ロアッソ 熊本 掲示板。 ロアッソ熊本 人気ブログランキングとブログ検索

ロアッソ熊本 人気ブログランキングとブログ検索

ロアッソ 熊本 掲示板

昨年4月16日に熊本地方で発生した地震による災害に関しまして、浦和レッズでは、提携している国連の友アジア-パシフィックとともに、被災されたみなさまの救済と被災地の復興支援のための支援金募金を行いました。 ファン・サポーターのみなさまからお寄せいただいた支援金は、ロアッソ熊本と国連の友アジア-パシフィックを通じて被災地支援に役立たせていただいております。 このたび、震災から1年となった2017年4月16日に「熊本地震の復興支援マッチ」として開催された行事につきまして、活動報告をいただきましたのでみなさまにご報告いたします。 今後も支援金が被災されたみなさまの救済と復興支援のために役立つことを願っております。 浦和レッドダイヤモンズ 熊本地震災害に対する支援金のご報告 2016. [レポート] 2017年4月16日 日 、明治安田生命J2リーグ第8節「ロアッソ熊本 vs 松本山雅FC」を「熊本地震の復興支援マッチ」として実施しました。 2016年4月16日に発生した熊本地震から1年となるこの日、復興に向けて前に進んでいる熊本の人たちを応援し、またその姿を全国に発信すべく今回の復興支援マッチを企画しました。 スタジアム横の補助競技場では県内の小学生約100名を対象にサッカースクールを行いました。 ロアッソ熊本スクールコーチ、トップチーム選手、ロアッソ熊本OB選手、この日の対戦相手・松本山雅アンバサダーの鐡戸氏が参加しました。 サイン会も実施し、子どもたちのたくさんの笑顔が溢れるスクールとなりました。 スタジアムではロアッソ熊本にかつて在籍したOB選手が集結しOB紅白試合を行いました。 懐かしい顔ぶれが20分ハーフの試合を披露し、会場を大いに盛り上げて頂きました。 またゲストとして、芸人のディエゴ・加藤・マラドーナさんにも参加して頂き、お笑いを織り交ぜた華麗なプレーでスタンドを湧かせました。 クラブとしてこのような大規模なOB戦は初めての開催となりました。 今回の支援マッチで集結したOBは引き続き熊本支援を行いたいとの意向を伝えてくれました。 今後の活動の幅を広げられる貴重な機会となりました。 ゲート外に設置した特設ステージでは、熊本市出身で吉本興業所属の芸人・安井まさじさん、ロアッソ熊本応援女子マネージャーの鈴木みのりさんにMCを務めて頂き、イベントを実施しました。 「スピードワゴン」の小沢一敬さん、Jリーグ女子マネージャー佐藤美希さんに参加して頂き、トークショーを行いました。 小沢一敬さんは、2012年「仕事ハッケン伝」というNHKの番組でロアッソ熊本スタフとして弊社社員と一緒に仕事をし、それが縁でその後もロアッソ熊本の試合に足を運ばれ、交流を続けさせていただいています。 昨年、ホーム開催が行えず関東のスタジアムをお借りし試合を行った際も芸人仲間の方々と一緒にボランティアスタッフとしてブース業務を行っていただきました。 また九州Jクラブのマスコットのみなさんも集結していただきました。 「くまモン」「さきもりころうくん」など熊本のゆるキャラ達も参加し、フォトセッションなどを行いました。 熊本県山鹿市の郷土芸能「山鹿灯籠踊り」の方々に優雅で美しい演舞を披露していただきました。 以上のとおり、多くのゲスト、多方面からの支援で復興支援マッチを開催することが出来ました。 結果、老若男女を問わず13,990名という多くの方々が来場され、スタジアムは赤く染まりました。 その声援を受けてチームも2-0で勝利をおさめ、熊本にとって大切な日に県民に笑顔と元気をお届けすることが出来ました。 昨年からご支援を頂き続けた浦和レッズ様を始めとした全国のサッカーファミリーの皆様のご協力なしには今回の行事は行う事は出来ませんでした。 心より感謝申し上げます。 熊本は復興に向け前に進んでいます。 今シーズン、ロアッソ熊本はクラブスローガンとして「光となれ!」を掲げています。 熊本の復興の光となれるよう、今後も活動を進めて参ります。

