ハルエネでんき 評判。 【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

それって電力自由化詐欺?騙されないための3つのポイント

ハルエネでんき 評判

電力の自由化が開始されてから、新電力サービスが多く登場しています。 よりお得に電気を使用する為に、切り替えを考えている人もいるのではないでしょうか。 今回は数多く存在する新電力サービスの中から、安心で低価格な「ハルエネでんき」についてご紹介します。 実際に利用したユーザーの口コミや、気になる料金プラン、どんな人がハルエネでんきに向いているのかを解説していきます。 新電力への切り替えを検討している方や、ハルエネでんきが気になっている方は、ぜひ目を通してみてください。 ハルエネでんきとは? 株式会社ハルエネが提供する、新電力サービスのハルエネでんき。 東京電力などの大手電力会社から電力を調達して供給する小売電気事業者にあたります。 設備投資にかかるコストや人件費などを削減しているので、従来の電気代よりも低価格でサービスが提供できています。 切り替え後も今まで利用していた設備を使って電力が供給されるので、品質に問題はなく安心して利用できますよ。 ハルエネでんきでは費用が抑えられるプランを各種用意しており、特にオフィス・店舗向けの法人プランが豊富なことで注目を集めています。 もちろん家庭向けのプランも揃えられているので、家庭に新電力導入を検討している人も安心してください。 一般的なプランの場合、最も単価が高い料金から割引が行われるので、電気を多く使っていればいるほど多くの割引を受けられる仕組みになっています。 また低圧動力も、基本料金から割引が行われます。 ハルエネでんきの評判や口コミは? 電力使用量が多ければ多いほどお得になるハルエネでんきですが、実際に使用したユーザーの評判はどうなのでしょうか。 良い口コミと悪い口コミの両方を紹介させていただきます。 1キロワットの料金単価が下がるみたいで、使えば使うほど料金割引きになるみたいです。 もう2年ぐらい。 ハルエネ電気使ってますけど、年間4、5万円料金浮きました。 ・本当に安くなるか不安はあったけど、一応聞いてみたら工事もないみたいなので書面を送ってもらって、確認したうえで申し込んだので問題ないかと。 今は実際に料金が下がったので満足しています。 新電力に不安のある方は、一度書面とか目に見えるもので確認できる会社なら、チャレンジしてみてもいいかもしれませんね。 ・自宅兼店舗という形態なのでかなり電気代が掛かっていましたが、ここに変えてからだいぶ安く済むようになりました。 電気を使えば使う程お得だという事で、うちのようにお店と自宅が一緒という人は利用した方が良いと思います。 かなり電気代の節約になり、固定費が減るのでだいぶ経営が楽になります。 ・小さなカレー屋さんを営んでいるもので、従量電灯Bの料金が使わない時期で大体15,000円前後使うときで30,000円前後の電気代金を支払っておりました。 ハルエネ電気に変更すると、第3段階目の部分が5%値下げしてもらえる形となり、安い時期で400円弱、高い時期だと800円前後の電気代を削減できる形でした。 また従量電灯Bの他にも低圧電力のプランで毎月1万前後の支払いがあるので、それもハルエネ電気に変更を考えております。 ・まずハルエネでんきについては、沖縄県と離島を除くすべてのエリアで契約できるところが良いところだと思います。 バリュープランがあるところも良いですね。 工事に立ち会う必要がないところについても良いところだと思いました。 毎月必ず、今までより電気料金高くなったので、違約金(9,800円くらい)を払って解約しました。 ・大量に電気を使うのであれば安くなるかもしれませんが、違約金など気を付けてください。 