食後 下痢 腹痛。 食後に下痢する理由とは?すぐに下痢する場合は病院へ?

大腸がんの初期と末期の症状は?腹痛や腰痛・下痢も!ガスが溜まる原因は?

食後 下痢 腹痛

胃を休ませるために食事を控えたり、消化のよいおかゆ、またはお白湯など負担の少ないものを摂りながらしばらく安静に過ごしてください。 『急性胃炎』と『慢性胃炎』 食後の胃の痛みの原因はさまざまな要因があります。 食後の胃痛のある人は、 どれが自分に該当しているのかという原因を知っておくことが対処法の近道になります。 胃の痛みには大きく分けてふたつ二分類されます。 急性胃炎 食事の食べ過ぎや飲みすぎにより、 一時的に胃の粘膜が刺激され痛むもの。 慢性胃炎 胃の粘膜が持続的に炎症を起こしている症状であり、胃液の分泌機能低下が要因で 長期間にともない続く胃痛。 急性胃炎の場合、一時的な痛みを伴いますが時間の経過により回復傾向がみられます。 慢性胃炎の場合はほかの大病の要因のサインかもしれませんので、 数日、数ヶ月続くようであれば医師の診断を受けて食後の胃痛の原因の解明をしましょう。 食後の胃痛の原因について考えられること 食後の胃痛の原因は前述しましたが、分かりやすく箇条書きにしてみました。 なによりも、 自分の胃痛の原因がどのケースにあたるのか理解することが重要です。 Sponsored Link みぞおちがキリキリ痛むのは急性胃炎?症状や対策は? みぞおちあたりがキリキリ痛む症状が出たときには 急性胃炎を疑いましょう。 キリキリとした胃痛のほかにも、胃の不快感や胸やけ、吐き気が併発することもあります。 多くの場合は暴飲暴食やストレスが原因となっているので、 症状が落ち着くまで消化の良い食事をとったり、睡眠をたっぷりとったりして胃を休めましょう。 それでも痛みや嘔吐が続いたり、吐血があるようであれば、病院で治療が必要な病気である可能性がありますので、病院を受診してくださいね。 胃は繊細な臓器 胃という臓器は体を形成する臓器の中でも繊細な性質で、 ストレスを感じやすい臓器と呼ばれています。 たとえば、大事な会議の前で緊張して胃がキリキリ痛む。 または、大好きな人との初めてのデートの朝、緊張して朝ごはんも食べてないのに、胃がキリキリするなど。 そんな経験もあると思います。 これは脳がストレスを感じると胃に胃酸を分泌する指令を出し、胃が胃酸を出します。 食事をしていれば、胃酸が食物を分解してくれますが、空腹であれば胃の粘膜を刺激してキリキリと痛むのです。 このキリキリとした痛みが短期的で時間の経過で収まるのであれば、診断を受ければ急性胃炎と診断されることが多いです。 とにかく水分をとって、食べられるようなら消化によいものを摂ってゆっくりするようにしましょう。 ストレスの原因が去れば自然に治まります。 みぞおちのズキズキとした鈍い痛みは胃潰瘍?症状や対策は? ズキズキとした鈍い痛みがある場合には、胃の粘膜がただれた状態になる 胃潰瘍である可能性があります。 こちらは急性胃炎のような、時間や薬でおさまるようなものではありません。 