新卒 辞めたい 甘え。 新卒が仕事を辞めたい=甘えとされるのは失敗が許されない風潮のせいだ

※新卒へ告ぐ。辞めたい時が辞め時だ

新卒 辞めたい 甘え

1!転職先の選択肢がもっと広がる オススメ2: 第二新卒や20代の転職に圧倒的強み!ホワイト企業の扱いも多い オススメ3: 非公開求人に圧倒的な強み!年収をグッとあげたい人向け! 新卒で入社した会社をすぐに辞めたくなってしまう人は多いです。 しかし、 ・置かれた場所で咲け ・石の上にも3年 といった言葉があるように、会社を辞めて転職することは "甘え"なのではないか?と悩む人も多いですよね。 実際に入社して1年未満で退職するとなれば、世間的には短期離職者という目で見られてしまいます。 ただ、会社を辞めたいと思っている人からすれば、 新卒で入社した会社がどんなブラック企業であれ、その会社を選んだのはあなた自身。 にも関わらず直ぐに辞めてしまうというのは、 「甘え」と言われても仕方のないことです... しかし、ブラック企業はそういうあなたの心理を上手く利用し、毎日労働者をコキ使っているのもまた事実。 つまりあなたは、明らかに "舐められて"いるのです! ぶっちゃけ酷い話ですよね... ただ、新卒で辞められないという弱みをとことん握られ、いいように利用される人生なんて馬鹿げていると思いませんか? しかし今は第二新卒制度が普及しており、 転職することでキャリアアップする事例が激増しています。 であれば、仮に辞めることが甘えだとしても、 甘えた方がお得だと思いませんか? ただ、いきなり会社を辞めるのはハードルが高すぎですし、決しておすすめ出来るものでもありません。 そこであなたにオススメしたいのは、とりあえず転職エージェントに相談し、 自分の市場価値を確かめてみることです。 第二新卒で使うべきエージェントですが、リクルートエージェントです。 関連: リクルートエージェントは業界最大手で、最も多くの求人数を保有するNo. 1エージェントです。 エージェントに相談する事で、 「今の自分でも〇〇会社に転職出来るんだ!」 「やっぱり今の職場が異常におかしいんだ... 」 「なんだ、会社なんて辞めても何とかなるじゃん!」 と現状を客観的に分析出来ると同時に、転職という選択肢が"具体的なモノ"として感じられます。 軽く相談するだけでも、心のモヤモヤがスッと取れますよ! 「今ここで仕事を辞める事が果たして本当に正しい決断なのか?」 「自分は甘えているだけではないのか?」 といった葛藤をする事は避けては通れません。 キャリアアップをモチベーションに転職を考えたり、夢があって起業するために辞めるなら分かります。 しかし、今の会社が嫌だから辞めるという動機なら、それは絶対に甘えです。 ただ、甘えている自分を悲観する事なかれ。 と言うのも、新卒で入社した会社を甘えを理由に辞めちゃダメなんてルールはどこにもないからです。 そんなルールがない以上、とどまるも逃げるも個人の完全に自由です。 なので、「仕事辞めるのは甘え」等の綺麗事を言われても、こう思っておけばいい。 それに、辞める動機が甘えである事と、実際に辞める辞めないは全く別次元の話ですからね。 この中で甘えた気持ちで転職に望んだ人なんてゴロゴロいるのは間違いないですが、それでも 転職によって幸せを掴んでいるのが実態です。 こう考えると、動機がどうであれ、転職して今よりハッピーになれるならその方がお得だと思いませんか? 新卒で仕事を辞めたいと思う人は、まずこのマインドセットを持つ事が大事です。 関連: 動機が甘えでも新卒なら仕事を辞めて転職した方がいい場合もある 新卒で会社を辞める動機が甘えであろうがなかろうが、さっさと仕事を辞めて転職した方がいいケースもあります。 それは、 会社のビジネスモデルが時代遅れになっているケースです。 これは大手企業に勤めている人も他人事ではないですよ。 例えば、証券会社のリーディングカンパニーの野村証券ですが、 累計1000億円の赤字を出しましたよね。 これは当たり前といえば当たり前で、ビジネスモデルそのものが崩壊しているからです。 ネット証券で割安に金融商品が購入できる昨今に、割高な販売手数料で情弱をカモるビジネスにガタがきているのです。 このような会社に勤めている人は、動機がどうであれ、早く会社を辞めて将来性のある産業に転職しないとマズイです。 辛い毎日に耐えて職歴を重ねても、どの道お先真っ暗な人生ですからね! 