メール re 意味。 RE:って本当はどういう意味なの?

「Re:」の意味と使い方|メールでは?ドラマやアニメのタイトルとの違いは?|hanamaru

メール re 意味

「返信の返信」は自分の判断で決める• 返信の場合は件名に「Re:」をつけて返信する• メールの返信は当日か翌日までにする 返信メールの件名は「Re:」のままでいいの? そもそも、ビジネスメールで返信を送る際に、件名に「Re:」がついたまま送ってもいいのか、気になる方も多いのではないでしょうか。 まずは、ビジネスメールで返信をする際の基本的なルールを確認してみましょう。 基本的には「Re:」のままでOK ビジネス相手から来たメールを返信する場合、自分で変更しない限り、返信画面の件名は「 Re:」と表示されます。 「Re:」をつけたまま返信すると失礼になるのかな、と不安になるかもしれませんが、実はそうではありません。 「Re:」がついていることで、どのような用件で、どのくらいの回数メールやりとりをしていたのか素早く把握できるため、 ビジネスでは都合がいいとされています。 わざわざ「Re:」をのけて返信していた方もいらっしゃるかもしれませんが、 ビジネスシーンでは「Re:」をつけたまま返信をするようにしましょう。 「返信内容の話題を変えるとき」にメールの件名を変える では、ビジネスメールの返信をする際にいつでも「Re:」をつけるかといえば、そういうわけではありません。 返信の返信として送るビジネスメールの内容を、 別の話題へと転換する場合には、メールの件名を変更する必要があります。 ビジネスメールで別の話題を切り出す場合、件名のチェックを怠らないようにしましょう。 とくに、長期間のプロジェクトでのビジネスメールのやりとりでは、話題が変わることが多々あります。 話題が変わるときには、何の内容についてのメールなのか、件名から判断できるようにメール件名を「Re:」のままにせず、変更することを忘れないようにしましょう。 【返信メールの件名】「Re:」の数が多くなってしまった場合の対処法 同じ案件の内容について、何度もメールのやりとりが続くこともあるでしょう。 ビジネスメールのやりとりを繰り返すうちに気になってくるのが「Re:」の数。 また、件名に「Re:」ばかりしか表示されない場合、どのような用件のメールなのか、一目でわかりづらくなってしまいます。 ビジネスメールに「返信の返信」はするべき?しないべき? ビジネスメールの返信が来たあとに「要件を伝え終わっているけれど、さらに返信をする必要があるのか」疑問に思うこともあるでしょう。 現在では「 お礼メールへの返信は不要」という意見が多く、新しい用件がない場合はメールを返さなくてもよい、という考え方がビジネスパーソンの間で定着しています。 例えば、資料を送付したあと、先方から「資料を受け取りました。 ありがとうございます。 」との内容には、さらに返信をする必要がないということです。 返信への返信は必要ないとはいえ、「メールを無視してしまうのは気後れする……」という方もいらっしゃるでしょうが、マナー的にはさらに返信しなくても問題ないことを覚えておきましょう。 「返信は不要です」でも、返信をするか要検討 また、注意したいのは「返信は不要です」とメールに記載されていた場合です。 例え「返信は不要です」と書かれていても、 返信の必要があると判断した場合はメールを返信するのが基本です。 特に相手との行き違いが生じそうな場合や、さらに説明しないといけないことがあるなど、返信の必要がある場合は必ず返信しましょう。 「相手から返信不要の旨を伝えられた」という理由で返信をしないと、心象が悪くなってしまう場合もあるので気をつけましょう。 お礼メールへの返信は必要ない• 「返信は不要です」と書かれていた場合は、自分で返信の必要有無を検討する 「返信の返信」の書き出し・締め・署名はどうする? 「返信の返信」が必要な場合、書き出しや締め、署名は普段のビジネスメールと同様にすれば問題ありません。 何度もやり取りを繰り返している相手の場合は、署名をすべてのメールに入れると鬱陶しく感じてしまうことも。 よく知っている相手の場合は署名は省略してもOKです。 「返信の返信」メールの例 実際に「返信の返信」メールの例をみてみよう。 今週金曜日(15日)13時からの会議の件、承知しました。 当日は何卒よろしくお願いします。 では、9月10日(水)の13時に弊社のオフィスにお伺いします。 ご不明な点などがありましたら、お気軽にご相談ください。 引き続き、どうぞよろしくお願いします。 最後に、本記事で紹介した「返信の返信」に関するルールに加えて、ビジネスメールの返信ルールをチェックしておきましょう。 1.返信の件名で「Re:」が多くなりすぎたら1つにする まずは、先ほども紹介したメール返信における「件名」のマナーを確認しましょう。 ビジネスメールでは、「メールの内容がわかる件名」にすることが基本です。 返信の場合は、特定の要件の返信だとわかるように「Re:」をつけたまま返信しましょう。 返信が続き、デフォルトの件名で鬱陶しいほど「Re:」の数が多くなってしまったら、「Re:」は1つにまとめることがベストです。 より親切に件名をつけるとしたら、件名の横に「Re:」の数を明記するのもよいでしょう。 2.メールの返信は当日か翌日までに どれだけメール文のマナーが守られていても、返信が遅すぎては意味がありません。 ビジネスシーンでは、メールを受信した当日、遅くても翌日に返信するのが基本です。 すぐには返信できないような内容の場合は、「ご連絡ありがとうございます。 取り急ぎ、受理のご連絡まで」など、メールを確認した旨を伝えると先方も安心するでしょう。 抜粋引用をうまく使っていないメールは読みづらく、相手がメール文を読んだときに「これは何についての回答なんだろう」と疑問に思わせて、メールを遡る手間をかけてしまうかもしれません。 相手への手間をかけさせないためにも、適度な抜粋引用を活用しましょう。 その際は、引用した文章の色を変更するなどして、相手が読みやすくなるように工夫するといいでしょう。 メール返信の件名で「Re:」が多くなりすぎたら「Re:」は1つにする• メールの返信は当日か翌日までにする• U-NOTE株式会社の山田太郎です。 以下、ご質問に回答します。 2月27日(金)12時 貴社オフィス です。 他にご不明点ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。 当日は何卒よろしくお願いします。 山田 ビジネスメールのルールを知ると自信を持って返信できる.

