エイム 練習。 エイム(aim)練習をしているのによくならない方に解説!よくならない理由と意識すべきこと

【Apex】プロもするエイムを上達させたい人のための練習法

エイム 練習

まず、 エイムは2種類あることを理解していただきたいです。 そこから それぞれにあった練習法を行なっていきましょう。 1つ目は、 初弾を当てる練習です。 これは、 接敵したときに素早くかつ正確に1発目を相手に当てる練習です。 初弾を当てられたらそのあとの弾もスムーズに当てられるようになります。 多くのガチ勢が、 エイムは初弾を当てることが重要だと考えています。 2つ目は、 リコイル制御の練習です。 リコイル制御とは、 発砲したときの反動を修正することを言います。 初弾を当てても反動で明後日の方向に銃口が飛んでいってしまっては意味がありません。 なので、それぞれの武器にある 反動をコントロールできるようにする必要があるのです。 この2種類のエイムをしっかりと把握した上で下記の具体的な練習法を確認して行ってください。 普段、射撃訓練場でエイム練習やエイム慣らしをされていると思います。 そこでまず意識すべきは、 初弾をしっかり当てられてい るかということです。 方法は非常に単純で、お気に入りの武器を持ち、 できるだけ 高速かつ正確にたくさんある的に1、2発ほど当てていくだけです。 できるだけ ランダムに当てていくことを意識してください。 的に撃ち込む一発目は特に外さないように注意してください。 最初はゆっくりでも構わないので、正確さを意識してみてください。 慣れてきたらどんどん早くしていきましょう。 うまく当てられないようなら、感度の調節を検討してみてください。 多くのプロゲーマーがエイム練習の様子を投稿しているので、見てみると参考になります。 何度も言いますが、この練習では 初弾を当てることが最も重要です。 結構すぐ飽きるので、雑になってしまいがちですが、 仲間とお話でもしながらでもいいのでその意識だけは保ってください。 リコイル制御は、的ではなく 実際のプレイヤーに撃ち込むことが最も効果的です。 実践で、ひたすら敵と撃ち合うのでもいいですが、効率が悪いです。 練習は 仲間と射撃訓練場で行いましょう。 最近のパッチで射撃訓練場内のフレンドリーファイアが有効にできるようになったので、 同じくらいの実力の仲間とひたすら撃ち合ってください。 フレンドリーファイアのオンオフはオプションボタンを押せば出てきます。 リコイル制御は、ただ反動を抑えて、 エイムを画面中心に持ってくればいいというわけではありません。 実際の敵は左右に動くので、敵の動きを追いながら、リコイル制御を行わなければいけません。 まずは、 お気に入りの武器のリコイル制御を中心に練習していってください。 リコイル制御に慣れてきたら、敵の弾を避けながら撃つ練習もしましょう。 撃ち合い練習を繰り返し行うことで、実践でもうまくエイムが合わせられるようになります。 私は、過去に毎日必ず30分以上ボットを撃ってから試合に臨んでいました。 その時期のおかけで、 今では ど のFPSでも比較的早くエイムを自分のものにできるようになったと思います。 エイムは、 FPSで絶対に欠かせないものの1つです。 これを自分のものにできれば、他を圧倒する日はそう遠くないでしょう。 その他の参考記事を貼っておきます。