関連: 大手証券会社以外にも斜陽産業をしている業界は多いですが、新卒でそういった業界に入ってしまった場合は、理由がどうであれ転職する事が正解です。 銀行や信金のようなキャッシュレス時代に淘汰される産業、飛び込み営業で強引に販売を続けるような産業は典型です。 関連: ちなみにですが、そういった企業に限って、ブラックで辞めたい人が多い傾向にあります。 まずは自分の会社を客観視して、自分の置かれている立ち位置を整理して見る事も重要です。 乗り込む船を間違えたのであれば、早めに船の乗り換えを検討した方が賢いですよ! 関連: 新卒なら転職を考える時に「甘えか甘えじゃないか」を考慮する必要はない 新卒で転職を考えるときに、自分の判断は甘えなのか甘えじゃないのかを気にする人は多いです。 しかし、ぶっちゃけそんなのどっちでもいいことです! 先述した通り、甘えで会社を辞めても、転職して今よりハッピーになった人なんて沢山います。 第二新卒は転職先が豊富ですから、ホワイト企業に潜り込む事は出来ますし、前職の反省を活かして転職先を決める事も出来ます。 そのため、 転職のコツを上手く押さえ、スパッと転職した方が幸せになる確率は高いのです。 にも関わらず、甘えで辞めるなんてダメだ!と無駄に自分に鞭を打ち、地獄に居座る選択をするなんて損してると思いませんか? 関連: いいですか、転職を考える時にの判断軸はもっとシンプルにすればいいのです。 それは、 "辞める事で現状を打開できるのなら転職する" もうこれ以上ゴチャゴチャ考えるのは辞めましょう。 こんな事を言うと、親世代や周りの人間から批判が来るかもしれません。 しかし、 そんな批判はクシャクシャに丸めて、ゴミ箱にスラムダンクシュートしてやればいいのです。 合わないな... と思う職場で消耗しても、身につくスキルなんてないですし、人生だって停滞し続けますからね。 スパッと見切りをつけ、転職した方がいい場合だってあるんですよ! 新卒で仕事を辞めたいと感じたら譲れない希望条件から考えてみよう 新卒で入社した会社がイメージと違った... というギャップに苦しむ人は非常に多いです。 そもそも新卒の採用なんてガチャガチャみたいなもの、回してみるまでアタリかハズレかなんて分かりませんからね。 ハズレを引いてしまったな... と分かったら、その段階で解決先を考えればいいのです。 ただ、転職をする際は、二度と同じようなミスをしないためにも、転職先に求める 希望条件だけは明白にしておきましょう。 ・土日休みは絶対 ・伸びている業界がいい ・BtoCの個人営業は絶対嫌 ・立ちっぱなしの仕事は無理 こんな風に、出来るだけ具体的に条件を整理して、 同じような原因でミスマッチをしないように努力するのは大事です。 ただ、いざ希望条件を決めても、どんな企業が条件にマッチしているのかを探すのは至難の技。 そこでオススメしたいのが、 転職エージェントを活用し、プロに条件を伝えてサーチしてもらう方法です。 自分1人で転職活動しようとすると先が思いやられますが、強力な助っ人がいれば気持ちもグッと楽になりますよ! 仕事を辞めたい新入社員は転職エージェントに相談してみよう 転職活動を始める時のポイントですが、 とにかくプロの力を借りて、無駄のないスマートな転職活動をすることがポイントです。 具体的には転職エージェントと言われる、あなたと企業をマッチングしてくれるサービスを使い倒せるかどうかが重要になってきます。 転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。 転職活動を考える時は、まず無料の 転職エージェントに登録する事をオススメします。 というのも、転職は求人探しから履歴書・職務経歴書の作成など、準備に手間がかかります。 転職エージェントを使えば、書類作成の支援、あなたに合った求人の紹介等、転職を0からサポートしてくれるので、1人で転職をするより、はるかに簡単に転職をする事が出来ます。 オススメの転職エージェントはです。 リクルートエージェントは業界でも大手で、 他社の転職エージェントには無い独自の非公開求人を多く持っているのが特徴です。 知名度のある転職エージェントであり、非公開求人の数も業界最多、年収や待遇が良い会社の求人を多く持っているのが特徴です。 収入を上げるため、キャリアを磨くため、外資系企業にチャレンジしたいなどの希望はもちろん、 「初めての転職で何をすればいいのかサッパリ分からない」 「短期離職持ち、無職からの転職で職歴に自信がない」 「もうブラックは嫌。 