宇宙 ステーション 観測。 国際宇宙ステーションの肉眼で観測は可能なの?

国際宇宙ステーションの観測方法を教えます!(きぼうをみようの使い方)

宇宙 ステーション 観測

ミリタリー/航空 欧州宇宙機関(ESA)の新しい実験プラットホーム「バルトロメオ」は、国際宇宙ステーションのヨーロッパ実験モジュール「コロンブス」の外部に装着される、実験・観測用のプラットホーム。 ESAの発注により、エアバスが製造しました。 名前はヨーロッパ実験モジュール「コロンブス」の由来となったイタリア出身の探検家クリストファー・コロンブスの弟、バルトロメオ(バーソロミュー)・コロンブスにちなんだものです。 バルトロメオも兄クリストファーと同じく、カリブ海などを探検し、現在のドミニカ共和国の首都サントドミンゴを開拓しています。 バルトロメオには、最大で12の実験.観測用機器が取り付けられるようになっており、交換可能な構造になっています。 今回搭載機器第1号となった観測機器は、マルチニードル・ラングミュア・プローブ(m-NLP)というもの。 m-NLPはノルウェーのオスロ大学と企業が開発した、地球大気中のプラズマ密度を観測する機器。 「マルチニードル」の名の通り、複数の観測用探針(プローブ)を備えています。 ちなみに名称にある「ラングミュア」とは、プラズマの命名者であるアメリカの科学者、アーヴィング・ラングミュア(1932年ノーベル化学賞)にちなむもの。 地球大気の電離層に存在するプラズマは、まだ詳しい全貌が明らかになっていません。 m-NLPは国際宇宙ステーションで、長期にわたって大気中のプラズマを観測し、プラズマの全球マップを作成するとともに、季節変動などの状態も観測します。 バルトロメオは2020年3月、スペースXのドラゴン補給船に搭載されて打ち上げられ、ヨーロッパ実験モジュール「コロンブス」に取り付けられる予定。 ノルウェーのm-NLPモジュールは、2020年10月に打ち上げが予定されているノースロップ・グラマンのシグナス補給船(NG-14)で、国際宇宙ステーションに届けられることになっています。 <出典・引用> Image:Airbus/ESA (咲村珠樹).

次の

国際宇宙ステーションが肉眼で見える!

宇宙 ステーション 観測

外から見たキューポラ。 シャッターを開けた状態 設計と製造はイタリアの社が行い、直径は約2m、高さは約1. 5mである。 横窓が6枚とがあり、それぞれの窓にはやによる損傷を防ぐための開閉式のシャッターが取り付けられている。 キューポラには、熱制御システム、音声端末装置、電力供給端末、ビデオインタフェース、バスインターフェイスを持つ。 また、を制御する2台のロボットアーム操作盤 Robotic Work Station:RWS のうちの1台がから移設される。 キューポラの打ち上げは2010年2月8日ので、(ノード3)の前方(ISS上での左舷)に取り付けた状態で打ち上げられ、軌道上でトランクウィリティーがへ接続された後に地球側に移動された。 窓ガラスは3層構造になっており、損傷した場合は軌道上での交換も可能な設計である。 シャッターは軌道上でデブリから窓ガラスの損傷を防ぐためと、内部の温度を維持するために、通常は閉めたままにされ、使用するときのみ手動操作で開閉される。 諸元 [ ]• 全高: 1. 5 m• 最大直径: 2. 95 m• 質量: 1,880 kg ギャラリー [ ]•

次の

皆様から送っていただいたISSの写真

宇宙 ステーション 観測

国際宇宙ステーション(ISS)は、地上約400km上空に建設された、人類史上最大の宇宙施設です。 その大きさは約108. 8mとほぼサッカー場ほどの大きさとなり、質量は約420トンにもなります。 ISSは地球1周約90分で自由落下しながら回っているため、その中は地上の100万分の1ほどの重力しかありません。 また各種の宇宙放射線が降り注ぎ、ISSの周りは大気がほとんどがありません。 こうした特別な環境を利用して、宇宙での実験・研究や地球・天体の観測などを行うプロジェクトがISS計画です。 科学・技術をより一層進歩させ地上の生活や産業に役立てることを目的としています。 ISS計画にはアメリカ、ロシア、ヨーロッパ、カナダ、日本の15ヶ国が参加しており、各国が最新技術を結集したこの国際プロジェクトに、日本も日本実験棟「きぼう」や宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)などで参加しています。 日本初の有人実験施設となる「きぼう」は、ISSの中で、最大の実験モジュールです。 船内実験室と船外実験プラットフォームの2つの実験スペースからなり、は長さ11. 2m、直径4. 4mの大きさで、内部は1気圧に保たれており、宇宙飛行士は普段着でISSの他のモジュールと行き来をすることができます。 船内実験室では、実験ラックを使用して微小重力環境や宇宙放射線などを利用した科学実験が行われています。 は宇宙空間に直接曝されており、宇宙空間を長期間利用する実験や天体観測・地球観測などができるISSの中でも独特の施設です。 船内実験室にはエアロックがあり、「きぼう」のロボットアームを操作して、エアロックから船外実験プラットフォームへ実験装置を直接出し入れすることが可能になっています。 2008年3月に船内保管室、2008年6月に船内実験室と、2009年7月に船外実験プラットフォームがそれぞれ取り付けられ、「きぼう」は完成しました。 宇宙飛行士の滞在するISSには、非常に高い安全性が求められます。 その構成部品一つ一つが人体に対して安全であるのはもちろんのこと、どこかに不具合が発生しても決して人命には危害を及ぼさないよう、二重、三重の安全策がとられています。 これまで有人宇宙施設を持っていなかった日本にとって、「きぼう」の開発は新しい挑戦の連続でしたが、NASAなど諸外国から有人宇宙技術を吸収することで、日本独自の技術として昇華させた結果、「きぼう」は外国人宇宙飛行士からも称賛される、非常に完成度の高い実験モジュールとなりました。 また、「きぼうは、運用管制チーム(JFCT)により、 筑波宇宙センターの「きぼう」運用管制室から24時間体制で監視・運用されています。 ISSを安全に運用するためには、ISSを構成する各国との連携が重要です。 有人宇宙施設を運用するノウハウも、「きぼう」を通じて、獲得することができました。 これらの技術と経験はの開発・運用にも生かされています。 宇宙航空開発で培った技術はこれまで様々な分野に転用(スピンオフ)されてきました。 特にこれまでアメリカやロシアを中心に発展してきた有人宇宙技術は既に私たちの生活に密着した分野で応用されています。 「きぼう」が完成したことで、日本が優先的に利用できる有人宇宙施設を保有することができました。 これからは「きぼう」をいかに利用していくかが課題になっていきます。 JAXAでは、「きぼう」を利用した実験テーマを大学などから公募したり、企業と共同研究を行っています。 また企業が有償で「きぼう」を利用できる制度も始まっています。 今後、「きぼう」を通じて、宇宙実験や利用が、ますます私たちに身近になっていくことでしょう。

次の