灼眼 の シャナ 声優。 灼眼のシャナ 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

灼眼のシャナを見る順番!アニメシリーズの見方をご紹介

灼眼 の シャナ 声優

『』には『眩き炎』と形容される。 腰の下まである長い髪を持ち、凛々しいまたは可愛らしい顔立ちと称される東洋系の少女。 見た目の年齢は11、2歳前後に見えるが不老であるため、実年齢は不詳 だが、契約した時は12歳以上、フレイムヘイズとなったのは数年前で、未だ人間だった時間の方が長い。 普段は黒髪に黒目だが、戦闘時は称号が示す通りの 炎髪、 灼眼となり、アラストールの翼の皮膜の一部を顕現させた自在に変形する黒衣『 夜笠』をコート状にして纏う。 フレイムヘイズにしては珍しく、自在法をほとんど使わず、体術や大太刀型『』を用いた白兵戦を得意としていた。 契約直後から白兵戦においてはフレイムヘイズの中でもトップレベルの実力を持っていたが、若年での契約やアラストールの力が大きすぎたこと、「今在るものを最大限に活用する」性格から「今在るより強い力」に対する欲求が薄かったため、その力を上手く引き出し使いこなすことが出来なかった。 そのため自在法は封絶やトーチ製作・加工・割り込みなどフレイムヘイズに必要最低限のもの程度しか使えず、アラストールの力をほとんど使いこなせない点について密かなコンプレックスを抱いていた。 悠二と共闘した際に飛翔をイメージした炎『 紅蓮の双翼』(アニメ版では鳥の翼状)を顕現できるようになり、それをきっかけとして自在法の開発や技術向上の鍛錬を始める。 その結果、炎弾や炎の放出、火炎放射や炎の凝縮による大太刀の形成、炎の物体としての具現化など、さまざまな種類の固有の自在法を使えるようになる。 新たな能力を具現化させ、また今まで鍛錬で培った自在法の精度も大幅に上昇する。 XVIII巻で発現した新たなである自在法を見抜くの目には『 審判』、炎の放射と凝縮による大太刀には『 断罪』、形を定めない炎の放射には『 飛焔』、紅蓮の炎の様々な形での物体化・具現化には『 真紅』と名付ける。 非常に才能豊かであり、フレイムヘイズにならなければ歴史的に多大な影響力を与えていたであろう「運命」を持っている。 その『運命という名の器』の大きさから、「在るべくして在るもの」「偉大なる者」と称されることもあり、「アラストールの存在の巨大さ」に耐えられず爆死するはずの、『トリガーハッピー』によるアラストールの強制的な顕現に耐えている。 アニメ版では不完全かつ設定が異なるとはいえ、アラストールを顕現させる『天破壌砕』から生還している。 フレイムヘイズになる前に受けた英才教育から学校では優秀な一方で、フレイムヘイズに必要ない家事一般に関しては疎く興味がない。 一応の「自宅」代わりだった平井家は(ヴィルヘルミナが訪れるまで)寝床や着替えなどシャナが使う範囲は整頓されていたがそれ以外は完全に放置されていた。 特に料理の腕前は何を作っても「黒コゲのなにか」になってしまうほど壊滅的だったが、吉田との大特訓の末には作れるようになる(SII巻『ドミサイル』)。 実直で質実剛健、見栄や飾り気というものに無縁の性格。 フレイムヘイズとして純粋培養されたため、フレイムヘイズとしては優秀だが、常識や社会性に乏しい箱入り娘で他者と関わることを好まず、「人間」としては幼く未熟。 「フレイムヘイズであること」を精神基盤とし、人間としての精神基盤を持っていなかったが、悠二と出会って共に行動し、また御崎市で多くの人間と交流を持ちながら暮らすうちに「人間の少女」としての感情が芽生える。 都合が悪いと「うるさいうるさいうるさい」と言ってごまかす癖がある。 大の甘党で、特に『天道宮』で暮らしていた時代によく与えられていたが大好きで独自の拘りを持つ。 契約相手であるアラストールは父とも兄とも言える存在であり、師匠・友人・家族と多面的に信頼を寄せている。 同様に、育ての親でもあるに対しても深い親愛の情と強い精神的な絆を持つが、精神面、特に恋愛面で過保護な彼女に反発する場面もしばしば見られた。 また、白骨の姿のからは体術の訓練を受けていた。 赤ん坊の頃、偶然起きた「不幸な出来事」によって寄る辺を無くし命を落とそうとしていたところを、新たな『炎髪灼眼の討ち手』となる人材を探していたヴィルヘルミナに助けられ『天道宮』へ拾われる。 新たな『炎髪灼眼の討ち手』に「復讐者としてのメンタリティを持たない、に純粋なフレイムヘイズであること」を求めたアラストールの意向により、そのまま名前を付けられず、フレイムヘイズとしての徹底したを受けて育つ。 拾われて約12年後、ある事件を機に「予定より幼い」時期にフレイムヘイズとして契約。 その後は 『贄殿遮那』のフレイムヘイズと名乗り、基本的にアラストールと「二人で一人」きりで各地を旅し戦ってきた。 その際、悠二と同じクラスにいたトーチ「平井ゆかり」に存在を割り込ませたため周囲の人間からは「平井ゆかり」と認識されたが、悠二は「本物の平井ゆかり」と区別するため(武器である『贄殿遮那』から取って)「シャナ」と呼び始める。 フリアグネとの決戦以後は自らも「シャナ」を名乗るようになり(I巻)、後に事情を知らない周囲の人間にも「シャナ」の名があだ名として浸透していっている(VIII巻)。 出遭った当初は悠二を「トーチというモノ」として扱っていたが、「素の自分」へ対等に接して協力し、との戦いにおいて思わぬ有能さと信頼のおける姿を見せた悠二を、特別な存在と認識するようになる。 ただし、生まれ育った環境から他者との関わりを好まず、社会性や他者との交流で生まれる感情に乏しかったため、その認識が恋愛感情という自覚はなかった。 『天道宮』を出て以降、初めて一定の場所へ長期滞在することになる(I巻)。 悠二を見張る必要性から、御崎高校や坂井家で初めて普通の人間としての生活を送るようになり、悠二の母・千草やクラスメイトたちとの交流を通じて、徐々に社会性や一般常識、人情の機微などを身に着ける。 特に、悠二へ好意を抱く吉田一美に強い対抗意識を持つようになり、彼女の行動の意味を知ることで、今まで疎かった感情面について理解を深め、「フレイムヘイズではない、人間の少女」のメンタリティが形成されていく。 それと同時に徐々に悠二への好意を自覚し始め、フレイムヘイズの使命から外れた自身の恋愛感情に戸惑い悩むようになる。 吉田に対しても、同じ想いを抱く友人として互いを認め合うようになる(XI巻)。 アニメ版で「シャナ」と名付けられたのは、平井ゆかりの存在に割り込むよりも前である。 アニメ版の設定では身長141cm。 炎髪を表現するため、アニメ版では髪の周囲に透過光処理された火の粉を纏っている。 御崎市内の普通高校・御崎高校の一年生で、物語開始当初の4月末は15歳。 7月の夏祭りが行われた頃までに16歳になっている。 宿す宝具は『 』。 普段は大人しく頼りない印象を与える平々凡々な少年だが、真剣になれば熟練のフレイムヘイズ以上に優れた洞察力と推理力を発揮し、勝てる見込みのない敵にハッタリをかまして時間を稼ぐなど土壇場での度胸も持ち合わせる。 ただし緊張感が伴わない場面では洞察力を全く発揮できず、非常に鈍感。 親友の池曰く「要領がいいようでどこか抜けた」性格。 「真剣になればなるほど落ち着く」性格であり、真剣に取り組んだ物事に対して感情のままに動くことより、感情以外の何かを根底に動くことが多い。 こういった面は敵を誘い出すために自分の同類であるトーチを大量消費する作戦を自ら立てるなどのある種ドライな面としても現れており、その性質から「本質が感情の面にない、特殊な人格の持ち主」ではないかとヴィルヘルミナには推測されている。 その反面、といった理屈が通用しない事柄に対しては疎く、またトーチである自身の悩みからそういった感情を持つ余裕がないため、はたから見ると優柔不断である。 ただし一度決めたことや約束したことは何があっても守ろうとするなど、誠実で理想家の面も見られる。 シャナには尻に敷かれ、基本は逆らえないが、はっきりと意見を言うこともある。 海外に単身赴任している父・貫太郎と母・千草の3人家族(両者の詳細はの項を参照)。 双子の兄がいた(ことから名前に「二」の字が入っている)が出産直後に逝去したため、そのことは知らされず、事実上一人っ子として育つ。 また、12月に母の妊娠が判明する。 人間であった「本物の坂井悠二」は、物語開始以前にの一党に喰われ死亡。 また、この時点で『零時迷子』は既に、[仮装舞踏会]の計略により我学の結晶『暴君 I 』へと変化し始めている。 フリアグネ討滅以降は、「シャナに守られる存在」から「シャナの役に立つ存在」へのステップアップを目指し、朝はシャナと体術の鍛錬を行い、夜は「『零時迷子』の能力を利用したエネルギー・タンク」として彼女の鍛錬に付き合うようになる。 当初は自身が「人間ではない」こと、「人間と言う枠から外れた」ことを恐れ、人間としての自分や平穏な日常への未練を断ち切れない面があった。 その後、吉田や佐藤や田中と言った身近な友人たちが「人間ではない」自分を受け入れ、また秘密を共有するようになったこと(VII巻)で、徐々に不安を払拭。 また母・千草の妊娠を機に、平穏な日常と未来を守る役割の大切さを実感し、日常への未練を断ち切る「覚悟」と共に、「この戦いをいつか終わらせる」という自分自身の望みを抱くに至る(XIII巻)。 シャナからはフリアグネ戦を機に、クラスメイトの吉田一美からは本編開始以前から、好意を寄せられ、自身も二人に好意を持つようになる。 そのため、自分への感情でシャナが変化し「少女としての好意」を持つようになったことには全く気付かず、後にシャナの方から行動に移したことで、その好意にようやく気づく。 吉田一美に対しては「自分にとっては過去のものとなった、平穏な日常の象徴」と捉え、その好意には当初から気づいている。 しかし自分が既に人間ではないことから、好意に対してハッキリとした態度を取れず、一貫して「彼女の好意を受け止め甘えるだけ」の態度を取り続ける。 両者からの好意を知って以降も、自分がトーチであることからの人間への未練や理屈や打算で二人の好意に答えることを忌避したことと、自分の恋愛感情がどういうものが自分でも分からなかったことから、二人のためにも決断をしたいと思いつつも、決断できずにいたが、クリスマス・イヴに、シャナと吉田から二人のどちらを選ぶかの決断を迫られて覚悟を決め、シャナを選ぶ。 『暴君 I 』と化していた『零時迷子』と『星黎殿』にあった『暴君 II 』が合一して、[仮装舞踏会]盟主の代行体となる。 持っていた宝具『アズュール』と『吸血鬼』は引き続き使用し、他にも鎧甲型宝具『 莫夜鎧』を纏い、髪に取り付けた『 竜尾』も使用するようになる。 分離した後も炎の色は黒のままで、纏っていた鎧甲『莫夜鎧』も引き続き使用。 しかしその代償として、『無何有鏡』創造の前段階である調律の逆転印章の起動によって、御崎市は互いの結びつきを失って「ない」も同然の状態であったため、『無何有鏡』に御崎市だけは再現されなかった(XXII巻)。 その途中、夏祭りの騒動でシャナに宛てて書いた「なんでも言って ちゃんと聞くから」という手紙とその意味に衝撃を受け、戦意を喪失。 その後のシャナの告白に「シャナ、君が好きだ。 世界を変えてやる、と思えるほどに」と答え、シャナとキスを交わした直後、フリアグネによって『アズュール』に刻み込まれていた 転生の自在式が発動し、自身が確固たる一つの存在になった後、シャナとアラストールと共に新世界『無何有鏡』へと旅立つ(XXII巻)。 新世界へ渡り来てから数年後に、新世界のイタリアでシャナとベルペオルが顔合わせと協議を行っている頃に、新世界の日本の一地方都市でヴィルヘルミナ(やティアマトー)と対談し、相変わらず厳しい態度をとられながらもに対する関係性と新世界での行動原理を話した後、立ち去り際に『両界の嗣子』ユストゥスの姿を見て感激し、涙ぐみながら手を振り返した。 アニメ版の設定では身長165cm。 原作挿絵とアニメ版では目の色が違う。 アニメ版では性格が多少異なり、冴えた部分はかなり少なく、トーチに対する意識やシャナに対する態度など違いがあった。 炎の色は「全てを焼き尽くす」 紅蓮。 『裁きの業』と『大地の四神』に形容されていた(XX巻)。 顕現した姿は、灼熱の炎の中に漆黒の塊を秘め、夜空を思わせる皮膜を張った翼と本物の灼眼を持った有翼有角の巨人を形作る紅蓮の焔。 