雅子 様 フランス語。 雅子さまの学歴・経歴・英語力!超スーパーエリートから皇室へ

雅子皇后は一体何ヶ国語話せる?海外メディアの関心や反応がヤバイ!

雅子 様 フランス語

4月8日、学習院女子高等科の入学式に参加された愛子さま。 さて、そんな愛子さまだが、実はお父さまから手ほどきを受けながら、大きな「目標」に向かって努力もされているそうだ。 「 約11年前から皇太子さまは、日本に在住しているスペイン人講師から、スペイン語の授業をお受けになっています。 その際、愛子さまも、お父さまとご一緒に習われているとお聞きしましたよ」 そう打ち明けるのは、ある東宮職関係者。 おふたりの講師は来日歴も長く、スペイン語学校の代表も務め、スペイン語学習のテキストも出版しているそう。 そもそも、日本とスペインの交流は盛んで、この4月にもスペインのフェリペ6世国王夫妻が国賓として来日。 天皇・皇后両陛下をはじめ皇太子ご夫妻もおもてなしになった。 皇太子さまも、すでに6回スペインに足を運んだことがあり、スペイン語で「おことば」を述べられることもあるので、愛子さまも身近にお感じになっているのだろう。 「'13年に皇太子さまがスペインを訪問した際の晩餐会でも、挨拶の後半をスペイン語で話されました。 スペイン語を習われているのも、そんな機会が多いからではないでしょうか」(宮内庁担当記者) 父娘のそんなお取り組みについて、 「語学と歴史がお好きな愛子さまにとって、スペイン語の勉強はうってつけだと思いますよ」 と話すのは、皇室を長年取材するジャーナリストで、文化学園大学客員教授の渡邉みどりさん。 「 皇太子さまは英国に留学され、外務省出身の雅子さまは英語以外にもフランス語やドイツ語もお話しになるので、愛子さまは外国語を学びやすい環境にあります。 英語は小学生のころから学ばれていて、ご両親からの手ほどきもあったと思うので、スペイン語もお父さまを通じて習われることになったのでしょう」(渡邉さん) '20年に開かれる「東京五輪」を控え、スペイン語圏からの来賓も多いはずなので、英語以外の外国語に興味を持たれたのかもしれない。 スペイン語は、本国以外にラテンアメリカでも多く話され、公用語にしている国や地域は20以上ある。 「スペイン史も歴史好きの愛子さまのご興味を引いたのかもしれません。 日本とスペインの交流は400年以上続いていますし、皇室と王室の交流も長く続いています。

次の

雅子様の英語・ロシア語力は?「下手・できない」と噂になってる?

雅子 様 フランス語

すぐ読める目次はこちら• 雅子様の生い立ちや家族について 名前;雅子さま 本名;小和田雅子 生年月日;1963年12月9日 ご両親は外務省職員の父親の小和田恆(おわだひさし)・母親の優美子。 幼少期は、父親のお仕事の関係でソビエト連邦やスイス連邦育ったため、ロシア語が堪能だそうです。 小学1年生のときに、日本に帰国。 東京の小学校を卒業、高校に在学中途中アメリカのボストンに移住していました。 雅子さまは幼少期から海外を飛び回ることが多く、語学能力が高く、大学時代にはフランスとのサークル活動に積極的に参加していたんだそうです。 また、雅子様は大学卒業してから、2年間研修留学としてオックスフォード大学ベリオール・カレッジに留学。 当時雅子様は外務公務採用一種に合格され、世間からも大変注目をあびていらっしゃいました。 やはり女性初のキャリア官僚だったので、そりゃー注目も浴びますよね! きっとご両親も鼻高々だったのではないでしょうか。 スポンサーリンク 雅子様の父親の現在!逮捕された理由とは! 雅子さまのご両親のお話ってあまり耳にしませんが、雅子様の父親ってどんな方なんでしょうか。 名前;小和田恆 生年月日;1932年9月18日 出身;新潟県新発田市 学歴;東京大学教養学部 卒業 ケンブリッジ大学修了 現在の職業;国際司法裁判所所長(第22代)を歴任 雅子様の父親の現在についてなんですが、こんな話がでてきました。 2016年にでてきた情報によると、 雅子さまの父親がスイスで逮捕されているという話。 逮捕された理由は、 雅子さまの父親がスイスの銀行にある『天皇のお金』に手をつけようとしたからだそうですよ。 【噂の事件】 この事件が発覚したのは、雅子様の父親が預金引き出しの手続きを進める中、あと一歩のとこで書類不備となり銀行側に見破られてしまい、その場で現行犯逮捕となったといわれていました。 現行犯逮捕された雅子様の父親は、現在スイスのバーゼルのホテルに軟禁されているというのです。 これには、私も大変驚きましたが、実際に父親が逮捕されている証拠はありません。 2016年のことなので、本当だとすれば現在釈放されているかもしれませんし,,,真実は闇の中なんです。 また、当時福田康夫や小泉純一郎からの指示で、総務省が釈放の交渉に伺う予定でしたが、これをスイスは拒否したとされています。 つまりこの話が本当ならば、現在雅子様の父親はスイスで監視されながら生活をされているということになります。 しかしこの逮捕されている話は、まったく公表されていないので、確証ではありません。 そもそも、お金に困るはずもない雅子様の父親はなぜそんなことをしたのか疑問ですよね。 しらべていますと、雅子様の父親は、外務省の公金を担保に株取引に入れあげ、数千億の損害がでていたとの話もありました。 そのほかにある噂は、雅子様がお使いになる天皇家のテアラや首飾りはばらしてヤフオクなどでお金に変えているとか。 真実が突き止められず、申し訳ないですが,,,本当にそうならば国にとっても大問題ですね。

