きゅうり剪定。 きゅうりの育て方(誘引・芽かき)

キュウリの整枝方法について教えて | 調べる | タキイ種苗株式会社

きゅうり剪定

品種によって性質が異なるので、まずは3種類の性質を知っておきましょう。 ・節成り型 節成り型は、親づるの各節に雌花がつき、それが実になります。 つまり、各節に実がつくという性質の品種です。 ・飛び節成り型 飛び節成り型は、節成り型と違って親づるに花芽がつきにくい性質があります。 そのため、親づるを早めに摘心して子づるを発生させ、 そこに実をつけさせるのが一般的です。 古くからあるタイプの性質です。 ・中間型 名前の通り、節成り型と飛び節成り型の中間タイプです。 親づると子づるの両方に雌花がつくため、どちらにも実をつけることができます。 ただし、節成り型のように各節に花が咲くわけではなく、 飛び節成り型のようにとびとびに花がつきます。 親づるにも子づるにも実がつくので、どちらのつるも大切にしたいです。 節成り型と飛び節成り型の両方の性質を持ったタイプが、 中間型ということになります。 摘心を適切に行えば、それだけ実をつける予定のつるが伸び、収量も期待できます。 反対に摘心を怠れば、つるの生長が緩慢になり、 花付きや実付きも悪くなる可能性が出てきます。 ・節成り型、中間型 節成り型と中間型は、親づるに雌花がついて実がつくので、 親づるを短く摘心すると、収量が落ちます。 特に節成り型は、親づるメインで実がつくので、 親づるを短くしてしまうと、その後の生育に大きく影響します。 摘心する位置の目安は、だいたい支柱の高さです。 この高さであれば、作業にも支障が出ず、 かつ子づるを発生させて育てる中間型であっても、 子づるの発生を遅らせることなく育てることができます。 ・飛び節成り型 飛び節成り型は、親づるに雌花がつきにくく、おもに子づるにつきます。 そのため、親づるはあまり長く伸ばさず、 子づるの発生を生育に体力を使わせるようにします。 親づるの摘心のタイミングは、7節~8節くらいです。 飛び節成り型や中間型は、子づるにも実がつくので、 子づるや孫づるの管理も必要となります。 子づる以降のつるを全て放任すると、あっという間につるが絡んでしまうので、 整枝をかねて摘心をするようにします。 作型によって、子づる以降の摘心のタイミングが少しずつ違ってくるので、 ぜひ参考にしてください。 ・露地栽培 家庭菜園などでも使われる、もっとも基本的な作型です。 