『ES』V巻では、紅蓮の炎を纏った漆黒の肉体を持つ魔神として描かれている。 司る権能は『審判』と『断罪』である『 天罰神』であり、この世で人間と契約したのも「」ためである。 からは、本来同胞のために振るわれるはずのそれを同胞に向ける在り様から「 天罰狂いの魔神」とも呼ばれる。 普段はフレイムヘイズの器に収まるために休眠状態にあるが、彼の神威召喚『天破壌砕』にて顕現した際には神としての絶大な力を発揮する。 持ちたる力は天罰神の権能そのものである討ち滅ぼすための力と炎であり、『炎の魔神』とも称される。 彼のフレイムヘイズ『炎髪灼眼の討ち手』も同じ力を持つため、数少ない本当の意味での「炎使い」となる。 なお、ここで言う『魔神』とは「神をも殺す神」という意味である(XVII巻)。 普段は威厳に溢れた毅然とした性格をしており、女心や恋愛など自分の及ばぬところに絡むと非常に狼狽する脆さがある。 また、ヴィルヘルミナ曰く「女性に対して押しが弱い」。 フレイムヘイズの使命に対して人一倍真摯であるが、同時に割と世話好き。 契約者であるシャナとは非常に強い精神的絆で結ばれているが、シャナから「少女としての悩み」を(異性であるため)隠されると動揺したり不満を抱いたりする場面も多い。 また、常に的確なアドバイスを与える悠二の母・坂井千草に一目置いており、特に「少女としてのシャナ」の精神教育については全幅の信頼を寄せている。 数百年を共に過ごした『万条の仕手』ヴィルヘルミナ・カルメルおよび契約相手に対しては、お互いの性向を熟知し信頼しているが、そのせいで弱い立場に立たされることも少なくない。 シャナの先代にして初代『炎髪灼眼の討ち手』であるとは相思相愛の仲であり、彼女が亡くなった後も現在まで愛し続けている。 『天道宮』にいた数百年の間にも、唯一『天道宮』外で活動が可能だったヴィルヘルミナから詳細な報告を受けており、現代社会に対してもそれなりの知識を持っている。 しかし、そのヴィルヘルミナが「アラストールの采配する『天道宮』に手を加えるからには、説明した上で裁可を仰ぐ必要がある」という理由から、増築・改築のたびに電気工事などの手順や仕組みまで逐一説明に来ていたため、そうした知識にも造詣が深い反面、本人はそれを情けないと思っている。 保護者感情から一時は二人の接近に強い反発心を抱くが、悠二の母・千草に諭され、以後はシャナを信頼し彼女の精神的成長を見守るようになる。 「戦力」としての悠二は早い時期から認めているものの、「シャナの戦友」としては未熟なため、「シャナが好意を抱く男性」への反発心も含め、手厳しい指導をたびたび行っている。 なお、アラストールとは、の神話における地獄の刑執行長官の名で、神器『』はの『』に登場する地獄の最下層の名である。 悠二の高校からのクラスメイトで、大人しく控えめな少女。 親しい者を除いて、同級生にすら敬語を使うほど内気で弱気。 同級生の中でもスタイルが良く、料理全般、特に野菜を使ったものが大の得意など、シャナとはさまざまな点で対照的な面がある。 9月生まれ(『ドミサイル』より)。 健という中学1年生の弟がいる。 物語開始以前から悠二に好意を抱いている。 内気な性格ゆえ告白はできずにいたが、シャナの出現を機に、悠二へ接近。 その後、カムシンとの出会いを切っ掛けに、悠二がトーチであると知ってショックを受けるが、その上で「トーチというモノ」ではなく人間として好きだと告白する。 この時の経緯からカムシンを非常に尊敬しており、「それでも、良かれと思うことを選ぶ」という彼の言葉を、決意する勇気を出すために時々思い出している。 恋敵のシャナに対して、当初はトーチに割り込んだと知らず幼馴染として親しく接していたが、一方で恋愛感情の自覚がないことには批判的であった。 しかし彼女の正体を知った後は、本人やシャナの精神的成長に伴い、同じ想いを抱く友人として互いに認め合うようになる。 新世界『無何有鏡』完成後は、ヴィルヘルミナへの伝言で起動・誕生した『両界の嗣子』ユストゥスを彼女に託して旅立ちを見送り、「坂井悠二の計画」のキーパーソンとして御崎市の復元に協力。 そして再生された御崎市を見ながら、新世界『無何有鏡』へと旅立った悠二とシャナを万感の涙ながらに見送った(XXII巻)。 新世界『無何有鏡』完成後の2か月で髪を伸ばし始めている。 アニメ版の設定では身長158cm、エカテリーナという名の小型犬を飼っている。 またクリスマス・イヴに『ヒラルダ』を通じて、『零時迷子』の『戒禁』が弛んだほんの僅かな間だけ聞こえてきたヨーハンからの伝言をシャナたちに伝える。 『灼眼のシャナたん』における吉田一美 『』やアニメ版キャストにおけるドラマCDでは本編とは180度違った性格を見せることがある(シャナに対してあからさまな敵意・殺意を抱く、悠二に対して性的な劣情を隠さない、など)。 特に『灼眼のシャナたん』では凶悪な表情を伴う。 このために 黒吉田と俗称されている。 いつも悠二とシャナたんのやり取りを「吉田専用」と書かれた電柱の影から見ている。 性格以外にも、悠二曰く「小さくなっても力はそのまま」のはずのシャナたんの斬撃を片手の指2本で易々とする、手製のお菓子を食い荒らしたシャナたんに制裁するなど、シャナたんがフレイムヘイズの力を解放していない状態とは言え、人間離れした一面を見せる。 シャナたんとは基本的に敵対関係だが、近衛史菜が現れた時は一時的に共闘している。 佐藤 啓作(さとう けいさく) 声 - 悠二の高校からのクラスメイトで、「とりあえず美をつけてもよい」容姿の華奢な少年。 基本的に軽薄で要領や人当たりの良いクラスのムードメーカーだが、勉強は苦手。 御崎市の旧家の息子だが家族とは確執があり、現在は豪邸で家政婦たちの世話を受けつつ居候のマージョリーと2人暮らしをしている。 田中栄太・緒方真竹とは中学からの同級生。 特に田中とは親友で、共にシャナと出会う以前に悠二の友人となっている。 後に悠二とも親友と呼べる仲になる。 現在は更生しているが、中学時代は「狂犬」と呼ばれるほど反抗的で荒れており、当時のことを忘れていない者も多い。 御崎市を訪れたマージョリーに目を付けられ、田中と共にサポートに当たる(II巻)。 その思慕は、当初は「親分と子分」であったようだが、いつしか男女のそれへと変化していった様子。 昏睡状態のマージョリーに自身の素直な気持ちを打ち明けて口付けし、彼女を目覚めさせる。 そしてマージョリーの想いを受け入れ、遂に両思いとなる(XIX巻)。 新世界『無何有鏡』完成後は、外界宿の仕事の都合から東京の学校へ転校する。 アニメ版の設定では身長167cm。 第1期では中学時代の荒れ気味の性格が強く残っており、田中とは親しいが悠二たちとの交友関係はほとんどない。 第2期からは闘いを通じて交友関係もでき、性格も多少丸くなったが、悠二に対して対抗心を抱き相談することを拒絶している。 緒方が砕け散ったショックから田中がマージョリーから渡された付箋を手放したことで自分たちの道が分かたれたことを知るが、彼の決断を賞賛するなど田中と二人で一緒の道を行くことにはあまり拘っていない。 しかし、マージョリーに対して戦線離脱を告げることは自ら為すべきだと考え、対サブラク戦でのサブラクの罠の一環であるザロービに同行せざるを得なかった悠二のSOSを受け取った田中がそれを伝えに来た折、田中が自ら告げるまで彼の代わりにマージョリーに言うことなく親友を見守っている。 第3期では昏睡状態からマージョリーが目覚めた後、原作にはなかった撤退戦への出立前の二人の様子が描かれ、マージョリーと男女の仲になったことが示唆されている。 田中 栄太(たなか えいた) 声 - 悠二の高校からのクラスメイトで、愛嬌のある面付きをした大柄な少年。 基本的に律儀で穏やかな性格で、勝負事などは真剣に楽しむ反面、恋愛事には鈍感で不器用。 シャナ曰く、学園で一番身体能力が高い。 佐藤啓作・緒方真竹とは中学からの同級生。 特に佐藤とは親友で、共にシャナと出会う以前に悠二の友人となっている。 中学時代は荒れており、佐藤と共に喧嘩をして回るのは日常茶飯事だった。 そのため、母親からは佐藤と手を切って欲しいと思われているが、本人は意に介していない。 御崎市を訪れたマージョリーに目を付けられ、佐藤と共にサポートに当たる(II巻)。 彼女を「親分」と慕い、彼女の役に立ちたいと佐藤と共に努力を重ねるが、その思慕はあくまで「親分と子分」という立場を前提としたものである。 アニメ版での設定では身長175cm。 佐藤ほどではないが性格が原作と異なる。 学業優秀で人当たりも良く、さまざまなことをそつなく人並み以上にこなし、ごく自然に皆のトップに立ち場をまとめる、天性の気質を持った少年でクラス委員も務める。 通称「正義の味方メガネマン」。 吉田一美が悠二に好意を持っていることに気づき、二人の仲を取り持とうと吉田に助力する内に吉田に好意を抱くようになり、吉田の気持ちと己の感情と理性の板ばさみに苦悩する。 悠二たちが表面は変わっていないように見えて実は変わっている現実を見て自分も変わらなければいけないと思い悩む。 そして一つの決意としてに振られるのを承知で吉田一美に告白し、振られる(XIV巻)。 クリスマス・イヴに悠二が失踪して以降、悠二のことは忘れており、「吉田一美に想いを告げ、結果振られた」という事実から年が明けても吉田と気まずい関係が続いていたが(XVI巻)、共に学校で過ごす内に「気まずさ」も薄れていく(XVII巻)。 アニメ版では乗り物酔いをしやすい体質を持っており、遊園地の子供用の乗り物や観覧車でさえも酔ってしまう。 特に第2期では、損な役割や抜けたところが多く作られ、ギャグキャラクター的な位置付けになっている。 文化祭では運営委員仲間の藤田に仕事を手伝わされ過ぎ、ダウンしてしまう(準備期間中はそのせいで「始まる前に終わった」感じになってしまった)。 緒方 真竹(おがた またけ) 声 - 悠二の高校からのクラスメイトで、ボーイッシュな女の子。 「かわいいよりかっこいい」と評される快活な性格。 バレー部員で、1年ながらレギュラーを掴んでいる。 佐藤啓作・田中栄太とは中学からの同級生。 特に明記はされていないが、中学時代から佐藤家に出入りしており未成年ながら飲酒を嗜むなど、中学時代は佐藤・田中と共に素行不良であったことが伺える。 田中に好意を抱いており、彼のそばにいたいがために悠二たちと関わるようになる。 きちんとした返事はもらっていないが、周囲からはほぼ公認カップルの扱いを受けている。 また、当初は田中が慕うマージョリーのことを誤解していたが、誤解が解けた後は「身近で頼れる大人の女性」として彼女を尊敬している様子。 文化祭の騒動時に封絶の中で「壊され」、田中の心に影を落とす(XII巻)。 平井 ゆかり(ひらい ゆかり) 声 - 悠二のクラスメイトの1人。 その後、悠二と出会ったシャナが彼の見張りに都合が良い立場として存在を割り込ませたため、周囲の一般人には平井ゆかり=シャナと認知されている。 原作では、物語開始時にトーチとなった前後の平井ゆかりが登場する場面はないが、以前はどのような人物であったかが語られている。 かつては隣席の悠二とは何度かノートを貸した程度の仲だった。 悠二は目立たず大人しかったとしているが、シャナによれば「灯りも消えかけてた」トーチだったため、実際の性格は不明。 また吉田一美とは幼馴染で、吉田が対等に話せる数少ない友人の一人。 シャナが平井ゆかりの存在に割り込んで間もなく、家族のトーチも燃え尽き、平井家の住居であったマンションは、御崎市におけるシャナの寝床兼倉庫として使われ、その後シャナとヴィルヘルミナの共同生活の拠点となる。 御崎市決戦終結後、「坂井悠二の計画」によって御崎市で喰われた存在が復元されている最中、悠二の要望に応じシャナが彼女への割り込みを止めたことで、本当の平井ゆかりも両親と共に復元される。 シャナが彼女に割り込んでいる間に築き上げた周囲との関連性(坂井千草との交友関係など)は引き継がれた(XXII巻)。 しかし、その復元の影響で去年四月から二月中旬頃までの記憶の全健忘者が多い中、一人だけ断片的な記憶が残っていることに悩みを抱えており、未だにカウンセラー(という名目の外界宿関係者)からカウンセリングを受けている。 アニメ版ではオリジナルキャラクターとして物語序盤に登場し、トーチとなる以前の様子も描かれた。 