トミカ 50 周年。 新製品情報 2020年4月発売|トミカ|タカラトミー

トミカ トヨタGRスープラ トミカ50周年記念仕様 designed by Toyota

トミカ 50 周年

」はご覧になりましたか?面白かったですね~。 友達同士でやると、ドカーン、バカーンとクラッシュしながら追い抜くみたいなことが多発しますが、さすがレーサー。 ゲームですがクリーンなレースでしたね。 さて、話は前後しますが第3土曜日はトミカの日ということで、昼頃にトイザらスへ。 もちろんお目当ては、トヨタ GR スープラ トミカ50周年記念仕様designed by Toyotaです。 がよかったので、GRスープラも買わねば!と購入は決定事項。 さて、トイザらスに到着しまして新製品の並ぶカーゴに行きますと、なんと! トヨタ GR スープラ トミカ50周年記念仕様designed by Toyota は残り1台! ラス1をゲットです。 危ない所でした…ギリでしたがゲットできてヨカッタです。 トヨタ GR スープラ トミカ50周年記念仕様designed by Toyota ホワイトからブラックにドットグラフィックでグラデーションをかけるデザイン。 よく見るとドットではなくハミカムデザインでグラデーションが表現されていてグラデーションデザイン的には凝ってますね。 パッケージの説明にはヘキサゴングラフィックとあり、バンパーグリルのデザインと合わせたとのこと。 ハニカムデザインは数多く使われているいわば定番アイテム。 トヨタ GR スープラ・トミカ50周年記念仕様designed by Toyotaではハニカムをやや潰すことでデザイン的に違いを出していますね。 トミカ4D 03 ホンダ NSX ヌーベルブルー・パール こちらはドンキで手に入れましたトミカ4D。 お値段が600円以下になっていたのを、せっかくなので購入です。 やはり定価では値段がネックなのか、ドンキであんまり売れている感じがなかったトミカ4D。 いよいよ棚を開けるためか、ちょっと前からドンキで安売りされているのを見かけていましたが、減る様子がなく…かわいそうなので購入しました。 子供の喜ぶエンジン音が鳴るトミカ4D。 どのくらいリアルな音が出るのか?興味がありますね。 カーサンもおもしろそうとは思いましたが、価格がネックで手を出さずにいまして、でも600円ほどなら購入もアリ。 4Dというネーミングが果たして正解なのか?は分かりませんが、子供にもわかりやすい「サウンドトミカ」とかでよかった気も。 自分が子供だったら親に聞きますね「4Dってナニ?」って。 説明できませんね…。 息子大きくなっていてヨカッタ。 因みにドンキでは トヨタ GR スープラ・トミカ50周年記念仕様designed by Toyota が2台残ってました。

次の

タカラトミー「トヨタ GR スープラ トミカ50周年記念仕様 designed by Toyota」6月20日発売

トミカ 50 周年

「トミカ50周年自動車メーカーコラボプロジェクト」は、株式会社本田技術研究所、トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社の自動車メーカー3社にご協力いただき、普段は実車のデザインを担当している各社のデザイナーに「トミカ」のためだけの特別な50周年デザインを考えていただく夢の企画です。 「トミカ」の中でも人気で、子どもたちの憧れである各社のスポーツカーをベースに、それぞれの車両に合うデザインを各社の社内コンペで決定していただきました。 それぞれのデザインで装飾された実車両も様々なイベントで登場します。 「トミカ50周年自動車メーカーコラボプロジェクト」第1弾、「Honda シビック TYPE R トミカ50周年記念仕様 designed by Honda」が登場! サスペンション トミカその他 トミカがぐんぐんのぼってびゅんびゅん走る!トンネルいっぱいのドライブコース! 電動スロープをトミカが自動でのぼって、たくさんのトミカがドライブコースにびゅんびゅん走りまわります。 トミカが走るコースにはトンネルやカーブがいっぱい!迫力満点のドライブ遊びが楽しめます。 ふもと駐車場やみはらし台にたくさんのトミカを駐車可能です。 みはらし台のストップバーにトミカをたくさんためて頂上からいっせい発車遊びも楽しめます。 付属の接続どうろを使えば、別売りの「2スピードでコントロール!トミカアクション高速どうろ」とつなげて大きなドライブコースでトミカを走らせることができます。 トミカ絆合体 アースグランナー ・ガオグランナーレオとガオグランナーチータの2台ビークルを組み合わせることでアースグランナーレオチータ(ロボ)に変形合体可能! ・各関節部に可動ポイントを多く使用することで、アニメのシーンさながらのカッコいいポージングが楽しめる! ・コアグランナートミカシステム対応!コアグランナーレオトミカ(別売り)をガオグランナーレオ(ビークル状態)に組み込むとガオグランナー対応のサウンドが鳴り、アースグランナーレオチータ(ロボ状態)に組み込むとアースグランナーレオチータ対応サウンドが鳴るぞ! ・初回盤には初回特典として「コアグランナーレオトミカ アースホイール Ver. 」が付属します。

