メール 新年の挨拶。 年始の挨拶 例文

新年の挨拶はビジネスメールで!「年頭・年始の挨拶」の書き方と例文【社内・取引先】

メール 新年の挨拶

新年の挨拶メールを社外に送るときは? 従来、新年の挨拶は直接出向いたり電話でするのが丁寧とされてきましたが、最近では新年の挨拶をメールですることも多くなってきました。 新年の挨拶は直接出向いたり電話でするのが丁寧とされてきましたが、最近では新年の挨拶をメールですることも多くなってきました。 でも年に一度のことだし、書こうと思っても「あれ?どうやって書けばよかったっけ?」と迷ってしまうことも少なくありません。 まずは社外の方へ新年のメールを送るときのポイントを5つお伝えしますので、頭に入れておきましょう。 新年の挨拶メールの注意点5つ 1、「あけましておめでとうございます」と入れるのは1月7日まで メールでも年賀状などと同様「あけましておめでとうございます」の言葉を入れましょう。 いつまで入れてもいいの?と思われることも多いと思いますが、基本的には松の内と呼ばれる期間までは入れて大丈夫です。 松の内とは・・・ 門松などのお正月飾りを飾っておく期間で、地域によって7日のところと15日のところがあります。 地域によって松の内の期間が異なりますので、早い地域に合わせて1月7日までに送るメールには入れて良いでしょう。 2、件名に自分の会社名と名前を 実はお正月は迷惑メールが届きやすい時期でもあります。 年始はたくさんの挨拶メールが届くのであまりちゃんと見ずに開封する人が多いため、迷惑メールが開かれやすいのです。 送り先に安心して見てもらえるように件名にあなたの会社名と名前を入れておきましょう。 3、出来るだけ簡潔に 新年の挨拶ひとつとってもいろいろな会社からメールが届くと読むのも返信するのも大変です。 挨拶メールは短文で結構ですので、出来るだけ簡潔に送り先が面倒にならない配慮をしましょう。 4、依頼事がある場合は一緒に書く 年始の忙しい時期にメールを何通も送るのは相手の迷惑になってしまいます。 そのため、件名に他に依頼があることを明記したうえで一通にまとめて書きましょう。 5、新年の挨拶だけであれば「返信不要」の旨を伝える 大量の新年の挨拶メールにそれぞれ返信をするのはかなりの負担になります。 挨拶だけであれば返信はいらない旨を書き添えるととても丁寧です。 新年の挨拶メールの件名は? 次に新年の挨拶メールに使える件名の例をお伝えします。 どれでもお好きなものをご使用くださいね。 旧年中は格別のお引立てを賜わり厚くお礼申し上げます。 一層のサービス向上を目指し、努力してまいりますので、 本年も昨年同様のご厚誼を賜わりますようお願い申し上げます。 ご連絡お待ちしておりますので、何卒よろしくお願いいたします。 社外へメールをするときは相手への気遣い、会社への発展に触れた一文を入れることでとても好印象ですので、ぜひ今回の例をお役立てくださいね。

