ソフトバンク sim ロック 解除 方法。 ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除

ソフトバンクでiPhoneをSIMロック解除する手順と注意点

ソフトバンク sim ロック 解除 方法

キャリアの端末にはSIMロックが掛かっているというのはご存知の方も多いと思います。 端末を購入したキャリア内で使う分にはSIMロックが掛かっていても不都合は基本的には生じません。 しかし、別のキャリアや格安スマホといった乗り換え(MNP)を検討した時、このSIMロックが問題になるのです。 ソフトバンクのSIMロック解除に関しての話題としては2019年10月の改正電気通信事業法の施行の絡みで、ソフトバンクの端末購入サポートの「半額サポートプラス (2019年10月10日からは「トクするサポート」に名称変更)」が2019年9月から新たに始まりましたが、そこでソフトバンクのSIMロック解除に関する問題・SIMロック解除条件の緩和などの動きがありました。 今回は、ソフトバンクのSIMロックを解除する方法を具体的に解説したいと思います。 「SIMフリー端末」とは? 先に出てきた「SIMフリー端末」という言葉、SIMロックと同じくらいに出てくる単語でもあります。 SIMフリー端末というのは、通信規格や周波数が対応していれば、世界中どの国のSIMカードを入れても音声通話やデータ通信が使える端末のことです。 海外旅行や出張によく行く方にとっては、SIMフリー端末は無くてはならない存在です。 ところで、SIMカードとはどのようなチップなのでしょうか? 前項で、スマホというのは機種が同じであれば中身も基本的には同じという話をしました。 自分のスマホと他人のスマホの区別を付けるために、SIMカードがあるのです。 SIMカードには電話番号や通信事業者との契約に関する情報が記録されているので、スマホにはSIMカードを入れて初めて自分のスマホということになります。 SIMロックとは? さて、スマホにSIMロックが掛かっているとどうなるのでしょうか? 他社のSIMカードを入れて使えないということは、 他のキャリアや格安スマホに乗り換える際にその端末を使い回せないということです。 つまり、SIMロックというのは実質的にユーザーの他社への流出を阻止するためのものといえます。 2010年以降、総務省はSIMロックがスマホユーザーの流動性を失わせ、そのことがキャリアの料金が高止まりしている要因としてキャリア各社へ解除を促すようになりました。 その結果として、 2015年5月以降にキャリアから発売されたスマホは基本的に全てSIMロックが解除できるようになった、という経緯があります。 海外で現地のSIMカードを入れて使うことができない• 他のキャリアに端末を持ち込んで使うことができない• 格安スマホの乗り換え先がソフトバンク系の回線に限られてしまう 特に、3つめの格安スマホの乗り換え先が限定されてしまうのは大きな問題です。 格安スマホにはドコモ系、au系、ソフトバンク系の3タイプの事業者があります。 現在、ソフトバンク系の事業者は限られる程度しかありませんので、ドコモやauのユーザーと比べて選択肢がかなり少なくなってしまいます。 分割払いでも100日以内のSIMロック解除する方法(ソフトバンク回線契約をしていない場合のみ) 2019年10月1日から条件緩和で適用になった条件で、 ソフトバンクの回線なしでスマホ端末のみを購入、およびソフトバンク回線解約済の人のみが適用対象になりますが、 クレジットカードの支払いで端末を購入した場合には100日以内でもソフトバンクショップのみですが、即日のSIMロック解除の手続きが可能です。 ただし、 ソフトバンクショップでSIMロック解除の手続きには3,000円の手数料が必要です。 これは、2019年9月からソフトバンクで始まった端末購入サポートプログラムの「半額サポートプラス(2019年10月10日からトクするサポートに名称変更)」が関係しています。 この割引は ソフトバンク以外の携帯会社を利用している人でも利用できるプログラムですが、このプログラムを利用してソフトバンクで端末を購入しても、 ソフトバンクで購入した端末にはソフトバンクのSIMロックがかけられているため、ほかの携帯会社の回線を利用している人にとってはソフトバンクのSIMロックがかかっている状態では、すぐに購入した端末を利用できない問題点がありました。 ソフトバンクでは2019年10月1日に100日以内のSIMロックを解除できる例外条件にこの条件を加え、 クレジットカード払いで購入することで、即日SIMロック解除をすることができるようになりました。

次の

My SoftBankから無料でSIMロック解除する方法(解説画像付)

