余った年賀状 有効活用法。 余った年賀はがきは使える?期限切れとかあるの?

余っても大丈夫!未使用・書き損じ年賀状の有効活用教えます

余った年賀状 有効活用法

紙飛行機にして飛ばすのもいいが、一番オトナな行動は「郵便局へ持っていく」ことだろう。 未使用品や書き損じの年賀はがきを郵便局に持ち込むと、1枚あたり5円で通常のはがきや切手に交換してくれる。 知らない人も案外多いのでは? 実はこれ、年賀はがきに限ったサービスではない。 一般はがきや郵便書簡、レターパックや不要となった切手など、所定の手数料を払いさえすれば、様々な郵便アイテムに交換できる。 詳細は、で確認できる。 ただし、「あて所に尋ねあたりません」「あて名不完全で配達できません」と、宛先不明で戻ってきてしまったはがきに関しては、交換ができない。 もし同じはがきで再送したい場合は、相手の正しい住所を書き直し、50円切手を貼り、宛先不明の表記を二重線で消した上、『再差出』と赤ペンで明記すること。 年賀はがきは通常のはがきと異なり消印がないため、配達済みかそうでないかわからない、つまりそのまま書き足して送れば届くのでは、と考える人もいるだろう。 ところが、郵便局に一度でも集められた年賀状には、目に見えないバーコードが印字されている。 投函済みか否かは、郵便局で簡単に判断できるようになっているので「そのままではNG」だと覚えておこう。 ちなみに、未使用品や書き損じの年賀はがきを、国際貢献活動資金としている団体がある。 では、年賀はがきでできる国際貢献として、未使用や書き損じの年賀はがきを回収。 郵便局で切手シートに交換したのち、専門業者で現金化し、バングラデシュやネパールに暮らす子どもたちの教育資金としている。 手元に余った年賀はがきを、封筒などに入れて同協会に送るだけで、途上国で働く子どもたちのサポートができるのだ。 似たサービスを提供している企業や団体は数多くある。 一度探してみるのもよいだろう。 未使用や書き損じた年賀状を眠らせることなく、有益な活用法をぜひ知っておいて欲しい。 (筒井健二)•

次の

去年の年賀状の有効活用法は?無駄なくお得に使い切る方法

余った年賀状 有効活用法

もくじ• 年賀状のお得な活用法5選 余ってしまった年賀状を、お得に活用する5つの方法を紹介します。 お年玉くじ当選 余った年賀状はまず、お年玉くじの「 当選はがき」がないか確認しましょう。 平成29年の当選商品は「現金10万円」や「ふるさと小包」となっており、当選はがきと交換しない手はありません。 当選商品は1等から3等までありますが、一番確率の高い3等でも当選確率は2%あります。 50枚余っていれば、1枚は当選しているはずです。 もし、お年玉くじに当選している場合は、郵便局で引き換えてもらいましょう。 未使用でも書き損じでも大丈夫です。 ただ、お年玉くじは引き換え期限がありますから注意が必要です。 年によって締め切り期日は変わりますが、引き換え期限は、概ねその年の7月中旬ごろまでです。 スポンサーリンク 「切手」か「はがき」に交換 余った年賀状の活用法として、 新しい切手やはがきに交換する方法があります。 年賀はがき1枚につき5円の手数料がかかりますが、新しい切手やはがきと交換してもらえます。 また、手数料の500円を現金で支払わなくても、交換する金額から相殺することもできます。 100枚の年賀状の合計金額から手数料の500円を差し引き、残額分の切手やはがきと交換できます。 交換してもらえる商品は、次の通りです。 また、余った年賀状の切手部分が汚れていたり、判別できない時も交換してもらえない場合があります。 自分で判断できない時は、郵便局の職員の方に相談しましょう。 手数料がかからない交換方法 身内の不幸などで、購入した年賀はがきが使えなくなった場合は、その年賀状の販売期間内であれば 手数料なしで上記のものと交換することができます。 その場合は、年を越す前に郵便局に持ち込むようにしましょう。 郵便局の窓口に備え付けてある請求書に必要事項を記載し、提出することで交換ができますよ。 懸賞などに使用する 「郵便局に持ち込むのが面倒くさい」という場合や、普段からはがきを使うことが多い場合は、余った年賀状を 普通のはがきとして使うことがおススメです。 ただし、余った年賀状を普通のはがきとして使用する場合は、 「年賀」の部分を二重線で消してください。 消さなかった場合、その年の元旦まで配達されないこともあります。 郵便料金の値上げに注意! 2017年6月1日より年賀状を含む通常はがきの料金が、52円から 62円に値上がりしました。 そのため、余った52円の年賀状を通常はがきとして使う場合は、10円の切手を貼って使うようにして下さい。 ただ、2017年12月15日から2018年1月7日の期間に差し出された年賀状に関してのみ、52円の料金で出すことが出来ます。 2017年12月14までに差し出されたもの、2018年1月8日以降に差し出されたものについては、年賀状であっても62円になりますので注意しましょう。 これは、この期間に郵便物が集中するため、単価を下げても採算が合うという理由で安く設定されているそうです。 ネットで売ってみる どうしても現金で換金したい!と言う場合は ネットで販売する方法がおススメです。 ヤフーオークションをはじめ、メルカリなど個人で手軽に出品することができる時代になりました。 これにより、手軽に現金化することもできます。 また、 実店舗の金券ショップなどでも買取をしている場合もありますので、ネットが得意でない場合は実店舗に持ち込むのもいいでしょう。 ただし、ネットで販売する場合、年賀はがきの半額以下の値段になることもあります。 販売する前に相場がどれくらいかを調べてみましょう。 はがきの相場を知らべる際、新品の切手の相場も調べてみましょう。 もし、切手の方が相場が高い場合は、郵便局で新品の切手に交換してから出品した方がお得です。 高額で売れる場合 年賀状の番号が 特定の番号の場合、ネット上で高額換金できる可能性があります。 換金するタイミングは早ければ早いほど高く売れますので、良い番号を見つけたらすぐに換金に取り掛かりましょう。 換金できるサイトは、ヤフーオークションが人気です。 高額換金できる番号は次のとおりです。 同一番号 「111111」や「888888」など、 同じ数字の連番は高値で売れます。 下4桁が同じだと1,000円程度、下5桁が同じだと3,000円程度、6桁すべて同じだと1万円程度が相場です。 キリ番 「123456」や「070707」など、 見栄えの良い数字も高額で取引されています。 数字の並び方にもよりますが、100円~3,000円程度が相場です。 その年 その年の数字も人気です。 2016年や2017年なら「2016」や「2017」といった番号が人気です。 1,000円程度が相場です。 ゴロ合わせ 「1192」や「1122」など、 ゴロ合わせの数字も人気です。 1192は「いいくに(良い国)」、1122は「いいふうふ(良い夫婦)」などがあります。 面白いゴロ合わせだなと思ったら、ゴロの紹介も合わせて出品してみましょう。 支援団体に寄付する 上記の方法がどれもイヤ!という場合は、 支援団体に寄付することを検討してみましょう。 様々な支援団体で、書き損じや未使用の年賀はがきを集めている場合があります。 支援団体では、集まった年賀はがきなどを切手などに交換し支援活動に使用しています。 不要になったものが他の人のためになると思ったら、重い腰も動きだすかもしれません。 小額でも支援団体には貴重な資源です。 あなたの気持ちが多くの人を救う力になるかもしれません。 ぜひ前向きに検討してみてくださいね。 郵便局での交換について 郵便局での年賀状の交換は とても簡単です。 身分証など必要な物もありませんし、手続きも数分で終わります。 家で余っている年賀状をかき集めて郵便局に行くだけです。 郵便局に着いたら、職員に「これを交換したい」と言えば手続きをしてくれます。 まとめ 余った年賀状は、そのまま放置しておくことが多いものですが、有効活用も検討してみましょう。 ちょっとした手間で部屋が綺麗になるばかりか、お小遣いになるケースもあります。 寄付した場合は人助けにもなります。 余っている年賀状を集めて、有効活用してみましょう。

