ウォドム ポッド。 HGBD:R ウォドムポッド レビュー

【ガンダムビルドダイバーズRe:RISE】9話感想 ウォドムポッドの中からモビルドール!メイさんもしかして?

ウォドム ポッド

HGBD ウォドムポッド レビュー 先にモビルドールメイが発売されていましたがそちらに続きウォドムポッドもキット化されました。 価格は2,530円です。 付属品はプラスアーマーと ランナーレスタイプのスタンドが付属します。 付属のシール類は目周りと胴体、スカートのラインを補うホイルシールが付属します。 ガンダムビルドダイバーズRe:RISEよりキット化されたウォドムポッド。 とは言ってもそこまで大きな違いは無く、背中と膝下に紫色の装甲が取り付けられたのみです。 説明書によるとこのプラスアーマーはスラスターも内蔵された装甲のようです。 プラスアーマーが装着されているためボリュームが増していますし 背中のアーマーはどことなく何かの機体のフロントアーマーのような印象も受けます。 キットにはポリキャップは使われておらず大部分の関節はKPSが使われていました。 もちろんアーマーを外して通常のウォドムポッドにする事も可能です。 配色は大部分が再現されているものの、目や胴体の黒ライン、スカート裏のブルーラインなどはシール。 それに脚の一部や細かいダクトなどは色分けされていないのでそのあたりは塗装が必要となります。 頭部アップ。 目部分は立体的な造形ですが1パーツでマルイチ状になっている所もシールです。 特にそのあたりは分割されていないので塗り分けは面倒そう。 後頭部のパーツなどは合わせ目の大部分がディテール化されています。 頭部側面に付く大型ビーム砲と3連ミサイルポッド。 こちらも合わせ目の大部分はディテール化されてはいますがビーム砲側面など一部合わせ目が出る所があります。 ミサイルはディテールがあるのみで弾頭の取り外しは不可。 砲口部分はグレーなどで塗装が必要です。 短めのジョイントで繋がれていてスイングや回転が可能になっています。 前方に取り付けられた小型の腕部。 手首は軽く開いた手首のみです。 合わせ目が出ない分割で前腕にはロール軸もあります。 背中にプラスアーマーを装着する際はアンテナのようなフィンを取り外して取り付けます。 通常のウォドムポッドのフィンは回転可能。 プラスアーマーはクランク状のアームを介して接続します。 もちろんそれぞれ独立して可動。 裏面はモールドがありますが肉抜きもあり、裏打ちパーツがないためちょっとスカスカした印象があります。 股関節まわりは独特の構造。 リアスカート裏は円形のラインをシールで補います。 リアスカートは上下にスイング可能でした。 続いて長くターンエー系の機体らしい複雑なディテールが入った脚部。 こちらのプラスアーマーは膝部分に挟み込むようにして固定します。 膝の装甲正面下側のへこんだ部グリーンやブラックなどで塗装が必要です。 裏面は足首を除いてほとんど緑一色になります。 アーマーは後ろ側までカバーされない造形。 足首はヒール状で高さのあるデザイン。 膝下などのスラスターはモールドがありますが塗り分けが必要です。 足裏は裏打ちもあり基部に若干肉抜きがありますが見栄えはなかなか良いです。 可動範囲など。 腕は肩にあたる部分にスイング軸はないので回転のみ。 ただ前腕はロール可能ですし肘も90度ちょっと曲がります。 また頭部はもちろん回転可能。 股関節は柔軟で膝も干渉するまで曲がり足首は閉じる事ができます。 一応足首は左右スイングも出来ますがそこまで接地は良くないです。 ただ形状が形状なので接地が悪くてもさほど気になりません。 それと後頭部を引き出し、頭頂部のハッチをスライドさせ展開させる事ができます。 たださすがにモビルドールメイの収納は不可能です。 つま先が開けましすし足回りの関節もしっかりしているので見た目より安定しています。 ただ手持ち武器などはないのですがアーマーの取り外しで印象が結構変わります。 キックポーズなどももちろん可能。 付属のスタンドやアクションベース系はしっかりはまりますがそれ以外の3mm軸スタンドだと基部のはまりが浅くちょっと固定し辛いかも。 それと背中のプラスアーマーは普通のプラ同士のジョイントのようで 動かしていると結構すぐ緩くなります。 ギミック類はシンプルな部類ですがウォドムモチーフという事で独特のディテールやモールドはやはり面白いです。 背中のフィンの下側には6mmぐらいの丸穴ジョイントがあるのですがこちらもそのうち何かに使われたりするのかも。 続いて高速飛行時の形態への変形。 とはいっても腕を後ろに回し、膝を曲げるだけです。 高速飛行時の形態。 特にロックなどはありませんが手足を動かすだけなので保持などは問題なしです。 他のRe:RISEキット同様分割なども良く考えられていました。 もちろんアーマーを付けた状態でも変形できます。 や、と。 先にモビルドールメイが出ていましたがこれで初期の4機が揃いました。 やとサイズ比較。 大きい機体ではありますがさすがにウォドムほどの大きさはないのでモビルドールメイの収納は無理そうです。 以上HGBD ウォドムポッド レビューでした。 他の3機からちょっと間が空きましたがウォドムポッドもついにキット化されました。 手持ち武器などはない比較的シンプルなギミックの機体なのでこういったパーツがあると嬉しいですね。 もちろん分割も良く考えられていて合わせ目がほとんど目立たずボリュームがある機体ですが パーツ数もそこまで多くなくサクサク組み立てられるキットでした。 モビルドールメイと並べて飾ろうと思っているのでこちらも手を入れて作っていこうと思います。