かえって損をする場合もあります。 ・電力会社の切り替えを考えている方は、もっと知名度のある会社を選ばれた方が無難かと思いますし契約時に事務手数料取るところなど他にないのでは? 仮に数円安くなったとしても初期費用に解約時の違約金等を考えるとメリットは無いように思います。 北海道から沖縄までを幅広くカバーしているので、さまざまな地域に住まう人々が利用しています。 他の電力会社の料金プランと比較してシミュレーションを行ってみても、電気代にかかる費用をかなりカットできます。 毎月の電気代を削減したいと考えている人に向いているでしょう。 電気代削減には、利用状況に合わせたプランを選ぶのが重要になってくるのをご存知でしょうか。 利用状況に合わないプランを選んでしまうと、逆に電気代が高くなってしまうこともあるので注意してください。 ハルエネでんきなら法人、家庭でそれぞれの用途や規模に合わせた料金プランが選べるので、安心して契約できますよ。 ハルエネでんきにする方がお得!?切り替えた際の月額料金をプロに無料で相談してみましょう! お電話での無料相談はこちらから『 ハルエネでんきにするとお得になりますか?』とお伝え下さいね。 契約期間内に解約すると契約解除料もしくは解約事務手数料が発生してしまうので、注意してください。 たとえば関東エリアだと、以下のような料金が設定されています。 法人向けの契約解除料 … 9,800円• 家庭向けの解約事務手数料 … 3,780円 契約期間がないプランなら、解除料や手数料が発生しません。 また更新月に解約する場合は料金が発生しないので、もしも解約するのであれば更新月に行うといいですね。 使用量自体が少ない家庭ではあまりお得にならないことも考えられますが、電気を多く使う家庭なら料金が安くなるケースもありますよ。 たとえばペットを飼育していて一年中エアコンを使用する家庭や、店舗を兼ねている家庭では安くなったという報告も届けられています。 自宅の電気使用量に応じて検討するといいですね。 ただし事務手数料がかかるのは初回だけなので、トータルで考えるとそれほど大きな出費ということはありません。 毎月の電気代が安くなることを考えれば、十分元は取れると言えるでしょう。 さらにキャッシュバックなどを利用すれば、実質無料にすることも可能ですよ。 ハルエネでんきがおすすめな人 以下のような条件に該当する人は、ハルエネでんきに向いていると言えます。 電気を多く使用する家庭やオフィス・店舗。 電気代を安くしたいと考えている。 豊富なプランの中から、利用状況に合った料金プランを選びたい。 長期利用する予定。 契約中の電気代が高いと感じている。 ハルエネでんきの料金・プラン 現在ハルエネでんきでは、以下のような料金プランが用意されています。 法人スマートプランH(法人限定)• 法人ライトプランH(法人限定)• ハルエネ動力プランH(法人限定)• ハルエネバリュープランL(家庭限定)• 基本料金 プラン 東京電力 ハルエネでんき 30A 842. 40円 842. 40円 40A 1,123. 20円 1,123. 20円 50A 1,404. 00円 1,404. 00円 60A 1,684. 80円 1,684. 80円 6kVA~50kVA 280. 80円(1kVA) 280. 80円(1kVA) 電力使用料金 使用量 東京電力 ハルエネでんき 第1段階(120kWh以下) 19. 52円 19. 52円 第2段階(120kWh~300kWh) 26. 00円 26. 00円 第3段階(300kWh以上) 30. 02円 29. 12円 1、2段階の料金は他の電力会社と変わりませんが、3段階目から割引が適用されるようになっています。 電気使用量が300kWhを超えるのであれば、ハルエネでんきの方がお得な計算になりますよ。 