次の

熊本地震災害に関する支援活動実施のご報告

ロアッソ 熊本 掲示板

キッズ・ジュニア年代の指導において多くの指導者が行っていることは技術を身につけたうえでの駆け引きへと移っていくそうですが、SSSの指導の考え方は、「駆け引きがあって勝ちたいから技術がある。 練習では最小限の基本的な技術は教えるもののミニゲ-ムが中心です。 楽しみながら上手くなるSSSの指導。 怒鳴ったり罵声を浴びさせるような事は一切ありません。 楽しむといってもだらだらふざける事ではなく、サッカ-の駆け引きをキッズ年代から楽しんでいます。 駆け引きがあって、技術が次にという坂下監督の他とは違った理論からの指導方法です。 技術を覚えてから駆け引きではないと思います。 反対のご意見も遠慮なく投稿してください。 私は大分トリニータのサポーターです。 もちろんトリニータがJ2に降格したからもう応援しないというようなやわなサポーターではありません。 トリニータが大分県の誇りであり、県民に希望を与える象徴であらねばならないと感じています。 今や大分で連想されることの一番が別府や由布院ではなく、トリニータであるということは全国の調査で出ていました。 しかるに大分県の財界や経済界のトップたちのトリニータに対する考えがネガティブであるのは、不況が原因でしかたがないとはいえ、大分の経済全体をしぼませていき、せっかく全国に注目されるようになった大分をまた、九州の中で存在感のない県にしてしまいかねません。 県をあげての募金も大切ですが、本当に6億円もの借金を返せるでしょうか、しかも今年中に。 またシーズンシート13,000席も絵に描いた餅で、J2に降格した今、最高に盛り上がった昨年を大きく上回るのも困難でしょう?かりに今年何とかできても、将来的に安定した経営ができるかといったら疑問ですよね。 そうは思いませんか。 経済界では溝畑前社長の強引さが反発を買い誰も助けないのだという言葉をよく聞きますが、溝畑さんがいなかったら本当にトリニータが存在しえたか、ワールドカップが大分で開催されたか、と考えるとその熱意のあまりの強引さもやむを得なかった部分も多々あったでしょう。 ましてや大分県人ではなかったわけですから。 しかし、とにもかくにもトリニータは誕生し16歳になったのです。 生まれなかったほうがよかったなんて思う人はごくわずかでしょう。 しかも日本一という夢まで見せてくれたのですから、大分のスポーツ界やもちろん経済界のためにも絶対に存続させなければなりません。 ・・続く• しかも経営を安定させて百年以上は続くように、それがサポーターみんなの願いでしょう。 結局現状を考えると、トリニータを救うのはやはり熱意あるサポーターたちしかいないのです。 そこでどうやったら、サポーターの熱意でお金を作れるか。 私は今、? 愛ことばという会社に昨年の11月に入りました。 何をしている会社かと言いますと、高齢者の24時間365日の見守りサービスをしています。 具体的に説明すると電話機に愛ことばという端末機を設置して、緊急通報、日々の安否確認をして、一人住まいや夫婦のみの高齢者の命を守るシステムで大分市内にコールセンターを持ち、全国の高齢者の見守りサービスをしています。 もちろんまだ発展途上の会社で全国とはいっても、電話回線で全国にはつなげますが、利用者はまだ5,000人ほどです。 65歳以上の高齢者は現在約3,000万人に達しようとしていますからほんの微々たる数ですが、10年後には4,000万人に達するわけです(日本の総人口は増えません。 )からこのままではたいへんなことになってしまいます。 まず命を守り、次に寝たきりにならないようにすることを実行していかないと、日本の若者のおおくは介護士にならないといけなくなってしまいます。 少子高齢化が大問題化している今日、わかっていながら政治家たちも先送りにしている状態ではないでしょうか。 そういう中でこの会社は大分県の人が造り、独居や夫婦の高齢者が身体に異常が生じた時は緊急ボタンを、夜中に淋しかったり、不安で眠れなかったりした時などは相談ボタンを押すと、即座にコールセンターにつながり、オペレーターが丁寧に応対し、必要ならば支援者に連絡や駆けつけ、救急車や消防車の要請、高齢者を狙った強引なセールスなどに対しての警察の要請など、高齢者が安心して暮らせるようにサポートします。 そういう仕事内容なのですが、実は昨年10月より、この機能を持った携帯電話をソフトバンク社との提携で発売しました。 これはいわゆる簡単携帯で、ソフトバンクのショップでは、832Tという機種で、当社との契約を加えることで、ワンタッチダイヤル、または緊急ブザーを押せば即座に愛ことばのコールセンターにつながり前述のサービスが受けられます。 自宅で充電器に立てておけば普通の電話機と同じで愛ことば端末と同じです。 さらに外出時に持っていただけば、外出先での緊急時にも同様のサービスが受けられますし、GPSにより位置の検索(コールセンターで位置がわかると、支援者や救急車に通報、また家族の方にもメールで地図を送信します。 )でき、救助者の迅速な駆け付けも可能になるため、高齢者でなくとも、持病を持たれている方にも最適です。 さらに、携帯を開くと今日も元気だということを示すメールがご家族の方に着信されますので、ご家族の方も安心です。 ですから、お父上やお母上また祖父、祖母が同居ではなく、お仕事の関係で近くにいない場合、また他県にお住まいの場合でも、この愛ことば携帯サービス利用すれば安心できると同時に親孝行が遠くにいながらでもできるということです。 スポーツブックメーカー、オンラインカジノに関するトラコミュがなかったので、作成しました。 スポーツブックメーカー、オンラインカジノに関することなら、何でもOKですので、関連ブログ、記事を書いた方は、こちらのコミュニティに気軽にトラックバックしてください。 特に、海外サッカー(欧州サッカーなど)、プロ野球、NBA、MLBなど、無料、有料問わずスポーツの予想・結果をブログで書いておられる方は、ぜひとも、トラックバックしてください。 スポーツブックは、まだまだ、日本では浸透しきっていません。 にほんブログ村のトラコミュをひとつの情報発信源として、裾野を日本中に広げていきましょう。 Good Luck! For All The Pepole On The Earth. ----- 【関連キーワード】 アジアンハンデ、asian handicap、サッカー、soccer、投資、investment、ブックメーカー、bookmaker、bookie、スポーツブック、sportsbook、株、stock、fx、日経225、海外、不労所得、稼ぐ、稼げる、オッズ、Odds、競馬、hoce race、競艇、boat race、競輪、keirin、パチンコ、パチスロ、スロット、勝率、ギャンブル、gamble、アービトラージ、arbitrage、両建て、pick、tip、予想、prediction、オンラインカジノ、online casino、オフショア、offshore、アーリーリタイア、early retire•