子づる:下節位は1節で摘心、中節位は2節で摘心、上節位は1節で摘心 孫づる:下節位は1節~2節で摘心し収穫後につるを取り除く、 中節位と上節位は2節で摘心 ひ孫づる以降:低節位は取り除いているので摘心不要、 中節位と高節位は基本放任だが混んでいる部分は摘み取る ・ハウス抑制栽培 まだ暑さの残るうちから定植し、寒くなっても収獲を続ける作型です。 子づる:下節位は1節で摘心、中節位は2節で摘心、上節位は1節で摘心 孫づる:下節位は1節で摘心して収穫後につるを取り除く、中節位は2節で摘心、 上節位は2節で摘心 ひ孫づる以降:低節位は取り除いているので摘心は不要、 中節位と上節位は2本~3本を放任して他は1節~2節で摘心し、 混みあっている部分は取り除く ・促成栽培 抑制栽培とは反対に、寒い時期から栽培を始め、早くから収獲をする作型です。 子づる:下節位は1節で摘心、中節位は2節で摘心、上節位は1節で摘心 孫づる:1節で摘心して収穫後につるを取り除く、中節位は3節~5節で摘心、 上節位は3節~5節で摘心 ひ孫づる以降:下節位は取り除いているので摘心不要、 中節位と上節位は基本放任で混んでいる場所は取り除く ・半促成栽培 促成栽培よりも遅めに栽培を開始しますが、 露地栽培よりも早めに収獲を開始する作型です。 栽培方針によっては、やらなくても構いません。 しておいた方が、栽培がうまくいく可能性が高くなります。 ・ハサミを使わない 摘心作業をする時は、ハサミを使わずに手で生長点をポキンと折るようにします。 適切な時期に摘心を行えば、摘心する部分が硬すぎて手で折れないということは、 ありませんし、簡単に作業が行えます。 また、他の植物に使ったハサミは、病気の原因となる菌が付着している可能性があります。 そのハサミをそのまま使うと、そのキュウリも病気にかかることがあります。 片手で摘心作業をすれば、取り除く方にだけ手を添えるため、 万が一発病株に触れた手であっても、感染の可能性は低くなります。 ・適期を狙って作業する キュウリ栽培での摘心は、実をつけさせるつるを育てるために行います。 親づるを摘心することで、発生した子づるは勢いを増します。 子づるの摘心をすれば孫づるが発生して、勢い良く伸びます。 つるを伸ばす力をうまく抜くために、放任するつるをいくらか作り、 勢いのあるままに実をつけるつるを育てることで、良い花が咲いて実がつきます。 草勢を弱めるために摘心しすぎると、 株全体の勢いが弱まる原因になるので、注意します。 ・中節位中心に育てる 家庭菜園など、少ない株数を栽培する場合、どの位置でも作業に問題はありません。 けれど、多くの株数を育てる農家では、作業しやすい位置としにくい位置が出てきます。 下方と上方は手が届きにくく、作業が難しくなります。 できるだけ中節位を中心に仕立てると、作業がしやすくなるのでお勧めです。

