ドラクエ スーパー ライト ジェマ。 ‎「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」をApp Storeで

「DQM スーパーライト」,地図ふくびきスーパーに新モンスター「ジェマ」が登場。「魔童子ピックアップフェス」も開催

ドラクエ スーパー ライト ジェマ

スポンサードリンク DQMSLをスタートして、まず悩むのがジェムの使い道。 プレイ開始当初は、様々なボーナスで数百~数千ジェムを手に入れられるものの、 ・牧場、預かり所の拡大 ・ふくびきスーパー ・僧侶(全滅からの復活) などを利用していくウチに、当然ながら底を尽き始めてしまいます。。。 課金する余裕あるプレーヤーなら、ちまちま数百ジェムを集める事も無いのでしょうが、我々無課金(微課金)ユーザーにとっては、わずか100ジェムも有り難い報酬。 そんなジェムをコツコツ、といわず、一気に1000,2000と集められるのが 「魔限の大穴」となります。 特に、序盤のレベル上げに適している、カルマン洞窟、死者の渓谷あたりを周回してきたプレーヤーは多数いることでしょう。 ですが、これらでLVを一定まで上げてしまうと、それ以降は ・メタ狩り ・期間限定クエスト ・特別クエスト へと進んでしまい、通常クエストを放置するプレーヤーも多い様子。 ところが、この通常クエストも、各ステージを制覇する毎に100ジェムの報酬が得られます。 そして、これら全15の通常クエストをクリアすると、「魔限の大穴」を越えた先の世界(通称裏クエスト)に向かうことが出来るのです。 この、魔限の大穴以降に待ち受けているクエストですが・・・ ジェムの報酬が、かなりアップします。 例えば、こちら スポンサードリンク 通常クエスト内に出現する、強敵モンスターまで撃破するだけのミッションだというのに、その報酬は300ジェム! こんな高報酬を貰えるクエストがゴロゴロしている = 魔限の大穴 なんですね。 もちろん、これらはミッション報酬となる為、獲得出来るのは最初の一度のみとなります。 ですが、ミッション報酬での300ジェム、各地方全クリ報酬での100ジェムを併せれば400ジェム。 更には、それらが現在(2015年10月時点)までで、9エリアが開放されているので、2000~3000程のジェムが回収出来ます。 中には、かなりの苦戦を強いられるクエストもありますが(赤のほこら4Fとか、通常クエストとは思えない難易度でした・・・汗) 基本的には、各カーニバルの地獄級や、究極転生の道にチャレンジ出来るレベルに到達していれば、十分クリア可能な難易度となります。

次の

ドラクエ スーパーライト(DQMSL)のアカウントデータ、RMTの販売・買取一覧

ドラクエ スーパー ライト ジェマ

ドラクエモンスターズスーパーライトの地図ふくびきスーパーを引いたり、モンスター牧場を広げたりするのにジェムを必要としますよね。 このジェムはたくさんあればあるほどいいものなので、本記事でジェムを手に入れる方法を紹介しますね。 新しいクエストが解放されて手に入れる 通常のクエストでは、1つのクエストごとに、何個かのダンジョンが用意されていますよね。 このダンジョンをすべてクリアすると、新しいクエストが解放されて、その報酬としてジェムを100個を手に入れることができます。 ミッションをクリアして手に入れる 1つのダンジョンごとに、ミッションが2つすべてに用意されています。 このミッションをクリアしたときの報酬にジェム100個が用意されているダンジョンがあるんですね。 簡単なものから、ちょっと難しいものまでありますので、もし、ミッションクリアができないときには、とりあえず後回しにしておいて、後からクリアしましょう。 なお、ミッションクリアの報酬には、ジェム以外にメタルスライムを入手できるなど違う報酬もありますよ^^ ログインボーナスで手に入れる ドラクエモンスターズスーパーライトにログインすることで獲得することのできるログインボーナスの報酬にジェムがあります。 ログイン日数の合計で手に入れることのできる通算ログインボーナスに、連続してログインした日数によって手に入れることのできる連続ログインボーナスと2つの種類があります。 どちらもジェムが報酬としてありますので、毎日1回はログインすることをおすすめです!! 闘技場で手に入れる まず、闘技場で友達と対戦すると、1日1回ジェム30個を貰うことができ、それが10日分まであるので、全部でジェム300個手に入るということです。 また、初対戦を1回行うことでもジェム30個手に入って、それも10人分までもらえるため全部でジェム300個手に入れることができるんです。 なお、上記を全部達成するとボーナスでさらにジェム300個を貰えるので、全部900個もジェムを手に入れることが闘技場のともだち対戦でできます。 これだけでもうれしいのですが、闘技場のリーグバトルでも報酬としてジェムを手に入れることができるんですね^^ それは、1日1回参加するだけでジェム30個を参加報酬で貰えます。 また、闘技場の階級が昇格すると1度だけですが、ジェムを貰うことが可能です。 上位の階級になれば、それだけジェムを多く貰うことができます。 この報酬にジェムがありますので、ジェムを集めているなら友達をどんどん招待しましょう。 ただし、30人までの人数制限があって、5人目、10人目のように5の倍数のときしかジェムを受けとることができませんので、闇雲に招待してもジェムは手に入りません。 ログインボーナスのときと同じタイミングなので、まず忘れるということはないとは思いますが、一応注意して手紙を拝見してましょう。 購入して手に入れる ジェムは実際のお金を課金することで購入することが可能です。 一気にたくさんのジェムを手に入れることができるのですが、お金がかかってしまうので無課金でゲームをしたいって人には向いていない方法ですね(汗) 長くなりましたが、以上のような方法でジェムを手に入れることができます。 お金を使わずに手に入れる場合、おすすめとなるのが、毎日のログインボーナスと、闘技場の参加報酬です。 どちらも数は多くないですが、簡単に手に入れることができることが最大のメリットです。