次の

新年の挨拶に使えるビジネスメールの例文を場面ごとに紹介

メール 新年の挨拶

一年の仕事は、新年の挨拶メールを送ることから始まります。 ビジネスの場においても良好な関係を築くためには挨拶が大切です。 しかし、どのようなことを書けばいいのか悩んでしまうかもしれません。 今回は、新年の挨拶に使えるビジネスメールの例文を場面ごとに紹介します。 新年の挨拶のビジネスメールを送る際のポイント 新年の挨拶としてビジネスメールを送る際には、• 仕事絡みのメールとは別にする(1メールには1つの用件のみにする)• 一斉送信は避け、1件ずつ送る• 件名には名前を入れる• 営業開始前にメールを送る場合は 営業開始日を案内する• 年賀状が届いた場合は、メールではなく年賀状を返す などの点に注意しなければなりません。 新年の挨拶メールはいつ送る? 新年の挨拶メールは、 年明けの最初の営業日~松の内(1月7日)までに送るのがベストです。 松の内は、関西では15日までとされる場合もあります。 仮に松の内を過ぎてしまった場合は、新年の挨拶ではなく 「寒中見舞い」としてメールを送るのがよいでしょう。 新年の挨拶をするときに注意すべき表現 新年の挨拶によく用いられる言葉の中には、ビジネスシーンでの使い方に注意が必要なものがあります。 「迎春」「賀正」はNG 「迎春」「賀正」は、相手を敬う意味が含まれないため、取引先や目上の人に使うのはNGです。 「謹賀新年」「恭賀新年」といった言葉を使用しましょう。 「去年」には忌み言葉が含まれるので使用しない 「去年」という言葉には忌み言葉である「去」が含まれるため、新年の挨拶に使うのは避けるべき表現です。 「昨年」「旧年」といった言葉を使用しましょう。 「元日」は1月1日のみを指す 「元日」とは、新年の最初の日、つまり1月1日を指す言葉です。 2 日以降は使うことができないので注意しましょう。 また、「元旦」は1月1日の朝を表すので、「元日」と同じく2日以降は使えません。 昨年は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。 貴社のご繁栄を心よりお祈り申し上げますとともに、 本年も倍旧のお引き立てのほど切にお願い申し上げます。 なお、1月4日から平常通り営業いたしております。 皆様のご健勝をお祈りいたします。 旧年中は、格別のご愛顧を賜り、厚くお礼を申し上げます。 本年もさらに一層のサービス向上に努め、皆様方にご満足いくサービスが提供できるように、励んで参ります。 昨年同様、変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 なお新年の営業日につきましては、本日より通常営業いたしております。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 しかし、年始は挨拶回りや業務の調整などで多忙になることも多いですから、 直接会う余裕がないときはメールでも問題ありません。 旧年中は公私にわたりご親身なご指導を賜り、 誠にありがとうございました。 新たな年を迎え、気持ちを引き締めて業務に臨む所存です。 本年も引き続き、変わらぬご指導をお願いいたします。 皆様からの助言にはいつも助けられております。 今年は、より一層の責任感を胸に積極的な姿勢で業務にあたりたいと思っております。 本年も変わらぬご支援をどうぞ宜しくお願いいたします。 佐藤大介.

