ミエロ グラフィー 造影 剤。 椎間板ヘルニア入院体験記その1: 検査入院初日。ミエログラフィー検査結果報告。

ミエログラフィー(脊髄造影)とはどんな検査?

ミエロ グラフィー 造影 剤

椎間板ヘルニア検査入院 ミエログラフィー検査は痛いのか 35才にもなって注射が大の苦手。 痛みにメチャ弱いトホホなオッサンがミエログラフィー検査が果たしてどれだけ痛いかおよび、人生初の入院初日をレポートする。 2012年7月12日(木) いよいよヘルニア手術前哨戦の検査入院が始まった。 今日から二泊三日の旅が始まる。 嬉しくない。 人生初の入院のため、検査入院は大部屋を選択。 手術後は個室を借りることにした。 どちらも体験したかったからだ。 12日午前十時半 妻に車で病院まで送ってもらい入院の手続きをして部屋に案内される。 血圧体重測定。 イロイロな書類に書きこみ。 なにやら決まった入院服に着替えさせられる。 退院するまではこの服のようだ。 午前十一時 心電図。 肺活量検査。 生まれて初めての肺活量検査。 午前十一時半 いきなり点滴開始。 急に病人っぽい格好だ。 イケテるぜ。 間髪入れずにお尻に注射。 何でもミエログラフィー検査の際にリラックスできる様になるためだとかなんとか。 この注射がまた激烈痛い。 が、トホホなオッサンでもなんとか堪えられた。 インフルエンザの注射の2倍位の痛さ。 大丈夫だった。 これくらい大したことない。 この注射を打った後は自分で歩行禁止。 すべて車イスでの移動。 さらに病人感がでてていいなぁ 笑。 ———-と、ここまで書いたところでミエログラフィー検査の順番がきた。 いよいよだ。 行ってくるぜ。 ———-ミエログラフィー検査終わって帰ってきました。 とりあえず安堵感で一杯です。 ではさっきの続きから書きます。 車イスで検査会場まで移動。 午後十二時頃から少し順番待ちがあってまずはレントゲン。 あっという間に終了。 廊下で暫くまち。 待合室の前には扉が二つあって一つは造影剤を腰、脊髄辺りに注入及び、X線撮影のへや。 もう一つはCT検査室。 まず廊下で待っているとCT室から初老の男性が泣きながら車イスででできた。 「痛くて涙でるわ~!まぁーあかんわー。 」の声。 なんだ不安をあおるじゃないか。 僕の顔を見るなり 「兄ちゃんもう終わったのけ~?」 と。 「いえ。 注射もこれからです。 」と僕。 「そうか。 お先に失礼するよ。 頑張ってな。 」とおじさん。 ちょっと~、メッチャ不安になるじゃ~ん。 そうこうする間にこんどは造影剤注射室から別のおじさんが痛みに顔をしかめて出てきた。 そしてうなりながらCT検査室に入っていったのだ。 おい、おい。 めちゃくちゃ怖いじゃねーかー。 その瞬間、造影剤室に僕が呼ばれたのだった。 部屋に入ってなにやら大きな機械の台の上にうつ伏せで寝かされる。 まずは腰回りの消毒。 腰を中心にお尻から背中のほうまでとかなりの広い範囲に消毒液を塗る。 消毒終わり。 次に横向きに寝転がされる。 横向きに寝っ転がったまま膝をかかえるような格好で、なるべ背中を丸めなさいと。 ちょうど横に寝ながら体操座りをするような感じ。 いよいよ造影剤注射。 まず先生が背骨をグッグッとさわっては針を狙う位置を慎重に確認。 「針をさすまえは言いますからね~。 」と先生。 心強い。 しかし、注射器は一切目で確認出来なかった。 針がどれだけ太いのかもわからない。 怖いぜ。 普段から注射嫌いな僕は、注射器及び針を指す瞬間は必ず見届けたいといつも思っているのだった。 「はい、針をさしまーす。 」よし。 こい! ブスッ! 刺した瞬間まずは腰から足にかける「パシッ」とした痺れと言うか痛みが駆け抜ける。 直後、 う、ヴぐぁああああああ~!!!!!! あー。 ん?あれ?痛くない。 よ?全然たいしたことない。 あれれ?? と思わず拍子抜けしてしまうほど痛くない、のです。。 そうなんです。 針を刺すこと事態は一瞬の痛みはあるものの全然たいしたことなくて拍子抜け。 痛さレベルはさっきのお尻の注射と同等程位かな。 想像していた激痛にのたうち回るというのとは全然違ってまるで大したことない。 余裕で我慢できちゃうくらい。 あーよかったとホッと一安心。 しかし、このあとが痛かったのです。 針を刺した後、 「はーい、今針を刺し終えましたのでこれから薬剤入れて行きまーす。 」 との、声。 ほっほ~。 そうきたか。 で、これ。 薬剤をいれるごとに下半身が激烈痛くなっていく。 痛さはまるでというか、全く同じ感じがしたのだけどヘルニアが激烈悪化しているときのような痛さ。 腰から足にかけてくるなんとも言えないあの痛さ。 ほんと、ヘルニアの状態がメチャクチャ悪いときのような痛さと思っていただいて間違いない。 とても立てやしない。 「痛いというのはこれのことかぁあ あ あ あああ~!!!」と一人激痛にのたうち回りながら納得したのでした。 そしてさらに、薬剤注入後の激痛収まらぬうちに自分が乗っている機械がグルグル動いて色々な角度でX線撮影を開始。 ヘルニアが悪いときにグルグル回るバリウム検査の台に乗っているような感じと思ってください。 メチャしんどい。 あまりの痛さに途中で膝がガクンと曲がり崩れ落ちそうになる(笑)。 続いて車イスに乗り、隣のCT検査室へ。 検査台に寝転がる前に、よつんばいになり両手を前に出し頭を地面に着けるような姿勢をしなさいとの指示。 何でも薬剤を腰から背中の方に行き渡らせるためだとかで、あまりに痛くて断念。 別の方法で実施しました。 想像してください。 ヘルニアが激烈悪いときにそんな姿勢が取れるだろうか。 あとから考えると怒りがこみ上げてくるほど無理な注文である 笑。 CT自体はMRIほど時間がかからずあっという間に終了。 あとは、造影剤を体から抜くため24時間絶対安静の指示。 とにかく寝てろ、と。 部屋に戻ってお昼御飯が運ばれてきたのが13時20分頃でした。 入院中の御飯は別でまとめ出ますのでそちらへどうぞ。 14時頃から検査後の問診。 水分をとにかく取れの指示。 今日の夜までには1リットル飲まなきゃならない。 あー、ビール飲みたい。 ミエログラフィー検査の痛さに関する総評。 針を刺すこと自体はそのイメージに比べると全くと言っていいほど痛くない。 (痛いが普通の注射レベル。 ) 薬剤をいれるのが痛い。 ただ、脊髄の神経に触って気絶的痛さ等では全くない。 ヘルニアがメチャ悪いときのような痛さ。 まぁ、これはヘルニア患者にとっては慣れっ こでしょう(慣れないか)。 むしろ、こっち系の痛さでよかったよ。 結論:何ら恐れることはなかった。 案ずるより産むが易い事を実感した。 15時半 一本目の点滴が完了。 二本目に突入。 16時10分 主治医が来てくださり検査結果の報告と診察。 ヘルニアはやはり大きくなっており取らなきゃダメなレベルだね~との報告。 あとは、ミエログラフィー検査のによる副作用などの説明。 しかし、若くてメチャクチャイケメンの先生だ。 どうしようもないくらいモテルんだろうなぁ、等と考えながらまた横になるのでした。 やることないし、昼寝するか。 17時50分 夜ご飯 夜ご飯も別途まとめてます。 またここにリンクも記載します。 18時40分 点滴が外れました。 今完全に健常者風です。 その後は未だ未だ安静期間なのでごろごろしながら本読んだり、スマホいじったり。 今日は早く寝るか。 なんか、メチャ贅沢な時間の過ごし方だと感じた。 普段は仕事が忙しくてアクセクしているが、今日はゆっくり時間が流れていました。 たまには入院もいいなぁなんて言っては不謹慎ですね。 入院初日はこれにて終了とします。 20時 ねるか。 はやっ。 次 へ.