基本料金 プラン 東京電力 ハルエネでんき 30A 842. 40円 800. 28円 40A 1,123. 20円 1,067. 04円 50A 1,404. 00円 1,333. 80円 60A 1,684. 80円 1,600. 56円 6kVA~50kVA 280. 80円(1kVA) 266. 76円(1kVA) 電力使用料金 使用量 東京電力 ハルエネでんき 第1段階(120kWh以下) 19. 52円 19. 52円 第2段階(120kWh~300kWh) 26. 00円 26. 00円 第3段階(300kWh以上) 30. 02円 30. 02円 こちらは電力使用料金の割引はありませんが、基本料金が他の電力会社よりも安く設定されています。 供給エリア ハルエネでんきは一部の離島を除く全国エリアで電力供給を展開しています。 北海道から沖縄まで、大手電力会社が管轄・供給しているエリアであれば対応が可能なので、いざという時に心強く安心して契約できますね。 <供給エリア>• 北海道電力供給エリア• 東北電力供給エリア• 東京電力供給エリア• 中部電力供給エリア• 北陸電供給力エリア• 関西電力供給エリア• 中国電力供給エリア• 四国電力供給エリア• 九州電力供給エリア• 沖縄電力供給エリア ハルエネでんきの申し込み方法 ハルエネでんきの申し込みには、公式からの申し込みと代理店経由の申し込みがあります。 公式からの申し込みは代理店に比べると対応が安定しているので、安心感を求めるのであれば公式から行うといいでしょう。 <用意しておくもの>• 当月を含んだ12ヶ月以内の検針票• メールアドレス• 請求書送付先情報• 公式サイトまたは電話でハルエネでんきに申し込みを行う。 電話:0570-001-296(24時間365日対応)• ハルエネでんきから契約申し込みの確認が入る。 スマートメーターへの交換工事が行われる。 工事費は無料で、立ち会いは必要ない。 交換工事は地域の電力会社が行うことになる。 申し込みから利用開始までは、おおよそ1. 5ヶ月ほどかかります。 お得に申し込みをするには? 安心感よりもお得度を優先するのであれば、代理店からの申し込みがオススメです。 代理店では、公式では行われていない特典キャンペーンを行っている例も少なくありません。 キャッシュバックを受け取って、事務手数料や解約にかかる費用の補填に回せば、デメリットとして挙げられがちな内容を打ち消すことも可能ですよ。 代理店経由の申し込み方法やキャッシュバック金額は、代理店ごとに異なります。 中にはキャッシュバックキャンペーンが開催されていない代理店も存在します。 さらに悪徳な業者・代理店も紛れているので、注意しなければなりません。 優良代理店を見極めるのは難しいので、判断はプロにお任せください。 セット割チョイスにお問い合わせくだされば、相談料は無料でお得な優良代理店への申し込みを案内させていただきますよ。 お電話での無料相談はこちらから『 ハルエネでんきに切り替えたい!』とお伝え下さいね。 まとめ 電力自由化に伴い、新電力サービスが多く登場しております。 その中でも供給エリアが広く、実績のあるハルエネでんきは安定感があり多くのユーザーが利用しています。 料金プランも豊富なので、オフィス・店舗だけではなく電気使用量の多いご家庭も、お得に利用することができますよ。 よりお得に申し込むには代理店経由の申し込みがオススメですが、中には悪質な業者もあるので注意が必要です。 ハルエネでんきについてもっと知りたいという方や、安心な代理店情報を知りたいという方は、ぜひ当サイトに無料相談してください。 専門知識を持つスタッフが丁寧に対応させていただきますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