次の

キュウリの整枝方法について教えて | 調べる | タキイ種苗株式会社

きゅうり剪定

トマトは剪定が必要なの? トマトは成長していくにつれ、葉や芽を多くつけ上に伸びていきます。 しかし、不要な葉を多くつけた分、栄養もいろんなところに散らばるため、肝心の実がつきにくくなる原因となってしまいます。 また、枝や葉が多くなってくると、病気や害虫の被害にあう可能性も高くなります。 そうならないためにも、トマトには剪定が必要なのです。 適度に剪定することによりトマトの健康が保たれ、実に栄養が行きわたりやすくなり、たくさん実をつけてより多く収穫できるようになります。 トマトの剪定:摘心 摘心をする 摘心(てきしん)とは、トマトの実を大きく育てるために、新しく生えたり伸びてきた葉やつるを摘み取る作業のことをいいます。 トマトは成長してくると、上に向かってぐんぐん伸びてきます。 一見すると元気でいいのですが、上に育つ分ばかりに栄養を回してしまうと、実を付ける分の栄養が足りなくなってしまいます。 そうなるまえに不要な分は摘み取っていきます。 正しいタイミングで摘心をして、より多くの実をつけるよう促しましょう。 摘心の時期 トマトは、段になって生えてきた葉の先端に花房をつけます。 花房がついている内の一番下から数えて、5段目まで花房がついたら摘心のときです。 花房がついている5段目から、さらに上についている1~2段の葉を残して、摘心します。 なぜ葉を残すのかというと、雨などで花房が傷まないよう、傘の役割をしてもらうためです。 ミニトマトの場合 ミニトマトの場合は、花房の段数が多くなっても問題ありません。 育てる際に立てた支柱の先端まで丈が伸びてきたら、それを目安に摘心しましょう。 トマトの剪定:わき芽かき わき芽かきをする トマトのわき芽とは、葉の付け根から生えてくる芽のことをいいます。 なぜわき芽を取るのかというと、わき芽は放置しているとどんどん茂っていき、蒸れてしまいます。 それにより風通しが悪くなり、害虫がつく原因にもなるのです。 わき芽が多くなるほど、実にいくはずだった養分がわき芽に取られてしまいます。 おいしいトマトの成長のさまたげになるので、わき芽が小さいうちに取ってしまいましょう。 わき芽が小さいうちはやわらかく弱いので、手でつまむとポロっと簡単に取れます。 この段階でハサミを使うと、根もとまで取り除けないことがあるので、手で取りましょう。 もし、わき芽に気付かずわき芽が大きく育ってしまったときは、手だと取りにくいので、この場合はハサミで切りましょう。 わき芽を取ったところから病原菌が入らないように、ハサミはしっかり消毒してから使ってください。 また、大きく育ってから切り取ったわき目を鉢にさしておくと、根付いて育つことがあるので、こちらも同じ方法で育ててみましょう。 わき芽かきはいつまでやるの? わき芽は次から次へと生えてくるものなので、見つけ次第取り除くようにしましょう。 目安としては、3日に1回くらいのペースで十分といわれています。 最低でも1週間に1度は作業をしたいところですね。 もし、わき目と主枝を間違えて切ってしまった場合は、この先はわき芽の方を主枝として育てていきましょう。 芯止まり性のトマトは剪定のタイミングが違う 芯止まり性とは ミニトマトは品種によって、芯止まり性のものがあります。 芯止まり性でない品種は、支柱の高さまで成長したときに摘心をすれば問題ないです。 芯止まり性の品種の場合は、下から2段目の花房より上に花房をほとんどつけません。 なので、下から2段目の花房の上の葉1枚を残して摘心し、1段目の花房の真下から生えるわき芽を伸ばして育てるようにします。 芯止まり性を起こす品種を育てるときは、この繰り返しになします。 芯止まり性でない品種にくらべて摘心の作業が多く、少し手がかかるかもしれません。 芯止まり性の見分け方 芯止まり性かどうかは、花房の間の葉の枚数で見分けることができます。 花房と花房の間にある葉の枚数が1~2枚の場合は、芯止まり性の品種であるといわれています。 そうでない品種は、花房と花房の間の葉の数が3枚になるようです。 まとめ 剪定というとなんだか面倒で頭を使う作業のように聞こえますが、こうしてまとめると、案外簡単な工程で済みます。 トマトは基本的に手をかけなくても育つ作物ですが、こうして手をかけることにより、もっとおいしく、大きな実をつけるようになります。 よく面倒を見てあげれば、答えてくれるということですね。 より多くのおいしい実をつけた姿を見たいという方は、ぜひトマトの剪定をすることをおすすめします。 剪定を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