次の

腰椎の造影検査

ミエロ グラフィー 造影 剤

CTの一般的な造影剤である水溶性ヨード造影剤は、静脈から注射され、血液と一緒に循環して、最終的に腎臓で血液から尿へと流れていきます。 ですので、造影剤では、血液の通り道である血管、正常の組織と血液の流れ方の異なる腫瘍や炎症、そして尿の通り道である尿路(腎盂・尿管・膀胱)を見るために使用します。 また、外傷によって、臓器から出血が出ているのをとらえたり、細い血管が詰まって血の流れが無くなった場所を探すためにも造影剤は有用です。 また、ミエログラフィーと言って、脊髄を見るために、血管ではなく、脊髄に造影剤を注射する検査もありますし、血管から肝臓に入って、胆汁と一緒に体の外に出ていく、ビリスコピンという造影剤は、胆嚢、胆管を見るために使用されます。 MRIの一般的な造影剤であるガドリニウム製剤も血液と一緒に流れて腎臓から出ていくのは同じですが、血管、尿路は造影剤を使用しなくてもしっかりと見えるので、主に、腫瘍、炎症を見るために使用します。 CTよりコントラストがはっきりしているので、心臓の筋肉の状態を見るために(心筋梗塞、心肥大症)使われる場合もあります。 また、肝臓の正常な細胞に取り込まれるEOBというMRI用の造影剤もありますが、これは肝腫瘍のみに使う造影剤です。 CT,MRI造影剤には副作用があり、10万人に1人は亡くなってしまう事があるので、やたらと使う物ではありません。 また、腎臓の悪い人には、MRIの造影剤は使用してはだめですし、CTの場合も、事前に点滴をする必要があるなどの制限があります。 私の施設では、造影検査は全CT、MRI検査の3割程度です。