次の

ハルエネでんきは詐欺?解約者続出?!口コミや評判もひどすぎる?

ハルエネでんき 評判

2018年6月29日 電気の切り替えをした方に なぜその新電力を選んだのか?というアンケートをした結果、9割以上の方が「テレビCMやネットで見かけたから!」と回答したそうです。 しかし、その新電力を選んで満足しているのか?という問いには、半数以上が「他の新電力を選べば良かった…」という結果に。 そのような結果になってしまった原因はただ一つ。 自分の条件に合った選び方が分からなかったからだと思います。 少しの知識があれば電気代を大幅に削減できるのに、ちょっとした手間を惜しんで後悔するのは勿体ないですよね?仮に数年間利用した場合、安い車が買えるぐらいの差が生まれているかもしれません。 もし、これから乗り換えを検討している方がいるなら、少しだけ当サイトを徘徊してみてください。 その数分程度の時間を費やすだけで大きなメリットを得られるはずです。 ただ、一般家庭向けと店舗や事務所で使う「 従量電灯・低圧」の情報しかないので、高圧などについて知りたい方は他のサイトへ移動されてください。 詳細ページのリンクを設置しておくのでそちらへお進みください。 記事の内容• 電力自由化について 2016年4月1日に電力自由化が施行され、一般電気事業者(東電・関電など)が独占する時代は幕を閉じました。 そして、新電力と呼ばれる新しい電力会社に切り替えが可能となり、高止まりしていた電気代を安くすることができるようになりました。 但し、 自由化となったのは小売の部分であり、これまで利用してきた送電線については従来の電力会社が運営することとなります。 したがって、新電力に切り替えたからといって供給が不安定になるなどの心配はなく、契約した新電力が倒産したり故障しても電気を使い続けられる仕組みになっています。 また、電力会社を変更しても送電線はそのままなので、基本的に工事費を請求されることはありません。 以上のことを分かりやすく説明している動画があるので、時間のある方は是非ご視聴ください! 電力自由化でよくある疑問 新電力への切り替えで「 一人暮らしでもできるのか?」という質問をよく見かけます。 結論から言うと「できる」となりますが、新電力の中には単身世帯が契約する少ないアンペアを対象外としているところもあります。 その為、数ある新電力から対象となるところ、おすすめのプランを提供しているところを探す手間が発生します。 その辺の知識がない方は以下の記事が参考になると思います。 また、同じような疑問に「 賃貸でも切り替えられるのか?」という趣旨のものもあります。 こちらも「切り替え可能」ですが、一括受電をしている建物では不可となります。 新電力に切り替える予定がなくても必ず役立つ知識となるので覚えておきましょう。 お得な新電力・電力会社の選び方 電力自由化で小売電気事業者(新電力)に 登録しているのは約400者もあり、その中から一番お得になれる新電力1者を選ぶのは相当大変なことに思えるはずです。 しかし、これから説明することを理解してもらえば、情弱の方でも簡単に選ぶことができるようになります。 本気で取り組む新電力は1割程度 約400者の新電力があると伝えましたが、実は全ての新電力が本気で取り組んでいる訳じゃありません。 とりあえず登録だけした• 他事業者と競うつもりはない• 電気事業はあくまでツール 等々。 私の感覚では400者中、350者は上記に当てはまる新電力のような気がしてます。 しかも、ちょっと前に経済産業省のデータを見ましたが、 登録して未だに事業を開始していないところが2割もあるようです。 やる気のない新電力を見抜くのはとても簡単です!