豆腐ステーキ 絹。 【みんなが作ってる】 豆腐ステーキ 絹のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

しゃぶしゃぶでは木綿豆腐?絹豆腐?鍋料理におすすめなのはこっち!

豆腐ステーキ 絹

こんにちは~筋肉料理人です! 今日はコスパ&ヘルシー食材の豆腐を使って、満足度120%の「がっつり豆腐ステーキ」を作ります。 豆腐は風味こそ強いものの、そのままでは単調な味で、たくさん食べると飽きてしまいがち。 なので、下味をしっかりつけ、パンチのあるタレで味付けするといいです。 そこで使うのが、 「粉チーズ」と「うなぎのタレ」。 粉チーズで下味をつけ、甘辛のうなぎのタレで味付けします。 意外な調味料のかけ算で、豆腐がボリュームとパンチのある一皿に変身しますよ。 筋肉料理人の「がっつり豆腐ステーキ」 【材料】2人分• 木綿豆腐 1丁• 豚こま肉 140g• にんにく 2かけ• 粉チーズ、オリーブオイル 各大さじ1• 塩 小さじ1• 黒こしょう、刻みねぎ、一味唐辛子 適宜 (A)• うなぎのタレ 大さじ3• 日本酒 大さじ1 作り方 1. 木綿豆腐は半分に切り、 塩小さじ1を全体にふりかけ、 キッチンペーパーなどで包んで15分、室温において水切りします。 塩を振ることで下味が入り、水も出やすくなります。 薄手のキッチンペーパーで包む場合は、2重に包むと水が出やすいです。 玉ねぎは3~4mmの厚みに切ります。 豚こま肉は一口大に切ります。 にんにくは薄切りにし、中心にある芽を菜箸で押して外しておきます。 にんにくの芽は加熱中に外れて先に焦げ、焦げ臭さが出る原因になります。 (A)は混ぜ合わせておきます。 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて、弱火にかけます。 フライパンを傾けて端に寄せ、煮るようにフライにします。 にんにくは焦げると焦げ臭さが出るので、きつね色になったところで取り出しておきます。 1の豆腐に粉チーズ、黒こしょうをまぶし、 3のフライパンを中火にかけたら、豆腐を入れて焼きます。 豆腐は長い面を1面ずつ、3~4分かけてじっくり焼き、焼き目をつけます。 焼き目がついたら、一旦取り出します。 同じフライパンに豚こま肉、玉ねぎを入れて炒め、玉ねぎに透明感が出たらフライパンの片方に寄せます。 5の豆腐を戻し、混ぜ合わせた(A)をかけ、 豚肉、玉ねぎ、豆腐にタレを絡めます。 皿に盛り付け、 フライパンに残ったタレをかけます。 取り出しておいたフライドガーリック、刻みねぎをちらし、お好みで一味唐辛子をふっていただきます。 下味の粉チーズが効いてます 「がっつり豆腐ステーキ」の完成です。 焼き目をつけた豆腐は、うなぎのタレが絡んで口に入れた瞬間に、美味しい! と感じる味です。 噛むと、下味の粉チーズの旨味が後から来て最後まで美味しいです。 豚こま肉、玉ねぎを合わせてボリュームも一気にアップして、ガーリック風味も合わさって、ビールがいけるつまみになりました。 そして、味付けがうなぎのタレなので、これがご飯に合わないはずがありません。 1人分をタレごと丼飯にトッピングすれば、 「がっつり豆腐ステーキ丼」になりました。 甘辛いうなぎのタレがご飯にベストマッチしますし、ガーリック風味と甘辛しょう油味もご飯に合わないはずがありません。 丼飯が一瞬でなくなるほどでした。 うなぎのタレでがっつり豆腐ステーキ、ビールもいければ、ご飯もいけます。 ぜひ、お試しください。 甘辛いうなぎのタレは、丼ぶりものはもちろん、煮魚、肉や魚の照り焼きと使えて便利です。

次の

絹豆腐のしょうゆステーキの作り方レシピ|きじまりゅうたの小腹すいてませんか?