次の

【BOT撃ち】CS:GO『Aim Botz』導入とエイム練習のやり方を解説

エイム 練習

カニ歩き• ジャンプ• しゃがみ をランダムに実行してくれるので、追いエイムの練習にもなります。 こちらも設定から変更可能です。 カニ歩きだけをガッツリ練習したり、 ジャンプした敵へのエイム練習みたいなことができるのはかなり魅力的でした。 武器はApex Legendsと一緒 私が最も気に入ったのがこれですね。 Apex Aim Trainerの武器は「 Apex Legendsと同じ」なんです。 例えば、人気武器の ウィングマンやR-99をそのままの使用感で練習できます。 リコイルやアタッチメントまで全く同じなので、本当にApex LegendsのBot撃ちが出たっていう感じ。 ただし、武器は全種類あるわけではないです。 執筆時に用意されている武器はこんな感じ。 アタッチメントやサイトも変更できる 武器のリコイルだけでなく、 装備できるアタッチメントや サイトの見た目も全く同じにできちゃいます。 設定からチェックを入れることで、装弾数を増やしたり、スナイパーの練習もできました。 サイトの見た目が全く同じなので、 より実践向けのエイム練習ができると思います。 スポンサーリンク スポンサーリンク Bot撃ちは2種類だけ Apex Aim Trainerで遊べるBot撃ちの種類は「 2つだけ」 「 1vs1」と「 Shooting Range」です。 KovaaKと比べると、 やはり物足りなく感じてしまいますね。 ただ、 Botの数を増やしたり動きも変更できるので、 Apex Legendsに必要な練習はできると思います。 1vs1は自由に移動するエイム練習 1vs1モードは、 正方形のステージ内でBotと戦います。 遮蔽物や高所は特になし。 カニ歩きに対するエイム練習を重視したモードとなっています。 1vs1とありますが、 設定からBotの数を増やすことが可能です(最大20) Shooting Rangeモードは距離ごとのエイム練習 Shooting Rangeモードでは、 距離ごとにBotを召喚できます。 同じようにして、遠距離を選択したら「 スナイパーのエイム練習」ができます。 Shooting Rangeでも、 Botの動きを変更できるので、中距離のリコイル制御を練習するのもいいですね。 追記:遮蔽物ありのマップが追加されました Apex Aim Trainerで選択できるゲームモードに「 遮蔽物があるマップ」が追加されました。 遮蔽物というか、ちょっとした障害物って感じですが、 ピースキーパーの練習に役立ちそうですね。 ただし、Botが遮蔽物を活用してこないので、そこまで大きな変化は感じませんでした。 的は人型と丸型に出来る 冒頭で紹介した通り、 Apex Aim Trainerの的は2種類から選択できます。 Humanoid: Sphere: カニ歩きの練習をする時は「 Humanoid」 即座にエイムする練習の時は「 Sphere」というように使い分けると良いですね。 作成したモードをプリセットに保存できる! 地味に便利な機能として「 プリセット」があります。 左側に、 現在の設定を追加することで、 毎回ゲームモードを選びなおす必要がなくなります。 Auto Saveもあるため、いつも同じ設定で遊ぶ人にもありがたい機能ですね。 ちなみに、プリセットは 好きな名前に変更できます。 視野角や感度をApex Legendsと同じにできる アタッチメントと同じで、 ゲーム内の設定も同じにできます。 執筆時現在、設定できる項目は以下の通り。 解像度• スクリーンモード• フレームレート制限• 垂直同期• 視野角(70~110)• マウス反転• マウス感度• ADS時のマウス感度• スコープごとのマウス感度 その他に、 キーバインドも設定できます。 Apex Aim Trainerのレビューでは 「マウス反転」や「しゃがみホールド」などを変更できないとありましたが、 アップデートで対応していました。 注意点は、 ジャンプにマウスホイールを設定したところ、 機能しませんでした。 バニーホップの練習には使えなさそうですね。 音は微妙かも Apex Aim Trainerでしばらく遊んで気になったのが「 ヒット時の音」です。 Apex Legendsは、• Apex Legendsに特化したBot撃ちができる• 人型のBotで練習できる• リコイル制御の練習ができる• サイトごとのエイム練習ができる• 感度や設定が簡単• 遊べるモードが少ない• 武器は全種類じゃない• Apex Legends以外では微妙• いつまでアプデが来るかわからない KovaaKと比較して、 Apex Legendsに特化しているため、 より効率の良いエイム練習ができます。 ただし、今現在モードが少なく、 ユーザーと競い合うような要素はないので面白さはないです。 Apex Legendsのエイム練習をガッツリやりたいという人は、Apex Aim Trainerの方がおすすめです。 ただし、公式のエイム練習ゲームではないため「 いつまでアップデートされるかが不明」なんですよね。 正直、 アプデが追い付かないのであれば、Apex Aim Trainerを使う意味はなくなると思います。 スポンサーリンク スポンサーリンク まとめ 今回紹介した通り、Steamから Apex Legendsに特化したエイム練習ゲームが発売されています。 良い点・悪い点ありましたが、Apex Legendsをメインに遊んでいる人は、ぜひ「 Apex Aim Trainer」でエイム練習してみてください。