きゅうりの育て方、土つくりから定植後の手入れや収穫まで

きゅうり剪定

きゅうりの土つくりから植え付け きゅうりの植えつけの2週間前に土作りをします。 きゅうりの栽培する場所は日当たり、水はけのよい場所を選びます。 連作を嫌うので、2,3年の間にウリ科の野菜を育てた場所は避けましょう。 土作りとしてはうねの中央に肥料や土壌改良剤を入れていきます。 苦土石灰をまいた後、深さ20センチまで掘り、堆肥は溝に入れ、化成肥料、過リン酸石灰は溝と掘り上げた土に半部ずつ入れます。 畝をたてて、乾いていたら水をまいて、マルチングをします。 接ぎ木苗を選ぶことが家庭菜園初心者の上手にきゅうりを育てるポイントです。 かぼちゃに接ぎ木した苗は病気や連作に強く、育てやすいです。 苗は節間のつまったずんぐり太い茎のものを選びましょう。 きゅうりを定植する前には苗をポットごとバケツの水につけ、根鉢をたっぷり湿らせます。 きゅうりの根を傷つけないように根鉢は崩さず、やや浅植えにします。 仮支柱は根鉢から離して地面にさしておきます。 きゅうりの定植が終わったら寒さと風除けに寒冷紗をかけたり、肥料袋であんどんを作って風除けをしましょう。 きゅうりの定植手順とポイント• 根鉢に水をしっかりあたえる バケツの水にきゅうり苗のポットごといれ、根鉢にたっぷりと水を吸わせておく。 根鉢はくずさず、鉢から抜いたまま植えます。• 地面と根鉢は水平に植える 土を根鉢の大きさに掘って根鉢の上と地面が水平になるくらいの高さに植え付けます。 まわりから土を寄せて軽く押さえます。 深植えはしないようにしましょう。• 仮借支柱を立てる 仮支柱は根鉢をきずつけないように根鉢から離れたところに斜めに差し込みます。 支柱ときゅうり苗をひもで八の字型にきつすぎずゆるすぎない程度にしばります。• 定植が終わったら水やりする 仮支柱は内側へ向けて差すとあとの作業のじゃまになりにくいです。 定植が終わったら水を与え、根鉢とまわりの土をなじませます。• 風除けをする 5月は強い風がふいたり、寒くなったりすることがあります。 きゅうりの茎が風で折れることがりますので寒冷紗かビニールをかけたり、肥料袋であんどんを作って植えたばかりの苗を保護します。 キュウリの植え付けは、根っこを痛めないよう優しく行うのがポイントです。 ビニールポットから出す時も、根っこを痛めないよう注意して植えつけて下さい。 根鉢の周囲に土をかぶせたら、土の間から空気を出すイメージでたっぷりと水を与えていきます。 きゅうりの定植後の手入れ、支柱立て キュウリを植えつけてから乾燥しすぎてない状態であれば雨だけでほとんど水をあたえすに育てます。 夏には毎年台風や大雨が降りますので春から初夏の時期にがっしりとした合掌式の支柱を立てることをおすすめします。 合掌式の支柱立ての手順• マルチングの外側に左右から斜めに支柱を立ててキュウリの株の上で合掌型に組みます• 横方向への支柱を渡して支柱同士も紐でよく縛っておきます• ひもでそれぞれの支柱が固定できるようにしっかりとひっぱります 風や雨で支柱が緩んだときはひもを引っ張って締めます• 杭にひもの端を縛りテントを止める要領で地面に固定しておくと支柱が強風にもよく耐えます 植え付け直後すぐにツルが伸び始めてきますので、麻紐などを使い結束しながら支柱に誘引していくと良いでしょう。 また、ツルをしっかりと育てるために下から5節目くらいまでは、脇芽をどんどん摘み取っていきましょう。 キュウリの1つ1つの葉に日光が当たり、風通しを良くすると、上手にキュウリを育てることが出来ます。 雌花や雄花も同様に1メートルほどになるまでは、花も摘み取っていくと、キュウリは元気に生長することが出来ます。 5節目以降に伸びたツルに関しては、根元より本葉2枚を残し摘芯していきます。 スポンサーリンク きゅうりの収穫と害虫対策 キュウリの収穫の目安は、雄花が枯れた頃です。 雄花が枯れる直後に収穫すると、ちょうど良い大きさで味の良いキュウリを味わうことが出来ます。 それ以上になってしまうと、キュウリはあっという間に大きくなり味も落ちてしまい、瑞々しさがなくなります。 株自体も弱ってしまうので収穫はこまめに行うのがポイントです。 キュウリの生長はとても早いですから、収穫期くらいになったら、毎日こまめに観察し、良い収穫が出来るように準備しましょう。 