悪化すると胃に穴があいてしまうこともありますので、注意が必要な症状のうちの一つです。 胃潰瘍の症状は? 胃潰瘍の場合、主に 食後や空腹時にズキズキとした痛みがあらわれます。 胃潰瘍が進行していくと、胸やけや吐き気、嘔吐、食欲不振などの症状があり、さらに進行すると胃から出血し吐血や黒い便が症状としてあらわれますので、 ズキズキとした鈍痛がある場合には念のため受診しておくと安心です。 また、胃潰瘍はピロリ菌、もしくはストレスが原因であることが多いため、薬での治療が必要になりますよ。 継続的な『慢性胃炎』の症状は? 食べ過ぎや飲み過ぎでの一時的な胃痛は急性胃炎といいました。 長期的、継続的に起こる胃痛を 『慢性胃炎』といいます。 慢性胃炎は胃の状態により4つに分類されています。 これらの原因は、偏った食生活、過度の飲酒・喫煙。 年齢による胃の老化現象、ピロリ菌の感染などがあげられています。 どのような原因にせよ、 慢性胃炎は医師の継続的な治療が必要です。 また再発の危険も高いので、「治った」と勝手な判断をせずに医師の指示にしたがいましょう。 食後の胃痛を予防する方法は? 脂肪分の多い食事を控える 脂肪分の多い揚げ物などは消化をするのに時間がかかるため、胃酸の分泌が増えてしまいます。 揚げ物を食べる時には、揚げ物だけではなく他の食材もバランスよく食べるように意識することが食後の胃痛予防には大切ですよ。 刺激物は控えめにとる 刺激物と聞くと真っ先に辛い食べ物を連想するかと思いますが、刺激物は唐辛子やにんにくだけではありません。 コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインを含む飲み物やアルコール、ケーキやチョコレートなど糖分の多い食べ物、お酢やオレンジなどの柑橘類も胃酸が多量に分泌される原因となってしまいますので、控えめに摂ることで食後の胃痛を予防できます。 規則正しく食事をとる バランスのとれた食事を1日3食規則正しくとることは、食後の胃痛予防に繋がります。 特に 食事をとるタイミングが重要となってきます。 間食が多く常に何かを食べたり飲んだりしている状態や、就寝前の食事をとる状態では、胃の休まる時間がありません。 毎日の生活の中で、 胃を休める時間を作ることを意識しながら、規則正しい食事を心がけましょう。 よく噛んでゆっくり食べる 「よく噛んでゆっくり食べる」という食事の食べ方は、幼いころから言われてきたという方も多いのではないでしょうか。 よく噛んでゆっくり食べることは、あごの筋肉をしっかり使う、満腹感を感じられるというメリットがありますが、もう一つ、 胃の負担を減らしてあげるという役割もあるのです。 あまり噛まずに食べると食べ物の消化をすべて胃に任せることになってしまいますが、よく噛むことで食べ物を消化しやすい状態にしてから胃へ届けることができます。 食後の胃痛予防には、幼いころから言われてきた「よく噛んでゆっくり食べる」を意識して食事をとることを意識してくださいね。 規則正しい生活 そしてやはり規則正しい生活を心がけることが大事。