6時のチャイムで帰れる会社がいい」 といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。 転職サイトについてはいつでも登録できますが、ストレスや疲労が限界に達すると登録する気力するすら根こそぎ奪われる事になるので 今のうちにチェックしておいてください。 気になる求人をストックしておけば 「転職という選択肢」が持てるので、心の安定にもつながりますよ! 『リクルートエージェント 』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。 3分ぐらいで登録できますし、一回登録して仕舞えばすぐに求人がチェックできるようになります。 書類作成もエージェントの力を借りればすぐ終わり、面接までスムーズに進められますよ! また、今すぐに転職するつもりはないけど、 「この会社で一生働くのは無理!」 「30までには絶対転職したい!」 などの転職願望がある方は、 最低でも転職サイトに登録しておきましょう。 転職サイトは専属のコンサルタントがつくわけではないですが、隙間時間にスマホでサクサクと求人をチェックすることが出来ます。 「あのクソ上司目に物見せたろか。 こっちはその気になればいつでも転職出来るからな。 」 「どうせ俺が辞めたらテメェの評価はガタ落ちで困るだろボケ。 」 求人チェックしているだけでも、なぜか天下を取ったような気分になれるのでオススメです。 気を静めるためにも登録しておくべき転職サイトですが、鉄板のでOKです。 リアルに怒りがおさまる最高の処方箋ですし、本当の意味で将来のキャリアを考えるきっかけにもなりますよ! p. s キャリアについて何か1つでも悩みがあるのなら、一度自分の 市場価値を測定してみましょう。 ミイダス MIIDAS というツールを使えば、 『あなたの適正年収はズバリ640万円です!』といった具合で、今の自分の値打ちを知る事が出来ます。

次の

新卒で仕事が辞めたいと思うのは甘えなのか?退職がありな人は?

新卒 辞めたい 甘え

今年から上京した新卒です。 新卒は不安が当たり前、友人も周りもみんな揃って「やめたい」というので、辛いのは当たり前とは承知の上で相談させていただきます。 7月から配属が決まり、いきなり大手のお客様の本社に駐在、という役に任命されました。 最初は、頼られてる、と舞い上がっていましたが、実際引き継ぎが始まると、泣きたい毎日です。 自分の会社のことすら完全に把握してないのに、他社さんとのパイプ役というプレッシャーや、周りはお客様ばかりで気を使う毎日です。 先輩も引き継ぎが終わればいなくなり、私1人。 わからないことが多いので、残業が終われば家に帰って仕事の勉強をしていましたが、最近は無気力で誰にも会いたくない、土日も家にこもる日が続いてます。 本来駐在役は、本社で経験や知識積んだ人が行くもので、新卒にやらせるのはおかしい、と先輩は言ってます。 さらには、今後駐在することで、お客様に罵倒や、わがままを言われたりと、辛いよ、と先輩にも言われています。 会社の先輩たちには、今の役に任命されてかわいそう、大変だね、辞めないでね,と言われてます。 学生時代に、一度鬱病にかかったこともあり、自分のメンタルの弱さに本当絶望しています。 正直今すぐにでも辞めたい気持ちでいっぱいですが、まだ1年目。 第二新卒というチャンスを使って、事務職に就きたい、とも思ってますが、ところでこのまま辞めても、今より条件が悪い会社に入るかもしれないし、何より今ここで折れたら別の場所でも無理なのかな、とも自覚してます。 ただ、自分で生計をたて、親のプレッシャーからも解放されたとたん、自分が本当にやりたいことも見つかり、その道に進みたい想いも強いです。 一年目で転職するのは、正直厳しいでしょうか。 今の会社は、人間関係は良好で、お給料も寮制度もあって生計はだいぶ支えられてます。 長文失礼いたしました。 ユーザーID: 5962134414 40代後半の女性です。 私の時代は、「石の上にも三年」と言って、一度始めたこと(仕事も)は、最低でもまずは三年やってみよ、三年経ったら辞めてもいい、とよくアドバイスされたものです。 その意味は、物事はたった1〜2年で本当の面白さはわからないし、見えてくるはずがない。 