ひとくち ルマンド。 【楽天市場】ブルボン ブルボン ひとくちルマンド(47g)

【ブルボン】ひとくちルマンドチョコを食べてみた

ひとくち ルマンド

そこで今回は、ブルボンから販売されている「ひとくちルマンド」(税込162円)をピックアップしました。 45周年を迎えたロングセラー商品「ルマンド」をひと口サイズで楽しめるお菓子です。 ネット上には「サクサク感がクセになる! ルマンド好きにはたまらないですね」「コンビニで見つけたら毎回購入してます」「手を汚さずに食べられるところが嬉しい」などのコメントが続出中。 袋にはチャックがついているので、カバンに入れて持ち運ぶこともできます。 袋を開けてみると、チョコレートの香りが鼻を抜けていきました。 表面には黒いチョコレートがコーティングされており、スイートな風味を存分に楽しめそう。 ちなみに1袋当たり47g入っていて、カロリーは245kcalほどです。 12粒ほど入っているため、小腹が空いた時に十分なボリューム感です。 サラサラとした手触りをしている同商品は、手を汚さずに口に運べますよ。 チョコレートは溶けないように見えますが、保存する場所の目安は28度以下。 スティックタイプのルマンドと同様に、何層にも重なったクレープ生地はソフトな食感です。 チョコレートの甘みが際立っているおかげで、練習の疲れも吹き飛ぶはず。 おやつの時間はいつもお世話になってます」といった声が寄せられていました。 ひと口でルマンドを味わえる同商品。

次の

ひとくちルマンド (チョコ)|楽天西友ネットスーパー

ひとくち ルマンド

菓子メーカー・ブルボン(新潟県柏崎市)は、ロングセラー菓子「ルマンド」をひと口サイズにした「ひとくちルマンド」を2019年10月1日に発売する。 従来品よりも密度を高めた生地を、チョコレートでコーティングしている。 「粉々に砕けにくくなっている」のが特徴だ。 「粉砕経験」が数多くツイートされていた 通常の「ルマンド」は薄い生地が何層にも重なったクレープクッキーをココアクリームでコーティングした商品だ。 非常に繊細なため、「気づいたら粉々になっていた」という経験がある人も多いだろう。 ツイッターで検索すると、「かばんの中でボロボロになってしまった」「ポッケに入れっぱなしにし、粉砕してしまった」といった体験談が数多くツイートされている。 「サクサクの食感たまらない」「粉砕してから食べるのが好き」という意見がある一方、「美味しいけどすぐ粉砕しちゃうから苦手」「ルマンドは袋の中での粉砕事故が多くてあんまり好きでない」との書き込みも少なくない。 取材に答えたブルボン総務推進部の担当者にも、消費者の不満は伝わっていた。 「ひとくちルマンド」はひと口で食べられる大きさにするのに加えて、ギュッとつまったクレープ生地を使い、従来品よりかみ応えのある仕上がりだ。 そのため、粉々に砕けにくくなっている、と説明した。 コーティングにチョコレートを使用することでカカオ感が増し、手にも付きにくくなっているとのことだ。 外部サイト.

次の

TOKYO FM ラジオ特番 中村倫也公開収録ご招待キャンペーン|ブルボン

ひとくち ルマンド

消費者の嗜好性や時代の変化に合わせ、ヒット商品を生み出すお菓子メーカー。 近年では、海外市場の開拓や、AI・IoTによる業務効率化などの取り組みも積極的だ。 実際の求人とともに、その動向に迫っていこう。 こうした中、各メーカーが活発化させるのが、「健康志向」「利便性」を打ち出した商品企画・マーケティングだ。 その一例とも言えるのが、2018年に発売されたポテトチップス「じゃがいも心地(湖池屋)」。 同商品がユニークなのは、「野菜として芋のおいしさを楽しめる食べ物」として打ち出した点だ。 通常のポテトチップスに比べ、芋を倍近くの厚さにスライス。 従来の「油であげたお菓子」というイメージからの転換を狙い、商品名の上に「1枚1枚、野菜の味が濃い。 」と表記した。 その結果、とくにポテトチップスを敬遠しだす40代~50代からも支持を獲得。 売れ行きは当初予算の2. また、「利便性」で言えば、ビスケットやスナック、ガム、キャンディーなどで100円台で購入できる「食べきりサイズ」などが次々登場する動きも。 たとえば、2019年3月には森永製菓が『ハイチュウミニ』に、新しい包装形態「小袋リクローズパウチ」を追加した。 開け閉めが簡単で持ち運びが便利な特性を活かし、コンビニを中心に需要を拡大する。 さらにおもしろいのが、ブルボンの取り組み。 2019年10月には、ロングセラー商品「ルマンド」を一口サイズにした「ひとくちルマンド」を発売。 「手軽に食べられる」という付加価値を持たせることで、従来サイズと比べ高単価で展開する戦略を実現させている。 たとえば、ロッテでは工場の「スマート化」を推進する。 『雪見だいふく』生産ラインでは、人の手で調整してきた機械をデータ化技術でカバーし、さらなる「品質の安定化(不良品の抑制)」を図る。 「予知・予兆管理」機能を生かし、「止まらないライン」「不良品を作らないライン」などを作り上げ、故障や不良品をゼロに近づけていく方針だ。 さらにスタートアップなどとの連携も活発だ。 ブルボンで言えば、人工知能スタートアップの「シナモン」と提携。 全国の卸売業者・小売店によるFAX注文書を電子データ化、業務効率化の取り組みをスタートさせた。 その他の業務においても、AIの活用で効率化を進めていく計画だ。 また各メーカーが海外進出を強化する動きも。 今後の展開にも注目だ。

次の