次の

ミエログラフィー

ミエロ グラフィー 造影 剤

検査前日に海行ってものっそ焼けて皮膚が赤くて痛いです。 バカヤロウですね さて、やってきましたミエログラフィー (脊髄造影剤検査) 日帰りでいけると思ってたのに、1日入院だとさ、聞きました奥さんw 検査じたいは5〜10分で終わるそうです。 ふっっっ、、、、患者にとっては1分の差でも長く感じるものなのだよ、、、、特に痛いのは じゃなくて、なんでそない短い検査なのに入院せなあかんの??というのは後で書きます。 ミエロは最初の麻酔が激痛ときいてます。 正直怖いですがやるしかない、、、、よね 検査の1時間前に点滴します。 あとは血圧、体温、血液の酸素だったかな? 指先挟んで測るやつです 血管は楽勝、、、、と、思ってたのに 腕 写真で刺さってる場所 は血管が見えにくかったらしく、本来なら左手に刺すのが右手になりました。 シンプルやな、あまり重病感なし この後、歩いて検査室へブヒブヒ歩いていく この時、うつ伏せになって下の、、なんだろ、行き止まりみたいな台。 そこに足をつける感じです。 写真は拾い画ね この写真ではそれなりに綺麗な台ですが あたしが受けた検査台は、台というか鉄板でした うつ伏せになって腰 ウエストあたりかな 出した状態で待機、消毒液ものっそ塗られて 医師がね、薬品混ぜてるんです、色々ありすぎてわからない中唯一聞き取れたのは 「はい、チクっとするよー」の声が聞こえた時はもう針刺さっておりました なにその、声だす瞬間もなかったわ うん、急な痛みだね。 瞬間とゆーか 針が刺さってチクっとした痛みに衝撃波まざってるとゆーか ブロック注射とはまた違う痛みでした。 瞬間の痛みは麻酔注射のほうが痛かったと思います。 だけどまだ耐えれる痛みです。 んぎゃーーーーー!!!!と絶叫するほどではないと思いますが痛みに弱い人は いたっっっ!!!とか、うっっ!!!!って言葉は出るかもしれませんね。 でね、この台が医師の指示で動くんです 奥に手下医師??技師??がいて 医師の指示に合わせてなんかやっとりました。 上あがったり下がったり、斜めなったり ええ、全然楽しくないですけどね 目の前に自分のくされ体内映像があるのはわかってたけど、あたし視力悪くてね まったく、わかんなかったの 自分の背骨がにみえたわいw 他にも色々液体入ってるのはわかったけど うつぶせなんでね、見えません。 造影剤入った時ちょっとだけ熱く感じたかなー??日焼けしてるからかな???という感じはありましたね 造影剤検査は確かに短かかったです。 うん あっさりでした その後はCTでした。 歩いていくのかと思えば、ベッドで運ばれるあたしw うーん、重病度Up まじで?!こんなに慎重なん?! どうやら副作用の頭痛、吐き気が結構エグいとのこと。 だから造影剤入れた後は3時間は絶対安静で頭を起こすことすらダメだということ 入院する理由はそこにありました。 家に帰ると多少無理するだろうと、これくらい平気やろってのがあかんらしいです。 それを防ぐ為の入院だと言われました。 なのでCTのあと病室戻るのもベッドで運ばれました。 とにかく頭を上げたらダメと徹底してたねー 検査が終わったら飲食は可能だけど起きて食べることができないので食べ物は限られてますね そこで3時間ほど点滴されながら横になってましたが トイレねこれ、我慢できなくなって看護師さんにお願いしたところ こんなん用意されたよママン すいません。 これも拾い画です。 あたしのはこんな感じでトレーみたいなのでした 丸のところが便器、上の細いところは便座だとおもってください もちろんタオルひきますからw これをマイベッドにおいて「はい、出してくださいねー。 終わったらもいっかいナースコール押してください」と、いうものでした 他人の汚物をなにもなかったようかの顔で処理できる看護師さんはマジで神だと思う、、、、 3時間たてば点滴がなくなり、頭痛や吐き気がなければトイレくらいなら歩いていってもokです 売店はダメでした。 車椅子に乗るように言われ看護師さんに押されて売店行ったよママン 安静の3時間が終わったのが16時過ぎ 今現在、頭痛も吐き気もまったくありません。 明日退院予定なのですが、朝もう一回点滴するそうです それからどうなることやらですね。 Ritapf.

次の