豆腐ステーキ 絹

豆腐ダイエットのデメリット〜続かない理由 おすすめの豆腐ダイエットレシピを紹介する前に、、、まずデメリットを紹介します。 豆腐ダイエットは、実際は多くの人が続きません。 ではなぜ続かないのか? ひとえに 「過酷」だからです。 そりゃ毎日毎食豆腐ばかり食べてたら 「美味しいお米が食べたい…」ってなっちゃいますよね。 そうならないためにも、無理のない「豆腐ダイエット」が大切。 大事なのは 「継続」です。 以下のことを実践することで、 豆腐以外のモノを食べながらでも無理なく豆腐ダイエットが実践できます。 【食べ方1】食事のはじめに豆腐を食べる 豆腐ダイエットにかかわらず、すべてのダイエット方法に共通するのが、食べる順番。 お腹がすいた状態で、糖質の高いものを食べると、血糖値が一気に上がります。 豆腐はできるだけ主事の最初の方に食べましょう! 【食べ方2】ビタミンを一緒に取る いくら糖質を抑えてダイエットをしても、代謝が低ければダイエットは成功しません。 代謝をあげるのに必要なのが、タンパク質に加えて、 ビタミンDです。 ビタミンDの含まれている食べ物 ・魚、きのこ類、ヨーグルトなど これらの食べ物を普段の献立に取り入れるようにしましょう。 【食べ方3】夜に実践する 朝・昼・晩で、もっとも糖質を吸収しやすく、脂肪になってしまうのが夜です。 毎食、豆腐ダイエットをするのではなく、 一番効果のある夜にやるのがおすすめ! 夜だけ豆腐ダイエットをするのも、 無理なく継続するひとつのコツです。 【食べ方4】無理な外食の我慢をやめる 豆腐ダイエットをしている時、友人からの食事のお誘いや会社の飲み会は大抵ありますよね。 そんな時、本当は行きたいのに我慢していれば、そのうちストレスになって継続出来なくまります・・・ 外食する上でおすすめなのが、ここまで紹介した食べ方を実践した上で糖質カットサプリを使うこと。 糖質カットサプリメタバリアEXなら、食事に含まれている糖質をしっかりカットしてくれます。 今だけ540円で購入できるので、ぜひおすすめです! 定価の70%以下 豆腐のアレンジレシピ ・【主食】の豆腐ダイエット簡単レシピ献立 ・【スープ】の豆腐ダイエット簡単レシピ献立 ・【スイーツ】の豆腐ダイエット簡単レシピ献立 豆腐ダイエット簡単レシピ主食の献立【木綿・絹】 簡単!豆腐グラタン 質素な豆腐という食材を見事にボリューミーな献立にしたレシピ。 豆腐を1丁使うので、満腹感も得られやすい献立です。 糖質カットサプリでダントツで人気のサプリが、ネット購入限定で、初回540円で購入可能です! 定価の70%以下 今がチャンス! こちらで詳細が見れますー!.

