三井住友信託ダイレクト。 三井住友銀行

三井 住友 銀行 手数料

三井住友信託ダイレクト

全文書き起こし 木村FM <運用対象> 当ファンドは、東証1部・2部に上場している株式の中から、高水準の配当が期待できる銘柄に投資を行い、中・長期的な資産の成長を目指します。 配当とは、企業が事業で獲得した利益を株主に分配するものですが、この株主に還元できる資金が多くあるということは、優れた経営を行っている企業である可能性が高いと考えられます。 このため、中長期的に株式投資を行う際には配当に着目した投資が有効であると考えています。 足元の国内企業の業績は好調を維持しているうえ、現預金などの内部留保は過去最高水準となっていることから、株主への利益還元の余力は十分に高いと考えられます。 新聞などでも報じられていますが、上場企業の2016年度の配当総額は7年連続で増加し、過去最高を更新する見通しとなっています。 また、できる限り投資家の皆さまに、株式を長く保有してもらいたいとの考えから、配当性向を高める企業が増加していることもあり、高配当株への注目は高いと考えられます。 木村FM <運用哲学> 株式市場においては、現在成長している、または将来の成長性が投資判断材料として捉えられることが多いと思います。 ただ、企業の成長性というものは、外部環境などの影響を受けやすいため成長性の予想にはブレが生じやすいものです。 このため株価も同様の動きになりやすいと考えます。 当ファンドの場合は、企業の成長性よりも、安定した業績や良好な財務体質をベースに、高水準の配当を継続して投資家に還元できるかどうか、といった部分を投資判断の材料としています。 マーケット環境が大きく変化する中であっても、配当が安定していることで、株価の変動が抑えられ、相対的に優位なパフォーマンスを得ることができると考えています。 また、上昇相場になったときに、高配当銘柄の上昇は相対的に抑えられやすいと思われがちですが、割安な水準でファンドに組み入れることで、中長期的に見れば、良好なパフォーマンスが期待されます。 木村FM <運用スタイル> 業績のブレが少なく、高水準の配当を維持できる銘柄を見つけ出すためにはボトムアップリサーチが欠かせないと考えています。 配当原資となる利益の見通し、また業績が一時的に悪化した場合でも、現状の配当を継続することができるか、を判断するために財務内容を詳細に調査・分析しています。 さらに、内部留保金をどのように使うかは経営判断となるため、経営戦略などを直接マネジメント層に確認する、といった調査・分析を行うことは非常に重要であると考えています。 2016年12月末現在で、東証1部・2部の時価総額別予想配当利回りの分布を見てみると、大型株よりも、中・小型株の方が、配当利回りの高い銘柄が多くあることがおわかりいただけます。 また、同様に予想配当利回りを業種別で見てみると、高配当の大型株は商社などの卸売や銀行、自動車などの輸送用機器に多くあり、業種に偏りがあります。 しかしながら中・小型株ではサービス、不動産、機械などのさまざまな業種に分散されています。 こうしたことからも、高配当株への投資においては、中・小型株の銘柄選択が重要であり、ファンドマネージャーである、自分自身でも積極的に企業リサーチを行っています。 木村FM <投資家の皆様へのメッセージ> 当ファンドでは、銘柄選定の際、高水準の配当を将来にわたって継続することができるかを最優先に考えています。 成長性や増配といったプラスの材料よりも、減益や減配といったマイナスの材料をどれだけ回避できるかに注視しています。 こうした、慎重かつ安定を重視した投資戦略にて運用を行ってきたことで、外部評価機関からは高評価を頂くことができました。 投資家の皆様には安定した配当収益の獲得を目指す当ファンドが中長期の資産形成の一助となれば幸いです。 投資信託は、投資元本および利回りが保証された商品ではありません。 また、元本割れが生じるリスクがあります。 購入の際には、以下の内容および各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面・重要事項」を確認のうえ、お客さま自身で投資判断を行ってください。 投資リスク 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、株価、金利、通貨の価格等の指標にかかる変動や発行体の信用状況の変化を原因として、基準価額が下落して購入金額を下回り、損失が生じる場合があります。 これらによる損失は、お客さま自身に負担いただきます。 また、ファンドごとに内包されるリスクの性質が異なります。 詳細は各ファンドの目論見書をご確認ください。 預金保険 投資信託は、預金保険の対象ではありません。 投資者保護基金 銀行は証券会社とは異なり、投資者保護基金に加入していません。 当社で購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。 費用 投資信託の購入時から解約・償還までの間に、直接または間接に負担いただく費用は以下のとおりです。 なお、ファンドごとに費用の料率が異なりますので、詳細は各ファンドのをご確認ください。 取引にかかる制限• 投資信託には元本割れなどのリスクがあるため、お客さまの投資目的や運用資金の性格などに照らして、適さない場合には取引を制限します。 また、お客さまの投資割合が一定の割合以上になる場合にも、取引を制限することがあります。 海外市場の休業等の影響により、購入や換金の申し込みができないことがあります。 その他注意事項• 日本にお住まいで、税務上の居住地国が日本のみである個人のお客さまが申し込みいただけます。 満20歳未満のお客さまには利用いただけません。 eダイレクト預金口座をお持ちでない場合は、まず口座を開設する必要があります。 eダイレクト預金口座開設の申し込みから完了までには10営業日程度かかります。 当社は投資信託の販売会社です。 投資信託の設定・運用は委託会社が行います。 当社が取り扱う投資信託は買取請求に対応していません。 すべて、解約請求での換金となります。 なお、どちらの請求でも受取金額の税制上の違いはありません。 当社では、NISA、ジュニアNISAおよびつみたてNISAは現在取り扱いしていません。 当社では、投資信託の積み立ては現在取り扱いしていません。 一括購入のみの取り扱いです。 当社で取り扱う投資信託の最低購入金額は、ファンドによって異なります。 当社での投資信託の取引は、現在インターネットのみとなっています。