1年目はその環境に慣れることで精一杯 2年目はがむしゃらに仕事をこなし 3年目ぐらいになると、視野の狭かった新人を脱出して、自分がやっていることの全体像が見えてくるし、それが自分に合う合わないも冷静に判断できるというものです。 そして、転職先でも一社目を辞めた理由は聞かれるでしょうし、辞めるまで働いた期間がいかほどかで、応募者の耐性や忍耐力を測るでしょう。 一箇所で3年働けた人なら、「すぐに辞めたり人間関係で問題起こしたりしなさそう」とプラスに働くし、3年とはいえ「キャリア」として、経験者とみなされるからです。 そんなに新卒って有利ですか?真っ白で染まってない人は仕込みやすいかもしれませんが、前の会社をすぐに辞めた人って間違いなく「また辞めそう」って思われますよ。 おまけに何もできないままだし。 有利なことってあるんですかね? でも、鬱になった経験があるというお話なので、精神的に無理して我慢しろとは言いません。 ご自分の体調と相談しながら、悪化しないよう注意されてください。 健康を損ねたら人生が台無しです。 でも社内の人間関係がいいなら、私は3年頑張ってみてほしい。 次の転職は新卒でなくとも、「私はこれがやれます!」と言える経験を積む方が、会社は興味を持つと思いますが。 ユーザーID: 3043456192• 辞める覚悟 真面目さんですね 辞めて転職、という所まで考えているのであれば もう少し気楽に構えてはどうですか? 最悪、辞めることになったっていい そう腹をくくったのであれば ある程度無責任になったってへっちゃらなはず 新人にこんな仕事押し付けるのが悪い そう、トピ主が悪いわけじゃないんです いくら怒られたって、クレームが来たって だって仕方ないじゃん新人なんだもん、って思えばいい どんなに罵られたって、クビになるまでは居ていいわけだし なかなかクビにしてくれなかったとしても 自分から好きなタイミングで辞めればいい もう駄目だな、って思ったら辞めていい 次の日から出社しなくてもいい みんな困るだろうなんて考えなくていい トピ主が突然居なくなってもちゃんと仕事は回ります 多少困ったとしても何とかなるんです 無責任になろうとも鬱になってしまうよりはいいです 辞めろと言いたいわけじゃないんですよ いざとなったら辞める覚悟ができてれば 今の任務のプレッシャーも跳ね返せるんではないかと思うのです 失敗したら仕方ない、だって新人なんだから ユーザーID: 1249277213• 熟考 お疲れ様です、頑張ってますね。 まず、お給料がそこそこ良くて人間関係がいい、これはかなり恵まれてます。 それを今の時点で放棄するのは本当にもったいない。 一番お勧めしたいのは、あなたの今いる状況と同じ道を経験したであろう先輩に話を聞いてもらうこと、なんですけど、いませんか。 似たような経験でもいいです。 その辛くてしょうがない時期を支えられるのって、同じ苦しみを味わった人にしかできないと思うんですよね。 どうしても無理なら転職もいいですが、よくある話、転職って何か特別な専門知識がない場合、すればするほど新卒で決まったところよりもレベルは落ちていくっていいます。 給与、会社のレベル、人間関係、、。 メンタルが弱めとのことなので無理は禁物ですが、熟考して下さい。 自分の人生をどういうものにしていきたいのかを。 あの時もっと踏ん張れば良かったって後悔するほど辛いことはないですから。 ユーザーID: 5300881970• 早急に会社に相談するべきです。 会社も無茶なことをさせますよね。 引継ぎはあったみたいですが、やり方が強引すぎます。 本当にあなたの言い分の通りで、少なくとも先輩社員と一緒に在中させてもらえるように強く会社に要求するべきです。 社会人1年目ということで、そういうことも腰が引けてできない(もしくは、そんなふうに伝え伝えられない)のかもしれないですが、しっかりと伝えていいんですよ。 きっと、今の状況を伝えて会社に配置を完全してもらわないと、あなたが潰れてしまうだけですよ。 遠慮しないでい、会社に強く要求してください。 といっても、新卒のあなたに「(会社への要求が)出来るかな〜?」とおじさんは心配していますが、 全く問題ないことなので心配しないでください。 会社は社員の正当な要求を聞き入れるべきです。 普通に考えてそう思います。 ユーザーID: 5524988012• キャリア・職場ランキング• うーん… 大役に任命されたという事はそれだけ期待されてるのかなと思いますが でももし自分には無理、責任が重すぎてやっていけない…ということであれば 配置換え希望を上司に伝えてみては。 