次の

HGBD:R 1/144 ウォドムポッド|バンダイ ホビーサイト

ウォドム ポッド

2020年2月25発売のホビージャパン 並びにモデルグラフィックス には、ウォドムポッドのキット化に関する情報は皆無ですね。 少なくとも、2020年4月までの発売予定対象にウォドムポッドはありません。 バンダイホビーサイトを見ても、やはりウォドムポッドのキット化の情報はありません。 どうやら質問者さんの早とちりのようですが……。 他の方も書いていますが、「企画中」とか「検討中」と言うのは「商品化決定」とは違います。 企画・検討した結果、「利益にならないか、商品化は見送る」と判断されれる事も多々あります。 まあ、アニメの方はセカンドシーズンの放送・配信が決定しているので、現在発売中のプラモの売れ行き次第では、ウォドムポッドのキット化もあり得なくはないでしょうけど……。 過去には他のスケールにもHGと言うブランドは使われましたけどね 作中で見るとウォドムポッドの大きさはマーズフォーやジャスティスナイトの1. 5倍程度です。 マーズフォーやジャスティスナイトが19mの設定なのでウォドムポッドは大体30m弱になるはずです。 サザビーよりちょっと大きく、ペーネロペーよりは小さいサイズとなります。 ペーネロペーより小さいんだから問題ないですね。 (まぁ過去には40mのサイコガンダムも作ったんだから、ウォドムポッドが40mでも特段問題はないんですけど) 価格としても定価で5000円前後には抑えられるかと。 というかウォドムポッドってウォドムをベースアイデアとして作られたというだけで、ウォドムの改造機ではないんですよ。 パッと見の外見が似ているだけで、細部を見ていくと実は殆ど違う物だと分かります。

次の

【ガンダムビルドダイバーズRe:RISE】9話感想 ウォドムポッドの中からモビルドール!メイさんもしかして?

