スイート グラス。 北軽井沢スウィートグラスが世代を超えて愛され続ける10の理由

【楽天市場】スイートグラス スプレー 50ml 良い気を運び宿す浄化用:ハーブ工房HCC

スイート グラス

スウィートグラスの入口付近 アメリカのモンタナ州にある、イエローストーン国立公園をモチーフに造られたキャンプ場。 入口手前から見え始める、シンボルのティピ。 写真で見た可愛らしいデザインそのまま、期待が膨らみます。 入口を入ってすぐ右手に駐車場。 車を停めて、管理棟へ。 管理棟はこじんまりとしているが、可愛らしい雰囲気です。 中に入ると、シーズンズランタンなどが飾ってあるのが、また心をくすぐられます。 受付を済ましたあと、管理棟の前の注意書きが書かれたボードの前に集まり、10分程度の説明があります。 内容は、受付時にもらったクリアファイルに書かれています。 同時に燃えるゴミと燃えないゴミの袋も頂き、少し感動。 高規格ではないキャンプ場に慣れていると、スタッフの対応やゴミ袋の事など、サービスに驚きます。 スタッフは皆さん、ニコニコして丁寧に対応してくれ、素晴らしいとしか言いようがありませんでした。 管理棟の周りにはショップがあり、おしゃれな小物から調味料、薪などが売られていました。 管理棟の裏には、第一サニタリーとトイレがあります。 ならんで、セルフの貸切りのお風呂「薪焚の湯」があります。 自分でお湯はりからお湯抜き、そうじまでするようですね。 45分で1200円です。 管理棟の向かい側には、SGフードショップがあります。 ランチから、パフェ・ソフトクリーム・ドリンク等販売しています。 愛層の良い店員さんに、ソフトクリームを注文し、可愛い感じのウッドデッキで周りを見渡しながら食べた味は、絶品でした。 スウィートグラスのサイト スウィートグラスには、いくつものサイトが用意されています。 全ての写真を撮ろうと思っていたのですが、所々撮り忘れてしまいました。。。 Xエリア 管理棟のすぐ裏には、Xサイト。 このエリアには、電源付きサイトX・ガーデンサイトX・砂場ガーデンサイト・ポリンポリンサイトXがあります。 電源付きサイトXは、遊び場にほど近くサイト背面・側面には植栽があります。 側面の植栽は少なめなため、プライベート感はあまり得られないかもしれません。 目の前の道は奥のYサイトに続くため、人通りも多少あるように感じられます。 ポリンポリンサイトは、大人気のトランポリンが自分のサイトに常設され独占できるサイトです。 砂場ガーデンサイトは、名前の通りプライベート砂場が持てます。 シャベルやバケツ、ジョウロなど砂場グッズ付きです。 Gエリア 管理棟の東側には、Gエリア・ソロサイト・デビューサイト・電源付きデビューサイトが並びます。 ソロサイトはフリーで、3人用以内のテントが張れます。 デビューサイトは、管理棟・サニタリー・トイレに近く、初心者や小さな子供連れにおすすめです。 Pエリア Gエリアの東側には、Pエリアです。 そこにはガーデン広々サイト・ダイニングコテージがあります。 柵で仕切られているので、ワンちゃんを連れていてもいいですし、プライベート感を持てます。 サニタリーやトイレも近いです。 Yサイト Xエリアの東側Pエリアの南側には、Yエリアがあります。 草原広々サイトの奥には浅間ビューサイトがありますが、Yサイトの奥側でも正直浅間山は見えます。 草原広々サイトの奥の方から見た浅間山です。 ちょこっと浅間山の頭がみえます。 手前に見えるのは、草原広々サイトです。 周りにコテージや柵が見えているので、大自然の中でキャンプって感じは味わえないかも知れませんが、気取りの気持ち良い草原で広々と使えるサイトは、とても良い感じです。 Fエリア 奥の方にはFエリアがあり、ここは林間サイトが並びます。 直火広々サイト・直火サイト・直火タープサイトがあり、直火広々サイトは電源付きで通常の1. 5倍の広さがあります。 直火サイトは、雑木林に囲まれて雰囲気がいいです。 多目的広場に近く、奥のアスレチックにもアクセスが良いです。 直火タープサイトは、常設タープの下で焚き火ができワイルドでかっこいい感じを出しています。 スウイートグラスのコテージ スウィートグラスには、コテージも沢山あります。 全てではないですが、少し紹介します。 管理棟にほど近い所には、コテージ『トントゥの庭』があります。 