次の

こんな症状があれば要注意! 下痢や便秘を繰り返す「過敏性腸症候群」とは

食後 下痢 腹痛

下痢が 続く時の 原因で 食後に毎回下痢になるのは何故なのか説明しています。 過敏性腸症候群は検査をしても異常が発見されないそうです。 また、若いサラリーマンに多く、精神科でカウンセリングを受けると良いそうです。 最後に、過敏性腸症候群と上手に付き合う方法を紹介しています。 過敏性腸症候群は検査をしても異常が発見されない• 過敏性腸症候群は若いサラリーマンに多い• 過敏性腸症候群は精神科でカウンセリングを受けると良い• 過敏性腸症候群と上手に付き合う 過敏性腸症候群は検査をしても異常が発見されない 食後に下痢が毎日のように続く原因は 強いストレスを受けることによる 過敏性腸症候群にかかっている疑いがあるそうです。 この過敏性腸症候群は、病院で 消化器内科を受診する約半数が過敏性腸症候群だと言われていて、レントゲン、内視鏡、便の検査でも異常が発見されず、症状だけがずっと続くそうです。 スポンサーリンク 過敏性腸症候群は若いサラリーマンに多い 過敏性腸症候群は、近年では 若いサラリーマンに急激に増えているそうで、もともと胃腸が弱かった人が 社会人になることで、仕事上で強いストレスを受けると過敏性腸症候群の 症状が悪化する場合があるそうです。 また、 胃腸は精神的な影響を受けやすい臓器として有名で、下痢や腹痛などの症状は ストレスと深く関係し、過敏性腸症候群の代表的な症状だそうです。 過敏性腸症候群は精神科でカウンセリングを受けると良い 原因不明の下痢が毎日続く時は過敏性腸症候群の可能性があるので、まず、 精神科でカウンセリングを受けると良いそうです。 すると、下痢止めの薬や精神的な苦痛を和らげる抗うつ剤も処方してくれるので、そして何年間も下痢の症状で苦しんでいた人が、 精神的な薬を服用することで直ぐに治ってしまったケースも実際にあるそうです。 精神科のカウンセリングを受ける時の注意点 精神科のカウンセリングを受ける時に重要なことは、いかに細かく現在の自分の 生活状況や症状を伝えられるかどうかだそうです。 このことは今後の治療法に関わってくるので、 日頃の自分の食後の行動をメモしておくことが大事だそうです。 なので、食後の 喫煙本数や飲酒量、下痢が始まった時期、現在服用している市販薬などを持参するとカウンセリング時に役立つそうです。 過敏性腸症候群と上手に付き合う 過敏性腸症候群になりやすい人は、 真面目で神経質な性格の人が多いそうです。 なので、今から性格を変えるというのは、かなり困難なために、性格を変えるよりも自分の 精神をコントロールする方法を身に付けて過敏性腸症候群と上手に付き合う方が、結果的に症状の改善に繋がることが多いそうです。 まとめ 食後に毎日のように下痢が続く場合は、過敏性腸症候群の可能性があるようですね。 また、過敏性腸症候群は、病院の消化器内科で検査を受けても原因が発見されないので厄介な病気ですね。 なので、下痢が毎日続いて過敏性腸症候群が疑われる場合は、まず、精神科のカウンセリングを受けると、処方される精神薬で症状が直ぐに改善する場合もあるようなのでカウンセリングを受けることを考えた方が良いですね。 なので、毎日の自分の食後の喫煙本数や飲酒量、下痢の頻度をメモしておくとカウンセリング時に役立つようなので、メモをとることを心がけたいですね。

次の

【図解】腹痛で下痢に加えて血便が出た時に原因として考えられる病気は?

食後 下痢 腹痛

朝食後に下痢になる3つの原因 どうしても朝が弱く、朝食を摂ると下痢なってしまうタイプがいます。 朝食を食べないで仕事や学校に行く方も多いようですね。 過敏性腸症候群かも 胃に食べ物が入ると過剰に腸管が働いて、下痢になってしまうタイプがいます。 自律神経が不調になると、交感神経と副交感神経のバランスも崩れてしまいます。 なんとなくイライラする また交感神経や副交感神経にも、働く時間帯というものがありますので、 腸の活動サイクルと食事を摂るタイミングが会わなくて、下痢などを引き起こす場合もあります。 胆汁性下痢 icon-check-square-o 食後に決まって下痢になるもので「胆汁性下痢」というものがあります。 食事後30分~60分後に決まって下痢になってしまい、トイレに駆込むことになります。 食事をすると胆汁が分泌されますが、 その胆汁に反応して下痢になる体質の人がいるようです。 これも、体質なので自分ではコントロールが難しいようです。 icon-arrow-circle-o-right 朝食後の下痢を改善するには 食べ物で、腸が過剰に反応して下痢になってしまうタイプは、 冷たい飲み物・食物繊維の多いもの・刺激のあるものは控えましょう。 自律神経や体内時計のリズムがズレているタイプは、規則正しい食生活を心がけると良いですね。 時間を置いて、通勤通学の途中で軽く食べるもの1つの方法です。 胆汁性下痢はコルステロールを下げる薬で改善されることがあります。 まとめ 朝食後だけ下痢になって困るなら、朝食を食べないという方法もあります。 ただ、食べないと仕事や生活に支障が出る場合には、刺激の少ないものを食べましょう。 icon-arrow-circle-o-right.

次の