちょっと感動的です。 最近バンコクではナイトマーケットが大人気で、鉄道市場ラチャダーなど多くのナイトマーケットが紹介されています。 でも、ほとんどのナイトマーケットは、一般のタイ人を対象にしているため、売られているのはローカルフードやタイ人の若者向けの日常品が多く、ローカルな熱気で溢れています。 でも、アジアティークはもともと外国人観光客を対象に作られたため、全体的にフォトジェニックでお洒落な雰囲気であるのに加え、観光客向けのエンターテイメントやお土産向けのショッピングも充実していて、観光で訪れる外国人にとっては満足度が高いといえるでしょう。 可愛いタイ雑貨も豊富な、アジアティークのショッピング アジアティークには、オリジナルのハンドメイドのアクセサリーやタイ雑貨のお店がたくさんあって、お土産探しにぴったりです。 自分用はもちろん、ばらまき用のお土産も楽しみながら買い物することができます。 バンコクでタイ雑貨が買える人気のショッピングスポットといえば、チャトゥチャックのウィークエンドマーケットが有名ですが、土日しかオープンしていないため、バンコク滞在の日程によっては、行けないこともあります。 それに、ウィークエンドマーケットは、昼間の暑い時間に、人混みにもまれながら、迷路のように広い市場を歩き回らなければならないため、個人的には苦手です。 でもアジアティークなら毎日オープンしているし、夜の方が昼間より涼しく、ウィークエンドマーケットよりも規模がコンパクトで、人も少なくて快適です。 お店の数や品揃えは、チャトゥチャックのウィークエンドマーケットの規模には及びませんが、それでもかなりの数のお店があってお土産もそこそこ揃うので、それほどこだわりがないのなら、アジアティークの方がポイントが高いのです。 それでは、アジアティークのお薦めショップをいくつかご紹介しましょう。 アジアティークは、Warehouse 1から10まで全部で10のエリアに分かれていて、全体的にお店がぎっしりと並んでいますが、特にお土産向けのタイ雑貨のお店が多いのは、Warehouse 1のあたりです。 また、Warehouse 9のあたりには、センスのいいアクセサリーのお店などがちょこちょこと見られます。 アイコニックな大観覧車やミニ遊園地(Warehouse 7付近)は、子供たちにも人気です。 タイの有名なニューハーフショウが見られる「カリプソ」(Warehouse 3)や、最近始まったエンターテイメント型のタイボクシング「ムエタイライブ」(Warehouse 4)はかなりちゃんとした劇場があって、バンコクを代表するエンターテイメントの一つでもあります。 タイの伝統的な人形劇が見られる「ジョーイルイスシアター」(Warehouse 4)も有名です。 ショウはどれも1時間ほどで、料金は1200〜1500THB(約4000円〜5000円)です。 アジアティークのウェブサイトから事前に予約もできます。 <上演時間> カリプソ 毎日19:30〜、21:00〜 ムエタイライブ 火〜日曜20:00〜(月曜休み) ジョールイスシアター 火〜日曜19:30〜(月曜休み) Osha Cafe それでも、どうしてもアジアティークで食事をしたいなら、一番のお薦めは、「」(Warehouse 10)です。 お洒落でモダンな雰囲気のタイ料理レストランで、実力のあるタイ人シェフの料理が楽しめます。 もう一つはリバーサイドのバーンカニタです。 こちらも雰囲気のよい伝統的タイ料理のお店ですが、味付けがマイルドなので、タイ料理初心者向けです。 もう一つはタイ全国に支店があるタイスキの人気店「MK」(Warehouse 4)です。 フランチャイズなので、味はどこに行っても同じという安定感があります。 あと、食事ではありませんが、マンゴーデザートで有名な「マンゴータンゴー」(Warehouse 1)もお薦めです。 あるいは、アジアティークは夜中までオープンしているので、予めどこかバンコク市内で食事を済ませてから、アジアティークに行ってもいいでしょう。

次の