腰まである長髪をツーサイドアップにした少女の姿で描かれており、池速人に好意を持っていた。 このエピソードではトーチの悲劇性が顕著になっている。 シャナが存在を割り込ませる際には1度消滅したトーチの残滓を利用し、またその時点ですでにシャナの命名がなされているため、悠二が彼女の人格を尊重する描写は学校では「平井ゆかり」として接するようにというシャナの指示を無視するという表現に変更される。 漫画版では悠二の回想でわずかに描かれており、ストレートのロングヘアーとなっており顔つきもアニメ版と大幅に異なる。 が趣味の活発な性格で、イベントなどの際にはクラスの中心として活躍する。 吉田にせがまれて悠二の写真を渡したのも彼女。 また、世俗に疎いシャナを色々と面倒見ているが、「ロミオとジュリエット」などは余計な脚色を付けて教えている節がある。 シャナや一美にセクハラをすることもある(XI巻)。 年が明けた3学期初日、吉田一美と池速人を見て気まずい空気が漂っているのを、思春期の女子ゆえに気付くが、何があったか聞き出そうとするなど、無遠慮かつ無神経な性格が窺える。 なお、この時は藤田晴美に口を塞がれて止められる(XVI巻)。 アニメ版では、第1期と第2期の中間で販売されたOVAから登場している。 藤田 晴美(ふじた はるみ) 声 - 悠二のクラスメイトで、1年2組の副クラス委員。 メガネがトレードマーク。 肝心なところで大ポカする癖がある。 即決即断の性格で、深く考えて行動するタイプの池とはクラス委員として名コンビを組んでいる。 内気な吉田が下の名前で呼ぶ数少ないクラスメート。 何でも背負いがちな池が他人に頼れるようになったことに気付き、同時に池にそのことを気付かせる(XIII巻)。 アニメ版では、第1期と第2期の中間に販売されたOVAから登場している。 第2期アニメでは原作と違って池の事情を考えずに振り回す性格になっており、清秋祭運営委員の1人で池に仕事を任せてばかり居た結果、池はダウンしてしまった(彼女が池が始まる前に終わった感じを作り出した原因)。 さらに終了後も引きずり回し続けている。 浅沼 稲穂(あさぬま いなほ)・西尾 広子(にしお ひろこ)・川上 正太郎(かわかみ しょうたろう) 悠二たちの隣のクラスの1年1組の生徒。 清秋祭の際に仮装衣装の生地を2組から提供されたのを受けて(ヴィルヘルミナが調達したもの)、シャナに礼を述べている。 また川上はパレードの『赤ずきん』猟師役でベスト仮装賞にノミネートされている。 浅沼はロングヘアの活発な少女で、西尾はショートのおとなしめの少女。 川上は「華麗なるラブハンター」と称される一方、物忘れが激しいらしい。 黒田 寿子(くろだ としこ) 悠二たちの隣のクラスの1年3組の生徒。 清秋祭の仮装パレードでは『』のアリス役を務め、ベスト仮装賞にノミネートされている。 その際、「アリスというよりハートの女王様」と称されている。 近衛 史菜(このえ ふみな) 声 - アニメ版オリジナルキャラクター。 第2期二話終盤で悠二たちのクラスへ転校してきた少女で、に瓜二つの顔をしている。 また右手首に鎖を輪にしたブレスレットを付けている。 シャナや悠二はヘカテー本人ではないかと疑い、あらゆる方法で試したが、結局は傷口から血が流れていたことから人間と判断する。 長年、買い手のつかなかった大きな屋敷に引っ越してきたばかりで、老紳士的な執事(声 - )と二人暮らし。 常に敬語で話し、教科書を出したり着替えたりするのに他人の手を借りる、登下校に送迎が必要など、浮世離れしたお嬢様。 周囲に告げず1人でどこかへ行く(そのたびに悠二や一美が探し周る)、学校の机にテーブルクロスを敷く、注意されても耳を貸さないなど、マイペースで天然な性格。 転校初日から悠二に執着し(席を悠二の横にするように先生に頼んだり、何かと悠二の袖をつまむなど)、その無自覚な行動でシャナや一美を悩ませる。 その正体は[仮装舞踏会]が送り込んだヘカテーが作り上げた自身の 偽りの器(人間の偽装体)。 そのため気配や身体構成は人間のと何ら変わりはない。 文化祭の騒動の際、悠二の中から『暴君』が顕われたことを知ったベルペオルが、『タルタロス』を操作して右手首のブレスレットを砕き、封絶内でも動くことができるようになる(この時、一緒にいた執事は爆発している)。 そして悠二たちの前に現れ、ヘカテーの大杖『トライゴン』で『暴君』の顕現を抑えて『零時迷子』に刻印を打ち込む(原作ではヘカテー自身が行っている)。 その直後、現れたヘカテーに器を開き、その記憶と感情を回収されて同化・消滅する。 消滅後は存在の消失を感じ取れない人たちには忘れ去られている。 上原(うえはら)、 菅野(すがの)、 佐々木(ささき)、 荻原(おぎわら) 声 - (上原)、(佐々木)、(荻原) アニメ版で判明している1年2組の生徒たち。 上原は男子生徒。 菅野は活発そうなの少女で、当初悠二の左隣の座席だった(後に近衛史菜と席替えしている)。 佐々木はショートカットの少女。 荻原はショートボブの少女。 その他、出席点呼や体操着から複数の名前が確認できる。 高井(たかい) 声 - アニメ版に登場する生徒。 悠二たちとは別のクラスの男子生徒で、図書委員に所属しているようである。 人当たりがよく常に笑顔を絶やさないが、押しは強く、また高い見識の持ち主であり人の心の機微にも鋭い。 一般に精通しており、料理上手で特に炒め物が得意。 本人曰く運動神経も悪くないらしい。 子供の扱いに慣れており、また世話好きで面倒見が良い。 感情表現に拙いシャナに対しては豊富な人生経験からしばしば的確なアドバイスを与え、アラストールやヴィルヘルミナとも教育論において対等に渡り合い、彼らから一目置かれている。 アラストールのことを「アラス トオルさん」(アクセントは「ア」におく)と呼ぶ。 実年齢よりかなり若く見える。 しかし年齢を若干気にしており、貫太郎にも自分の年齢をあまり他の人に教えないように言っている。 貫太郎の発言から、養護施設の類で育ったらしいことが窺える。 夫の貫太郎とは学生結婚で、今なおラブラブな良き夫婦。 十二月に、妊娠していたことが判明する(XIII巻)。 アニメ版から登場している。 坂井 貫太郎(さかい かんたろう) 声 - 悠二の父。 職業は本人曰く『困った人の相談に乗る』仕事で、普段は海外に単身赴任している。 他人を驚かせるのが好きらしく、普段から帰宅の際に事前の連絡は入れない模様。 冗談やジョークをよく言うが、妻の千草曰く「笑えないのにショックばかり大きい」。 細身の体型だが、かなりの大食らいでしかも無茶な食べ方をする。 が良く、シャナの飛び蹴りを偶然に助けられながらもかわしたほどである。 尾行や調査の手腕は一流で、大戸ファンシーパークでヴィルヘルミナを追跡した際には彼女に全く気取られず、しかも僅かな時間で変装を次々と取り換えてみせる手腕を示す。 見た目は妻・千草同様とても若々しいが、千草への配慮であまり年齢は言わないようにしている。 学生時代、当時恋人であった千草の。 実家から勘当され、現在も交流はない。 仕事で海外にいたが7月、御崎市(の駅近辺)が教授との戦いで壊滅したニュースを聞きつけ、家族を心配して休みを貰って一時帰宅。 その際にシャナやヴィルヘルミナ・カルメル、吉田一美と顔を合わせ、シャナと「息子を酷い目に合わせようとしている」ヴィルヘルミナの話し合いの場を設けるのに一役買っている(IX巻)。 その後すぐ仕事に戻ったが、12月中旬に再び帰宅、悠二に千草の妊娠を告げ、今まで黙っていた「双子の兄」の存在を明かす(XIII巻)。 「双子の兄」について悠二には黙っていたのは、悠二が「見知らぬ兄」の存在を受け止められるか分からず逆に傷つけるかも知れなかったことと、自分たちが辛い思いをして一生胸の内に秘めておくつもりだったため。 アニメ版では第2期から登場しているが、登場する時期が少しずれ、帰ってきた理由も原作と異なる。 坂井家に長期間滞在しており、清秋祭のパレード行列を千草と共に見物している。 また、原作ではシャナとヴィルヘルミナを尾行し、見つかった際に尾行の理由を冗談で「趣味」と言ったのに対し(本当の理由は2人が危険な人物でないかを探るため)、アニメ版では本当に「女性を尾行するのが趣味」となっている。 清秋祭終了後に単身赴任に戻ったが、12月中旬に再び帰ってきてクリスマス・イヴを千草と2人きりで過ごしている。 坂井 三悠(さかい みゆ) 悠二たちが新世界へ旅立ってすぐ後の二月下旬に生まれた貫太郎と千草の娘で、悠二の妹。 その他の人間 [ ] ドナート 中世の中部イタリア・ウルビーノ出身の。 とは恋仲であったが、彼女の力の源を知った怒りと悲しみから、彼女と仲たがいする。 リャナンシーが去った後、それを生涯悔やみ続け、友人たるにリャナンシーに向けての一つの言伝を依頼し、この世を去った。 ガヴィダ曰く「純情な爺い」。 ゲオルギウス 中世の大法螺吹きのの男で、『永遠の恋人』ヨーハンの父。 夢と現実に境を持たず、代わりに他人にその境を飛び越えさせる弁舌と狂熱を持つ。 しかし欲望はやがて金と女のみとなり、最後には使えもしない自在法で「自らに活力を取り戻す」ことを望む。 そのためにフィレスを欺き、息子ヨーハンを殺そうとしたため、それを目撃し激しい怒りを覚えたフィレスに殺害される。 類似人物として(の・竜殺しの伝説で有名)と、(『』の主人公・ファウスト博士のモデル)がいる。 その後、現地調査員として活動し、に外界宿の再設置にやって来たとを補佐するため行動を共にする。 その正体は、「本物のハリー・スミス」の妹である ハリエット・スミス。 ホノルル外界宿壊滅の原因が兄と知り、その真意を知るため、兄を装って外界宿調査員として活動しつつに協力していた。 しかし、戦闘に巻き込まれ怪我を負ったことでキアラたちに正体を知られたため、キアラたちと袂を分かち、現地で活動していた[革正団]と合流。 から兄の真意を聞かされ、正式に[革正団]の一員となる。 [革正団]サラカエル一味の活動がキアラたちに阻止された後は、サラカエルの遺言に従い「その後の世界」を『約束の二人』と共に見届け、天寿を全うする。 キアラ達とは遂に相容れることはなかったが、『約束の二人』とは友誼を結んだようである。 なお[革正団]サラカエル一味壊滅の際に、物体の組成や構造を瞬時に解析する宝具『 ノーメンクラタ』を入手しており、彼女の死後は友誼を結んだが形見として所持している。 項辛(こうしん) にある外界宿を統べる『 傀輪会(かいりんかい)』の最高幹部『大老』の1人である老人。 若き日にに絡んで一撃でのされて以降、彼女を愛するようになり外界宿に参加した模様。 アニメ版第三期には未登場。 董命(とうめい) 『傀輪会』の構成員で、野戦服の似合いすぎる壮年の中国人。 ヴィルヘルミナからマージョリーに託された『引潮』作戦を遂行するに当たって、通信諸雑務の要員として『傀輪会』から派遣された構成員たちのリーダーである。 しかもマージョリーに同行している佐藤の為に董命を含む日本語を話せる者たちが派遣され、佐藤に外界宿構成員としての心構えをレクチャーしていた。 アニメ版第三期には未登場。 大峰 悟(おおみね さとる) 声 - 名前はアニメ版のみ。 御崎高校の教師で悠二たちのクラス担任。 温厚な性格。 ドラマCDでは、教職に就く前はメロンパン職人だったと語っている。 岡田(おかだ) 声 - 名前はアニメ版のみ。 御崎高校の英語教師。 教え方にやや難があるようで、シャナに欠点を指摘されて閉口している。 近藤(こんどう) 声 - 桐井大介 名前はアニメ版のみ。 御崎高校の体育教師。 教師たちに文句をつけるシャナを懲らしめるためにマラソン授業を行う。 しかしシャナはへばることはなく、逆に体調を崩した一美を叱責するが、シャナと悠二の機転でやりこめられてしまう。 その後は授業内容を改善していき、生徒からの受けも良くなっていく。 メディアごとに容姿が異なる。 吉田 健(よしだ けん) 声 - (ドラマCD『セレモニー』) 外伝『セレモニー』に登場。 吉田一美の弟。 姉の想い人である悠二がシャナと仲良さそうにしていた所を街で目撃し、姉の誕生日に悠二に対していたずらを行う。 わずかだが、本編にも登場する。 大上 準子(おおがみ じゅんこ) 声 - 0巻『オーバーチュア』に登場。 父親(声 - )と母親(声 - )と兄がいる。 そのトーチは翌日、『贄殿遮那』のフレイムヘイズ(=シャナ)によって存在に割り込まれる。 