コテージの前にプライベートの庭を持て、そこで焚火が出来ます。 コテージ内にも薪ストーブが設置されてます。 『トントゥの庭』の隣には、ファイヤーサイドコテージがあります。 ここは、ウッドデッキ付きのコテージです。 広々としたデッキにはBBQグリル ファイヤーピット。 コテージ内には薪ストーブがあります。 ツリーハウスは、子供が喜びそうな作りをしています。 自分が子供だったら、是非泊まってみたいです。 下には、常設のブランコが付いています。 ツリーハウス『フォレスト』です。 ここは木の上というか、高床式になってますね。 ツリーハウス『マッシュルーム』は、木の上に家があります。 スウィートグラスのサニタリー どこのエリアも、サニタリーやトイレは近く、高規格ならではの手が行き届いた配置になっています。 ここは、管理棟の裏の第一サニタリーです。 シャワーとコインランドリーがあります。 人の出入りが激しいためか、多少くたびれた感はありますが、まだまだ綺麗です。 林間サイト入口付近には、第二サニタリー棟があります。 炊事棟もトイレも、まずまず綺麗といったところです。 特別『スィートグラス』だから綺麗、という感じは受けませんでした。 Gエリアに近い第三サニタリーは、一番きれいでした。 第四サニタリーは見てませんが。。。 トイレは、ウッドハウスの様な小屋の中にありました。 とても綺麗で感動しました。 その隣の炊事棟も、ピカピカです。 高規格ならではの綺麗なサニタリーは、女性の方も喜びますね。 簡単ですが、動画にてちょっと駆け足で紹介します。 アスレチック ツリーハウスからさらに奥に行くと、アスレチックがありました。 3種類の簡単な難易度の物から、難しい物まで。 小学校4年生以上を対象にしているようです。 これは、穴に入ってロープを使って穴から脱出するというものです。 子供だとなかなか難しいかも知れません。 これは、穴を潜り抜けるスピードを競おうっていうもの。 四つん這いになってくぐるだけなので、簡単ですね。 でも長男は、一人で遊んでいて、微妙そうな顔をしていました。 お友達や兄弟がいると、きっと盛り上がるんでしょうね。 その奥には、クライミング出来る壁があります。 これは、やってみたのですが、大人だからか簡単でした。 小学4年生の長男も、なんなく出来ていました。 ハイジブランコ 何ヶ所がかハイジブランコがありました。 木の上の方からぶら下がる、あのブランコです。 ツリーハウス・ノアの隣。。。 おしぎっぱの森の中。。。 小さいころは、こんなブランコに憧れていませんでしたか? 子供に人気があったので、僕は今回見送りました。。。 乗っておけばよかったです 笑 おしぎっぱの森~ジェロニモの滝 おしぎっぱの森は、20種類ほどの高原を代表する樹木が植生する約1万坪の雑木林です。 森の各所では、森林浴や自然散策が楽しめます。 森の一番奥にあるジェロニモの滝のすぐそばは、水遊びを楽しめます。 マイナスイオンたっぷりと言った感じで、リラックスできました。 川沿いに続く道は、散策には良い感じです。 ジェロニモの滝から続く川には橋が架かり、渡れるようになっています。 ちょっと幻想的な、絵本の中のような景色でした。 アスレチック横当たりのおしぎっぱの森からジェロニモの滝までの動画です。 雰囲気だけ参考になれば。。。 おしぎっぱ画廊 多目的広場には、おしぎっぱ画廊と呼ばれる大きな黒板がありました。 こんな感じの大きな黒板は、それだけでも絵になります。 子供は楽しいでしょうね。 チョークは売店で1本50円で売っていますが、黒板の下の箱には使いかけのチョークがありました。 ハイシーズンなどは予約も取りづらく、しかも高いが、レギラーシーズンなら空いていて安い。 草原広々サイトに子供と2人で泊まったら、1500円でした。 空きすぎていて、空いているサイトでキャッチボールや野球、家族で競争をしている人たちがいました。 ボールが車に当たるんじゃないかとか、人のサイトまで入ってきて走り回っている人たちを、もう少し見回りの回数を増やし注意してほしかったです。 (初めに注意があったのでマナー違反の人たちが悪いのですが) しかし、それを上回るものが『スウィートグラス』にはありました。 自分的には、また行きたいと思えるところでした。 とにかく子供の笑顔がいっぱい見られます。 ファミリーキャンプに『スウィートグラス』、とてもおすすめです。