次の

「トミカ50周年記者発表会」の会場から ビジュアル17枚 【画像・写真】

トミカ 50 周年

1,000円(税抜)とトミカにしてはちょっとお高い価格設定のため、第1弾・第2弾と様子を見ていた「トミカ50周年ヒストリーセレクション」でしたが、ここにきて第3弾としてマツダRX-7が登場したことからついに手を伸ばしてみました。 トミカ生誕50周年の軌跡を辿り順次発売される書店オリジナル「トミカ50周年ヒストリーセレクション」の第1弾1970年代はトヨタ2000GT、第2弾1980年代は日産シルビアでしたが、第3弾1990年代ではマツダRX-7(FD3S型)が登場となりました。 しかも意表を突くパトカーでした。 かつてRX-7(FD3S型)を愛車としてたのでこの第3弾は気になりました。 () それで対象の書店に買いに行ってみました。 こちらの商業施設の中に対象の書店があった。 トミカなのに値が張る。 書店オリジナル商品ということでどんな豪華冊子が付いてるのかと思いきや・・ 表紙が見開きページになってるだけで大した読み物はありませんでした。 ただの箱同然。 マツダRX-7パトロールカー (1/59スケール) この商品で魅力があるのは実質ミニカーだけですね。 見た目の出来は良くカッコいいです。 ただ、後ろ側はまっくろくろすけでテールランプの塗り分けがされていないのはちょっと・・。 底面 1999年の通常トミカシリーズNO.94がベース車両。 トミカプレミアムでなく通常トミカなのに1,000円+税で総額1,100円はかなりお高い印象。 大枚を叩いて買ったので、その分はこのブログの出演でしっかり働いてもらいます。 ギミックはサスペンション機能と両側ドアが開くこと。 左右のドアに警視庁の文字。 リアハッチの上にも警視庁の文字。 トミカの他のパトロールカーと並べてみました。 ということで、トミカ50周年ヒストリーセレクション第3弾のマツダRX-7パトロールカーでした。 これが自身にとって初のRX-7(FD3S型)のトミカでした・・ と思ってたのですが。 で買った広島東洋カープとのコラボトミカがあったのを思い出す。 あのとき買って未開封のまま埋もれていましたね。 なのでこの機会に開封。 パトカーRX-7と広島カープRX-7を並べてみて。 どちらも奇をてらったものなので、こうなると通常ノーマルなRX-7トミカも欲しくなるところです。 ----------------------------------------- ミニカーばかりだとアレなので外食も。 久しぶりに台湾料理のお店を訪れました。 お店の裏手にある駐車場に停めたので地味な絵になります。 通常の麻婆豆腐もありますが、ここは勇気を出して敢えて四川の麻婆豆腐を選択しています。 四川伝統麻婆豆腐セット (メニュー写真とはイメージ異なりますが十分に許容範囲です) 定食じゃなくてセットなので汁物の代わりに台湾ラーメンでした。 白ご飯、サラダ、 漬物、あとおまけ的なお任せ一品はカリッとした揚げ春巻きの半カットでした。 そして、メインの四川伝統麻婆豆腐です。 想像してた赤色でなく黒色な全体像が不気味です。 液体は無く全て固形物。 特にどす黒い粉が固まったところが激辛そうで危険度が高い。 食べ始めるとやはり超激辛だったので額から目の下から首から汗が噴き出ました。 そのお陰でいつもならピリ辛なはずの台湾ラーメンがまるで清涼飲料水のように感じました。 四川伝統麻婆豆腐セット、最後までなんとか完食しています。

次の