次の

【Apex】”無料×確実” エイムを上達させる練習方法!【PC】

エイム 練習

シージのランクマッチやカジュアルマッチで 「有利な状況にも関わらず思うようにエイムが合わず撃ち負けてしまった」「攻撃側に一気に殲滅されてしまった」という悔しい経験は誰しもあると思います。 このエイム攻略記事では、混戦時にきっちり撃ち勝つためのエイム練習方法「RUSH(ラッシュ)」を紹介します。 それ以外のをプレイしている方は、擬似的に同じ状況を作ってエイム練習をしてみてください。 RUSH(ラッシュ)ってどんなエイム練習方法? RUSH(ラッシュ)は、テロハントクラシックを使ったエイム練習方法ですが、端的に言うと 「敵に突っ込んでいって最速で倒し切る」というエイム練習方法です。 シージでは、Caveira(カヴェイラ)などのスニーク中の敵とばったり遭遇したり、ラウンド終了間際で混戦が発生したりというシーンがあるため、RUSHはそのような状況で撃ち勝つためにおすすめの練習方法です。 RUSHのエイム練習にトライして欲しい人 RUSHのエイム練習にトライして欲しい人は、以下のような悩みを感じている人です。 ちなみに、私はYear4(2019年)から本格的にシージを始めた新規プレイヤーですが、同じような悩みを感じてRUSHのエイム練習を考え実践しています。 精神的に焦ってしまいエイムが乱れたりボタンを押し間違えたりする• 素早くエイムを合わせること(瞬間エイム)が苦手• 敵に弾は当たるが倒しきれない• 被弾した際に敵の位置を瞬時に把握することが苦手• 近距離戦(または超近距離戦)で撃ち負けることが多い RUSHの具体的な練習方法・手順 次に、RUSHのエイム練習の具体的な練習方法と手順を紹介します。 手軽に始められるエイム練習ですので、是非一度試してみてください。 テロハントの設定 RUSHのエイム練習を行うためには、テロハントの設定を以下に変更します。 ゲームモード: テロハントクラシックのみ• マップ: のみ 以上の設定をしたらすぐにエイム練習を開始できます。 気になる方は以下の記事を参照してください。 補足:を選ぶ理由 マップ選択でを選ぶ理由は以下の5つです。 ボマーが居ない• ニトロセル(ニトロ部屋)が無い• 中〜長距離の撃ち合いが多い• マップの構造がシンプル• ランクマッチ対象マップ 1・2について、ボマーとニトロセル(ニトロ部屋)はそもそもエイム練習に邪魔で、クリアリングが楽です。 3について、でRUSHをやると中〜遠距離で敵を倒す必要があるためエイム力アップが期待できます。 4について、テロハント周回の時間を短縮できます。 5について、ランクマッチ対象マップの研究を同時にできます。 RUSHの5つのルール RUSHのエイム練習では、以下の5つのルール(制限)を設けます。 1〜3のルールはRUSHを行うすべての人に守って欲しいもの、4〜5のルールはエイム練習に慣れてきたら追加のルールとして課して欲しいものです。 や置きエイムはNG、速攻あるのみ• 敵を発見したら距離に関わらず倒す• 敵に対するガジェットの使用はNG(壁や補強板の破壊はOK)• できる限りヘッドショットで倒す• できる限り弾薬の補給は行わない なお、出現地点やどのようにマップを回遊するかについては自由です。 とにかく敵を素早く倒す、それだけに集中してエイム練習してみてください。 音楽を聞きながらやると楽しく続けられます RUSHは突発的に出てきた敵を倒すエイム練習ですので、 ヘッドホンやイヤホン無しで行なうと突発性が高まるため効果的です。 また、その代わりに好きな音楽を聞きながらエイム練習をすると楽しく続けられるためお勧めです。 ちなみに、銃声をあまり長い間聞き続けると動悸を感じたり精神的に不安定になったりする人もいるため、そういった健康上の対策としてもお勧めです。 RUSHのメリットとデメリット RUSHのエイム練習にはメリットだけではなくデメリット(副作用)もあります。 自身の伸ばしたい力や課題に合わせてRUSHを日々のエイム練習に上手く取り入れてください。 RUSHのメリット 総合的なエイム力の向上に効果的 RUSHは「混戦時に撃ち勝つ」ことを目的にしたエイム練習方法であるため、結果として総合的なエイム力を向上させることが可能です。 「総合的なエイム力」とは、以下のようなものを言います。 瞬間エイム力• 追従エイム力• リコイルコン• 安全で素早い移動・立ち回り• 敵の射撃を避ける動き(リーンやしゃがみ)• クリアリングの正確さ・素早さ• ここ一番で慌てない精神力 ランクマッチやカジュアルマッチでは習得しづらい ランクマッチやカジュアルマッチでは混戦が発生しないことも多く、また射撃をしている時間よりも移動や敵を警戒している時間の方が長いため、混戦時に撃ち勝つエイム力を習得することは難しいです。 テロハントでしっかり練習して本番のランクマッチやカジュアルマッチで練習の成果を発揮できるように頑張りましょう。 時間がかからず手軽にできる RUSHのエイム練習は慣れてくると1回あたり3分未満で終わります。 (初めてエイム練習に取り組む人でも1回あたり5分くらいで終わります。 ) 仕事や学校が忙しく数時間腰を据えてエイム練習をするのは難しい、という人も毎日簡単に続けることができます。 RUSHのデメリット エイムの正確性が下がる RUSHのエイム練習では、なるべくヘッドショットを狙うというルールはありますが、敵を素早く倒し切ることに重きを置いた練習であるため、RUSHばかりやっているとエイムの正確性が下がる恐れがあります。 シージは特にヘッドショットが重要なですので、 あまりにエイムが乱れるという人はエイムの正確性を上げる練習も並行して実施することをお勧めします。 --- 以上、混戦時に撃ち勝つためのエイム練習方法「RUSH(ラッシュ)」の紹介でした!正しいやり方でエイム練習をすれば、絶対に誰でもエイムが上手くなりますので頑張っていきましょう!ご拝読いただきありがとうございました。

次の