濱口 幸雄(はまぐち ゆきお) 声 - 0巻『オーバーチュア』に登場。 大上準子と付き合っていた。 最終的には完全に準子の存在を忘れてしまうが、所持していたアクセサリーの結び目を見た際には無意識の内に涙を流している。 斉藤 隆代(さいとう たかよ)・ 宇垣 成子(うがき せいこ)・ 尾崎 夕紀乃(おざき ゆきの) 声 - (斉藤)・(宇垣)・(尾崎) 0巻『オーバーチュア』に登場。 大上準子のクラスメートで友人。 それぞれ斉藤は普通の、宇垣は男勝りな、尾崎は丁寧口調の少女。 ビリー・ホーキン SIII巻『ソロー』に登場。 1864年、の裏で勃発していた『内乱』の最中で、『大地の四神』率いる西軍の一部隊であるフレイムヘイズと人間のインディアンたちの混成部隊[ パドゥーカ]によって故郷の開拓村を焼き払われた上に、右目まで潰された人間の少年。 村を焼き払ったインディアンたちが口にしていたフレイムヘイズという言葉だけを頼りに荒野を彷徨った末に行き倒れていたところを、フレイムヘイズを殺すための宝具制作のために討ち手を憎む人間を探していた一行に助けられる。 そして、互いの事情を知ったことで利害の一致を見たビリーは、フリアグネたちや合流したフリアグネの古い友人であるの頭目と行動を共にしながら、銃の腕を磨きつつ復讐の機会を伺う。 そして二ヶ月後、コヨーテが得た情報を元に、巻き添えを食わない為にコヨーテと共にその場を離れようとしたに対して、自己紹介とお礼を述べる。 そして[パドゥーカ]が通過するであろうとある狭隘地でフリアグネと共に待ち伏せ、遂に[パドゥーカ]と遭遇。 そして、ただ一人残った[パドゥーカ]の指揮官であるフレイムヘイズと交戦、ノーマンの自在法『スペイキル』と『アクス』によって致命傷を負いながらも、フリアグネと思いを縒り合わせて投擲した銃を素材に銀の拳銃型宝具(『トリガーハッピー』)を作り出し、その宝具でフリアグネがノーマンを撃って爆死させ、遂に仇を討つ。 そして、村の襲撃時と死に際にノーマンが、死後の名誉を称える慣用句を叫んでいたことを知ると、そんなものはなかったと、仇を嘲笑いながら死亡する。 セレーナ・ラウダス 新世界『無何有鏡』の地中海をクルーズする豪華客船『ロード・オブ・ザ・シーズ』号の客室乗務員。 年齢は二十すぎ、髪の色は暗い茶色と異なるが、面差しはヘカテーに似ている。 同船の貴賓室に陣取る貴婦人(その正体は、[仮装舞踏会]将帥との合流地点として本船に乗り合わせた)の目に止まったことで、本来の業務を外れて貴婦人専属のサービス要員となる。 船が人間の犯罪者によるシージャック事件に巻き込まれる中、無風の貴賓室を次々と訪れる多様珍妙な来客を応対し、一連の騒動終結後に『夢のような景色』を目撃し、貴婦人に対して発した言葉が貴婦人を驚かせ、そのお礼として宝具『タルタロス』の一部であるブレスレットをお守りとして渡される。 そして、空を飛んで『星黎殿』へと戻っていく貴婦人たちに対して、自分の職務を完遂を示す仕草として深々と一礼する。 ミステス [ ] 宝具をその身に宿した特別なトーチ。 ミステスの消滅により宝具が無作為転移する様相から、「旅する宝の蔵」とも呼ばれる。 宿す宝具によって、特異な能力を持つこともある。 坂井 悠二(さかい ゆうじ) 宝具『 零時迷子』を核にするミステス。 詳細は前述のの項を参照。 見た目は隻眼の鬼面を被った鎧。 『贄殿遮那』の能力により、自身に対する自在法による干渉を無効化(攻撃は無効、防御は突き抜ける)し、気配を持たないという特性を持つ。 自身に最低限の封絶を張っているため、人間には視認できない。 この関係で核となっている『贄殿遮那』には、トーチの組成に干渉した者を捕獲する『戒禁』がかけられている。 そのため決定的な弱者である人間には見向きもしない(シャナは人間時代この特徴を逆手に取り、彼に頼んで「人間」である自分をアラストールの元まで運ばせている)。 また誕生時からそうだったのか、時間経過によって変化したのかは不明だが、『 刀匠』『 大太刀 贄殿遮那』『 鎧武者 天目一個』の3つの意識が混在している。 シャナがまだ人間だった頃、『天道宮』を隠す『秘匿の聖室』の割れ目から「強者」であるアラストールを感知、『天道宮』へ乗り込む。 やも現れ『天道宮』が混乱する中、「強者と戦う」ためにシャナとアラストールの契約を助ける。 そしてアラストールと契約した直後のシャナと戦い、攻撃の勢いを利用された頭突きを食らって鬼面を砕かれ、『贄殿遮那』を手放して敗北する(V巻)。 シャナのことを自身の使い手として認めており、彼女を「主」と呼んでいる。 自在法にも最低限の適性はあり、19世紀にはシャヘルの神託を聞いて自ら封絶を張り始めている(行動律の問題で他者から自在法を覚える機会はなかったはずであり、2000年代で既に数百年放浪していたことなどから、最低でも14世紀には既に存在していたことになる)。 名の由来はの山神・鍛冶の祖神である、(あめのまひとつのかみ)。 アニメ版では羽織を着ているなど外見が異なり、また気配がないのは使用している封絶が気配を遮断する特別な封絶だからということになっている。 ヨーハン 声 - 宝具『 零時迷子』を核にするミステス。 見た目は金髪黒眼の17歳の少年で、左耳の後ろに三つ編みがある。 両親からは育児放棄にも等しい扱いを受けていたが、父と交友があり気まぐれで人間の成長に興味を持ったに赤児の頃から育てられる。 その後はフィレスと二人で『 約束の二人( エンゲージ・リンク)』を名乗るようになる。 炎の色はフィレスと同じ 琥珀色。 常に明るくあっけらかんとしており、多少の困難も楽しむ部分を持つ、風のように自由奔放で掴みどころのない性格。 好奇心旺盛で頭が良く勉強家であり、冷静で客観的な価値観と優れた洞察力の持ち主でもある。 愛するフィレスとは互いに尊重しあい基本的に相手を拘束するようなことはないが、行動の主体はヨーハンにあった模様。 フィレスが駄々をこねるときは、彼女が納得するまで言い聞かせるなど(本人は苦にしていないが)苦労人でもある。 本編開始の数年前からに狙われており、間違われて襲われ重傷を負った『万条の仕手』ヴィルヘルミナ・カルメルを助けて友人となる。 本編開始の直前まで3人で行動しサブラクを撃退していたが、が管理していた外界宿 [故崖窟]のの地下石窟に踏み込んだ際、サブラクの不意打ちを受けて瀕死の重傷を負い、緊急避難の為フィレスによって『零時迷子』に封じ込められる。 しかし、サブラクが『零時迷子』に打ち込んだ自在式『大命詩篇』の影響で『零時迷子』から自力で抜け出すことは事実上、不可能となってしまう。 その直後、自身を封じた『零時迷子』が坂井悠二に転移。 『大命詩篇』の影響で自我が断片化しており、自我が曖昧な状態ながらも残った自我をかき集め、変異の根源である『大命詩篇』を数十年単位で改造しようと目論む。 文化祭終了間際、『零時迷子』を見つけたフィレスの干渉によって意識が活性化する。 その直前にマージョリーが『零時迷子』に施していた走査の自在式を利用し、悠二の体を一時的に乗っ取って顕現、フィレスと再会し、彼女に三つの頼み事をする(XIII巻)。 翌年2月、御崎市決戦の最中に『ヒラルダ』の起動によって悠二の前にフィレスが出現。 悠二に愛について説いた後、二つ目の頼み事「への仕事の依頼(XX巻)」により戦場から離脱。 しかし自分が長く生きられないことを悟っていたため、最後の頼み事「死を唯一乗り越えられる生、子供を作る事」をフィレスに改変させた自在式によって為し、一緒に逃亡していた吉田一美へ『両界の嗣子』ユストゥスとなる捩れた球形のフラスコと遺言を託し、フィレスと共に消滅する(XXII巻)。 アニメ版では第2期から登場し、クリスマス・イヴに『零時迷子』の『戒禁』が弛んだほんの僅かな間だけ『ヒラルダ』を通じて吉田一美に語りかけることができ、悠二から『零時迷子』が抜き取られたことをヴィルヘルミナたちに伝えるように頼む。 名称不明 宝具『パパゲーナ』を核にするミステス。 ゲーム版などの外伝で登場。 の『ゲマインデ』により、防衛機構の『戒禁』を解除され寄生されており、既に人間の代替物としての意識は持っていない。 金髪の少女の姿をしている。 メアの顔に変化した状態でしか登場していないため、元々の顔は不明。 ミステスになった理由やその他の詳細は明かされていない。 しかし、戦闘用ということから無理やりミステスにされた可能性が考えられる。 アニメ版第2期にも、メアとして登場している。 その人物像や宝具についての詳細は不明。 作中に登場するフレイムヘイズ達については、を参照のこと。 アシズが提唱する『壮挙』によって生み出されるはずだった。 『両界の嗣子』の呼称もアシズが考案したものである。 存在の『分解』の自在式により、アシズとティスの存在の一部を糸状に分解する。 存在の『定着』の自在式により、糸状に分解された二つの存在の一部を青い結晶の形として注ぎ込む。 両者を一つに融合させる。 ユストゥス 声 - (ドラマCD) ヨーハンとフィレスが生み出した、史上最初の『両界の嗣子』。 炎の色は 琥珀色。 フィレスが改変した『大命詩篇』を核に、二人が融合した最初の時点では、捩れた球形のフラスコの中の脈動する心臓というものであった。 命名者はヨーハン。 生まれながらに封絶の中を動くことができ、その養育はヨーハンの遺言でヴィルヘルミナに託され、ヴィルヘルミナに抱かれて『天道宮』に乗って新世界へ旅立った。 新世界へ旅立ってから一年後の春、『天道宮』で無邪気に自在式を玩具代わりに構成していじくることが可能になっており、早くも自在法を操る天稟の才を表している。 生育速度は人間と変わりないようで、『天道宮』へやって来たシャナと剣術稽古に興じるなど、健やかに成長している。 新世界へ渡り来てから数年後には、新世界での初めてのヴィルヘルミナ(やティアマトー)との会談を終えて坂井悠二が立ち去りかけた際に、ヴィルヘルミナと手をつなぎながら悠二に向かって笑顔で手を振っていた(短編『クイディティ』)。 シャナたんシリーズの登場人物 [ ] アニメ版や漫画版の番外編に登場する(デフォルメ)化されたキャラクター。 本編から逸脱したキャラクターであるため、このキャラが登場する作品は番外編として扱われている。 ここでは主にちびキャラ化されたキャラクターのみ扱う。 また、ちびキャラ化されていない登場人物も原作とはまったく違う性格になっている。 シャナたん 声 - 釘宮理恵 ちびキャラ化されたシャナ。 外見同様に精神年齢も低く、口調も幼く舌足らずなしゃべり方をする。 そのためシャナの口癖「うるさいうるさいうるさい」が「うるちゃいうるちゃいうるちゃい」となっている。 シャナに比べ、子供っぽく駄々っ子のような性格になっているため、悠二の頭の上に乗っては、食べ物を食い散らかしたり、手に持った太刀を悠二に突き刺したり、髪の毛をぬいたりして悠二を困らせている(ただし悠二本人は本心ではまんざらでもないようでいなくなった際は同サイズのぬいぐるみを握り締め、本気で悲しむ描写があり、それを見たシャナたんから気持ち悪がられた)。 神出鬼没でとんでもない場所から現れることがある。 大量のメロンパンを隠し持っており、自分で食べる他、マシンガンのように撃ち出すこともある。 アニメ版では単にシャナを小さくしたような感じだが、漫画版ではさらに猫耳と猫尻尾が生えていてアニメ版ほど喋らない。 ヘカテーたん 声 - 能登麻美子 ちびキャラ化されたヘカテー。 『頂のヘカテーたん』に登場しシュドナイの頭の上に乗っている(その後ある理由で自ら降りた)。 シュドナイと悠二のが多かったため出番が少ないが、積み重ねたダンボール箱の上でシャナたんと壮絶なバトルを行った。 終盤では、なぜかシャナたんと共に悠二の頭の上に乗っていた。 ナギたん 声 - 釘宮理恵 に連載されていた漫画『』のヒロインがちびキャラ化した姿。 『灼眼のシャナたん リベンジ』に登場し、シャナたんの代わりに悠二の頭の上に乗っていた。 やることはシャナたんとほとんど同じで衣装も同じだった他、悠二から声優ネタを突っ込まれていた。 インデックスたん 声 - 同じ原作・製作のおまけアニメシリーズ『』からのゲスト出演で、『灼眼のシャナたん リベンジ』に登場した同作のヒロインであるがちびキャラ化した姿。 ダンボール箱の上でシャナたんに「真似するな」と壮絶な言い争いを行う。 口癖は「うっちゃいうっちゃいうっちゃい」。 脚注 [ ].