このまま読み進めてもらえば自ずと選べるようになると思います。 誰にでも安い新電力がおすすめ テレビやネットメディアなどで広告を見かけると思いますが、どの新電力も「そんな安くなるの!」と驚いてしまう料金だったりします。 ただ、気になって内容を確認してみると大抵は以下のような感じです。 ネット回線も一緒に契約すれば…• 太陽光パネルを一緒に購入すれば… そうです、スマホやインターネット回線などの契約でお馴染みの「 セット割」です。 別にセット割を全面的に否定する訳じゃありませんが、これまでの経験上、トータル収支で得したことが一度もない気がします。 その場では安くなったように思えても身動きでないほど契約に縛られ、最悪のケースでは違約金を払って損することに…。 だから、あまり詳しくない方には セット割をおすすめしたくないのです。 特に電気はスマホなどより長く使い続けるものなので、できるだけシンプルで分かりやすさを重視した方が良いでしょう。 自分の事務所でお世話になった『』や、一般家庭向けで加入者が急増している『 』などを確認すれば本気度が分かると思います。 最初は確かに安いと思った。 しかし暫くすると以前とほぼ同じ、月によったら高いこともあった。 いくつか分からない事や提案があったのに、質問提案の返答は、何様かと思うくらいの上から目線 とても不愉快でした。 『 』にあった投稿ですが、申込みして実際に電気を使わないと絶対に分からないことです。 ネットに繋がっていればSNSや掲示板サイトで確認することができますし、当サイトでも主要な新電力については評判をまとめた記事をアップしています。 「 知名度あるし良さそう」といった先入観は捨て、リアルな口コミを基準に選ぶようにしましょう。 後悔しないワンポイントアドバイス 電力関連に詳しい私が以前からアドバイスしていることがあります。 それは… 「 簡単にお得を与えてくれるサービスであること」です。 通信会社やガス会社が提供しているサービスなど、テレビCMなどでよく見かける新電力の方が知名度もあって、企業の信頼性も高いでしょう。 しかし、だからといってあなたにおすすめの新電力か?と聞かれれば決してイコールではありません。 その理由は、電気以外のサービスを加入しないと安くならなかったりすることで、本末転倒になる可能性があるからです。 あなたが全ての契約を把握できる人間であれば別ですが、そうでなければ電気単体でお得になれる新電力を選択してください。 それこそが新電力の切り替えで損しないたったひとつの方法となります。 その事を踏まえたうえでおすすめしたい新電力を「法人向け・一般家庭向け」で選んだので、条件等を確認しながら比較されてください。 電力会社の切り替えが最も簡単な節約法 エアコンの温度調節をしたり電気をこまめに消すことでも節電はできます。 しかし、そういった方法では削減できる金額に限度があり、多少なりとも面倒に感じてしまう人も多いでしょう。 「 もっと簡単にできる方法はないのか?」 誰だって面倒なことをせずに楽したいですよね。 そんな時に最も効率的なのが 電力会社の切り替えなんです。 電力自由化によってその裏ワザのような方法が簡単にできるようになり、既に沢山の個人・法人の方々がコストダウンに成功しています。 しかも、煩わしい手続きなどは一切なく、電気明細に書いてあることを入力するのみ。 必要なことは 自分に適した新電力会社を選ぶだけとなります。 ただ、500以上ある新電力から知識ゼロのまま1者を選ぶのは大変なので、東京電力や関西電力など10あるエリアでおすすめの新電力をピックアップした記事を用意してあります。 まずは自分が住んでいるエリアでどの新電力がお得なのか?参考程度にご覧ください。