次の

雅子皇后の英語はメラニア夫人より上手で当たり前

雅子 様 フランス語

「雅子皇后がトランプ夫妻と通訳なしで話せて凄い」といったニュースが流れて、皇室外交への期待が高まっている。 なにしろ、上皇御夫妻も含めて皇族方の語学力はおしなべて高いのであって、雅子さまに限ったことでない。 ブエノスアイレスのIOC総会で、高円宮妃のスピーチが東京五輪誘致の決め手となったことも忘れてはならない。 そこで、皇族方の語学力を少し精査して失礼ながら通信簿のようなものもつけてみようと思う。 また、英語だけでなく、他の言葉も大事だ。 「両陛下がフランスのマクロン大統領夫妻とフランス語で挨拶をかわされた」といったことも報道されたが、これは、本当に称賛に値する。 フランス語に誇りをもつフランス人もおおいに喜んだのである。 *** 雅子さまの経歴を見れば、英語が上手なのは当たり前というか、ネイティブに近いことが分かる。 お生まれになったのは、父親で外交官だった恆氏が本省勤務だったときなので東京だが、2歳になるまでに父親の赴任のためにモスクワに移り現地の保育園に通われた。 このためにロシア語がいまも日常会話ならできるようだ。 このあと、恆氏はニューヨークの国連代表部に転勤になったので、市内ブロンクスに住んで、現地の幼稚園や小学校に通ったが、恆氏が帰国し福田赳夫外務大臣の秘書官となったので、目黒区や新宿区の公立学校に通い、二度目のチャレンジで母親の母校である田園調布雙葉小学校の3年生に編入学した。 恆氏はその後、福田が総理となったのでのちに首相となる福田康夫とともにその秘書官となった。 このように、福田家と小和田家のつながりには格別のものがある。 そののち、恆氏は在米日本大使館公使の肩書きでハーバード大学で教鞭を執ることになり、雅子さまもボストン市郊外ベルモント市のハイスクール、ついでハーバード大学経済学部に入学した。 このあいだ、夏休みにはドイツとフランス(グルノーブル市)の夏期講座に通われている。 大学卒業後は日本に戻り東京大学法学部に学士入学。 さらに、外交官試験に合格。 このころに陛下との出会いがあった。 外務省では語学研修でフランス語を専攻し、二年目からは英国のオックスフォード大学へ留学。 夏休みには二度目のフランス(ブザンソン)での語学研修をされた。 ただし、修士号はとられていない。 天賦の才に加えて、外交官の父親と外資系企業に勤務経験もある母親の薫陶、さらに、父親の勤務地がアメリカだったことなど恵まれた条件が重なっていたのである。 こうした経歴をみれば、雅子さまの主たる教育の場は海外、とくに英語圏でのもので、フランス語やドイツ語の学習も、英米でのかなり優秀な学生として通常のものだったというべきだろう。 トランプ大統領のメラニア夫人は、社会主義時代のユーゴスラビア(現在のスロベニア。 第1次世界大戦まではオーストリア領でドイツ文化圏)に生まれ、26歳にしてはじめて渡米したのだから、雅子さまと通訳なしで話せたのを誉めるべきはメラニア夫人の方だろう。 実際、メラニア夫人は結婚当時は英語はかなり不自由だったといわれる。 その意味で、新聞の見出しには少し違和感がある むしろ、雅子さまは、東京大学へ学士入学したり、外交官試験に合格されたほうを誉めるべきだ。 ただし、学士入学試験は一種のAO入試であり、東京大学は卒業はされていないし、外交官試験は外交官の子弟は通りやすいといわれているので、少し割り引いて受け取るべきかもしれない。 あわせて読みたい関連本•

次の