次の

灼眼のシャナ

灼眼 の シャナ 声優

STAFF 製作 『灼眼のシャナII』製作委員会 放送局 参照 Animax Taiwan 放送期間 - 話数 全24話 OVA:灼眼のシャナS 原作 高橋弥七郎 監督 渡部高志 シリーズ構成 小林靖子 キャラクターデザイン 大塚舞 アニメーション制作 J. CSTAFF 製作 『灼眼のシャナS』製作委員会 発表期間 - 話数 全4話 アニメ:灼眼のシャナIII-FINAL- 原作 高橋弥七郎 監督 渡部高志 シリーズ構成 小林靖子 キャラクターデザイン 大塚舞 アニメーション制作 J. STAFF 製作 『灼眼のシャナF』製作委員会 放送局 参照 放送期間 - 話数 全24話 映画 映画:灼眼のシャナ 監督 渡部高志 制作 J. STAFF 封切日 上映時間 約90分 その他 [DVD]2007年発売 - プロジェクト ポータル 『 灼眼のシャナ』(しゃくがんのシャナ)は、のライトノベル『』を原作としたの作品。 テレビアニメシリーズとしては『灼眼のシャナ』を始めとして、続編『灼眼のシャナII Second 』『灼眼のシャナIII-FINAL-』の他、劇場版やOVA、番外編が制作されている。 展開概要 [ ] アニメの制作において、原作小説は不変の教典というよりも、ifのアイディアを違うメディアで表現するためのもっとも大切なバイブルとして存在しているとのことで 、アニメでは原作にない設定や展開、キャラクターが登場している()。 テレビアニメ第1期 第1期シリーズ『 灼眼のシャナ』は、からまで形態()で全24話放送され、後に全8巻のDVDソフトとして発売された。 また、テレビ放送とほぼ同時期からインターネットによるストリーミング配信も行われた。 ストーリーは、原作I巻からVII巻をベースとしてアレンジされたアニメオリジナルで、VIII巻とIX巻エピソードのアレンジも極一部加えられた。 なお、企画段階では原作I巻をベースにした全12話というパターンも検討されていた。 OVA(特別編) キャスト・製作スタッフは、ほぼテレビシリーズと同じ。 1話収録で、2006年に発売。 テレビアニメ(第1期)第13話直後の時期に行われた課外授業、がへの想いを暴走させる姿を描くオリジナルストーリー。 その扱いはエンディングにも表れており、 シャナではなく緒方真竹がテレビアニメ版とほぼ同じ構図で描かれている。 劇場版 後述のを参照。 テレビアニメ第2期 『 灼眼のシャナII Second 』として、製作・系列各局で10月から3月まで全24話が放送された。 なお、「II」は「セカンド」と読む。 第1期ストーリー終了後、2学期になり数日経過した時点から始まる。 前期に引き続き原作の本編、外伝をなぞりつつ、アニメオリジナルの比重が大きい。 2007年に開催されたイベント『 2007』にて、第2期テレビアニメの大まかな概要が初めて発表され、同年には公式サイトが放送開始に先立ってリニューアルされた。 OVA(灼眼のシャナS) 、『』2009年7月号にてアニメに関する新展開が告知された。 その後、同年10月23日にOVA『灼眼のシャナS』が発売されることが発表された、全4巻。 本編ではないが4巻共通してシャナが登場する外伝のアニメ化である。 最終巻のラストシーンにおいて第3期の一部分が収録されている。 テレビアニメ第3期 『 灼眼のシャナIII-FINAL-』として10月から3月まで放送された。 全24話。 第1期、2期に比べてアニメオリジナルの要素は薄く、ほぼ原作終盤通りのストーリーが展開される。 また、今期から主題歌制作が、ジェネオン・ユニバーサルからワーナー・ホーム・ビデオ(ワーナー エンターテイメント ジャパン)に変更された。 キャスト [ ] 登場キャラクターおよび担当声優については以下の項目をそれぞれ参照。 白根秀樹 池端隆史 住本悦子、川上暢彦 未放送 オリジナル 第2期『灼眼のシャナII Second 』 1 再びの刻 小林靖子 渡部高志 高島大輔 都築祐佳子、大塚舞 大塚舞 2007年 10月4日 2 全ての序章 上田繁 井本由紀、鷲田敏弥 10月11日 3 疑惑の転校生 上田繁 高島大輔 尾崎正幸、 宮田奈保美 10月18日 オリジナル 4 憂いの少女たち 犬飼和彦 高田耕一 三家本康美 宇都木勇、小宮山由美子 10月25日 5 家族の食卓 白根秀樹 丸山由太 井本由紀、加藤万由子 11月1日 6 試練の前夜 福田道生 岸川寛良 三木俊明 藤井昌宏 11月8日 7 池速人、栄光の日 白根秀樹 渡部高志 大関雅幸 河井淳 大塚舞 11月15日 8 過去への扉 犬飼和彦 高島大輔 滝山真哲、中山由美 藤井昌宏 11月22日 XI巻・S巻 9 哀しみのマイルストーン 水上清資 上田繁 井本由紀、新井伸浩 鷲田敏弥 大塚舞 11月29日 10 帰ってきた男 小林靖子 石川敏浩 宇都木勇、竹内啓 藤井昌宏 12月6日 IX巻・XI巻 11 約束の二人 水上清資 岸川寛良 梶浦伸一郎、金紀杜 大塚舞 12月13日 XI巻 12 清秋祭始まる 犬飼和彦 福田道生 丸山由太 尾崎正幸、加藤万由子 藤井昌宏 12月20日 13 収束、そして兆し 小林靖子 渡部高志 高島大輔 井本由紀、新井伸浩 小宮山由美子 大塚舞 2008年 1月10日 XII巻 14 永遠の恋人 水上清資 二瓶勇一 大関雅幸 河井淳、岡野幸男 藤井昌宏 1月17日 15 覚醒 犬飼和彦 渡部高志 上田繁 神谷智大、鷲田敏弥 矢向宏志、太田雅三 加藤万由子、Seo lung-Duk 大塚舞 1月24日 XIII巻 16 つきせぬ想い 池端隆史 池端隆史 春光旭 井本由紀、三浦洋祐 石川慎亮、尾崎正幸 大塚舞 井本由紀 1月31日 17 それぞれの道 水上清資 岸川寛良 飯飼一幸、後藤孝宏 金紀杜 藤井昌宏 2月7日 XIV巻 18 錯綜の悠二 小林靖子 渡部高志 神保昌登 新井伸浩、佐野隆雄 大塚舞 2月14日 19 言えなかったこと 白根秀樹 丸山由太 小宮山由美子 加藤万由子、梶谷光春 藤井昌宏 2月21日 20 茜色の死闘 犬飼和彦 米たにヨシトモ 池端隆史 井本由紀、川上鴨彦 大塚舞 2月28日 21 合わさる力 水上清資 高島大輔 、石川慎亮 鷲田敏弥 藤井昌宏 3月6日 22 クリスマス・イヴ 白根秀樹 福田道生 大関雅幸 河井淳、清水勝祐 大塚舞 3月13日 23 危難の胎動 小林靖子 渡部高志 神保昌登 橋本敏一 梶谷光春、尾崎正幸 川上鴨彦、吉田隆彦 加藤万由子、のりみそのみ 藤井昌宏 3月20日 オリジナル 24 守るべきもの 高島大輔 池端隆史 大塚舞、都築祐佳子 井本由紀、神谷智大 新井伸浩、梶谷光春 冷水由紀絵、杉本功 のりみそのみ、橘秀樹 藤井昌宏 大塚舞 3月27日 OVA『灼眼のシャナS』 1 リシャッフル 白根秀樹 渡部高志 神保昌登 井本由紀、赤尾良太郎 のりみそのみ 大塚舞 2009年 10月23日 紅蓮(ぐれん) 2 ドミサイル 千葉崇洋、 2010年 2月26日 SII巻 3 オーバーチュア 前編 小林靖子 井嶋けい子、早川加寿子 加藤万由子、さのえり 小川浩司、大塚舞 6月25日 0巻 4 オーバーチュア 後編 長谷川亨雄、出野喜則 野田めぐみ、 高原修司、石之博和 のりみそのみ 9月29日 第3期『灼眼のシャナIII-FINAL-』 1 失われた存在 小林靖子 渡部高志 池端隆史 、井本由紀 大塚舞 2011年 10月7日 XVI巻 2 来たるべきもの 水上清資 神保昌登 柴田志郎、小松原聖 10月14日 3 旅立つために 砂山蔵澄 堀之内元 飛田剛 服部憲知、阿部弘樹 井本由紀 10月21日 4 再会と、邂逅と 渡部高志 菅井翔、細越裕治 大塚舞 10月28日 5 囚われのフレイムヘイズ 白根秀樹 伊藤香織、上田みねこ 高澤美佳 井本由紀 11月4日 XVII巻 6 掌のなかに ヤスカワショウゴ 池端隆史 鈴木洋平 渡部高志 池端隆史 亀谷響子、石井ゆみこ 大塚舞 11月11日 7 神門 白根秀樹 米たにヨシトモ 小野田雄亮 関口雅浩 井本由紀 11月18日 8 開戦 砂山蔵澄 神保昌登 小松原聖、柴田志郎 大塚舞 11月25日 9 星黎殿へ 小林靖子 堀之内元 渡部高志 橋本敏一 津幡佳明、佐野隆雄 菅井翔、西村広 井本由紀 12月2日 XVIII巻 10 交差点 室井康雄 飛田剛 服部憲知、阿部弘樹 大塚舞 12月9日 11 聞こえる、想い ヤスカワショウゴ 十文字糾 筆木筆子 細越裕治、徳田賢朗 井本由紀 12月16日 XIX巻 12 誓いの言葉 白根秀樹 米たにヨシトモ 石田暢 亀谷響子、小松原聖 伊藤香織 大塚舞 12月23日 13 狭間へと、狭間から 砂山蔵澄 福田道生 渡部高志 池端隆史 石井ゆみこ、本村晃一 宮川智恵子、菅井翔 赤尾良太郎、 井本由紀 井本由紀 2012年 1月6日 14 大命宣布 水上清資 渡部高志 米たにヨシトモ 堀之内元 小野田雄亮 関口雅浩、服部憲知 1月13日 XX巻 15 雨中の敗走 鈴木洋平 小松原聖、錦見楽 津幡佳明、下川寿士 1月20日 16 再び、戦いへ 小林靖子 橋本敏一 米たにヨシトモ 鈴木洋平 橋本敏一 柴田志朗、上田みねこ 小松原聖 大塚舞 1月27日 XXI巻 17 誰が為に 白根秀樹 高田耕一 渡部高志 平田豊 井本由紀 2月3日 18 闘争の渦 ヤスカワショウゴ 二瓶勇一 米たにヨシトモ 神保昌登 亀谷響子、伊藤香織 松井誠 大塚舞 2月10日 19 彩飄が呼ぶもの 砂山蔵澄 福田道生 筆木筆子 佐藤浩一、細越裕治 井本由紀 2月17日 XXI・XXII巻 20 世界の卵 ヤスカワショウゴ 野田めぐみ、山吉一幸 、高橋賢 竹森由加、出野喜則 草刈大介、宇佐美皓一 大塚舞 2月24日 XXII巻 21 一つの理 白根秀樹 渡部高志 堀之内元 橋本敏一 津幡佳明、本村晃一 下川寿士 井本由紀 3月2日 22 異邦人の夢 砂山蔵澄 米たにヨシトモ 神保昌登 小松原聖、亀谷響子 錦見楽 大塚舞 3月9日 23 神の夢 小林靖子 鈴木洋平 佐々木睦美、伊藤香織 服部憲知、菅井翔 西村広、井本由紀 井本由紀 3月16日 24 涯てより開く 渡部高志 湖山禎崇 筆木筆子 小松原聖、佐藤浩一 津幡佳明、亀谷響子 大塚舞 大塚舞 3月23日 放送形態 [ ] 2005年(1期) 地上波放送は、形態での放送()。 海外では、の、、など各現地チャンネルで放送。 なお、、では「灼眼の夏娜」と番組ロゴに平仮名の「の」を使用(漢文では「灼眼的夏娜」と表記される) [ ] 2007年(2期) MBSが第2期の製作に参加する事が決定したことに伴い 、放送局がに統一された。 このように、UHFアニメの続編がに変更される事例は初めて(その逆の例は過去に幾つか見られた)。 第20話から、次番組『』の放送予告のため、次回予告の時間が縮小されていた。 2010年(1・2期連続放送) 2010年10月よりテレビシリーズ3期の放送を見据えて、第1・2期の放送及び配信を実施。 放送局はのMBS、(1期は都内地上波初放送)、 および旧作初放送ので、ネット配信は(公開後1週間は無料) [ ]。 2011年(3期) 近畿・中京圏は引き続きMBS・CBCでの放送であるが、MBSは製作には非関与であり、関東圏は再び南関東独立局ネットに変更されている(テレ玉を除く)。 なお、当シリーズ初となる局・でもネット。 放送局 [ ] 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考 第1期 - 水曜 24:45 - 25:15 水曜 25:30 - 26:00 水曜 26:00 - 26:30 2005年 - 2006年 土曜 27:25 - 27:55 2010年に再放送あり 2005年 - 2006年 月曜 27:58 - 28:28 2005年10月11日 - 2006年3月27日 月曜 更新 1週間限定無料配信 2006年 - 日曜 24:00 - 24:30 リピートあり - 月曜 27:00 - 27:30 独立UHF局 第2期 近畿広域圏 毎日放送 - 3月27日 木曜 25:25 - 25:55 TBS系列 製作局 2011年に再放送あり 木曜 26:25 - 26:55 2007年10月5日 - 2008年 金曜 25:55 - 26:25 日本全域 2007年10月10日 - 2008年 水曜 更新 ネット配信 1週間限定無料配信 アニマックス 2007年 - 2008年 木曜 22:30 - 23:00 CS放送 リピートあり 東京都 TOKYO MX 2011年 - 2011年 月曜 27:00 - 27:30 独立UHF局 事実上の再放送 第3期 東京都 TOKYO MX - 金曜 25:30 - 26:00 独立局 千葉県 チバテレビ 2011年10月8日 - 2012年 土曜 25:00 - 25:30 神奈川県 tvk 土曜 25:30 - 26:00 近畿広域圏 毎日放送 土曜 25:58 - 26:28 TBS系列 『』第1部 中京広域圏 中部日本放送 2011年 - 2012年3月28日 水曜 26:30 - 27:00 日本全域 2011年 - 2012年 木曜 11:00 - 11:30 CS放送 リピート放送あり 木曜 24:30 更新 ネット配信 1週間限定無料配信 2011年 - 2012年 金曜 24:30 - 25:00 BS放送 『』枠 劇場版 [ ] 劇場版 灼眼のシャナ 監督 脚本 原作 製作 出演者 音楽 主題歌 「」 編集 制作会社 製作会社 J. なお、キャストおよび製作スタッフは、ほぼテレビシリーズと同じ。 