会社にしてみれば新入社員にすぐ辞められるというのは多大な損失。 だったら辞められるよりも違う部署に異動してもらった方がいい…となるはずです。 一年目って誰だって一度や二度は辞めたいと思うもの。 初めてのことだらけだし働くという事の大変さ、プレッシャーは大きいですよね。 ただ、それこそそれは誰もが通る道なのでそこで簡単に辞めてしまったら 「辛いことがあったらそこで辞めちゃう子」というレッテルは張られてしまうと思う。 それは次の就職に絶対的に不利。 「今より悪い条件の会社に入るかもしれない」とのことですが そちらの可能性の方がかなり高いのでは。 自分が本当にやりたいこと…というその道にはどうやって進むのですか? 進みたい道への勉強をしながら次のところで働く? どのくらい勉強して、いくらくらいお金があればその道に進めますか? そのことろを漠然とじゃなく、ちゃんと計画してみたら 自分がどうすべきかという事が見えてくるのではないですか。 人間関係良好、給料面もいいというのはかなり良い条件だと思います。 傍から見ても新卒で今の仕事は重荷という事であれば周りをガンガン頼ってもいいと思うし どうしても駄目だったら「出来ません」って言ってもいいと思う。 それでも対応してくれないならやめるという選択肢もアリでしょう。 精神面を病んでしまっては元も子もありませんから。 でもいきなり辞めようとするんじゃなく、とりあえずチャレンジしてみる、 それでもダメなら助けを求める…というようにしてみたら? ユーザーID: 3307532727• 無理はしない エールをポチっとさせてもらいました。 よく3年は我慢しろという人がいますが、鬱が再発したら生活もままならなくなってしまいます。 トピ主もすでにまずいかもって思っての相談ですよね。 会社は私たちの人生に何も責任を負ってはくれません。 無理はせず次を探すべきです。 私は現在30代後半ですが、3度転職して現在の会社で10年ほど働いています。 (つまり前の3社は短期間だったわけです) 次もブラックかも…もちろん有り得ます。 私は3度目でやっとホワイトな企業にたどり着けましたから。 いい転職先が見つかるとは限りませんが、今の会社にいる限り辛いままですよ。 もう少し頑張るにしても、常に最悪には備えて(いつでも転職できるようにして)おくべきです。 ユーザーID: 4420395315• 難しいですね 何事も適性がありますが、合わない仕事でもやらざるを得ないのが実情です。 客先駐在が適切な人事かは、あなたの上司や会社の考え、あなたをどのような人材にしたいかなど、第三者には分からないことです。 ただ、周囲の反応や先輩の発言などから、現状がおかしい、或いは新人の自分が客先常駐しても迷惑をかける方が多いなど、 明らかにマイナス要素の方が大きいのであれば一度上司に相談し意見を聞くことをお勧めします。 最近では「第二新卒」という便利な言い方もありますが、入社一年目で辞めるということは、次の仕事の面接時に「何故一年目で会社を辞めたのか?」と必ず聞かれるでしょう。 その際事情を話し、辛かったからと正直に答えたとすると「辛くなったらすぐ辞めるんですね?」と悪印象になるでしょう。 とは言え、カッコ付けた綺麗事を言っても、前の会社に評価調査でヒアリングされるでしょう。 難しい問題ですが、よく考えて対応してください。 ユーザーID: 2310587976• 何を求めての転職かを明確にする。 私は社会人を20年以上しているので、恐らく貴方の倍ぐらいの年齢です。 いい転職ができたこともありますし、その逆もあります。 そんな私が経験則で感じた「転職してOKな理由」は一つだけです。 それは「心身のバランスを損なった時」です。 仕事というのは、心身のバランスを損なってまで続けるものではないからです。 例えば、残業渦や休日出勤渦により、心身共に疲弊し切ってしまい、「最も考えて はいけないようなことを考えてしまう」状態になったら絶対に転職です。 その場合、ワークライフバランスをある程度確保できる職場を探せばいい。 要は転職先に求めるターゲットが明確な転職はありです。 人間関係が嫌とか仕事が合わないとか、恐らく誰もが日々感じているようなことを 理由に仕立てた転職は総じていい結果になりません。 次の職場でも同じことで悩むことになります。 同僚の同情じみた声は、何の判断基準にもなりません。 