卒業 研究 テーマ。 面接で卒論のテーマを聞かれた時に上手く答える3つの方法

卒論テーマの参考例はこちら。学部ごとの論文参考例PDFをまとめました

卒業 研究 テーマ

卒論のテーマが決まらない……! 大学生活において、1番の難関とも言えるのが卒業論文。 無事、就職の内定はもらえたものの卒論だけが間に合わずに留年……なんてことになったら、すべてが水の泡になってしまうかもしれません。 「卒論のテーマが決まらない」「そもそも、卒論のテーマってどうやって見つければいいのかわからない」などと悩みを抱えている学生が多いのではないでしょうか?そこで今回は、卒論のテーマを選ぶ方法や卒論を書くときのポイントについてお話しします。 卒論のテーマを決める時期はいつ? 卒論とは、最終学年の大学生が「卒業研究の成果として提出する論文」のこと。 一般的には約1年がかりで、テーマ決めから情報収集、執筆、添削、発表をおこないます。 卒論を期限までに提出できなかったり、教授から合格をもらえなかったりすると卒業できなくなる可能性も……。 そうなったらもう就活どころの騒ぎではなくなってしまいます。 余裕を持って大学3年生の1月には卒論の構成を練っておき、翌2月から取り掛かるのがベストです。 提出期限より早く書き終えた場合、その分添削にじっくり時間をかけて内容を見直しする時間を作れるので、よりクオリティの高いものを作ることができます。 卒論のテーマが決まらないのはなぜ? 大学を卒業するための最後の試練である卒論。 テーマが決まらなければ、書きようがありません。 普段生活をするなかで「なぜなんだろう?」「どうしてなんだろう?」と常に疑問を持つようにすると、テーマを見つけやすくなります。 ただ、自分が全く興味を持てない分野に課題を設定してしまうと、執筆スピードが下がるほか、論文そのもののクオリティの低下につながってしまことも。 卒論テーマを見つける6つの方法 多くの学生が足踏みをしてしまう、卒論テーマの見つけ方についてお教えします。 意外と自分の身近にヒントが転がっているものですよ。 自分の興味・関心のある事柄 何と言っても1番は、自分がもっとも興味を持てる分野をテーマに設定すること。 音楽、映画、恋愛、旅行などまず大きなテーマを決めてから細かく分解していきます。 具体的には、恋愛であれば「大学生カップルに1番人気のデートコースはどこか」や「どうして人は異性に魅かれるのか?」など、調査が可能なものをいくつか書き出してみましょう。 ノートや教科書を見直す 講義やセミナーのときに使っていたノートや教科書を読み返す、というのも意外とテーマ決めのヒントになります。 講義の際に教員が何気なく言った言葉をメモしてあったり、マーカーを引いてあったりする部分などは卒論のテーマになる可能性があります。 図書館や本屋で本を読み漁る 大学の図書館や本屋に行って、本を読み漁るというややストイックな方法です。 気になった本の目次を見て、興味が持てそうであれば読んでみる、ということを繰り返してみてください。 自分が専攻していないジャンルに興味を持てることは意外とあるので、テーマ決めに役立ちますよ。 「」を活用する 「(サイニィ)」とは、論文、図書・雑誌などの学術情報を検索できるデータベースサービス。 定額サービスを契約している大学もあり、学内であれば誰でも利用することができるので、ネットを使って簡単に卒論のテーマを探すことができます。 また、「CiNii Articles(サイニーアーティクルス)」では、利用登録なしで論文検索をできるので、オススメです。 教員に相談する 上でお話した手順を踏んでも、どうしても卒論テーマが決まらない場合は、思い切って教員に相談をしてみましょう。 時事ネタにスポットを当てる 卒論テーマにできることは日常に転がっています。 テレビ番組やネットニュース、新聞などをこまめにチェックして、話題性のあるものにスポットを当てるというのもアリです。 ここで注意したいのが、記事そのものをテーマに取り上げるのではなくその内容をさらに深掘りしてみる、ということ。 「これについて調べたら面白いのでは?」「これはなぜこうなんだろう?」と突き詰めて考えることで、あなただけにしか書けない論文になります。 卒論を書くときのポイント 大きなテーマが決まったら今度は、実際に卒論の執筆に取り掛かりましょう。 