次の

余った年賀状のお得な活用法【懸賞・交換・高額換金の裏技】

余った年賀状 有効活用法

皆さま年賀状はもう出しましたでしょうか? 最近はメールやラインなどで済ませてしまう方もいますが、 やはり年明けから年賀はがきがポストに入っていると嬉しい気持ちになりますよね。 しかし、 毎年多めに買ってしまう年賀はがきが余ってしまうことありませんか? 最近はプリンターをお持ちで写真等をご自宅で印刷する方も多いです、たまに印刷ミスやインク切れでプリントミスをしてしまうことも多々あります。 我が家でも毎年必ず数枚は印刷ミスしていますw 今回はこのように 余ってしまったり書き損じや印刷ミスをしてしまい使い道のなくなってしまった年賀はがきの活用法をご紹介したいと思います。 余った年賀はがきの活用法 さて、毎年なぜか余ってしまう年賀はがきや書き損じはがきですがw 余ったからとそのまま眠らせておいたり、失敗したからと捨ててしまっては1円にもなりませんしもったいないですね。 そんな 年賀はがきを上手に処分・再利用してしまいましょう。 郵便局ではがき・切手・レターパック等に交換 実は 余った年賀はがきは郵便局の窓口に持っていくとはがきや切手などに交換してくれます。 もちろん書き損じてしまった年賀はがきでも大丈夫で普通に交換してもらえます。 しかし、いくつか注意点があります。 まず一枚につき5円ほどの手数料がかかってしまいます。 それと、去年の年賀状を今年の年賀状に交換することはできません。 今年の年賀状であれば交換できます 通常のはがきや切手に交換してもらいましょう。 手数料は5円かかってしまっても書き損じや印刷ミスのはがき等は使えませんので、交換してもらったほうが良いと思います。 例外として、身内に不幸があり喪中であった場合のみ年賀状販売期間中は手数料無料で交換してもらえますので覚えておきましょう。 現金に換金する 余った年賀状は金券ショップで換金することができます。 相場はだいたい1枚30〜40円くらいでしょうか。 印刷されているイラストやキャラクター等で多少の金額の上下はあります。 因みに細かいことですが・・一度郵便局で切手等に交換してから売りにいったほうが少しだけ高くなったりします。 懸賞や普通の郵便で使用する 年賀はがきは普通の郵便として使用することもできます。 その際は「年賀」の二文字を線等で消してから投函するようにして下さい。 普通の郵便で年賀はがきを使用するのに抵抗がある方も多いので、懸賞に使われている方のほうが多いですね。 寄付をする 余った年賀状や書き損じはがきは、ユニセフ等のNPO法人を通じて寄付することができます。 こちらは社会貢献にもなりますので、立派な活用法だと思います。 検索サイト等で 「年賀状 寄付」と検索すれば沢山出てきますので、好きなところを選びましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 毎年余ったり書き損じた年賀状は数も多くなく微々たるものだとしても・ただ眠らせておくよりは郵便局に用事で行ったついでに交換してくれば有効に再利用できます。 何についても言えることですが、 こういった細かくて小さなことの積み重ねが長い目で見たら結果的には大きな 【節約】になります。 小さなことで面倒かもしれませんが、 上手に節約できる方は知識や情報に常に貪欲で行動力もあるものです。 去年より前の年賀状たちが棚に沢山眠っているかもしれませんので、もし見つけたら華麗に復活させてあげましょうw.

次の