福井 新聞 マスク。 新型コロナ:福井県、全戸にマスク購入券配布 100枚まで :日本経済新聞

新型コロナ:福井県、全戸にマスク購入券配布 100枚まで :日本経済新聞

福井 新聞 マスク

新型コロナウイルス感染拡大でマスク需要が高まる中、シルク(絹)専門の繊維産元商社の荒井(本社福井県福井市文京1丁目)は、福井県内の絹織物製造業者らと協力し「洗えるシルクマスク」を開発、4月30日から同社のオンラインショップで販売を始める。 福井産地伝統の「羽二重」織物を使い、肌に優しいのが特徴。 新型コロナの影響で、一般的な不織布のマスクを長時間着用することが増え、肌荒れに悩む人が出てきているという。 消費者やメーカーから天然素材のシルク製マスクを求める声があり、絹織物製造の山直織物(同県鯖江市)、浴衣帯製造の小杉織物(同県坂井市)とシルク生地の改良を重ねて開発した。 マスクは横17・5センチ、縦15センチ。 表地は山直織物が担当し、水でぬらして織る伝統の「ぬれよこ」技法を使った羽二重で、洗濯してもマスクの形状をしっかりと保つ。 裏地のシルク生地は小杉織物が担い、ガーゼのように通気性が良い二重織「風通織り(ふうつうおり)」で仕上げた。 高密度フィルターやノーズワイヤも入っている。 1枚1800円(税別)。 まず約5千枚を製造する。 売上金の一部は新型コロナ感染者の治療に当たっている県内医療機関への支援金として寄付する方針。 荒井の荒井章宏社長は「福井の伝統技術とシルクならではの特徴を組み合わせて、肌触りの良い、洗って使えるマスクに仕上がった。 今後はシーズンごとに違った風合いのマスクを製造するなどしていきたい」と話している。 購入は同社のオンラインショップで。

次の

福井では「利益ゼロ」でマスク販売 奮闘する地元密着企業の底力(マネーポストWEB)

福井 新聞 マスク

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で市販のマスクが不足する中、福井県内の生地小売店には家族や友人にマスクを作ろうと、材料を買い求める人が続々と訪れている。 「立体型は着けていても話しがしやすく、縫う部分が少なくて簡単」と話すのは、舞台衣装などを手掛ける福井市の「福洋」。 今回、福井新聞に作り方の説明書や型紙(大人、こども用)を提供してくれた。 ダウンロードは【】から。 新型コロナウイルスの感染が広がるにつれて手作りする人が増え、生地を購入した客に型紙を渡したり、縫い方を教えたりしている。 村北清美店長(55)は、手軽に作りたいなら「折り畳み型がお勧め」。 横長の生地を上下から中央に合わせるように折り、さらに左右から三つ折りにしたら完成だ。 ゴムは三つ折り前に通せば縫わずに使えるが「動くと布がずれる。 両端から1・5センチの部分を縦に縫うと良い」とアドバイスする。 スタッフに人気なのは立体型。 扇形の生地を4枚用意し、表用2枚、裏用2枚を縫い合わせていく。 曲線の部分は外周と内周の差が出るため、縫い目の外側の生地に切れ目を数カ所入れておくと厚くなりにくいという。 プリーツ型はなじみのある形だが、縫う箇所が多く難易度は高めという。

次の

布マスク作るなら「立体型」が簡単 福井の生地小売店がアドバイス(福井新聞ONLINE)

福井 新聞 マスク

新型コロナウイルスの影響によるマスク不足を受け、福井県は19日、県内全約29万世帯にマスク購入券を配布すると発表した。 業者の協力を得て県がマスクを確保し、住民は県内のドラッグストア「ゲンキー」(本社・同県坂井市)に購入券を持参すれば、50枚入り1箱(税込み2350円)を2箱まで買える。 購入券は23日から郵送を始める。 県はマスクの輸入などを手掛ける2社の協力を得て、中国製の不織布(ふしょくふ)マスク約30万箱を確保した。 県内全17市町にあるゲンキー64店舗で24日から販売する。 購入券の利用期間は5月10日まで。 1枚あたりの価格は47円で平常時よりも高いが、ネット通販などでの時価よりは安いという。 県の担当者は「マスクが買い占められず、少しでも多くの県民の手に渡るよう、購入券によるあっせんとした。 安心して買える数量を確保したので、慌てず冷静に行動してほしい」と呼びかけている。 県は23日から、購入券についての問い合わせ先「マスクプロジェクトセンター」(0776・20・0749、午前9時~午後5時)を設ける。 (佐藤孝之).

次の