「考える」ということを「考える」 なぜそのテーマにしたのか、何のためにそれを書くのかについて考えることを「考える」というのがとても大切です。 どういうことなのかと言うと、自分の心や頭の中にある疑問を一度整理し、それに対して自分なりの解答を出すということです。 具体的には、似ているものと比較してどうだろうか、課題の目的に合致しているのだろうか、そもそもこれは必要なことなのだろうかなど、考える力があれば自ずと問題解決の糸口が見つかります。 着地点がわかっていれば、起承転結のある滑らかな卒論を書けるようになるのです。 同じ内容の論文がないか確認する 決めた論文テーマと似た内容のものがないか、一度確認をしましょう。 せっかく一生懸命かいた論文が実は、すでに書かれていた内容だった、となった場合はオリジナルではなくなってしまうからです。 一度、テーマに至った背景を整理する テーマが決まったら、そのテーマに至った動機や背景を振り返りましょう。 人が何か新しいことに取り組むとき、そこには必ず理由が存在します。 何でも構わないので、テーマの背景を一度整理しておきましょう。 問題を提示する 取り上げた問題に対して、あなたがどのような手段で、 どのようにして問題を解決していくのか端的に説明します。 これにより、論文全体にリズム感が生まれてより読みやすい文章になります。 ちなみに、図や表などを使うと内容を視覚的に表現することができるので、自分の頭の中も整理しやすくなりますよ。 問題に対してのアプローチ方法 問題を解決するためのアプローチ方法について、客観的な評価や考察も入れましょう。 自分と似た内容の研究と比べてみて、どのような違いがあるのか、具体的な解決方法などについても予めまとめておきましょう。 また、プラスな面だけではなく、調べていくなかで新たに気づいた問題点にも触れると、より信憑性のある卒論に仕上がります。 さらになぜ新たな疑問や問題が生まれたのか、解決するためには一体どうすれば良いかなども一緒にまとめておくとなお良しです。 卒論が完成したら必ず添削してもらおう 卒論を書き上げたらそこで終わりではありません。 もっとも重要とも言えるのが、添削です。 添削に1ヶ月以上もの時間を費やす人もいて、そこまでやる必要あるの?と思うかもしれませんが、この添削こそが本番と言ってもいいほど。 どれだけ一生懸命書いたものでも、読み返してみると「話が趣旨から逸れている……」「リズムが悪くて読みづらい」という箇所があとから結構出てくるものです。 教授や先生をつかまえて添削の依頼をしたり、添削サービスを使ったりして、ブラッシュアップしていきましょう。 卒論代行がバレたらどうなる? 卒論代行といって、業者が代わりに卒論を書いてくれるサービスというのも実はあります。 しかし、卒論の提出が間に合わないからと言って卒論代行を利用するのだけは、絶対にやめましょう。 研究室の教授は、学生の性格や文章力について、事前によく理解しているので、簡単にバレてしまいます。 もしバレてしまうと、最悪の場合は卒論が無効になり留年、もしくは休学処分になる可能性があるようです。 大学や教授の方針によって処分はさまざまですが、厳重注意されることは間違いありません。 卒論の提出期限を逆算し、それに間に合うように自分できちんとスケジュールを立てながら進めましょう。 卒論は就職後にどう役立つ? 多くの学生が苦戦を強いられる卒論は、社会に出たあとにとても役に立ちます。 たとえば、上司から「これちょっとやっておいてー」とふわっと仕事を依頼されたとき。 自分でテーマを決めて問題提起しながら、解決のためのアプローチ方法を考えることができます。 もちろん、わからない部分については上司への確認が必要になりますが、ある程度自分で意思決定をしながら自分の力で仕事を進められるようになるのです。 成長スピードが高いスタートアップやベンチャー企業に就職した場合は特に、こうした自走力のある人材が即戦力となります。 卒論を書くことは自分自身の成長につながる 卒論は、大学生活を締めくくるうえで、決して避けて通ることはできません。 なんとか書き上げたけれども添削が間に合わず、提出できなくて留年……。 なんてことにならないように、大学3年生の1月頃から余裕を持ってはじめましょう。 テーマ決めや構成に頭を抱えることも有るかもしれません。 しかし、そのときの苦労はきっと、社会に出てからあなたの強みとなり糧になるはずです。 【編集:岡冨 りさ】.