次の

ハルガヤ(スイートヴァーナルグラス)の種

スイート グラス

避暑地にあるハイスペックキャンプ場 とにかく有名な北軽井沢スイートグラス! 2019年8月にもお邪魔しました。 子どもが楽しめるイベントや遊具があり、飽きさせないキャンプ場ですよね。 スタッフのホスピタリティも素晴らしくって、毎年、行ってしまうキャンプ場です。 ここのすべてを語るには・・・いや語りきれないでしょう。 ツリーハウスとツリーハウスが、木の橋でつながっていて、子ども達は大興奮ですね。 売店で50円でチョークが販売されていますが、100均で購入して持参すると良いと思います。 是非、参加されてください。 我が娘も8個くらいバッジを持っています。 5個ためると、新なバッジプレゼントとか、バースデーバッジとか、まぁ色々あるので、100円握りしめて、浅間ヒュッテに行かせてください(笑)バッジ作るのも子ども達は楽しみのようです。 キャンプファイヤーも楽しかったです。 ストーリーがあるんですよね~スタッフすごい!内容をここで書いてしまうと、楽しみ半減だと思いますので、おすすめとだけ書いておきます。 キャンプ場内カフェ キャンプ場内のカフェとかレストランとか、期待していないのですが、ここは美味しい~ この写真はホームページからお借りしたものですが・・・本当にこれと同じ野菜いっぱいの美味しいお食事が提供されます。 受付の裏でなく、その横当たりに増設されてました。 ただ、増設されたこちらのシャワーは、サイト近くのためか、使用が16時~就寝位までだったかなぁ。 まぁ、数があるので、それほど待つことはないと思います。 予約できるのが、こちらのお風呂です。 家族で入って、1200円ですから、安いと思います。 北軽井沢ですので、軽井沢駅の近くではありません。 軽井沢駅からだと車で30分はかかるかなぁ。 おもちゃ王国で遊んで、早めにお風呂っていうのも手ですね。 ミカドコーヒーのソフトクリームも食べられます! ツルヤさん。 スイートグラスに行く前に寄っても良いと思います。 スーパーとなりには、遊具たくさんの公園もありますよぉ。 ただ・・・品揃えが少ないかなぁ 足りないものがあった時に、緊急で利用しました。 夏季のみの営業ですが、品ぞろえ的には、まぁ必要なものを揃うかなぁ。 コンビニ 車で5分かからず、セブンなどのコンビニがありますので、新鮮な野菜、肉でなければ、色々なものがそろいますので、ご安心を! 今回、お隣がキャンプ初心者という方だったのですが、食事の都度、車で買い出しに行かれてました。 朝ごはん位は、買ってきておけば良いのになぁ~と不思議に思いましたが、そういったスタイルも初心者だからありかな。 わが家は、フリーパスは買わずに、入場券のみで入りました。 冷暖房完備の室内型の 「おもちゃのお部屋」があるのですが、ここは入場券のみで遊べます。 そして、 「わくわく大冒険の森」で追加で600円で、ツリーハウスやジップロープ、クライミングウォールなど約20種類のアスレチックを楽しみました。 ハーネスという命綱を装着し、自らの力で樹上世界を旅する冒険施設。 小学校1年生からのコースと、小学校4年生からのコースがあります。 なめてはいけません!小学校3年の娘とチャンレジしましたが、本格的で・・・ちょっとこわくて・・・ちょっと大変でした。 娘も頑張りました! 娘と同じ年くらいの男の子でも、泣いている子がいるくらい・・・ これはお借りした写真。 これっ大変でした~でも楽しかった~次の日、軽く筋肉痛。 長袖、長ズボン、スニーカー、白は避ける、見てお分かりのとおり、大きな荷物は持てません。 グループにひとつ、ペットボトルを入れられくくらいのバッグを貸してもらえます。 私は、これを持っていたので、スマホで写真をとり、お借りしたバッグにドリンクをいれました。 フィット感がないと、動きづらいのです。 ハーネスつけますからね。 大きな荷物は、車の中に入れておくか、コインロッカーも有料であります。 天候とか、虫とか、 昨年も、いきなりスコールということがあったのですが、今年も3泊していて、毎日午後にスコールがありました。 すごく晴れているので、どしゃぶり・・・チェックインしてくる方々も困ってましたよぉ。 スコールに要注意ですね。 風はなく、軽井沢は穏やかですね~。 高原とかで、海の近くで、突風を受けたことのあるわが家としては、軽井沢は安心のキャンプ地です。 虫・・・夏の軽井沢・・・今まで安心していました。 しかし、2019年の今年、スイートグラスにもブヨがいました。 特にブヨは、さされると後が大変なので、用心してください。