次の

ロアッソ熊本 人気ブログランキングとブログ検索

ロアッソ 熊本 掲示板

昨年4月16日に熊本地方で発生した地震による災害に関しまして、浦和レッズでは、提携している国連の友アジア-パシフィックとともに、被災されたみなさまの救済と被災地の復興支援のための支援金募金を行いました。 ファン・サポーターのみなさまからお寄せいただいた支援金は、ロアッソ熊本と国連の友アジア-パシフィックを通じて被災地支援に役立たせていただいております。 このたび、震災から1年となった2017年4月16日に「熊本地震の復興支援マッチ」として開催された行事につきまして、活動報告をいただきましたのでみなさまにご報告いたします。 今後も支援金が被災されたみなさまの救済と復興支援のために役立つことを願っております。 浦和レッドダイヤモンズ 熊本地震災害に対する支援金のご報告 2016. [レポート] 2017年4月16日 日 、明治安田生命J2リーグ第8節「ロアッソ熊本 vs 松本山雅FC」を「熊本地震の復興支援マッチ」として実施しました。 2016年4月16日に発生した熊本地震から1年となるこの日、復興に向けて前に進んでいる熊本の人たちを応援し、またその姿を全国に発信すべく今回の復興支援マッチを企画しました。 スタジアム横の補助競技場では県内の小学生約100名を対象にサッカースクールを行いました。 ロアッソ熊本スクールコーチ、トップチーム選手、ロアッソ熊本OB選手、この日の対戦相手・松本山雅アンバサダーの鐡戸氏が参加しました。 サイン会も実施し、子どもたちのたくさんの笑顔が溢れるスクールとなりました。 スタジアムではロアッソ熊本にかつて在籍したOB選手が集結しOB紅白試合を行いました。 懐かしい顔ぶれが20分ハーフの試合を披露し、会場を大いに盛り上げて頂きました。 またゲストとして、芸人のディエゴ・加藤・マラドーナさんにも参加して頂き、お笑いを織り交ぜた華麗なプレーでスタンドを湧かせました。 クラブとしてこのような大規模なOB戦は初めての開催となりました。 今回の支援マッチで集結したOBは引き続き熊本支援を行いたいとの意向を伝えてくれました。 今後の活動の幅を広げられる貴重な機会となりました。 ゲート外に設置した特設ステージでは、熊本市出身で吉本興業所属の芸人・安井まさじさん、ロアッソ熊本応援女子マネージャーの鈴木みのりさんにMCを務めて頂き、イベントを実施しました。 「スピードワゴン」の小沢一敬さん、Jリーグ女子マネージャー佐藤美希さんに参加して頂き、トークショーを行いました。 小沢一敬さんは、2012年「仕事ハッケン伝」というNHKの番組でロアッソ熊本スタフとして弊社社員と一緒に仕事をし、それが縁でその後もロアッソ熊本の試合に足を運ばれ、交流を続けさせていただいています。 昨年、ホーム開催が行えず関東のスタジアムをお借りし試合を行った際も芸人仲間の方々と一緒にボランティアスタッフとしてブース業務を行っていただきました。 また九州Jクラブのマスコットのみなさんも集結していただきました。 「くまモン」「さきもりころうくん」など熊本のゆるキャラ達も参加し、フォトセッションなどを行いました。 熊本県山鹿市の郷土芸能「山鹿灯籠踊り」の方々に優雅で美しい演舞を披露していただきました。 以上のとおり、多くのゲスト、多方面からの支援で復興支援マッチを開催することが出来ました。 結果、老若男女を問わず13,990名という多くの方々が来場され、スタジアムは赤く染まりました。 その声援を受けてチームも2-0で勝利をおさめ、熊本にとって大切な日に県民に笑顔と元気をお届けすることが出来ました。 昨年からご支援を頂き続けた浦和レッズ様を始めとした全国のサッカーファミリーの皆様のご協力なしには今回の行事は行う事は出来ませんでした。 心より感謝申し上げます。 熊本は復興に向け前に進んでいます。 今シーズン、ロアッソ熊本はクラブスローガンとして「光となれ!」を掲げています。 熊本の復興の光となれるよう、今後も活動を進めて参ります。

次の