吉本 興業 ツイッター。 吉本、稚拙対応→宮迫クビに批判噴出…吉本会長は「(会社の責任は)まったくない」

コロナ禍により引き起こされる? 吉本興業「政権批判はタブー」の崩壊

吉本 興業 ツイッター

京都市と吉本興業の契約イメージ 京都市が、市の施策を吉本興業に所属する地元出身の漫才コンビにツイッターでPRしてもらうため、ツイート(つぶやき)1回につき、50万円を支払う契約を2018年度に同社と結んでいたことが京都新聞社の取材で27日までに分かった。 ツイートには市が広告主と明確に分かる記載はなかった。 市はタレントの発信力に期待したといい、金額や広報の手法について「問題があるとは考えていない」としている。 市は18年10月に催された「京都国際映画祭」などのPR目的で、同年度によしもとクリエイティブ・エージェンシー(現吉本興業)と業務委託契約を結んだ。 契約書などによると、同社所属タレントが「京都市盛り上げ隊」として映画祭や市の重要施策を周知するとの内容で、ツイッターなどで20万人のフォロワー(登録者)を持つタレントが2回にわたって発信することが盛り込まれた。 ツイートの料金は1回50万円、計100万円だった。 昨年10月、京都市出身の人気漫才コンビ「ミキ」の2人が2回にわたって計4本ツイートした。 「大好きな京都の町並み!!京都を愛する人なら誰でも、京都市を応援できるんやって!詳しくはここから!」と記述したツイートでは「京都市ふるさと納税」などのハッシュタグ(検索目印)の他、制度を紹介するリンクが張られていた。 別のツイートでは京都国際映画祭や市営地下鉄をPRした。 同志社大の真山達志教授(行政学)は「市民感覚からすれば地元タレントが地域貢献でツイートしたと考え、報酬が発生しているとは思わないだろう。 公金の使い方としては驚く額で、自治体の広報としては誤解を与える問題のある手法だ」と話す。 市市長公室は「普段は市の情報が届かない若者らにタレントの発信力で伝えることが主眼で、盛り上げ隊としての活動の一つ」としている。 吉本興業の広報担当者は「(公金の使い道については)市の事業なので判断する立場ではなく、金額は十分に見合うものだ」としている。

次の

吉本、稚拙対応→宮迫クビに批判噴出…吉本会長は「(会社の責任は)まったくない」

吉本 興業 ツイッター

いままで当たり前とされてきたことが、一気に壊れていく。 新型コロナウイルスの猛威は、エンタメ業界を直撃した。 昨年、闇営業問題で窮地に立たされた吉本興業。 コンテンツのデジタル化を急激に進める一方で、芸人たちの収入減が止まらない。 社内の大改革を行い、新基軸を次々と打ち出してきた大﨑洋会長は、この状況をどう受け止めているのか。 会長は2時間にわたり、胸中を語った。 「なんやったっけ、あの四字熟語。 変わらないものと変わるものがあるという意味の……『不易流行』だ」 いまの吉本興業は、松尾芭蕉が説いたというこの理念で言い表せる。 4月28日、日本最大のユーチューバープロダクションであるUUUMとの資本業務提携を発表した。 外出自粛下の動画視聴時間増に合わせた動きのように見えたが、『ビリギャル』著者でもある社外取締役・坪田信貴が将来的なオンラインでの展開を見据えて1年前に発案。 それがきっかけとなり、岡本昭彦社長の指揮のもと、契約が成立したプロジェクトだった。 また、劇場に足を運ばずともオンラインでコンテンツを楽しめる「 吉本自宅劇場」も若い芸人や社員の声によりスタートした。 これにより、ツイッターやインスタグラムなどさまざまなプラットフォームでのエンタメ配信が可能になり、一気にオンライン化が加速した。 「これまでは、グランド花月の劇場に出て、地上波のテレビに出て、ゴールデンのいい枠で冠番組を持つことが芸人の夢とされてきた。 だけどいまは、発信する手段がいろいろできて、物差しが多様になった」 ただし、と大﨑は強調する。 「リアルで会って相手の気持ちを読み取るコミュニケーションは、人類の基本。 それはコロナ後もなくならないでしょう」 オンラインとオフラインの両輪体制は、大﨑が出した一つの解だ。 しかし、現実は甘くない。 吉本興業は、仮に年末まで劇場を閉じるとすれば、今期で赤字額は40億円に上ると予想する。 「銀行から受ける融資は80〜100億円。 昨年の闇営業問題と比べたら、1億万倍、次元の違う話。 それでも、基本的に誰の力も借りないで、自分たちで支え合おうと思っている」 覚悟の裏にあるのは、2011年に始まった「あなたの街に住みますプロジェクト」。 全国47都道府県に吉本のタレントを居住させ、地域を盛り上げていこうというものだ。 赤字覚悟で始めた事業だったが、初年度から黒字となった。 その後、居住地域はタイ、インドネシアなどアジア7カ国・地域に拡大。 芸人と社員が現地に腰を据え、地域の社会課題解決に取り組むことで、地元に新たなコミュニティを生み出した。 コロナで不安定な状況の中、このコミュニティは地域の共助の場となっており、その価値が再認識されている。 09年の社長就任以来、大﨑は「デジタル」「アジア」「地方」という3つのキーワードで吉本興業を引っ張りながら、勝ち負けではない、皆が助け合える世界を目指してきた。 それがいま、急速に実現に向かっている。 「僕の思い描いていた共助の世界は、ある意味ラッキーなことに、危機的状況の中でさらに需要を増している。 いまは大変なときだけど、ここでいろいろなプラットフォームを使いながらコミュニティを作ることで、今後も力強く生き残ることができる」 資本主義社会においてある程度の競争は必要だが、大事なのは勝ち残ったリーダーが未来への指針を示せるかどうかだと大﨑は語る。 「新型コロナウイルスのような危機は、きっとこれからも訪れると思う。 今世紀はずっと、戦中戦後のような状況を繰り返すんちゃうかな。 その中で、個人も組織もますます支え合って生きていかなあかん。 吉本はそんな助け合いのコミュニティを、これからも作り続けたい」 不易流行、その言葉通りに。 78年、関西大学社会学部を卒業後、吉本興業に入社。 82年に吉本総合芸能学院(NSC)の担当となり、一期生のダウンタウンの東京進出など若手芸人の育成を担当。 2001年に取締役、09年に社長に就任し、19年より現職。