次の

ドラクエの日記念キャンペーン開催!!

ドラクエ スーパー ライト ジェマ

ドラクエモンスターズスーパーライトの地図ふくびきスーパーを引いたり、モンスター牧場を広げたりするのにジェムを必要としますよね。 このジェムはたくさんあればあるほどいいものなので、本記事でジェムを手に入れる方法を紹介しますね。 新しいクエストが解放されて手に入れる 通常のクエストでは、1つのクエストごとに、何個かのダンジョンが用意されていますよね。 このダンジョンをすべてクリアすると、新しいクエストが解放されて、その報酬としてジェムを100個を手に入れることができます。 ミッションをクリアして手に入れる 1つのダンジョンごとに、ミッションが2つすべてに用意されています。 このミッションをクリアしたときの報酬にジェム100個が用意されているダンジョンがあるんですね。 簡単なものから、ちょっと難しいものまでありますので、もし、ミッションクリアができないときには、とりあえず後回しにしておいて、後からクリアしましょう。 なお、ミッションクリアの報酬には、ジェム以外にメタルスライムを入手できるなど違う報酬もありますよ^^ ログインボーナスで手に入れる ドラクエモンスターズスーパーライトにログインすることで獲得することのできるログインボーナスの報酬にジェムがあります。 ログイン日数の合計で手に入れることのできる通算ログインボーナスに、連続してログインした日数によって手に入れることのできる連続ログインボーナスと2つの種類があります。 どちらもジェムが報酬としてありますので、毎日1回はログインすることをおすすめです!! 闘技場で手に入れる まず、闘技場で友達と対戦すると、1日1回ジェム30個を貰うことができ、それが10日分まであるので、全部でジェム300個手に入るということです。 また、初対戦を1回行うことでもジェム30個手に入って、それも10人分までもらえるため全部でジェム300個手に入れることができるんです。 なお、上記を全部達成するとボーナスでさらにジェム300個を貰えるので、全部900個もジェムを手に入れることが闘技場のともだち対戦でできます。 これだけでもうれしいのですが、闘技場のリーグバトルでも報酬としてジェムを手に入れることができるんですね^^ それは、1日1回参加するだけでジェム30個を参加報酬で貰えます。 また、闘技場の階級が昇格すると1度だけですが、ジェムを貰うことが可能です。 上位の階級になれば、それだけジェムを多く貰うことができます。 この報酬にジェムがありますので、ジェムを集めているなら友達をどんどん招待しましょう。 ただし、30人までの人数制限があって、5人目、10人目のように5の倍数のときしかジェムを受けとることができませんので、闇雲に招待してもジェムは手に入りません。 ログインボーナスのときと同じタイミングなので、まず忘れるということはないとは思いますが、一応注意して手紙を拝見してましょう。 購入して手に入れる ジェムは実際のお金を課金することで購入することが可能です。 一気にたくさんのジェムを手に入れることができるのですが、お金がかかってしまうので無課金でゲームをしたいって人には向いていない方法ですね(汗) 長くなりましたが、以上のような方法でジェムを手に入れることができます。 お金を使わずに手に入れる場合、おすすめとなるのが、毎日のログインボーナスと、闘技場の参加報酬です。 どちらも数は多くないですが、簡単に手に入れることができることが最大のメリットです。

次の