次の

新年のご挨拶に使える!年始のビジネスメール文例集|ferret

メール 新年の挨拶

KNOW 英語で新年のあいさつをしよう!ビジネスシーンで使えるメールや英会話例文16選• 新年のあいさつは、ビジネスシーンにおいても重要です。 とくに相手が外国人の場合、英語であいさつをすることが多いので、相手の宗教や慣習などにも気を使いたいもの。 日本と同じ感覚であいさつをすると、場合によっては相手を怒らせてしまうかもしれません。 また、家族や友人への新年のあいさつとは異なり、休業日や緊急連絡先などを伝えるのも、ビジネスシーンではよくあるのではないでしょうか。 今回はビジネスシーンで使える新年のあいさつをご紹介します。 定番の新年のあいさつを英語で言ってみよう 「あけましておめでとうございます」を英語で言うと? 新年によく使われるあいさつの一部をご紹介します。 <例文> Happy New Year. あけましておめでとうございます。 May this year be a great one! 今年もよい一年になりますように! We look forward to your continued patronage in 2020. 2020年もよろしくお願いいたします。 "Happy new year. "は年始以外に、「来年も幸せな年になりますように」の願いを込めて年末のあいさつにも使える表現です。 一方、"Happy holidays! "と"Have a great new year! "は年末のあいさつのみで使われる表現です。 誤って使用しないように注意しましょう。 関連記事: ビジネス関係者に英語メールであいさつをする 昨年の感謝を英語で伝える 仕事の取引先やパートナーには、日本語の「旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」のように、英語で一年間のお礼を伝えたいですよね。 英語でお礼を伝えるときは、"thank"や"appreciate"の動詞がよく使用されます。 実はこの2つには少し違いがあって、"thank"は人に対して、"appreciate"は行為に対しての感謝になります。 ゆえに、「~に御礼申し上げます」という日本語を英語で言う場合は、"Thank 人 for 行為. "または"I appreciate 行為. "という構文になります。 "Thank you. "と言っても、"I appreciate you. "とは言わないので注意しましょう。 なお、"appreciate"の方が丁寧な表現です。 TPOや相手への親しさ、感謝の度合いなどによっても使い分けてみましょう。 <例文> Thank you very much for your support for our company during the past year. 旧年中は弊社へご支援賜り誠にありがとうございます。 We appreciate your cooperation throughout the past year. 旧年中のご協力に感謝いたします。 関連記事: 取引先などに事前に正月休みも伝えておきましょう 正月休み中に届いたメールに対して、自動返信メールを設定することもあるかと思います。 その場合、仕事始めの日を伝えておけば、取引先に迷惑をかけることがないでしょう。 メールの確認や返信の時期についても、書き添えておくと親切です。 職種や仕事内容によっては、相手に緊急時の連絡先を伝えておいた方がよいかもしれません。 ビジネスシーンでは、迷惑や不便をかけることに対して"our apologies for ~"がしばしば用いられます。 ひとこと書き添えれば、お詫びの気持ちが伝えられます。 <例文> Our company will be closed for the New Year's holiday from December 30 to January 3. 弊社は12月30日から1月3日まで年末年始の休業をいたします。 We will resume business on January 4. 弊社は1月4日に業務を再開いたします。 Please send all e-mail to suzuki abc. com during this holidays. 休業中はすべてのメールをsuzuki abc. comへ送信してください。 If you have an urgent matter, please contact me at my cell phone number 000-0000-0000. 緊急時には私の携帯携帯(000-0000-0000)へご連絡ください。 関連記事: 相手に直接あいさつをする 「今年もよろしくお願いします」を英語で言うと? 日本では「あけましておめでとうございます」の新年のあいさつの後に、「今年もよろしくお願いします」と続けます。 「あけましておめでとうございます」は英語で"Happy New Year. "ですが、「今年もよろしくお願いします」のフレーズにぴったりとあてはまる英語表現はありません。 "Happy New Year. "の表現の後には、"I look forward to ~ing"の英語フレーズを使って、相手に一緒に仕事をできることを楽しみしていると伝えたり、"Let's ~. "の構文を用いて、新年は互いにこんな年にしたいと抱負を言ってみてはいかがでしょうか。 <例文> I look forward to continuing work with you in 2020. 2020年も引き続きご一緒に仕事をさせていただけることを楽しみにしています。 Let's make the new year a better one. 新年もより良い年にしましょう。 年賀状やカードであいさつをする "wish" "hope" "may"を使おう! 年賀状やカードでは、「~のご挨拶を申し上げます」にあたる、"~ greetings"をよく使います。 新年のあいさつでは、"~"に"New Year's"(新年)や"Season's"(季節)を入れると良いでしょう。 また、"wish""hope""may"などの英単語を使って、「~になるようお祈り申し上げます」「~になりますように」といった英文もよく用いられます。 特に、"Best wishes for ~. " "I hope [wish] ~. "の英文フレーズは、よく使うのでそのまま覚えておくと便利です。 これらは年末に送るあいさつメールや、直接会うのが最後になりそうな年末のあいさつでも使うことができます。 <例文> New Year's [Season's] greetings! 新年(季節)のご挨拶を申し上げます。 Best wishes for the new year. 新年のご多幸をお祈り申し上げます。 I hope you have a wonderful year. すてきな一年になりますように。 May happiness and success be with you throughout the new year. 幸せと成功に恵まれた新年になりますように。 新年のあいさつで気をつけること 正月は1月1日から始まるとは限らない!? ほとんどの日本人は、正月はといえば1月1日から始まると思っているのではないでしょうか。 例えば中国や台湾、香港、中国系人口が多いシンガポールやベトナムなどでは、新年を祝う正月は旧暦(旧正月)で行われます。 日本より約1か月遅い旧正月に、正月休みとして帰省したりします。 ほかにも、タイのように4月に実質的な正月を祝う国もあります。 そのため、上記で挙げた国の取引先などに対して 宗教や慣習を考慮しないで1月に新年の挨拶をすると、相手に違和感を与えるかもしれません。 ビジネスシーンで新年のあいさつをする場合は、相手の宗教や慣習を考慮して、適切な時期に適切なあいさつを行うように心がけましょう。 返信は早めがベター。 新年のあいさつでビジネスを円滑に 送付していない相手から新年のあいさつが届いた場合は、できるだけ早く返事をしましょう。 メールならメール、カードならカードと同じもので返信することが、礼儀的に好ましいとされています。 メッセージでは、"Thank you for your new year's greetings. "(新年のご挨拶ありがとうございます)とお礼を述べた後に、"Wish you a good year too"(素晴らしい年になるようお祈りしています)など、相手を気遣う英文フレーズを続けましょう。 定型文に語尾に"too"をつけると、「あなたも同様に」という意味が加わるのでオススメです。 ビジネスパートナーや取引先へ新年のあいさつをすれば、新しい年もスムーズに仕事がスタートできそうですね。 この記事をシェアする•

次の