次の

ゆにばーす川瀬名人、7月給料は37万円超「吉本興業感謝」 ギャラ不満芸人に皮肉

吉本 興業 ツイッター

2019年7月21日、松本ツイッターで動きますと発信! 昨日、雨上がり決死隊の宮迫、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が、緊急記者会見を行いました。 ふたりが所属する吉本興業との引退をかけた駆け引き、完全ブラック企業と闇営業に関わった芸人を救うためダウンタウンの松本がツイッターで動きます。 [ad co-1] 2019年7月21日、二人の緊急棋士会見を見たダウンタウンの松本氏が、ツイッターで「動きま す」と発信。 どのようなことなのでしょうか? 2019年7月20日、闇営業問題の中心人物がやっと動き出し、緊急記者会見を開きました。 つい に真実が語れる時が来た。 ふたりは、涙を流しつつの会見となりました。 しかし、意外な展開 が待っていたのです。 宮迫・田村と吉本興業が決裂していたという事実が判明。 2人は、以前から謝罪会見をやらせ てほしいと嘆願していたという。 しかし、吉本興業の社長岡本昭彦氏から「謝罪会見を開くな ら全員連帯でクビ」と言われていたことを暴露しました。 そして、宮迫さんは「僕のような能 力でも、何年経とうがいつか、何かお役にたてるかもしれない。 引退は考えられない」「反社 会勢力とは知らなかった」と語りました。 それを聞いた瞬間、ちょっと違和感がありました。 個々の場面では、「引退する」ではないのではないかと。 やっぱり辞めたくないんだと感じま した。 この近畿優記者会見を受けて、ダウンタウンの松本人志さんがツイッターを発信し動きまし た。 同日の深夜に最終の仕事を終わるとすぐその足で新幹線に乗りました。 大阪からの緊急帰 京。 そして、吉本興業東京本社に直行、約2時間の緊急会議を行いました。 今後の吉本興業の 会長と社長の対応について追いました。 7月20日闇営業、宮迫・田村緊急会見 闇営業で反社会勢力との間で行った問題で、雨上がり決死隊の宮迫博之 49 とロンドンブーツ 1号2号の田村亮 47 が、問題が発覚し表面化してから初めて会見をたった2人で行いました。 ふたりの現在の処分は、宮迫博之氏は、吉本興業から7月19日付でマネジメント契約解消。 田 村亮氏は、無期限の謹慎処分です。 会見の冒頭で宮迫氏が被害者とその家族、親族に向かって「お詫びさせてください。 本当に申 し訳ありませんでした」と謝罪から始まりました。 次に追うようにして田村亮氏も宮迫氏同様の内容で、被害者、親族、友人ら向けて謝罪をしま した。 緊急会見までの吉本興業とのバトル 7月18日、翌日発売される「FRIDAY」に金塊強奪犯との主席の写真が喝采されることが判明 し、宮迫博之引退の文字が流れ始め、19日、吉本興業は今後の宮迫博之とのマネジメントムの 継続に重大な支障が生じた年、上記決定に至りました。 と発表があり契約を解除されました。 その翌日の20日に二人っきりの緊急会見が開かれるという流れになったのです。 吉本興業からは会見はないと断言をしていたので、周りは大変驚きました。 この席でまず明かされたのが、対吉本興業との間で対決があったことです。 ふたりは、吉本興業の社長岡本昭彦氏に謝罪会見をしたいと訴えていました。 しかし、岡本社 長には聞き入れてもらえなかったことを暴露し、会社を批判することも。 さらに、この会見で明かされた吉本興業の幹部言葉です。 驚きです。 いつの時代の出来事思っ てしまいます。 こちら 「お前らテープ回してないやろな」 「お前辞めて1人で会見したらええわ。 やってもええけど、そんなら全員連帯責任でクビにするからな。 それでもええんなら記者会見やれ」 「織にはお前ら全員クビにする力があるんや」 「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本が株主やから大丈夫や」 シーン。 怖いですねー。 こんなことがあったなんて。 耐えられないな。 完全に吉本興業はブラックだよ。 と言っているようなものです。 これが吉本の正体なのか! 宮迫氏の保身 うそ と吉本興業の対応? さにに吉本興業のブラック話は続くのです。 吉本興業が宮迫氏と田村氏の金銭授受があったと発表したのは、6月24日。 