最初に実ったきゅうり2,3本は短いうちに収穫して、樹を充実させます。 きゅうりは1日に最大5cmほど伸びるので、できるだけ家庭菜園の様子をよく観察して長さ20センチくらいに成長したらすぐに収穫します。 きゅうりを収穫していくと、だんだんと葉が病気になったり、枯れてきたりして樹の勢いがなくなってきます。 家庭菜園では7月下旬をめどに最後の収穫をして、キュウリの株を抜き取ります。 きゅうりの根は畑に残りやすいので早めに片づけ、土を掘り返しておきます。 ウリハムシ対策 ウリハムシという虫は、茶色や黄色といった羽を持つ甲虫であり、大きさは大体、6ミリ-7ミリほどの害虫です。 ウリ科の野菜や果物の葉っぱや花が好きなウリハムシは、良くスイカやカボチャ、キュウリなどに現れる害虫となります。 このウリハムシは、こういった野菜や果物の葉っぱを円弧状に食害し、葉っぱに穴をあけてしまう害虫ですので、たくさん発生すれば、成長過程を著しく悪くしてしまうだけでなく、ひどい場合には、枯死してしまうこともあります。 冬を越えたウリハムシの成虫は、春になると出現し、キュウリなどの野菜の株元に卵を産みます。 その卵がかえり、幼虫となった時には、幼虫が土に潜って根っこを食害し、成虫は花や葉っぱの部分を食害します。 良くウリハムシが見られる時期は、5月と8月です。 成虫を見つけたら、捕殺するのが適切です。 駆除をする場合には、ウリハムシの活動がのろい低温の午前中が1番良いかと思います。 無農薬で育てている方も居るかと思いますが、農薬としては、マラソン乳剤を使うと、ウリハムシに効果があります。 発生初期に散布するのがコツです。 きゅうりの育て方のまとめ 良い苗の選び方、生育環境を良くする キュウリの苗の選び方のコツは、子葉がしっかりとついていること、本葉が3-4枚ほどついていること、節間が短くしっかりしているもの、病害虫がないもの、この4点を確認しておきましょう。 また、ウリ科の野菜にも連作障害があり、キュウリの場合は、つる割病が起こりやすくなりますので、接木苗を選ぶのも良い方法だと言えます。 それほど高い温度は不要となりますが、霜などのおりない時期に、苗の植え付けを行うようにしてください。 また、土づくりの際には、苦土石灰などをまくようにして、土の酸度の調節を行なってください。 キュウリは、地這栽培よりも支柱栽培がおすすめ キュウリは地這栽培をすることもできますが、家庭菜園では、スペースの取らない、作業を行いやすい、支柱栽培がおすすめです。 苗の植え付け後には、合掌式支柱やU字支柱をしっかりと立てて、その後の雨風の影響にも耐えられるようにしておきます。 また、支柱に上手く誘引するのが難しい場合には、キュウリ用のネットを張っておくと、自然に誘引することができます。 湿気の多くなる梅雨頃には、病気に注意すること キュウリは、比較的育てやすい野菜だと言われますが、梅雨時の生育となるため、うどんこ病やべと病といった病気にかかりやすいです。 べと病は、高温多湿、肥料不足、雨による泥の跳ね返りなどの原因により起こります。 畝や畝間に敷きワラをするなどして、予防してください。 また、急激に大きくなる分、肥料も必要な野菜でもあります。 収穫期には追肥を適切に行うのも、予防策の1つと言えます。 うどんこ病は、乾燥や日照り不足などによって起こります。 どちらの場合も、病気にかかった時には被害にあった部分を切り取り、殺菌剤を葉の両面に散布してください。 こういった病気を減らすためにも、接木苗を利用することをおすすめします。 キュウリの生長はとても早いので、収穫期を逃さないこと キュウリはとても生長が早い野菜です。 開花後は約7日で長さ20センチ近い、キュウリを収穫できるほどです。 1日-2日でも、その実の大きさはぐんと大きくなっているので、できるだけ毎日畑に見に行くようにして、収穫期を逃さないようにしてください。 収穫期間を伸ばすために行う、追肥 キュウリは、上記のように急激に大きくなるものです。 その分、肥料や水を多く消費しますので、多めの追肥、充分な水やりを行うことが大切です。 収穫期中は、2週間に1回、追肥を行うのがベストです。 肥料切れは実の変形や、尻細などにもなりやすいと言えますので、充分に気を付けてください。

次の