次の

店舗の案内

スイート グラス

小学生以来のキャンプでした。 初めてだったのでグランピングを選びました。 普通のホテル並みのお値段でしたが(8人まで泊まれるところに2人で宿泊したので。 )、それに見合うサービスと快適さと、自然の美しさを満喫できた一泊二日でした。 薪ストーブも手がかかりますが、それが楽しかったと思えますし、 雪が残った敷地内で、夜、天気が良かったので星空を楽しむこともでき、 よかったです。 22時から朝7時までは、クワイエットタイムというか静かにする時間で、 21時~22時は、もしかしたら、隣の大学生が騒がしかったかな。。。 ?というのもありましたが、22時になったら、それも止みました。 一週間経った今でも、目を閉じると星空が見えるような、そんな特別な一日でした。 7月に「土間のあるコテージ トゥーリ」に泊まりました。 掃除が行き届き、お風呂も広くて快適でした。 建って間がないからか木の匂いがして、リラックス効果抜群。 敷き布団がわりのマットは若い人向けなので、体重が重めの中高年が寝ると腰が痛くなるかもしれませんから、そこは各自で対策を取った方がいいかもしれません。 宿泊当日はあいにくの雨だったものの、土間=屋根があるので全く問題なし。 楽しくBBQができました。 雨のお陰で虫が全く出なかったし、涼しかったので本当によかったです。 翌朝はうってかわって晴天。 朝日に輝く木々の姿を眺めながら食べる朝食の美味しいこと!言葉足らずでなかなか伝えられないのですが、とにかく、こちらで過ごした一瞬、一瞬が素晴らしいものだったのです。 敷地内にある売店ですが、キャンプ場の売店としてはかなり充実していると思います。 また、最寄りのスーパーはとても大きくて、東京のスーパーと同レベルの品揃えです。 別荘族もよく利用しているようで、美味しい食べ物のみならず、美味しいお酒に地元の名産品も揃っていました。 今回は使いませんでしたが、こちらは土間にオーブン、室内にはストーブがあるので、次はぜひ冬の時期に訪れたいです。

次の