次の

カリカリ豆腐ステーキのレシピ・作り方

豆腐ステーキ 絹

木綿豆腐と絹豆腐の違いで、すぐに思い付くのは食感ですよね。 その他にも、味わいが違うという人も多いでしょう。 また、あまり知られていませんが、栄養価も違ってきます。 木綿豆腐 木綿豆腐は、豆乳ににがりを入れたあと、圧縮して水分を絞り出して固め、成形します。 そのため、水分が少ないぶんしっかりとした歯応えが特徴です。 絹豆腐に比べて固く、舌触りはザラザラとしています。 圧縮により栄養分が凝縮するため、味は濃厚です。 この味は、凝縮されたタンパク質や脂質、カルシウム等のミネラル分によるもので、豆腐らしい味を楽しみたいなら木綿豆腐がおすすめです。 絹ごし豆腐 絹ごし豆腐は、ツルツルっとした滑らかさが特徴です。 これは、木綿豆腐のように圧搾しない製法が影響しています。 水分が多く含まれているぶん、滑らかな食感が味わえるというわけです。 木綿豆腐に比べると、味わいはマイルド。 木綿豆腐ほど栄養素が凝縮したしっかりとした味わいではないかもしれませんが、圧搾しないことで水溶性ビタミンが流れ出ることがなく、ビタミンB群は残っている点が特徴です。 調理の仕方で豆腐を変えるべき? 木綿豆腐派、絹豆腐派とそれぞれ意見が異なるかもしれませんが、一般的には調理法によって豆腐の使い分けをした方がより美味しくなると言われています。 どんな料理を作るのか、調理の仕方によってベストな豆腐は異なってくるため、できればその特徴を知って使い分けると良いでしょう。 ここでは一般的な情報をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。 木綿豆腐におすすめな調理 木綿豆腐は、製造過程で水分を圧搾しているため、味を染み込ませたい料理に適しています。 煮物や、鍋料理に使うと、出汁の味をしっかりと吸い込んでくれるため、豆腐そのものに味が染み込んで美味しくなります。 また、固さを生かした料理にも向いています。 例えば、豆腐ステーキのようにそのまま焼く調理では、扱いやすいというメリットがあります。 揚げたり、炒めたりする調理においても、形が崩れにくいためおすすめ。 特に、豆腐チャンプルーなど、豆腐の形がしっかりと残っていた方が見映えがよく美味しい料理には、木綿豆腐がベターです。 木綿豆腐は、生のままでも美味しいです。 冷奴など、シンプルに豆腐の味を楽しみたい時にも使えます。 ただし、絹ごし豆腐に比べるとやや味がしっかりとしているため、醤油やポン酢等のシンプルな味付けをおすすめします。 絹ごし豆腐におすすめな調理 絹ごし豆腐は、くせのない控えめな味と、舌触りの良さが魅力です。 そのため、そのまま食べる冷奴やサラダに向いています。 鍋料理においては、好みで選ばれることが多いですが、湯豆腐に関しては圧倒的に絹ごし豆腐がおすすめです。 水分をもとから多く含んでいるため、煮たり焼いたり、揚げたりする調理にはやや不便で、形が簡単に崩れてしまうという一面があります。 しかし、もっちりとした食感を楽しみたければ、これらの料理に使えないこともありません。 多少、料理のテクニックが必要とされるでしょう。 白和えなど、和える料理に関しては、絹ごし豆腐の方が合っています。 ふんわりとしたほのかな味わいが、調味料や他の素材の味を引き立たせてくれるからです。 火を通す調理においては、形が崩れやすく扱いにくいことを知っておきましょう。 しゃぶしゃぶに適した豆腐はどっち? レタしゃぶダイニングで提供する食材は、すべてこだわりのものばかり。 豆腐に関しては、味の染みやすい木綿豆腐を使っています。 しかも、ただの木綿豆腐ではありません。 押し豆腐といって、木綿豆腐からさらに水分を抜いた、しっかりとした食感が特徴の豆腐です。 その名のとおり、豆腐に重しをして水分を抜くことから、その名前がついています。 この押し豆腐、一般的な水切り豆腐よりもさらにしっかりと水分が抜けていて、形が崩れにくく歯応えも十分な点が特徴です。 一般的なスーパーでは販売されていないことが多いため、家庭で手間をかけて手作りするのが主流。 レタしゃぶダイニングでは、その押し豆腐を味わうことができます。 お肉や出汁だけでなく、ぜひ豆腐の違いにも注目してみてくださいね。 しゃぶしゃぶには木綿豆腐がおすすめ!好みにより使い分けよう 今回は、木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いや特徴、それぞれのおすすめ調理法についてご紹介しました。 どちらの豆腐も好きだけど、調理法によって使い分けていないという人は、ぜひ参考にしてみてください。 調理法によって、向き・不向きはあるものの、最終的には自分の好みで選ぶ人もいます。 そのため、正解はありませんが、あくまでも一般的な知識として知っておくと役に立つのではないでしょうか。 鍋料理、特にしゃぶしゃぶには、木綿豆腐がおすすめです。 お肉の旨味がしっかりと落ちた出汁に、味の染み込みやすい木綿豆腐は相性抜群。 形が崩れにくいため、すくう時も便利です。 これまで、豆腐の種類にこだわっていなかった、あるいはどちらか一方ばかり食べていたという方は、調理法法にあった豆腐を選んで使い分けてみると、新たな発見があるかもしれませんよ。

次の