ソフトバンク sim ロック 解除 方法

ソフトバンクの回線を契約しない人• クレジットカード払いで機種を購入する 「ソフトバンクで 回線の契約をせず、スマホ本体だけをクレジットカードで購入した人」が即日SIMロック解除の条件です。 即日SIMロック解除はソフトバンクショップのみ受付! 即日SIMロック解除はソフトバンクショップのみ受け付け可能です。 通常のSIMロック解除と違い、My Softbankで即日SIMロック解除は受付できません。 今後はデポジット制 保証金 の導入も予定されている 今後はデポジット制 保証金 の導入も、ソフトバンクで予定されているようです。 金額や条件、導入時期は未定ですが、参考までに auでは2ヶ月分の分割代金を納めることで保証金にしています。 ソフトバンクでも、数ヶ月分の機種の分割代金を保証金にするかもしれません。 ソフトバンク契約中のユーザーは即日SIMロック解除できない? 即日SIMロック解除は、ソフトバンクの回線を契約しない、つまり他社ユーザー向けのサービスです。 ソフトバンクを現在利用中のユーザーは、即日SIMロック解除できないのか?これは気になるポイントです。 残念ながら 既存ユーザーの扱いは未定なので、現ソフトバンクユーザーについては今後の続報を待ちましょう。 auの即日SIMロック解除の条件は3つ auの即日SIMロック解除条件は主に3つです。 回線契約を伴わない端末購入である• 端末購入した本人から即日SIMロック解除の要請がある• 購入した端末の割賦代金2ヶ月分を支払う 回線契約を伴わない 機種本体の購入のみという点は、ソフトバンクと同じです。 auでは最初から預託金として割賦代金2ヶ月分を支払うことが条件で、更に即日SIMロック解除を購入者本人が要請しなくてはいけません。 即日SIMロックが出来る店舗も、au直営店・沖縄セルラーだけです。 単純に比較すると、auの方が即日SIMロック解除の条件は厳しめかと思われます。 ただし2ヶ月分の割賦代金は、1ヶ月目の料金支払い確認後に2ヶ月目、3ヶ月目に充当されます。 2ヶ月分の割賦代金はあくまで保証金、デポジットのようです。 即日SIMロック解除が出来るのはau直営店 全国13店舗 のみ auの即日SIMロック解除ができるのは、 全国に13店舗あるau直営店・沖縄セルラーのみです。 該当の店舗名は以下の通りです。 au SAPPORO• au SENDAI• au HONJOWASEDA• au KASHIWA• au SHINJUKU• au みなとみらい• au NAGOYA• au KYOTO• au OSAKA• au ABENO• au FUKUOKA• au HAKATA• auで即日SIMロック解除を行いたい人は、必ず上記の店舗が近くにあるか確かめてから行いましょう。 即日SIMロック解除は2019年10月時点で機器のみ購入が対象 即日SIMロック解除は、2019年10月に始まったばかりのシステムです。 ソフトバンクもauも、手探りで進めているようで、回線を契約せず機器のみ欲しい人だけを対象としています。 今後の反響次第で対象の拡大や、新たな条件の追加も行われるかと思われます。 今は即日SIMロックの対象でない既存ユーザーも、今後の続報を待ちましょう。

次の

ソフトバンクとauが即日SIMロック解除を受付開始!手続き方法について

ソフトバンク sim ロック 解除 方法

SIMロック解除とは SIMカードには、契約者の識別番号やメールアドレス、携帯電話番号などが登録されています。 キャリアはこのカードによって契約者を特定し、料金を請求しています。 以前は「SIMロック」と呼ばれるルールがあり、端末を購入したキャリアとSIMカードの発行元が一致していないと、通信サービスを利用できませんでした。 しかし、それでは利用者がキャリアや端末を自由に選べないという消費者観点から、総務省は2010年に「SIMロック解除に関するガイドライン」を策定。 2015年5月からSIMロックの解除を義務化しました。 これによりSIMロックを解除すれば、たとえばソフトバンクで買ったスマホで、ドコモやau、格安SIMなどを使うことも可能になりました。 SIMロック解除の受付条件と注意点 SIMロックを解除するには、My Softbank(オンライン)またはソフトバンクショップ(実店舗)で手続きをおこないます。 My Softbankでは無料ですが、ソフトバンクショップを利用する場合、手数料として3000円(税抜)が必要となります。 解除後も変わりなく通信サービスを使えますから、「解約直前にしなければならない」といった心配もいりません。 また、SIMロックを解除しただけで解約ともなりません。 解約したい場合には、別途ソフトバンクショップなどでの手続きが必須となります。 SIMロック解除に対応する機種 すべての機種がSIMロック解除できるわけではありませんが、下記のモデルがいずれもSIMロック解除に対応(SIMロック解除機能を搭載)します。 iPhone iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus iPad iPad(第6世代)、10. 5インチiPad Pro、12. 9インチiPad Pro、iPad(第5世代)、9. 7インチiPad Pro、12. 機種代金を分割購入すると100日間は解除できない 注意したいのが、契約してから一定期間はSIMロック解除できないケースです。 機種代金を分割で支払っている場合は購入日から101日目以降、一括払いの場合は支払い確認後からとなります。 なお例外として、次の条件にすべてに当てはまる場合は、100日以内でも解除できます。 2017年12月1日以降に、機種変更前の対象回線でSIMロック解除を行ったことがあること• 前回のSIMロック解除受付日から101日目以降であること• 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種であること 自分でSIMロック解除する場合(無料)の手順 上述のように、SIMロックを解除する前に必ずであることを確認してください。 また念のため、事前にiPhoneのデータバックアップをとっておくのもアリでしょう。 IMEI番号を調べる 解約時に必要となる「IMEI番号」を調べておきます。 My SoftBankにアクセス にアクセスし、SIMロック解除の手続きに入ります。 受付時間は9時から21時までとなっています。 My SoftBankのログイン方法などについては、下記記事も参照してください。 My SoftBankにログインしたら、メイン画面で[契約確認]をタップ。 次の画面で下にスクロールし、「関連メニュー」の項目にある[SIMロック解除手続き]を選択します。 SIMロックを解除する 注意事項を確認して下へスクロールし、控えておいたIMEI番号を入力して[次へ]をタップします。 注意事項と手続方法を確認し、[解除手続きをする]をタップします。 以上でMy Softbankでの手続きは完了し、他社のSIMカードを利用できる状態(SIMロックフリー)になります。 なお、SIMロックの解除や取り外しによってこれまでのデータが失われたり、機能が使えなくなったりすることは通常ありません。 SIMカード差し替え後に入力を求められますから、メモなどで控えておきましょう) 他社のSIMを入れてみる SIMロック解除後のiPhoneからソフトバンクのSIMカードを取り出して、他社のSIMカードに入れ替えてみました。 iPhoneを起動すると、アクティベートが開始されます。 iPhoneにNTTドコモのキャリアが表示され、利用できるようになりました。 元のソフトバンクのSIMカードを入れても、以前と同じように使用できます。

次の