ウォドム ポッド

劇中の高速飛行時の形態も再現可能なキットになっています。 2nd Season仕様のウォドムポッドが再現可能な強化パーツも付属。 価格は2,530円(税込み)です。 ビルドダイバーズの『メイ』が所有。 特徴的な半球型の頭部や、付け根から直接手が生えたような特異な外観を持つウォドムポッドがキット化。 原典機ウォドムに比べて脚が短く、全体的にディフォルメされたようなフォルムで造形されています。 成型色はつや消しのブラックとグリーン、ホワイトの3色構成。 と同じようなカラーリングになっています。 シールは中央のモノアイやリアアーマー内側の円形モールドなどを補いますが、全体的に少なめ。 各部のダクトや武器の砲口など、細部は塗り分けが必要です。 パーツのみの組み合わせによるポリキャップレスキット。 全体的にパーツが大きく、比較的組みやすい構造になっています。 ウォドム特有の半球状デザインが再現されています。 左右には3連ミサイルポッドや大型ビーム砲を装備。 中央のモノアイはモールドの表面にシールを貼っての色分けです。 合わせ目は各部とも段落ちなどでモールド化されているので、合わせ目を消すような処理は必要ありません。 上部は円形モールドなどがリアルに造形。 後頭部にはハッチが造形され、後部を引き出し、ハッチをスライド展開させると、コックピットのようなシートになります。 シートの左右にはフィンが造形。 回転可動します。 頭部の裏面もモールドの入った球状パーツで造形されています。 側面にあるスリットモールドが造形されたラインは、表面に黒いシールを貼っての色分けです。 左側面に装備する大型ビーム砲。 こちらも合わせ目が出来ないような組み合わせになっています。 砲口はグレーに塗り分けが必要。 接続アームは一部に肉抜き穴が確認できます。 アームによって角度を変えたり、外側に向けたりすることができます。 外側の黒い装甲も付け根から回転可動します。 右側面に装備する3連ミサイルポッド。 こちらも合わせ目が出来ない組み合わせになっています。 砲口はグレーに塗り分けが必要。 可動に関しては左側面の大型ビーム砲と同じです。 左右で対象的な動きになるくらい。 胴体部。 小型で単色。 比較的単純な作りですが、モールドはそこそこ多めです。 (手前の腕部は外して撮影しています。 )左右挟み込みタイプで中央の合わせ目は段落ちモールド化されています。 リアアーマーは1個パーツ構成で、スラッとしたなだらかな作り。 表面にはモールドが造形されています。 裏面にもモールドが造形され、円形の鮮やかなブルーグリーンシールで色分けするようになっています。 球状の部分も左右挟み込みタイプですが、中央の合わせ目は段落ちモールド化されています。 リアアーマーは上下に可動。 スクエアな二の腕や大腿部と球状関節の組み合わせになっています。 二の腕、大腿部の角型部分は筒状で合わせ目はありません。 節目の球状関節も2個パーツの可動式なので、合わせ目という概念はありません。 ハンドパーツは緩めの平手になっています。 前腕と肘の接続部分はロール可動します。 ウォドム特有のデザインで造形されています。 シド・ミード氏の印象的なデザインがそのまま反映されているかのよう。 表面はホワイトの装甲型、裏面はブルーグリーンのフレーム型に分かれています。 スネのダクトなどはグレーに塗り分けが必要。 膝から下は左右挟み込みタイプですが、大腿部と共にメカニカルなモールドが造形され、合わせ目が出来ない組み合わせになっています。 ソールも2又の印象的な作りに。 スネの三角部分はブルーグリーンやグレーに塗り分けが必要です。 足裏は前後ともモールドが造形されていますが、基部には肉抜き穴があります。 HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。 原典機(全高40メートル)よりは小型なウォドムポッドですが、HGキットとしてはそこそこ大きめ。 ウォドムポッドの全高は24. 2mです。 MGジム・コマンド(コロニー戦仕様)やHGの中では大きめのシナンジュ・スタインと並べて。 この辺りのキットと並べると同じくらい。 同シリーズのHGBD:RヴァルキランダーやHGBD:Rモビルドールメイと並べて。 