劇場公開前に公開直前スペシャルと一般公開終了後に劇場未使用シーンが追加された、ディレクターズカット版DVDが発売された。 また、第2期テレビアニメの先行映像を収録した特典ディスクが付属した。 2007年より、『』や『』との3本立て同時上映イベント『』の1作として公開。 一般上映は同年に終了したが、同年には『角川アニメフェスティバル』の1作としてTOHOシネマズ六本木ヒルズにて特別上映された。 さらに、同年・には『』の一環『電撃文庫ムービーフェスティバル』としてシネプレックス幕張にて特別上映された。 公開会場では公開3作の記念文庫・電撃劇場文庫が販売され、本作からは『灼眼のシャナM』が限定販売された。 劇場版キャラクター [ ] 以下は劇場版に登場するキャラおよび担当声優。 大峰悟 -• 吉田一美の母 -• 男子生徒 -• TVナレーション - スタッフ [ ]• イラスト -• 監督・絵コンテ -• 演出 - 渡部高志、、上田繁• シナリオ -• キャラクターデザイン・総作画監督 - 大塚舞• 作画監督 - 井本由紀、、大塚舞• 色彩設定 - 伊藤由紀子• 美術監督 - 奥井伸• 撮影監督 - 福世晋吾• 編集 -• 音響監督 -• 音楽 -• 音楽制作 -• 企画 - 久木敏行、熊澤芳紀、春名慶、阿部倫久• 製作 - 、臼井久人、鈴木一智• プロデューサー - 、、、• アニメーションプロデューサー -• アニメーション制作 -• 配給 -• シャナたん、 ヘカテーたんについては、も参照。 主な内容は本編の各シーンをパロディ化したものだが、シリーズを重ねるにつれて、出演声優や他作品(ライトノベル、アニメ、テレビドラマなど)に関するネタ、アドリブ等々が含まれるようになった。 『しゃくがんのシャナたん』 シリーズ タイトル 収録 しゃくがんのシャナたん アニメ『灼眼のシャナ』DVD 第1巻 予約特典「灼眼のシャナ DVDまがじん1 -メロンパンはカリもふがいちばん! -」 しゃくがんのシャナたん りたーんず アニメ『灼眼のシャナ』DVD 第5巻 予約特典「灼眼のシャナ DVDまがじん2 -カリもふこそがメロンパン!! 〜」 灼眼のシャナたん -劇場公開直前編- OVA『灼眼のシャナSP』収録「劇場版『灼眼のシャナ』公開直前スペシャル! また、同じ電撃文庫原作・J. STAFF製作の『』でもアニメ版のDVD特典として収録された「」は本シリーズと同じようなものとなっている。 その後、発表された「灼眼のシャナたん りべんじ」では、逆に「とある魔術の禁書目録たん」のキャラクターが登場し、シャナたんと言い争いをする場面がある。 さらにりべんじの後に発表された「とある魔術の禁書目録たん3」では同作登場のキャラであるアニェーゼがちびキャラ化し本作を髣髴とさせる発言を行っている。 なんでも質問箱! 小説第0巻「 灼眼のシャナ狩人のフリアグネなんでも質問箱」が元となり、DVDの映像特典のほか「DVDまがじん」や「アニメ『灼眼のシャナ』ノ全テ」にも収録、OVA版マリアンヌのJ. STAFF探訪ではマリアンヌ人形が出演している。 途中、教授やドミノらが、乱入してくる場面がある。 なお、先述した『とある魔術の禁書目録』のパロディ作品「とある魔術のいんでっくすたん」にて、このコーナーが引用された。 解説にはも参加。 収録巻 項目 なぜなにシャナ! なんでも質問箱! なんでも質問箱! 特別編 OVA SP マリアンヌのJ. STAFF探訪 なぜなにシャナ! なんでも質問箱! 主題歌CD [ ] 『』(川田まみ) 2005年11月5日発売。 「緋色の空」を収録。 『』(高橋洋子) 2005年10月26日発売。 「夜明け生まれ来る少女」を収録。 『』(KOTOKO) 2006年3月23日発売。 「being」を収録。 『』(石田耀子) 2006年2月8日発売。 「紅の静寂」を収録。 『』(Love Planet Five) 2007年4月4日発売。 「天壌を翔る者たち」を収録。 『』(川田まみ) 2007年5月9日発売。 「赤い涙」を収録。 『』(川田まみ) 2007年10月31日発売。 「JOINT」「triangle」を収録。 『』(KOTOKO) 2008年3月12日発売。 「BLAZE」「Sociometry」を収録。 『』(川田まみ) 2008年3月26日発売。 「sense」「portamento」を収録。 『』(川田まみ) 2009年11月18日発売。 「Prophecy」を収録。 『』(川田まみ) 2010年3月24日発売。 「All in good time」を収録。 『』(KOTOKO) 2011年11月16日発売。 「Light My Fire」を収録。 『』(ALTIMA) 2011年12月7日発売。 「I'll believe」を収録。 『』(川田まみ) 2012年2月1日発売。 『』(ALTIMA) 2012年2月29日発売。 「ONE」を収録。 サウンドトラック [ ] 詳細は「」を参照 『灼眼のシャナ オリジナルサウンドトラック』 2006年1月25日発売。 『劇場版 灼眼のシャナ オリジナルサウンドトラック』 2007年9月21日発売。 『灼眼のシャナII オリジナルサウンドトラック』 2008年1月25日発売。 『灼眼のシャナ-BEST-』 2018年1月24日発売。 販売元はいずれも(旧称:ジェネオンエンタテインメント)である。 2011年7月からBD-BOXが順次発売。 「しゃくがんのシャナたん」をはじめとするDVD版の映像特典も多数収録されているが、声優関連映像、オーディオコメンタリーは割愛されている。 巻数・タイトル 収録話 発売日 規格品番 DVD通常版 DVD初回版 BD通常版 BD初回版 第1期『灼眼のシャナ』 〜Prelude to Shana〜 2005年9月16日 GNBA-7159 I 第1話 - 第3話 2006年1月25日 GNBA-7160 II 第4話 - 第6話 2006年2月24日 GNBA-7162 GNBA-7161 III 第7話 - 第9話 2006年3月24日 GNBA-7163 IV 第10話 - 第12話 2006年4月28日 GNBA-7164 V 第13話 - 第15話 2006年5月25日 GNBA-7165 VI 第16話 - 第18話 2006年6月23日 GNBA-7166 GNBA-7169 VII 第19話 - 第21話 2006年7月28日 GNBA-7167 VIII 第22話 - 第24話 2006年8月25日 GNBA-7168 Blu-ray BOX 第1話 - 第24話 2011年6月22日 GNXA-7061 OVA『灼眼のシャナ』 SP「恋と温泉の校外学習! 」 2006年12月8日 GNBA-7351 GNBA-7350 劇場版『灼眼のシャナ』 公開直前スペシャル! 2007年4月4日 GNBA-7179 ディレクターズカット 劇場版 2007年9月21日 GNBA-7353 GNBA-7352 GNXA-7063 第2期『灼眼のシャナII Second 』 I 第1話 - 第3話 2008年1月25日 GNBA-7551 GNBA-7550 II 第4話 - 第6話 2008年2月22日 GNBA-7552 III 第7話 - 第9話 2008年3月21日 GNBA-7553 IV 第10話 - 第12話 2008年4月25日 GNBA-7554 V 第13話 - 第15話 2008年5月23日 GNBA-7555 GNBA-7560 VI 第16話 - 第18話 2008年6月25日 GNBA-7556 VII 第19話 - 第21話 2008年7月25日 GNBA-7557 VIII 第22話 - 第24話 2008年8月29日 GNBA-7558 GNBA-7559 Blu-ray BOX 第1話 - 第24話 2011年9月22日 GNXA-7062 OVA『 灼眼のシャナS』 I 〜リシャッフル〜 2009年10月23日 GNBA-1511 GNXA-1151 II 〜ドミサイル〜 2010年2月26日 GNBA-1512 GNXA-1152 III 〜オーバーチュア 前編〜 2010年6月25日 GNBA-1513 GNXA-1153 IV 〜オーバーチュア 後編〜 2010年9月29日 GNBA-1514 GNXA-1154 Blu-ray BOX I - IV 2014年8月27日 GNXA-1155 第3期『灼眼のシャナIII-FINAL-』 I 第1話 - 第3話 2011年12月22日 GNBA-1971 GNBA-1961 GNXA-1441 GNXA-1431 II 第4話 - 第6話 2012年1月27日 GNBA-1972 GNBA-1962 GNXA-1442 GNXA-1432 III 第7話 - 第9話 2012年2月29日 GNBA-1973 GNBA-1963 GNXA-1443 GNXA-1433 IV 第10話 - 第12話 2012年3月28日 GNBA-1974 GNBA-1964 GNXA-1444 GNXA-1434 V 第13話 - 第15話 2012年4月27日 GNBA-1975 GNBA-1965 GNXA-1445 GNXA-1435 VI 第16話 - 第18話 2012年5月30日 GNBA-1976 GNBA-1966 GNXA-1446 GNXA-1436 VII 第19話 - 第21話 2012年6月27日 GNBA-1977 GNBA-1967 GNXA-1447 GNXA-1437 VIII 第22話 - 第24話 2012年7月27日 GNBA-1978 GNBA-1968 GNXA-1448 GNXA-1438 Blu-ray BOX 第1話 - 第24話 2014年8月27日 GNXA-1439 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 前島賢『セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史』、2010年、228頁。 古崎康成. テレビドラマデータベース. キューズ・クリエイティブ. 2013年8月8日閲覧。 2010年9月4日、2014年7月6日閲覧。 「アニメDVDガイド」『ヤンヤンcandy Vol. 2』、、2009年、 105頁、 、 2009年11月5日閲覧。 外部リンク [ ]• - (2007年10月28日アーカイブ分)• - (2010年4月19日アーカイブ分) - 灼眼のシャナ紹介ページ。 - (2016年2月17日アーカイブ分)• - ジェー・シー・スタッフ• - (2015年7月17日アーカイブ分)• - ジェー・シー・スタッフ• - (2015年9月19日アーカイブ分)• shanafinal - 前番組 番組名 次番組• (TVSP)• 1987年• 1989年 - 1990年• 1990年 - 1991年• シリーズ• 1995年 - 1997年、2008年 - 2009年• 1997年、総監督• 1998年• シリーズ• 1999年• 2000年• 2000年 - 2001年• 2001年 - 2002年• 2003年• 2005年• シリーズ• 2005年 - 2008年、2011年• 2010年• シリーズ• 2011年、2013年• 2011年• 2013年• 2014年• 2015年 - 2016年• 2016年 OVA.