「周囲がそこまで新人にはきついと言う以上やむなし」という逃げ口上を欲している ような面も文面から多少感じます。 転職に一旦意識が傾くと、人は誰でも転職を正当化する理由探しに躍起になります。 そうなっていないか客観視する目は必要です。 転職というのは、できあがっている人間関係の中への単身乗り込みです。 新卒とは見られ方が違うと思いますし、誰にとってもストレス負荷の大きいものです。 そもそも1年かそこらで身に付くことなど世の中に何もありません。 ルーティンワーク中心の事務職とて、覚えるまでは大変なストレスにさらされます。 どの道に進んでも楽なことはありません。 いずれにせよ、現在抱えている問題の根っこは何なのかの見極めが肝要です。 ユーザーID: 9687765412• 異動できないのですか? 上司にかけあって、そういう理由で新卒の自分には荷が重い。 鬱になりかかっている気がする。 土日は引きこもっている。 これ以上悪化したら診療内科に行くしかないので、異動を希望って相談したらどうでしょうか? 社内にコンプライアンスとかないですか? 合わない部署に無理やり新人を入れるとか、あまり良くないです。 まともな会社なら、鬱で休職されるより、異動で手を打つと思います。 閑職に追いやられて、今度は暇でつまらないかもしれないですが、2年くらいは頑張った方がいいと思います。 転職のときに1年で辞めたというのは、けっこうデメリットになるので、できたら2年〜3年頑張った方がいいですよ。 部署が変わったことは何とでも言い訳できますが、1年で辞めると、どう言い訳しても、「すぐに辞めるヤツ」という偏見は持たれてしまいます。 転職の場で、こういうヒドイ会社なので辞めたんですって話を披露すると、前職の悪口を言うヤツとなって、これも心象が悪いです。 2〜3年したら、他のことをどうしてもやりたくなったという人の方がいいです。 ユーザーID: 3914987385• まず上司に聞いてみてはどう? 「引き継ぎ頂いた先輩曰く、このポジションは独り立ちした経験者でないとお客様に迷惑をかけて会社の信用に関わりかねないと聞きました。 私のような新人で大丈夫でしょうか?」 「実際に駐在先のお客さまから XXXXというような事も言われています。 」 きちんとした上司ならあなたを抜擢した理由を話すでしょうし、問題が起きた時の対応も指示してくれるでしょう。 いい加減な上司が前任者が異動ないし退職で穴埋めにてっとり早く新人をあてがったならば、しどろもどろでしょうから「上司の上司」ないし「人事」に相談してはいかがでしょうか。 いずれにせよ論点としては「このままではお客様に迷惑がかかる。 」一点張りで良いと思います。 ユーザーID: 2018518424• 私はやめました お仕事は好きですか? 私は好きな仕事から外されましたが、それでも割り切って仕事をしてきました。 しかし、モラハラ・パワハラが激しくて、壊れました。 3年我慢しろというレスが多いですが、もし私が働いていたような職場環境ならば、3年勤務できる人は、責任感がなく、頭も使わない、与えられた仕事だけするような、能力に欠ける人しか続かないような職場です。 3年勤務しても、その3年が無駄になります。 他でキャリアを積んだほうが、マシ。 あなたが鬱を再発しても、誰も守ってはくれません。 というよりも、心が悲鳴を上げていますよね。 私も同じような症状になり、苦しみました。 頑張らなくていい。 無料カウンセリングでも、メンタルクリニックでもいいので、今の現状を吐き出せるところを見つけて、気持ちを思う存分吐き出してみてください。 無理はしちゃダメ。 ユーザーID: 5847852031• トピ主です みなさんご意見ありがとうございます。 先輩はもちろん、同期や友人、親にも言いにくい内容だったので、ネット上で相談させていただきました。 やはり、3年は続けた方がいいのですね... 自分でも心のどこかで思っていました。 最近は22時に退社する日々が続き 仕事も持ち帰って土日に消化してることが多々です。 疲労とプレッシャーで夜もよく眠れず、毎朝鬱と頭痛がひどいです。 これも、私が容量悪いせいなのですが... それでも他部所の同期はここまで忙しいことはなく、なんだかなー、と人と比べてしまう毎日です。 でもやっぱり自分の忍耐力のなさなのだなー とみなさんのレスを見て感じました。 しんどい時は心療内科に通いつつ、 もう少し頑張ってみようと思います。 ありがとうございました。 