次の

ハルエネでんきの口コミ・評判!電気料金は安い?申し込みは代理店からがお得?

ハルエネでんき 評判

このページの目次 CLOSE• ハルエネでんきとは? ハルエネでんきとは、ガスの供給も行っている株式会社ハルエネが提供する電力サービスのことです。 北は北海道、南は沖縄まで、離島を除く全国で利用可能な電力サービスなんです。 実は、都市ガスも2017年4月から自由化されていますから、セットで乗り換えるのがお得です。 (ハルエネガスは都市ガスのみで、プロパンガス地域は非対応です)。 どちらも申し込むだけで切り替えられて、面倒な工事の立会いなどは不要です。 ハルエネでんきは 大きな電力マーケット(JEPXという卸市場)から電力供給を行っており、電力会社の送電網を利用して送電するため、ハルエネでんきに乗り換えたことで電力供給が不安定になったり停電が頻発するなんていうことはまったくありません。 電気の品質は今までと同じで、電気料金は新しくハルエネ電気が提供するものになるんです。 ハルエネでんきの評判 ハルエネでんきのサービス内容について説明する前に、ハルエネでんきに関する評判をツイッターからまとめてみました。 かなりしつこいですね。 」 どうやら営業や勧誘に関して、あまり良くない評判が投稿されているみたいですね。 魅力的なサービスであれば、こちらからきちんと申し込みますから、あちらから強く勧められるのはあまり良い印象を受けませんね。 法人向けプランが充実!ハルエネでんきの特徴 ハルエネでんきの特徴は「 法人向けのプランが充実している」ことなんです。 ハルエネ電気では、以下のプランが提供されています。 ステッププランH• 法人スマートプランH• 法人ライトプランH• ハルエネ動力プランH• 動力オフィスサポートプランH• 法人バリュープランH この内、一般家庭で直接、ハルエネに申し込んで契約できるプランはなく、すべてのプランは法人限定となっています。 一般家庭・個人向けの「ハルエネ基本プランH」は地域や契約電力量によって「ハルエネホームライトプランLB」や「ハルエネ基本プランHB」などというふうにブランド名が違っています。 法人向けプランごとに料金や付帯サービスの特徴が異なりますので、電気代を安く抑えたい法人・事業主様はホームページでプラン内容を詳しく比較してみてください。 haluene. オプション内容と料金は以下の通りです。 オプション名料金サービス内容• トラブル解決レスキューforBiz月額600円 年額5000円鍵・水・ガラス・電気・ガスのトラブルにお得な価格で対応• トラブル解決レスキューforステッププランH無料ステッププランH加入者限定のトラブル対応サービス• ハルエネおもてなし通訳コール月額980円 年額8000円電話一本で5カ国語を日本語に翻訳• ハルエネオフィスサポートパック月額3980円従業員への悩み事を専門家に相談できる 動産総合保険のサービスも付帯• ハルエネ店舗サポートパック月額3980円従業員への悩み事を専門家に相談できる 動産総合保険のサービスも付帯 こちらも法人向けのサポートが充実。 特にインバウンドのお客さんや外国人労働者の受け入れを検討している中小企業や個人商店、フランチャイズ経営者にはありがたいサービスですね。 ハルエネでんきのデメリット:契約が3年縛り どんなものにも魅力的な部分があれば、逆に残念な部分もあるものです。 要するにハルエネでんきにもメリットだけでなくデメリットも存在するんです。 ハルエネでんきのデメリットは、 契約時と 解約時に手数料が発生することです。 どのプランも契約時に 事務手数料として3780円を支払わなければなりません。 何よりも厄介なのが「 契約解除料」です、要するに「解約時の違約金」のことですね。 ハルエネでんきでは一部のプランを除き、 契約が3年縛りになっています。 更新月以外の期間中に解約する場合、一部を除き契約解除料として9800円を支払わなければならないんです。 まるで携帯電話の契約みたいですね。 電力会社の中には「Looopでんき」や「楽天でんき」のように契約時や解約時の手数料や、契約期間の縛りがまったく無い会社もたくさんありますので、そこと比べるとこの内容は大きなデメリットに感じてしまうかもしれません。 ハルエネでんきは「クーリングオフ」できる? 人によっては、「解約時の縛り」を知らずに契約してしまった人もいるかもしれません。 契約期間中の解約には高額な契約解除料が必要になるんですが、そこで気になるのが「 クーリングオフ」の是非です。 ハルエネでんきの「重要事項説明書」によると、 クーリングオフは可能となっています。 条件付きではありますが、違約金なしでハルエネでんきとの契約を解除できる可能性がありますので、利用を検討している人は重要事項説明書を確認してください。 haluene. pdf ハルエネでんきは法人向けプランがおすすめの電力会社、契約時には比較を忘れないように このように、ハルエネでんきはどちらかといえば法人向けの電力会社であって、法人向けのプランやオプションサービスが充実しているんです。 一般家庭でも契約できますけれど、どちらかといえば法人におすすめしたい電力会社ですね。 電力会社は電力自由化スタートによって数多く登場しています。 一般家庭向けであれば「Looopでんき」や「楽天でんき」といった電力会社も身近で、とってもおすすめですね。 もちろん、他の電力会社も魅力タップリなので、比較してご家庭に最適な電力会社を選んでください。

次の