次の

卒業研究テーマ(栄養学科)/千葉県立保健医療大学

卒業 研究 テーマ

卒論テーマを決める時期に差し掛かっている大学生の中で、卒論テーマがなかなか決まらないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?卒論テーマが決まらないと残りの大学生活の勉強が始まりませんから、早く決めちゃいたいですよね。 ではなぜあなたは卒論テーマが決まらないのでしょうか。 卒論テーマ 卒業論文・卒業研究 がなかなか決まらないのにはいくつか理由がありますが、代表的な2つの理由をご紹介します。 まず1つ目はやりたいことが分からないからです。 卒論テーマは自分のやりたいことや興味のあることを選ぶのが無難です。 しかし、自分が一体何をやりたいのか分からない人はなかなか卒論テーマ 卒業論文・卒業研究 を決めるのに困ってしまうのです。 実は筆者もこの決め方で卒論テーマを決定しました。 卒業論文は膨大な時間と労力が必要となりますから、自分が好きな事である必要があります。 例えば好きな映画や食べ物でもいいのです。 そこから、自分の専攻している分野と絡ませればいいのですからまずは自分の好きな事を見つけましょう。 そうしてそこから派生させて決める決め方がおすすめです。 今までの大学生活で恐らくたくさんのことを学んだはずです。 教科書やノート、レジュメなどが残してあるなら、もう一度それらを見返してみましょう。 特に1、2年次は様々なジャンルの教科を学ぶことによって好きな分野を学生に見つけさせようとする大学が多いかと思います。 2年次のノートが残っていればよく見返してみると良いでしょう。 きっとあなたの興味のあるジャンルや好きな分野が発見できるはずです。 そこから自分の卒論テーマを決める決め方をしましょう。 とはいっても勉強のやる気ってなかなか出ませんよね…。 以下の記事では勉強のやる気を出すために効果的な方法を紹介しています。 是非参考にしてみてください! 卒論は、4年次の時間をほぼ使用して研究・執筆に取り組みます。 やはり、やりやすい卒論テーマを決められるなら決めたいですよね!続いてはやりやすい卒論テーマ 卒業論文・卒業研究 を5つご紹介致します。 是非参考にしてみて下さい。 まず最初にご紹介する、やりやすい卒論テーマは歴史的なネタです。 基本的に文学や科学など、どんなジャンルでも歴史は存在します。 しかも歴史的なネタはやりやすい卒論テーマですし、多くの人がすでに研究しています。 先に先行研究をしている人が多くいると、様々な文献を読むことができるので、自分の知識や理解の幅が広がり、自分なりの考えも持ちやすく比較的論文が書きやすくなります。 これは先ほど述べたように、そのテーマを研究している学者や教授が多いとたくさんの先行研究に触れることができ、知識を深め自分自身の考えを広げることに役立つという理由もありますが、他の部分でもやりやすいです。 卒業論文はだいたいゼミの管轄で研究する事が多いですよね。 周りの同級生の中で自分と同じ卒論テーマの人がいると、自然とお互いに対抗心が生まれてよりよいものを生み出せるようになります。 ゼミでは中間報告など自分の研究を発表する機会もあるでしょうからそこで同じテーマの人の研究に触れるとやりやすくなります。 卒業論文を書く際に必要な物は膨大な資料です。 自分の考えの参考のために資料を使用する事もありますが、卒業論文内でも資料や文献を引用する場面が増えますよね。 そんな時に文献が多い卒論テーマだと苦労しません。 文献が多くてメジャーな卒論テーマ(卒業論文・卒業研究)ではつまらないと考える方も多いかもしれませんが、あまりにもマニアックな卒論テーマ(卒業論文・卒業研究)を選んでしまい、参考になる資料や文献、引用したい資料や文献が無いと非常に困ってしまいます。 ですから文献が比較的多いテーマを選ぶとやりやすいです。 ゼミを選択する際、だいたいは教授の専門分野で選びますよね。 ちなみに筆者は日本文学科だったのですが、近代文学に興味があったので近代文学専門のゼミを選択しました。 卒論テーマの決め方に困ったり悩んだ場合は、その教授の知識は深いものがいいです 筆者は学生時代近代文学のゼミを選択しましたが、近代文学専門の教授は何人かいました。 そんな中で興味のあった作家の専門的な研究をする教授がいるゼミを選択しました。 その結果研究に行き詰った時や困った時は教授が手を差し伸べてくれたり、質問するとすぐに答えが返ってきたりと非常に助かりました! 大学生活に欠かせなくなってくるゼミ、思えば大学生は人生で一番自由で時間のある時期かもしれませんね。 以下の記事では大学生あるあるを30個まとめてみました!読むだけでも面白いので是非見てみてくださいね。