次の

お客さま情報ご入力

三井住友信託ダイレクト

このエントリーの目次• 三井住友信託銀行の定期預金の金利の引き下げについて• 金利変更日(引き下げ日):2016年2月15日 新型定期預金<グッドセレクト(固定型)> の金利の引き下げ 原則として中途解約ができないのですが、その代りに高利の定期預金です。 預入金額10万円以上(1円単位)。 預入期間 変更前金利 変更後金利 差 2年 0. 金利は6ヶ月ごとに見直しになります。 預入金額10万円以上(1円単位)。 預入期間 変更前金利 変更後金利 差 2年 0. (作成は1円単位で可能です。 ) 預入期間 変更前金利 変更後金利 差 1ヶ月 0. 025% 0. 025% 0. (作成は1円単位で可能です。 ) 預入期間 変更前金利 変更後金利 差 1ヶ月 0. 025% 0. 025% 0. (作成は1円単位で可能です。 ) 預入期間 変更前金利 変更後金利 差 1ヶ月 0. 025% 0. 025% 0. ちなみに現時点の普通預金金利は以下のとおりです。 (年利) 種類 金利 普通預金金利 0. 三井住友信託ダイレクト金利上乗せは変更なし 三井住友信託ダイレクト(インターネット・電話での取引)で新型定期預金<グッドセレクト>に預けた場合の上乗せ金利0. 05%は維持です。 ただし、元の店頭表示金利が下がったためその分だけダウンします。 新型定期預金<グッドセレクト(固定型)> の2月15日以降の金利(三井住友信託ダイレクト金利上乗せ後) 預入期間 金利 2年 0. ただし、トラストプレミアムの金利上乗せはゴールドステージ(取引残高1,000万円以上)以上でなければ、そもそも金利は上乗せとなりませんし、預入金額は100万円以上と条件があります。 こちらも、元の店頭表示金利が下がったためその分だけ金利はダウンします。 新型定期預金<グッドセレクト(固定型)> の2月15日以降の金利(トラストプレミアムサービスの上乗せ金利せ後) 預入期間 ゴールドステージ金利 プラチナステージ金利 2年 0. 09% 0. 09% 0. 11% 0. 09% 0. 09% 0. 11% 0. 期間 年利率 1年以上 0. 通常の店頭表示金利については、すべての預入期間において0.025%となりました。 今回の三井住友信託銀行の定期預金の引き下げにより、マイナス金利導入が公表されてから、すべてのメガバンクの定期預金の引き下げが実施されたことになります。 高利の定期預金キャンペーンは沢山ありますよ! あきらめないでください。 は現時点もたくさんあります。 お探しの方は、以下のエントリーをご覧ください 【参考】他の金融機関から定期預金の資金を振り込む時の手数料を無料にできる銀行はこちら 定期預金の資金を他の金融機関から移動させるときに、振込手数料を支払っていませんか? は、たくさんありますので、利用しないともったいないですよ。 詳細は以下のページをご覧ください。 【参考】マイナス金利導入で定期預金などの金利を下げた金融機関はこちらです は以下のページでまとめましたのでご覧ください。

