データ 便 海外。 アメリカ人に大容量ファイルを送りたい。海外の宅ファイル便のようなサ

ギガファイル便は海外でも使える 日本から写真や動画を送る方法

データ 便 海外

このページの目次• データ便の特徴3つ 1. 容量が大きくても相手に負担をかけない 「データ便」を活用すると、大容量ファイルをスムーズに送信できます。 メールに添付して送信すると、メール受信に時間を要したり、ダウンロードに手間がかかったりなど相手に負担をかけてしまう心配があります。 このような悩みを一気に解決してくれるのが「データ便」です。 「データ便」では、ファイルをドラッグ&ドロップしたあとダウンロード用のURLを相手に知らせるだけでファイルを届けられます。 送信相手には期限内にファイルをダウンロードしてもらうだけと非常に簡単です。 期限切れのファイルは自動で削除、間違えたファイルを送信してしまった場合も削除可能です。 また、データ送信後に相手がダウンロードしてくれたか否か確認するには通知機能を利用すれば安心です。 ビジネスシーンで、大容量ファイルを送る機会が多い企業にうってつけといえるでしょう。 大容量でも問題なく送信できる 2. セキュリティ対策も万全! 「データ便」では安心してサービスを利用してもらえるよう、データ通信はすべてSSL通信方式となっておりセキュリティ対策を万全にしています。 また、 ダウンロードする際にパスワードが必要なように設定しておけば、万が一宛先を間違えてしまった場合でもパスワード入力を求めることにより誤ったダウンロードを防止することができます。 セキュリティ対策に重点をおく企業はこちらのサービスがおすすめです。 セキュリティ便のイメージ図 3. アドレス登録でやり取りがスムーズに 「データ便」のビジネスプランでは、アドレス登録が500件まで可能です。 データ送信を頻繁におこなう取引先のアドレスを登録してくれるので、データ送信作業にかけていた時間を短縮できます。 「データ便」で利用できるアドレス帳は、自動で登録してくれるものなのでアドレスを登録する手間もありません。 また、アドレスが変更した場合でも新しいアドレスに送信することで、過去の履歴から上書き登録できます。 わざわざ忙しい業務の合間を縫って、手入力で変更作業を行うことなく利用できるのはとても魅力的です。 アドレス帳の登録もかんたん データ便の料金プラン プランは全部で3種類あり、ビジネスプランのみ月額料金がかかります。 送信機能のみの場合は月額300円、送信・受取機能の場合は月額500円です。 ライトプランは登録なしで利用でき、データは500MBです。 フリープランは登録後無料で利用できるプランとなり、データは2GBまで可能です。 ビジネスプランはデータ無制限で利用できるので、目的に合わせたプラン選択を行うといいでしょう。 まとめ 大容量ファイルの取り扱いが多く、メールではスムーズに行えないと悩んでいる企業におすすめです。 簡単な操作でデータのやり取りをストレスなく行えるのは、「データ便」の大きな魅力でしょう。 「データ便」を活用することで、これまでデータファイルを分割したり、あきらめていた大容量ファイルのやり取りも無制限で気負うことなく行えます。

次の

ファイル転送サービス [ 海外向け|国内向け ]

データ 便 海外

こんにちは、maggy です。 仕事柄(ライター)、海外の広報担当者から写真、文章、その他資料のデータファイルをメールで送ってもらうことがよくあります。 これまではメール添付でのやりとりが主でしたが、最近は専らオンラインストレージを使っています。 オンラインストレージ(Online File Storage とは、ご存じの方も多いと思いますが、インターネットを通じてサーバー上の記憶領域を提供するサービスです。 インターネット上に自分のハードディスクがあるみたいな感覚ですね。 ファイルをアップロードして、自分あるいは指定した他者などがそこからファイルをダウンロードして取り出すことができます。 、、 など、さまざまな会社がこのサービスを提供しています。 従来は送り先の海外のインターネット環境が分からないため、大容量ファイルのやりとりだと、ちゃんと届いているのか不安でした。 そのため、厳選したファイルのみを送受信しました。 しかしオンラインストレージなら容量を気にすることなく、ファイルを開くためのリンクを 1 行、メールに書き出すだけです。 大抵のサービスで、リンクを知っている人だけが見られる設定などの閲覧権限を設定可能なので、関係者の間だけでやりとりができます。 案件に必要なファイルを全部入れた フォルダをまるごと共有してもらうこともあります。 プレスリリースやオフィシャル写真、関連資料などがすべてここに入っています。 これが、お互いにとってとても便利です! 従来は、写真を受け取ってからも「必要なイメージと違ったから別の写真を送ってほしい」、「こんな資料もありますか?」などと、何かとやりとりが発生してしまってました。 共有フォルダに写真も資料も多めに共有してもらえたら、こうしたやりとりが省けます。 メールでは、メッセージをひと言添えて、オンラインストレージへのリンクを送るだけ。 例えば最近ですと、資料の提供を依頼した際、カジュアルな人だと返信はこんなひと言だけでした。 See various images and information. Regards. (このリンク先の)画像や情報を見てください。 よろしく。 I am putting a link here the information about the ABC as well as the information about us. ABC(プロジェクト名、商品名など)についての情報と、私たちについての情報(が格納されたフォルダへの)のリンクを添付しています。 Also, I am including a link to the release of the images that you may be able to use. また、使用できそうな写真のリンクも添付しています。 もっとも、ときには「 これは、わたしが見てもいいのかしら……?」という社内向けの資料のようなものも共有されたフォルダに入っていたことや、整理されていないグチャグチャのフォルダを共有されて困ったことも……。 機密情報やゴミだらけのファイルは NG ですが、うまく使えばとても便利だと思います。 製品やプロジェクトの写真や資料の翻訳文をオンラインストレージにまとめておいて、問い合わせがあったらリンクを送る(シェアする)、なんて使い方ができそうですね。 Categories• Recent Entries• Monthly Archives• Facebook.

次の

これで高額請求の心配なし! 意外と知らない「海外でスマホを使う時」の設定と注意点|TIME&SPACE by KDDI

データ 便 海外

利用規約 免責事項 当サイトは全て自己責任で利用するものとし、生じた不利益について管理者は一切の責任を負わないものとします。 アップロードしたファイルに関する責任は、全て利用者が持ち、管理者は一切の責任を負わないものとします。 予告なしにサービスを停止、変更する場合がある事をご了承下さい。 また、管理者は一切の責任を負わないものとします。 禁止行為 著作権や肖像権等、第三者の権利を侵害するファイルをアップロードする行為。 他人の身体、生命、自由、名誉、財産等に対して害悪を加える情報をアップロードする行為。 日本の法律に違反する行為。 大容量のファイルを不特定多数に配布する等、インフラに極端な負荷をかける行為。 コンピュータウイルスの配布等、利用者に何らかの悪影響を生じさせる行為。 ダウンロード支援ツール等でサーバーに著しく負荷をかける行為。 その他、管理者が不適切と判断する行為。 不適切な利用が発覚した場合は、予告なくファイルの削除やアクセス制限等の対応をとる可能性があります。 利用規約への同意 利用にあたっては、その使用をもって、この利用規約及び免責事項に同意したものとみなします。 利用規約の改定について 当サイトは事前の通告無しに全ての条項を改訂できるものとします。

次の