次の

RE:って本当はどういう意味なの?

メール re 意味

発祥 [ ] 元々は、英語圏において文通の返信の表現として用いられていたという記録がのに残っていることから、それよりも古い時代から用いられていたのではないかと考えられる。 英語圏のビジネスレターなどでは、現在も「…について」 regarding の意味で表題に用いられることがある。 一方で、現在用いられている「Re:」はコンピュータ用語からの転用であることが多い。 、アメリカのにおいて電子メールの策定が行われた際に、返信時のタイトルを標準で「Re:」とするITU勧告が出された。 としてはに として返信のメールで元のメッセージのSubjectフィールドの内容の前に「Re: 」 の後に空白が入る と書いてもよいと定義された。 RFC 2822には、の「res」という語が語源で「…について」という意味であると記述されており、responseやreply、refer to、returnの略とはされていない。 RFC 2822を 置き換えた もほぼ同様であるが、その3. 5節では、ラテン語の「in re」の省略であるとしている。 使用 [ ] 「Re:」は返信を行ったとき、電子メールの件名の先頭に自動的に付加される。 のある種のでは、返信のたびに一つずつ増える。 しかし、電子メールの歴史的背景から伝統的に「Re: 」が使用されているので、「Re:」以外の文字列を使用することはやの標準からは外れることになる。 したがって、「Re:」以外の文字列を付加したり、「Re:」を複数回付加したりすると、受信したメールソフトで形式の表示がうまくできないことがある。 RFC 5322の3. 5節では、1回だけ追加するとされている。 でもメッセージはRFC 2822に従って記述することとなっており、記事にフォローアップをすると「Re:」を付加するニュースリーダーが多い。 同様の文字列は上のでも使われることがある。 他の言語の電子メールでも、「Re:」と同じ用法で件名の先頭に付加するためのが見られる。 AW:。 Re: 圏をはじめとして、もっとも広く使われる。 言語によらず、返信を表す標準的な接頭辞とされることがある(「」を参照)。 SV: 、。 VS:。 いずれの接頭辞も、2文字目以降はになることもになることもある。 まれに、すべての文字が小文字になることがある。 ごくまれに、最後の「:」が省かれる。 特定の言語への対応を主眼とした メールソフト には、返信時に件名に付加する接頭辞として、「Re:」の代わりにこれらを実装しているものがある。 されたメールソフトでは、の使用言語を切り替えることによって接頭辞が切り替えられるものもある。 ただし、上記の言語に対応したメールソフトならばかならずこれらの接頭辞を実装している、というわけではない。 対応している言語によらず「Re:」だけを実装するメールソフトも多い。 そこで、メールユーザーエージェント(メールソフト)やサーバによっては、返信時(メーリングリストサーバでは配信時)に、重複した接頭辞を縮約する機能を実装しているものがある。 縮約の方式はいろいろある。 特定の方式や特定の言語の接頭辞に対応しているだけでは、他の方式や言語に対応できないので、やはり問題が発生することもある。 メーリングリストサーバの実装では、縮約した「Re:」をメーリングリストタグの前に置くものと後ろに置くものとがある。 この結果では、新規送信の際に件名を入力しない利用者が26. このことから携帯電話による電子メールの件名欄の使用傾向がうかがえる。 しかしこれは日本の携帯電話事情に限定した話であり、パソコンからの電子メールが考慮されていない点において注意が必要である。 なお、日本国外の携帯電話ではしか行っていない場合が多い。 ショートメールサービスには件名という概念がないため、件名に付与される「Re:」という接頭辞も、同様に存在しない。 脚注 [ ] [].