次の

三井住友銀行

三井住友信託ダイレクト

全文書き起こし 木村FM <運用対象> 当ファンドは、東証1部・2部に上場している株式の中から、高水準の配当が期待できる銘柄に投資を行い、中・長期的な資産の成長を目指します。 配当とは、企業が事業で獲得した利益を株主に分配するものですが、この株主に還元できる資金が多くあるということは、優れた経営を行っている企業である可能性が高いと考えられます。 このため、中長期的に株式投資を行う際には配当に着目した投資が有効であると考えています。 足元の国内企業の業績は好調を維持しているうえ、現預金などの内部留保は過去最高水準となっていることから、株主への利益還元の余力は十分に高いと考えられます。 新聞などでも報じられていますが、上場企業の2016年度の配当総額は7年連続で増加し、過去最高を更新する見通しとなっています。 また、できる限り投資家の皆さまに、株式を長く保有してもらいたいとの考えから、配当性向を高める企業が増加していることもあり、高配当株への注目は高いと考えられます。 木村FM <運用哲学> 株式市場においては、現在成長している、または将来の成長性が投資判断材料として捉えられることが多いと思います。 ただ、企業の成長性というものは、外部環境などの影響を受けやすいため成長性の予想にはブレが生じやすいものです。 このため株価も同様の動きになりやすいと考えます。 当ファンドの場合は、企業の成長性よりも、安定した業績や良好な財務体質をベースに、高水準の配当を継続して投資家に還元できるかどうか、といった部分を投資判断の材料としています。 マーケット環境が大きく変化する中であっても、配当が安定していることで、株価の変動が抑えられ、相対的に優位なパフォーマンスを得ることができると考えています。 また、上昇相場になったときに、高配当銘柄の上昇は相対的に抑えられやすいと思われがちですが、割安な水準でファンドに組み入れることで、中長期的に見れば、良好なパフォーマンスが期待されます。 木村FM <運用スタイル> 業績のブレが少なく、高水準の配当を維持できる銘柄を見つけ出すためにはボトムアップリサーチが欠かせないと考えています。 配当原資となる利益の見通し、また業績が一時的に悪化した場合でも、現状の配当を継続することができるか、を判断するために財務内容を詳細に調査・分析しています。 さらに、内部留保金をどのように使うかは経営判断となるため、経営戦略などを直接マネジメント層に確認する、といった調査・分析を行うことは非常に重要であると考えています。 2016年12月末現在で、東証1部・2部の時価総額別予想配当利回りの分布を見てみると、大型株よりも、中・小型株の方が、配当利回りの高い銘柄が多くあることがおわかりいただけます。 また、同様に予想配当利回りを業種別で見てみると、高配当の大型株は商社などの卸売や銀行、自動車などの輸送用機器に多くあり、業種に偏りがあります。 しかしながら中・小型株ではサービス、不動産、機械などのさまざまな業種に分散されています。 こうしたことからも、高配当株への投資においては、中・小型株の銘柄選択が重要であり、ファンドマネージャーである、自分自身でも積極的に企業リサーチを行っています。 木村FM <投資家の皆様へのメッセージ> 当ファンドでは、銘柄選定の際、高水準の配当を将来にわたって継続することができるかを最優先に考えています。 成長性や増配といったプラスの材料よりも、減益や減配といったマイナスの材料をどれだけ回避できるかに注視しています。 こうした、慎重かつ安定を重視した投資戦略にて運用を行ってきたことで、外部評価機関からは高評価を頂くことができました。 投資家の皆様には安定した配当収益の獲得を目指す当ファンドが中長期の資産形成の一助となれば幸いです。 投資信託は、投資元本および利回りが保証された商品ではありません。 また、元本割れが生じるリスクがあります。 購入の際には、以下の内容および各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面・重要事項」を確認のうえ、お客さま自身で投資判断を行ってください。 投資リスク 投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、株価、金利、通貨の価格等の指標にかかる変動や発行体の信用状況の変化を原因として、基準価額が下落して購入金額を下回り、損失が生じる場合があります。 これらによる損失は、お客さま自身に負担いただきます。 また、ファンドごとに内包されるリスクの性質が異なります。 詳細は各ファンドの目論見書をご確認ください。 預金保険 投資信託は、預金保険の対象ではありません。 投資者保護基金 銀行は証券会社とは異なり、投資者保護基金に加入していません。 当社で購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。 費用 投資信託の購入時から解約・償還までの間に、直接または間接に負担いただく費用は以下のとおりです。 なお、ファンドごとに費用の料率が異なりますので、詳細は各ファンドのをご確認ください。 取引にかかる制限• 投資信託には元本割れなどのリスクがあるため、お客さまの投資目的や運用資金の性格などに照らして、適さない場合には取引を制限します。 また、お客さまの投資割合が一定の割合以上になる場合にも、取引を制限することがあります。 海外市場の休業等の影響により、購入や換金の申し込みができないことがあります。 その他注意事項• 日本にお住まいで、税務上の居住地国が日本のみである個人のお客さまが申し込みいただけます。 満20歳未満のお客さまには利用いただけません。 eダイレクト預金口座をお持ちでない場合は、まず口座を開設する必要があります。 eダイレクト預金口座開設の申し込みから完了までには10営業日程度かかります。 当社は投資信託の販売会社です。 投資信託の設定・運用は委託会社が行います。 当社が取り扱う投資信託は買取請求に対応していません。 すべて、解約請求での換金となります。 なお、どちらの請求でも受取金額の税制上の違いはありません。 当社では、NISA、ジュニアNISAおよびつみたてNISAは現在取り扱いしていません。 当社では、投資信託の積み立ては現在取り扱いしていません。 一括購入のみの取り扱いです。 当社で取り扱う投資信託の最低購入金額は、ファンドによって異なります。 当社での投資信託の取引は、現在インターネットのみとなっています。

次の