次の

灼眼のシャナ 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

灼眼 の シャナ 声優

この項目では、ライトノベルについて説明しています。 この作品を原作とするアニメについては「」をご覧ください。 1 - Vol. 9) (2009年12月号 - 2012年9月号) 発表期間 2007年9月 - 2012年7月 巻数 全5巻 その他のメディア作品 ゲーム:灼眼のシャナ[PS2] 灼眼のシャナDS[DS] ゲームジャンル バトル 対応機種 開発元 発売元 メディア [PS2] [DS] DSカード プレイ人数 1人 発売日 [PS2] 2006年 [DS] 2007年 レイティング :B(12歳以上対象)[PS2][DS] キャラクター名設定 不可 公式パロディ作品• (漫画版)• (アニメ) - プロジェクト ・・・ ポータル ・・・ 『 灼眼のシャナ』(しゃくがんのシャナ)は、から刊行されているによる(は)。 また、これを原作とする・・・作品である。 略称は「 シャナ」。 11月、小説の第I巻が発行され以降シリーズ化することとなった。 シリーズ発行部数はには累計585万部を突破し、売り上げは30億円を越えた。 2008年の時点で累計600万部 、2009年の時点で累計750万部 、2013年の時点で860万部 、2015年の時点では単行本を含めて累計1080万部にまで達した。 また、日販調べの週間ベストセラー、文庫ランキングでは文庫化されている本編19作+短編集3作品のうち16作品が初登場3位以上を記録しており、VII・XIII・XIV・XVI・XVII・XVIII・XIXの7作品が第1位を記録している。 2011年10月のXXII巻発売にて本編が完結、2012年11月の外伝SIII巻発売にてシリーズが完結した。 また小説を原作としたメディアミックス展開が行われ、にラジオドラマ化、に漫画版連載が開始され、同年及び2007年と2011年にはテレビアニメがそれぞれ半年間放送された。 その他、からテレビアニメ版スタッフ・キャストによるドラマCD、ゲーム、OVAも発表され、2007年には劇場版アニメが制作されている(これらの詳細は後述する)。 あらすじ 御崎市で平凡な日常を過ごしていた高校生の 坂井悠二は、怪物の出現と共に非日常の世界に巻き込まれ、名も無き少女と出逢った。 そんな彼女に悠二は「 シャナ」と名付ける。 2人は当初は反発しながらも、少しずつ惹かれ合っていく。 フレイムヘイズに課せられたの塊であったシャナは、自身が抱く悠二への恋心に戸惑い悩みながらも御崎市で暮らすうちに、徐々に一人の人間として成長していく。 彼ら [仮装舞踏会( バル・マスケ) ]は、数千年をかけて準備してきた計画『大命』の最後の切り札として、『零時迷子』を必要としていたのだ。 登場キャラクター 詳細は「」、「」、および「」を参照 本作のメイン、恋愛面では的存在でもある。 本作のもう一人の。 本来はすぐに消えるはずだったが、無作為転移によって宝具と呼ばれるアイテムを 内包したため、その宝具『零時迷子』の能力で存在し続けている。 内気でおとなしく家庭的な少女。 『大命』と呼ばれる計画のため、悠二が宿す宝具『零時迷子』を必要としている。 後にこの呼称は『軍師』、そして『参謀』に変更された。 人間や動物・物質など、この世のあらゆる個体が持っており、この世の時空に過去・現在・未来に渡って広がっている。 すると、その存在によって起こるはずだった影響(人間関係など)や、所有物や関わった人間の記憶や写真などの『存在した証』も同時に失われる。 しかし、既に起きた出来事などを巻き戻すには至らないため、本来あるべき存在が失われたことで、矛盾する部分が必ず生じる。 例を挙げれば、子供と家を持つ夫婦が喰われた場合、夫婦自身やその直接の持ち物は消える。 しかし子供は親がいない子供として残り、住んでいる家は夫婦の部屋が空っぽの状態になって残る。 人々の記憶は夫婦が「最初からこの世に存在していなかった」ように修正され、残された子供や家に関する矛盾や疑問点を追究する者も通常はいないとされる。 このような違和感の集合が「世界の歪み」である。 後に現代の『大戦』の最中に『大地の四神』の一人であるから、シャナ他数名のフレイムヘイズのみに伝えられた。 周囲の人間は、しだいにトーチへ意識を向けなくなるため、トーチが消失しても全く気づかない。 トーチ自身も通常は、自身がトーチであると気づかないまま消失する。 また、元となった人間に関する人々の記憶や所持品などの「存在した証」は、トーチが存在する間は維持されるが、トーチが消失すると同時にこの世から失われる。 この炎はあくまで見た目の話であり、熱エネルギーを持たず、物も燃やさない。 ここでは多数ある基礎的な術や皆が共通して使う自在法の一部を解説する。 術者独自の性質に基づいて発動する固有の術についてはそれぞれのキャラクターについての説明を参照のこと。 封絶(ふうぜつ) 現代では最もポピュラーで初歩的な自在法の一つ。 「結界」のようなものである。 封絶を「張る」と、地面に封絶の作用を生む火線の自在式が出現し、炎を混ぜたドーム上の陽炎の壁が形成され、内部の空間はこの世の流れから非物理的に切り離される(作中では『因果孤立空間』と呼称していた)。 炎弾(えんだん) 初歩的な攻撃の自在法。 使用者の意思を言語に変換する機能を果たす。 清めの炎(きよめのほのお) フレイムヘイズが使用する自在法。 身体の汚れを落としたり、体内の毒を解毒することが出来る。 服までは直せない。 『大命詩篇(たいめいしへん)』 [仮装舞踏会]の保有する特殊な自在式。 また『完全一式』という独特の性質を持っており、たとえ断片でも、刻んでしまえば破壊も干渉も受け付けなくなる。 外部に流出した場合、オリジナルを持つヘカテーが出座し、共振による破壊を行う。 また天罰神であるアラストールは、その権能ゆえに『大命詩篇』の破壊が可能。 ここでは特に、作中において重要な役割を果たすもののみを挙げる。 その他の宝具については、所有しているキャラクターの説明を参照のこと。 『贄殿遮那(にえとののしゃな)』 が所持する型の宝具。 長大な刀身と、それに比して短すぎる握りが特徴。 自在法も含め、刀に直接加えられる敵意によるあらゆる力の干渉を受け付けない最高に頑丈な刀。 ただし、使い手への干渉までは無効化しない(故に『吸血鬼』との相性は最悪)。 『零時迷子(れいじまいご)』 の内に宿る宝具。 時計台を材料としている。 形状はかみ合うもののない歯車の塊。 その本質は「一日の内に起きた劣化と消耗を否定させる」こと。 この本質の為、後から吸収した力も回復し、巡る時の性質から、同様の干渉も受けない。 独自の物理法則によって成り立っており、五感が意味をなさない。 「力そのものが混じり合う世界」であり、力のせめぎ合いが延々と続く、生きてゆくには過酷な世界とされている。 詳細は及びを参照。 なお19世紀後半に、これらの事実を一般人に認知させるべく活動する者たちが現れ、彼らは自らを[]と名乗った。 『闘争の渦』 騒動を引き寄せ、波乱の因果を導き、激突に衝突させる、恐るべき『時』の勢い。 小説 本編 本編はナンバリング順序通りの長編物語となっている。 なおナンバリングされているV、X、XV巻ではプロローグとエピローグ部分は現代の話であるが、それ以外は長編形式の外伝となっており時系列ではI巻よりも過去の話である。 これらナンバリングされた外伝は、以降の展開の重要な伏線となっている。 XXII巻で本編は完結。 外伝 本作では、本編の物語の挿入話(エピソード)となる話を 外伝と定義されており、タイトルはカタカナで表記されている。 前述のV、X、XV巻や『ゾートロープ1-4』など一部例外はあるが主に短編形式で書かれており、シャナと悠二以外を主人公とした作品も多数描かれている。 また、タイトルのアルファベット綴りの頭文字は全て重複が無いようにされている。 番外編 本編の挿入話としては扱われない「何でもあり」の話は 番外編として定義されており、番外編のタイトルはひらがなで表記されている。 なおアニメや漫画等の二次創作された番外編においてはタイトルの表記は統一されていない。 当初は番外編『しゃくがんのしゃな』『しんでれらのしゃな』の中に組み込まれた形式だったが、0巻巻末での書き下ろし以降は独立枠の掌編になっている。 既刊一覧 高橋弥七郎による著書『灼眼のシャナ』の既刊一覧と、その他に収録された作品も併せて記載する。 本編 既刊 初版発行日付 コード 1 灼眼のシャナ I 2002年11月25日付 2 灼眼のシャナ II 2003年4月25日付 3 灼眼のシャナ III 2003年7月25日付 4 灼眼のシャナ IV 2003年8月25日付 5 灼眼のシャナ V 2003年11月25日付 6 灼眼のシャナ VI 2004年2月25日付 7 灼眼のシャナ VII 2004年7月25日付 8 灼眼のシャナ VIII 2004年10月25日付 9 灼眼のシャナ IX 2005年2月25日付 10 灼眼のシャナ X 2005年9月25日付 11 灼眼のシャナ XI 2005年11月25日付 12 灼眼のシャナ XII 2006年2月25日付 13 灼眼のシャナ XIII 2006年9月25日付 14 灼眼のシャナ XIV 2007年2月25日付 15 灼眼のシャナ XV 2007年8月25日付 16 灼眼のシャナ XVI 2007年11月25日付 17 灼眼のシャナ XVII 2008年11月10日付 18 灼眼のシャナ XVIII 2009年2月10日付 19 灼眼のシャナ XIX 2009年9月10日付 20 灼眼のシャナ XX 2010年4月10日付 21 灼眼のシャナ XXI 2010年11月10日付 22 灼眼のシャナ XXII 2011年10月10日付 短編集 既刊 初版発行日付 ISBNコード 収録作品 灼眼のシャナ 0 2005年6月25日付 外伝『オーバーチュア』 番外編『しゃくがんのしゃな』 番外編『しんでれらのしゃな』 巻末:質問コーナー『狩人のフリアグネ』 灼眼のシャナ S 2006年6月25日付 外伝『キープセイク』 外伝『マイルストーン』 外伝『セレモニー』 巻末:質問コーナー『狩人のフリアグネII』 灼眼のシャナ M 限定販売 なし 外伝『ノーマッド』 外伝『オーバーチュア』 灼眼のシャナ SII 2008年6月25日付 外伝『ドミサイル』 外伝『ゾートロープ』(Chapter 1 - 4) 外伝『ヤーニング』 巻末:質問コーナー『狩人のフリアグネIII』 灼眼のシャナ SIII 2012年11月10日付 外伝『ソロー』 外伝『ノーマッド』 外伝『ヴァージャー』 外伝『フューチャー』 外伝『ホープ』 巻末:質問コーナー『狩人のフリアグネIV』• 上映劇場などで限定販売された。 外伝『ヴァージャー』、外伝『フューチャー&ホープ』はそれぞれ』2008年11月増刊号、2012年7月号の読み切り作品として書かれたものであり、SIII巻に収録された。 本編、外伝の時列表 時代 時期 作品 近世以前 16世紀以前 外伝 『キープセイク』 近世 16世紀 X巻 近代 1863-4年 外伝 『ソロー』 1901年 XV巻 1930年代 外伝 『マイルストーン』 現代 V巻の数年前 外伝 『ボールルーム』 I巻の数年前 V巻 V巻の数か月後 外伝 『ゾートロープ』 I巻の2年前(21世紀初頭) 外伝 『ヤーニング』、外伝『ジャグル』(ヤーニングの後)、外伝『ヴァージャー』 4月 外伝 『オーバーチュア』 I巻 外伝 『ノーマッド』(ドラマディスク) 5月 II巻 5-7月 III-IV巻 V巻プロローグ・エピローグ 7月 VI-IX巻 8月 外伝 『リシャッフル』、X巻プロローグ・エピローグ、DSゲーム 9月 外伝 『セレモニー』、外伝 『ドミサイル』 10-12月 XI-XIII巻 12月 XIV巻 12月24日以降 XV巻プロローグ・エピローグ 1月 XVI-XX巻 2月 XXI-XXII巻 4月下旬 外伝『フューチャー』 XXII巻から一年後の春 外伝『ホープ』 XXII巻から二年弱 外伝『アンコール』 ドラマCD 灼眼のシャナ ドラマディスク 2004年6月発売。 2003年にラジオ番組「」内で計4回放送されたとCDオリジナル1編を収録。 メディアワークスのネット販売や『電撃hp』の誌上通販などが行われた。 脚本は作者である高橋弥七郎が担当し、小説本編のI巻とII巻の間を埋める正式な外伝となっている。 後に脚本を小説の形式に書き直した外伝『ノーマッド』として小説化され『灼眼のシャナM』に収録された。 声の出演 アニメ化以前の作品であるため、アニメ版とは出演者が異なる。 シャナ -• 坂井悠二 -• アラストール -• 吉田一美 -• 坂井千草 -• フリアグネ -• キャストおよび設定をアニメ版と同様にした番外編ミニドラマとキャラクターソングを収録。 