ウォドムポッドやモビルドールメイが大きいので、ヴァルキランダーがひときわ小さく見えます。 頭部は上下には可動しませんが、左右に振ることができます。 360度回転も可能。 後方にも向けることができます。 腕は左右に広げることができ、肘は90度程度に曲げることができます。 上下にも可動。 腰は可動しません。 アクションベースやスタンドへは、通常通り、股間部に3. 0m軸を差し込んでのディスプレイとなります。 ただし、画像のようなクリアースタンドの場合、付け根が太いのでしっかりと差し込むことができずふらつきます。 アクションベースに付属している先端が2段階で細身になっているパーツだと奥までしっかりと差し込むことができます。 前後開脚は水平以上にまで展開が可能。 膝は深くまで曲げることができました。 足首の可動は特殊。 つま先とかかとがそれぞれ独立可動します。 左右へも少しスイングが可能。 左右への開脚も水平以上に幅広く展開が可能です。 内股はわずかですが、がに股は水平以上にまで可動します。 意外ですが、立膝のようなポーズも取ることができました。 可動域の総括としては、特殊な形状をしているため、通常の人型キットに比べるとセオリー通りには動かない箇所などがあります。 ですが頭部や腕部、脚部など、可動する部分は割と広く可動するので、このキット独自の表現はいろいろとできそうです。 ブルー成型色のプラスアーマーが付属します。 ランナーレスのクリアー台座が付属。 完全な人型ではないので、ポージングはセオリー通りというわけにはいかなそうです。 かっこいいポーズを表現する場合は試行錯誤するかも。 ですがサイズ感のあるキットなので、下から見上げるように見ると迫力が出てきます。 ケリを繰り出すようなポーズも再現可能です。 ガシガシ動かしても弱さを感じさせないですし、各部の強度は高いです。 ただ、浮かせた状態でのディスプレイだと、ディスプレイ用の3. 0mm軸部分がキットの重みでクルッとなる場合があるので注意です。 高速飛行時の形態は、まず腕を可動させます。 説明書はどのように向ければいいのかちょっと分かりにくい感じでした。 要は画像のような向きにして脇に格納するようにすれば良いのかなと。 そして膝をくの字のように曲げてつま先を伸ばしたら、高速飛行時の形態に変形完了です。 カンタン。 各部とも固定されるわけではないですが、関節強度は高いので飛行形態の形は崩れずに維持できています。 設定通りかは分かりませんが、頭部上部のシートにはコアガンダムが搭乗可能でした。 脚を内部に差し込んで搭乗させますが、取り出すときに引っかかって抜けにくくなったりする場合があるので、抜けない場合は分解などして破損させないようにします。 乗り物のように使うというのはなかなか面白いギミックですね。 特徴的なフォルムになりました。 プラスアーマーは内側がくり抜かれた状態で比較的簡易的ではありますが、リボンのようなデザインになっています。 付け根のアームによって適度に前後可動します。 側面のフィンパーツを外して組み換えるようになっています。 脚部のアーマーは膝から下の部分を包むように取り付けます。 左右から組み合わせますが、前面の合わせ目は端でモールド化されています。 可愛らしさが表現されているように見えますね。 適当に何枚かどうぞ。 モビルドールメイと合わせて。 以上です。 ウォドム同様に愛嬌あるフォルムで、懐かしさと共にディフォルメされた姿に可愛らしさを感じるキットになっています。 見た目以上によく動きますし、強度もあって動かしやすいキットですね。 各部の合わせ目もモールド化されていたりして見た目もいいです。 欠点的なものもほとんどないですが、ポージングさせた場合、ポーズがちょっと決まりにくい感じも。 下から見上げるなど、どういった視点やポーズがこのキットにとってよりかっこよく映るのか、模索する必要もあるかもです。 ポージングセンスが問われそうですね。 背部にコアガンダムを搭乗させられるなど、オリジナルのギミックがありますし、まだ謎なギミックや変形も少なからずありそうです。 今後の展開やこのキットを使ったカスタムバリエーションなども期待しつつ、とりあえずはキット化を喜びたいですね。

次の