次の

メール件名に付く「Re:」と「fwd:」の正式名称は?

メール re 意味

これから社会人になる方はもちろん、長年ビジネスマンをしている方が「もう一度確認しておきたい」人向けの記事です。 社会人としてのマナーを身につけてこそオトナ男子。 ビジネスマンとして一流の品格を身につけるには基本が大事。 仕事で凄い成績を上げているのに周囲の評価が付いてこない。 こんな方はビジネスマンとしての大切な基本が欠けているのかもしれません。 特に日常の連絡手段として使用頻度の高いメールで評価を下げている可能性もあります。 電話や対面で話すと声のトーンや仕草で相手の感情を汲み取れます。 しかし、顔の見えないメールは相手が不快に感じていても違和感を察知することが難しいものです。 そこで、日々の業務でメールをたくさん使用しているけどちゃんと学ぶことが出来なかったビジネスマン。 これから一流を目指してやろうと向上意識がある方に向けてメールに関するマナーをお伝えしてきます。 初歩的なメールの返信の仕方から学んでいきましょう。 Sponsored Links メール返信は「re」を消す? メールを相手に返す時に「reは消すの?」と考える人がかなり多いようです。 みなさんはメール返信する時はどのようにされていますか? 「件名のreを消去した方が相手は読みやすいのでは?」 「逆にreを消さない方が返信ですよという意味で分かり易いのでは?」 人によって意見はバラバラ。 世間のビジネスパーソンの対応に仕方は「変更する人が約2割」「変更しない人が8割」というデータが日本ビジネスマナー協会の調査で報告されています。 やはりメールを返信する時に、「re」がそのまま付いてくるので流れのまま削除しないという方が多数ということです。 「re」をつけたまま返信することが一般的なので削除しないまま送ることが好ましいです。 ただ、少し注意するポイントがあるのでチェックしてください。 「re」を付けると返信だと分かる 自分自信で日々のメール受信を考えても「re」がある一目で返信だと気づくことが出来ます。 Sponsored Links 「至急!」の時はどうする? 急ぎで確認して欲しいことや、急いで返事が欲しい場合はメールは不適切な手段となります。 相手が分からなければ送りっぱなしになります。 今はスマホでチェックしたり出来るインフラ環境が整っていますが、大企業になればなるほどセキュリティの問題もありメールを見れる環境にない場合もあります。 相手のシーンに合わせて考慮する必要がありますね。 緊急の場合 急ぎの案件や内容がある場合は、一方的にメールを送信してはいけません。 どうしておメールで確認して欲しい資料がある場合はメール送信した後に先方へ一報を入れるようにしてください。 電話でひと言、確認して欲しいメールがある旨伝えることが基本です。 難しい内容の場合 メールの内容が難しい場合や、少し補足が必要な時がありますよね? 自分が難しい内容だと感じた場合は相手もそのように感じています。 この時は相手に分かり易いように伝える為に電話で並行して説明をするのが大切です。 読み手の原則 このような便利なコミュニケーションツールが発展したこの時代。 この環境が充実してくると人は相手の気持ちを考えた行動が出来なくなる傾向にあります。 対面で感じる相手の所作や声色で感じ取れていた感情が、感じ取れなくなります。 便利な世の中になる一報で人としての大切な部分が抜けてしまう可能性もあります。 だからこそ、相手の目線に立ちひと工夫を凝らす。 この心遣いが出来るビジネスマンこを「本物」であり、日常生活においても出来るオトナ男子と評価される人となるでしょう。 今回はビジネスマナーメールの返信について学んで頂けましたでしょうか。 他にも大切なポイントがありますので、シリーズ化しながらお伝えしていければと思います。 わたしも、まだまだ勉強段階です。 みなさんと一緒に出来るビジネスパーソンになってきますので頑張っていきましょう。

次の