灼眼のシャナ Assorted Shana VOL. I (発売)• ドラマ「アラストールの苦悩」• ドラマ『吉田一美の日記』 灼眼のシャナ Assorted Shana VOL. II (2006年発売)• ドラマ『いつもの放課後に……』• ドラマ『フレイムヘイズの午後』 灼眼のシャナ Assorted Shana VOL. III (2006年発売)• ドラマ『索敵メロンパン』• ドラマ『紅世の王、極秘会議』 灼眼のシャナII SPLENDIDE SHANA Vol. I (2008年発売)• ドラマ『シャナの社会科見学〜一夜の夢の如し〜』• ドラマ『謎のセレブデート』 灼眼のシャナII SPLENDIDE SHANA Vol. II (2008年発売)• ドラマ『御崎高校殺人事件』• ドラマ「さらば愛しき子分ども」 灼眼のシャナII SPLENDIDE SHANA Vol. III (2008年発売)• ドラマ『平井家立てこもり事件』• ドラマ『エンゲージ・リンク-どこまでも、いつまでも-』 灼眼のシャナF SUPERIORITY SHANA III Vol. 1(2012年2月29日発売)• ドラマ『セレモニー』• 「Light My Fire」「I'll believe」のTVサイズ• 本編BGM 灼眼のシャナF SUPERIORITY SHANA III Vol. 2(2012年4月25日発売)• ドラマ『ヤーニング』• 「Serment」「ONE」のTVサイズ• 本編BGM 灼眼のシャナF SUPERIORITY SHANA III Vol. 3(2012年7月27日発売)• ドラマ『フューチャー』• ドラマ『ホープ』• 声優はテレビアニメシリーズに準じている。 ミニドラマ『迷子の迷子のゆうじ君』とキャストによるコメントを収録。 ゲスト出演• 葛西ゆうじ -• ゆうじの母 - 漫画 灼眼のシャナ 刊の『』2005年4月号から2011年10月号まで連載。 原作同様にシャナと悠二の出逢いから描かれており、I巻からIII巻までが原作I巻、IV巻からVI巻までが原作II巻、VII巻からVIII巻134ページが原作III巻、VIII巻135ページからX巻までが原作IV巻に相当する。 また、II巻・IV巻・VI巻には漫画版『灼眼のしゃなたん』(アニメ版とは設定が異なる)、V巻には原作SII巻収録の『ゾートロープ』が収録されている。 毎巻、原作者・高橋弥七郎からのコメント、キャラクターデザインいとうのいぢからのコメントと書き下ろしのイラストが寄せられていて、そのコメントの中で高橋弥七郎はこの作品を「極上のコミカライズ作品」と高く評価している。 単行本は全X巻まで刊行された。 累計発行部数は162万部を超える。 作画:• 原作:• キャラクターデザイン: 単行本 I. 2005年10月27日発売 II. 2006年6月27日発売 (通常版)、with "GRIMOIRE" (初回限定版) III. 2007年4月27日発売 IV. 2008年1月26日発売 V. 2008年7月26日発売 VI. 2009年1月27日発売 VII. 2009年9月26日発売 VIII. 2010年5月27日発売 IX. 2011年1月27日発売 X. 2011年10月27日発売 GRIMOIRE II巻の初回限定版付属の冊子『"GRIMOIRE"』(グリモア)には、灼眼のシャナをテーマにした様々なイラストレーターや漫画家、小説家の作品が収録されている。 イラスト - 、、、、、、• 漫画 - 、、、、、、、、• 小説 - 、 灼眼のシャナX Eternal song -遙かなる歌- 『電撃「マ)王』増刊『』(季刊)にて、2007年9月19日(vol. 1)から2009年(Vol. 9)まで連載。 2009年10月より本誌『電撃「マ)王』(現『』)に移籍し、それに伴い掲載も月一に変化し、2012年7月まで連載された。 原作X巻の時代16世紀に焦点を当てた外伝コミック。 作画 -• 原作 - 高橋弥七郎• キャラクターデザイン - いとうのいぢ、木谷椎 単行本 I. 2009年1月27日発売 II. 2010年8月27日発売 III. 2011年10月27日発売 IV. 2012年9月27日発売 V. 2012年9月27日発売 アニメ 原作刊行中であった期のテレビアニメ化を機に、テレビアニメ3期、劇場版アニメ1本、OVA2シリーズ5本が製作された。 いずれも製作は。 テレビアニメ第1期および第2期、劇場版アニメ、OVA前期は原作をベースにしたオリジナルストーリーであり、残るテレビアニメ第3期とOVA後期シリーズは(アニメオリジナルストーリーとの整合性を取る改変のみで)ほぼ原作に沿ったストーリーとなっている。 詳細は「」を参照 ゲーム PS2、携帯アプリ、DS版(メディアワークス) 灼眼のシャナ、灼眼のシャナDS 発売、製作で内容はほぼ同一。 ジャンルはバトル。 悠二とシャナ達の夏休みを描いている。 全8章。 版 発売(後にベスト版がに発売) ストーリーは原作者である高橋弥七郎により原案・監修されている。 予約特典は「『灼眼のシャナ』イラスト集・焔」(小説版のカバーイラストやゲームのパッケージイラスト、ゲーム内の戦闘シーン、イベントグラフィックなどの設定資料、高橋弥七郎といとうのいぢのあとがき収録)であった。 後に携帯アプリに移植された(電撃モバイルのサイトよりダウンロード可能)。 版 発売 原作者高橋弥七郎によるシナリオの全面改稿が行われ、正式な外伝となった。 新規要素が追加されている。 予約特典は「シャナイラスト・スクールカレンダー」、初回特典は「シャナゲーム・ミニラフ原画集『灯火』」であった。 オリジナルといっても小説と独立しているわけではなく、本編では回想といった形で、外伝・番外編では直接登場している。 ここでのキー入力の成否はエンディングに影響するため重要である。 ストーリー中のシーン(グラフィック)は、アルバムとして収録される。 全て揃えるには5パターンあるエンディングを見ることが必要。 PS2版とDS版の違いはPS2版はほぼフルボイスに対してDS版は一部のキャラのみになっている。 OP曲は「EXIST」。 また、OPアニメーションが機種によって異なっている。 iアプリ(FOMA903iシリーズ・メガアプリ対応機種のみ)のみ全共通タイトルで配信。 他に「電撃検定」はEZアプリ BREW およびS! アプリ(SoftBank 3G対応機種のみ)に対応、「スピード(トランプ)」はEZアプリ BREW に対応している。 携帯アプリ版(タイトー) 灼眼のシャナ 〜炎髪灼眼の討ち手〜 原作1巻から4巻のストーリーをベースとする。 ストーリーモードではシャナを操作し、制限時間内にステージをクリアし、ボスと対決する。 クリア後に残り時間や体力に応じてボーナスポイントが与えられ、攻撃力、防御力、スペシャル(特殊技ゲージ上昇率)、幸運(ブロック・クリティカル発生率)にポイントを割り振って育成が可能。 2006年11月より(・メガアプリ対応機種のみ)、 および(対応機種のみ)で配信されている。 提供は。 灼眼のシャナII 〜星黎殿の戦い〜 アニメ版のストーリーをベースとするアクションゲーム。 ストーリーモード・バトルモードのシステムや育成要素など、基本的な部分は前作と同様。 両モードにおいて使用可能キャラが大幅に増加された。 2007年4月から5月にかけてiアプリ(FOMA903iシリーズ・メガアプリ対応機種のみ)、EZアプリ BREW およびS! アプリ(SoftBank 3G対応機種のみ)で順次配信された。 提供は。 灼眼のシャナQIX ゲームのルールはを参照。 ステージごとに決められた面積の陣地を占領すると、CGモードでシャナを始めとするキャラクターの背景画像が鑑賞できる。 灼眼のシャナ9パズル いとうのいぢのイラストの9パズルFlashゲーム。 2007年12月13日から2007年12月26日までのクリスマス期間限定。 Mobage版(Arc) 灼眼のシャナ 封絶バトル Arcが開発した版用。 2015年7月7日配信開始。 DMM版(Arc) 灼眼のシャナ 封絶バトルR 上記版に新機能を実装した、用。 2017年5月25日配信開始。 2017年11月1日配信終了。 デスクトップマスコット デスクトップマスコット 灼眼のシャナ 2007年4月19日発売。 ノイズファクトリー製。 メインキャラクターの内ヒロイン5人を操作でカスタマイズできる3Dマスコット集で、SDにしたキャラも併録。 他作品との関連 PS2「」() から発売。 本作のイラスト担当いとうのいぢが所属する会社のゲーム作品で、いとうが原画を担当していることから、シャナ、悠二、アラストールがゲスト出演をしている。 同作品は他にもPC版・DS版があるが、シャナたちが登場するのはPS2版のみである。 PS2「」() から発売。 『灼眼のシャナ』を始めとしたの作品に関したコスプレ衣装が登場している。 なお、同作品のアニメでも「乃木坂春香がシャナのコスプレをする」というネタが出ている。 TVアニメ「」 アニメオタクであるフランクが着ているシャツのイラストや、部屋に飾っていたフィギュアの中にシャナが登場している。 アニメ制作は同じJ. STAFF。 DS「」() アスキー・メディアワークスから発売。 電撃文庫作品が共演、主要参加となる8作品の内でも物語の冒頭から登場して始終深く関わる他、主人公の使用武器が本作に登場する片手持ちの大剣型宝具『 吸血鬼(ブルートザオガー)』。 DS「電撃学園RPG Cross of Venus SPECIAL」() アスキー・メディアワークスから発売。 2009年に発売された上記作品のリメイク。 TVアニメ「」 アニメ制作が同じJ. STAFFということもあり、シャナと吉田一美がクレープ屋に並んでいたり、アニメ版の吉田一美が飼っている犬と同じ名前のニシキヘビを婚后光子が飼っていたり、御坂美琴がコンビニで立ち読みしていた本の表紙がシャナだったりする。 MMORPG「」(2009年3月12日 - 3月26日) ゲーム内で使用できるプレミアムキャラクターカード(シャナ、悠二、ベルペオル、シュドナイ)とアイテムを販売した。 MMORPG「」(2009年11月11日 - 11月25日) 期間限定のタイアップイベントを開催した。 メロンパンを集めると特製アイテムがもらえるというイベントでNPCとしてシャナが登場した。 ダンジョンRPG「」(2010年) 日本一ソフトウェアと電撃文庫作品のコラボレーションにおけるゲストの一人としてシャナが登場。 ボスとして登場し、倒すことで入手できるパーツを使うことで主人公がシャナに変身できる。 MMORPG「」(2010年7月14日 - 8月25日) 「マビノギ」「テイルズウィーバー」と同じくのゲーム、メイプルストーリーとのタイアップ。 課金アイテムを買ったり、使ったりする事によりシャナの髪型や武器、帽子(頭の上にシャナが乗る)などが手に入る。 カードゲーム「」 2011年度より参戦している。 スマートフォン向けのカードコレクションゲーム「」 2012年4月20日に『灼眼のシャナIII-FINAL-』よりシャナのボイスカードが登場。 アーケードゲーム「」 プレイヤーキャラクターとしてシャナ、サポートキャラクターとしてヴィルヘルミナが登場。 PS3「」(2014年) 本作のキャラクターデザインをいとうのいぢが手がけていたことから、と共に、サブシナリオに起用。 スマートフォン向けパネルRPG『』(2016年2月19日 - 3月4日) 『灼眼のシャナIII Final』とのコラボレーションを開催。 PCブラウザ向けカードバトルRPG『』(2017年8月9日 - 8月16日) 『灼眼のシャナ 封絶バトルR』とコラボレーションを開催。 相互で開催され、それぞれのゲームで条件を達成することでコラボ限定アイテムやゲーム内アイテムが入手可能だった。 脚注 []• 『セカイ系とは何か ポスト・エヴァのオタク史』 、2010年、228頁。。 E-hon. 2014年4月30日閲覧。 Jbook. 2014年2月12日閲覧。 E-hon. 2014年2月12日閲覧。 一部では「 灼眼」(しゃくがん)とも(公式サイトの記述より)。 2007年12月号の取材記事• アスキー・メディアワークス、2013年6月7日• VII - 「」 、2004年7月20日。 XIII - 「」 PHP研究所、2006年9月19日。 XIV - 「」 PHP研究所、2007年2月19日。 XVI - 「」 PHP研究所、2007年11月19日。 XVII - 「」 PHP研究所、2008年11月17日。 XVIII - 「」 PHP研究所、2009年2月16日。 XIX - 「」 PHP研究所、2009年9月24日。 電撃文庫公式解読本『灼眼のシャナノ全テ』でもう一人の主人公と明言されている。 灼眼のシャナ0巻参照• SIII巻作者紹介より。 AMW・灼眼のシャナより。 外部リンク•

次の