しかし、実は、二 人が金銭授受を吉本興業へ報告したのは、6月8日 第一弾のFRAIDAY発売日の翌日。 宮迫氏ら がSNSでうそ・金銭授受していないしたのが6月7日 と話しました。 6月8日、宮迫氏は第一弾のFRAIDAYの発売日の翌日に田村氏から、お金のことを言いましよ うと電話を受けました。 この時宮迫氏は「保身」に走ろうとしますが、結局、いろいろとふたりで押し問答を繰り返し た結果、会社に報告しようということになり、その足でふたりで会社に行きました。 ここまでの出来事と流れは6月8日のことです。 しかし、 吉本興業が発表をしたのは、6月24日。 金銭授受を認め謹慎処分を発表した日 8日から「ずっと静観でいきましょう」と言われふたりも納得してたといいます。 宮迫氏は、「保身」のため、うそをつき続けようと判断、お金はもらっていないという口裏合 わせの支持をしたことも明らかに話しました。 6月8日~6月24日「ずっと静観でいきましょう」 宮迫「大丈夫か、会見を開いていったほうがよいのではないか。 」 吉本社員「いえ、会社としては静観です」 田村「記者会見をやらせてください。 全部自分たちの口で、金額、経緯、事実を伝えさせて下さい。 」 吉本社員「ダメだ。 記者会見をさせるつもりはない」 田村「辞めてでも、僕一人でも会見をさせてくれ」 社長「弁護士、社員、すべて出ろ」「お前ら、テープ回してないやろな」~ ここまでの流れは、6月24日。 6月24日~謹慎期間に入る 謹慎に入ってからも宮迫氏と田村氏のふたりは、吉本興業に謝罪会見を開きたいと交渉を続けます。 宮迫「引退してても記者会見をやらせてくれ」と何度も連絡します。 7月7日、吉本興業から宮迫氏のマンションに会いに来ます。 「引退するなんていわないでください、話しましょう」 7月8日、宮迫氏と田村氏ふたりで吉本興業に行きます。 宮迫「僕が全責任を負う引退するんで、引退会見でいいので、謝罪をさせてくれ」と岡本社長 に嘆願します。 社長「引退はさせない、させるわけにはいかない」 社長「わかった、会見はやらせてやる。 その代り期間はこちらで決定する」 社長「いつになるかは明言できない」 宮迫「一日でも早く、今すぐにでもいいから、会見をやらせてください」 社長「それはできない。 期限はこっちが決める。 こっちの権限だ」 弁護士を立てる! えっ話が違う? このまでは、うやむやにされてしまうという危機感から、ふたりは、弁護士を立てます。 7月18日、突然、吉本興業からふたりの弁護士宛てに連絡が着ます。 「宮迫氏と田村氏2人の引退会見、もしくは2人との契約解除、どちらかを選んでください」 宮迫氏は意味がわからないという。 引退ということもなく、謝罪会見をさせてもらえると思っ ていた僕たちはどうしたらいいのかわからなくなりました。 吉本興業は、「話し合いをしましょう」ということになり、二人の弁護士を一旦解除しまし た。 そして、吉本興業に訪れたふたりに吉本興業側の弁護士は、引退会見を迫ったといいます。 松本人志ツイッターで「動きます! 」 ダウンタウンの松本人志氏がツイッターを投稿し動き出しました。 7月20日の深夜、ダウンタウン松本、東野、吉本興業大崎会長、岡本社長と4人水入らずで話し 合ったという。 会長も社長もちゃんと話を聞いてくれた。 絶対に悪いかて者じゃないと松本氏が言います。 松本氏が言うには、岡崎社長は、以前松本氏のマネージャーという関係だそうです。 ejto 20も前から大崎社長には、こう言ってたといいます。 振る舞いが横暴だったり・・・ そういうところが気になりますよと。 そして、大崎会長については、会長とずっとやってきたので、もし、これ以上、問題が大きく なったら自分の進退を考えなければ・・、と話していたという。 松本氏は、大崎さんがいなか ったら、ぼく 松本 も辞めますと言ってたのを全力で止めた。 うちの兄貴なので、大崎さんがいなくなったら、ぼく 松本 は辞めますね。 7月22日 月 、吉本興業の岡崎社長が会見を行います。 さらに松本氏は、吉本興業に対して、ある提案をしました。 「吉本興業の中に、『松本興業』のようなものを作って、宮迫氏や田村氏らを引き取りたい と」 この松本氏の提案に対して、吉本興業は、受け入れたとしています。 ですね。 また、なぜか明石家さんま氏が突如として登場し、同じように提案していたということです。 良くわかない業界ですね。 [ad co-4].

次の