次の

滋賀県立大学/卒業研究テーマ

卒業 研究 テーマ

卒業研究・テーマ一覧 [] [] [] [] [][] [] 卒業研究の進め方 テーマ決め• 背景と問題点• 何をどう解決すれば良いのか• 本研究では何をするのか• どういうシステムを設計したか• どういう評価をやって,何を主張できるか 研究ノート• 書かないと死にます!• ポイント1:何でも書く.自明(分かってること)でも書く• ポイント2:スケジュールを書く(今週の予定,来週の予定)• ポイント3:先生にみせる 研究報告• 2週間に1度、ゼミメンバーの前で報告• 報告書A4用紙1枚以上で作成すること• 座長はゼミメンバーで持ち回り• 報告内容(以下の内容は必ず含めること)• 実施予定していたこと• 実施したこと• 次回までに行うこと 卒業論文関連 2017年度卒業生• NFCを用いたデータ参照およびWi-Fiペアリングアプリの開発• Androidを用いた運転手支援アプリの開発• 透過型スマートグラスを用いた情報提示システム• AIによる記事分類アプリ• 沖縄のランニングアプリ• ゲーム性と実用性を持った英語学習アプリ• 生活習慣改善のための運動意欲向上サポートシステム• Micro:bitと気象観測キットを用いた天候センシングシステムの構築• APIを利用したロボットとの双方向コミュニケーション• Javaによるゲーム制作• 臨場感・存在感の向上を目指したVRアバターシステムの構築• 台湾人向け沖縄料理メニュー紹介アプリ 2016年度卒業生• LeapMotionを利用した指文字学習支援• ScratchとMinecraftを用いたプログラミング学習支援システムの構築• 健康促進のための万歩計型育成ゲームアプリ• Unlimited Handを用いた練習用三線システムの構築• 拡張現実と擬似触覚を用いた直感的にモデリング可能なシステムの構築• ライブイベントを楽しむための情報提供アプリの開発• 沖縄県におけるストリートダンサーの活動支援及びイベント等情報発信サイトの開発• 勤務シフト作成支援ウェブアプリケーションの構築• jQueryを使ったCSSアニメーション制作ウェブシステムの開発• Raspberry Piを用いた自動撮影システムの構築• LeapMotionを用いたジェスチャによる家電制御• iBeaconを利用した運動支援ゲーム• Raspberry Pi を用いた家電の自動操作• ゲーミフィケーションを取り入れた数学学習アプリ 2015年度卒業生• 要約筆記を自動で行うシステムの開発• Leap MotionとOculus Riftを用いた臨場感溢れるストレス発散ゲームの提案• HMDとARを用いた情報提示システム• Live2Dを使ったキャラクターとのコミュニケーション• Raspberry piを使用するカメラ付きインターホンシステムの構築• Unityを用いた3Dゲームの制作• Leap Motionを用いた音楽再生ソフトの制御• Leap Motionを用いたAR塗り絵• ARを用いた情報提示システムについての研究• 地上走行体と飛行ロボットの協調動作 2014年度卒業生• Unityによる楽しく学べる「防災学習クイズアプリ」• Unityを利用したLeap Motionの入力デバイスとしての機能拡張• Kinectを用いた売り場改善支援システム• Arduinoと三軸加速度角速度センサを用いた簡易アライメント測定システムの構築• Leap Motion による飛行ロボットの制御• 画像合成を用いた顧客にあわせたデジタルサイネージ• カメラ搭載ロボットの遠隔操作システムの構築• XBeeを用いた環境モニタリングシステム• 写真やイラストからのピクチャーロジックの自動生成について• Raspberry Pi を用いた映像監視システムの構築• 画像処理による鋳造部品の欠陥部分検出• Unityを使用した3Dゲームの作成• Unityによるオリジナル3Dゲームの構築• 利用環境を限定した複数台の自律型ロボットの協調動作 2013年度卒業生• VRにおける錯覚を利用した臨場感向上システム• 地上走行型自律ロボットを用いた実走記録による環境マップ自動生成システムの構築• ジェスチャ操作による飛行ロボットの操作システム• レスキューロボット制御システムの構築• カメラの映像からの道路標識自動認識システム• AndroidとArduinoを用いた音声認識による家電制御• 防犯カメラによる異常行動の検知 学外発表 学生• 247-248(2017)【優秀発表賞(口頭発表)】• 249-250(2017)• 69(2017)• 70(2017)• 71(2017)• 36(2016)• 37(2016)• 44(2016)• 173-174(2016)• 175-176(2016)• 177-178(2016)• 47-48(2013)•

次の