ユーザーID: 5962134414• 難しいねぇ。 まず、早めに心の内を吐き出せるようなところを確保したほうがいいです。 過去にうつ病を発症しているならばなおさら。 「今はまだ大丈夫かと思っているが、もし再発したらと思うと心配で」と いってどこかクリニックを受診したほうがいいのではないかと思います。 で、仕事のほうですが、その先輩とやらに言われたことを思い込まされてはいませんか? 「本来駐在役は、本社で経験や知識積んだ人が行くもので、新卒にやらせるのはおかしい、と先輩は言ってます。 」 「今の役に任命されてかわいそう、大変だね、辞めないでね,と言われてます。 」 これはかなりひどいと思う。 これらを言われてなくて「こういうものだ」と思っていたら違うと思うけど。 常駐先だって「新人さん」というのはわかっているはずだし、 むしろ相手の胸にどーんと飛び込んで色々教えてもらうっていうのはどうでしょうか。 とはいえ、本当に身体がつらくなってしまうのでしたら 無理に働き続けることはないです。 心や体を壊しても会社は面倒見てくれませんから。 とりあえず今週末は三連休(かな?)、ゆっくり休んでくださいね。 ユーザーID: 0577908853• 息子は2か月10日で辞めました 一応まともな意見を最初に書くと、新卒で始めたばかりの仕事をすぐにやめないほうがいいんじゃないかな、と思います。 転職のしやすさ云々もありますが、もう少し続けてみることで思いもよらない素晴らしい出来事が待っているかもしれないからです。 こういうのは仕事以外でも人生の中には往々にしてあります。 ただ、本当につらいなら… つらさの中に一片の光も見えず、どう頑張っても自分がそこに居続けるイメージが持てない、というかその仕事でどうなったら自分が満足なのか少しも全くわからない…という場合は、倒れる前に辞めるのも手だと思います。 この辺は、どこまでが甘えで、どこからが正論なのか…本人の塩梅次第の部分があるので他人が判定するのはなかなか難しいんですよね ただ主さんの場合、本当にやりたいことが見つかったとあって… それが比較的現実的で、その方向へ向かった時に例えば今と同じような大変さが到来して耐えられると考えるなら、それもいいのではないかとも思います。 現実私がそうで、前の仕事がもうダメでダメで、帰り道泣きながら歩くくらいで… それで今の仕事になったんですが、正直「しんどさ」「つらさ」は今のほうが100倍くらいあります。 前の仕事は何だかんだ言って、まあまあ楽だったので。 だけど、今の仕事は、仕事しながら死んでもいいと思ってるので…(極論に聞こえるかもしれないけど、マジです。 親が倒れた時も病室で仕事してました) そういうものが本当にあるなら、そっちに進むことを勧めますね。 ちなみに私も鬱経験者です。 つらいよね…ほんとに。 お大事にしてください。 ユーザーID: 1610345835• 心身を崩してまで続ける理由はない。 どんな仕事でも長く続けるに越したことはありません。 それは当たり前のことです。 ただ、心身がそれなりに安定していることが前提です。 心療内科に通ってまで続ける意義のある仕事などどこにもありません。 自分を追い詰めるだけです。 周囲の誰も貴女の人生に責任は持ってくれません。 鬱病になった過去があったのであれば、就職先選定を間違えたのではないかと感じます。 通常よりも耐性が乏しい点を考慮に入れた就職先選定をするべきでした。 今回はリセットでいいのではないでしょうか。 その代わり、次でも同じようなことが起きた場合、それはやはり貴女側にも問題があるような 気がします。 ユーザーID: 9687765412.

次の

退職代行に甘えて良いじゃない。というか辞めたい会社に残る方が甘えです。

新卒 辞めたい 甘え

仕事辞めたい、と思うのは甘えなのか? 仕事を辞めたい、という気持ちは実際多くの新入社員が抱えていると言えます。 例えば、新卒入社して人の離職率については以下のようになっています。 思ったよりも離職率は高いでしょうか?低いでしょうか? あなたの他にも、実は多くの人が同じ職場でも「仕事を辞めたいな・・・」と思っている可能性があります。 新規学卒就職者の離職状況 例えば、厚生労働省の新規学卒就職者の離職状況(平成28年3月卒業者の状況)によると、 新規高卒就職者の約4割、新規大卒就職者の約3割が、就職後3年以内に離職していることが分かりました。 ・ 調査結果によると、事業所規模が小さいほど(社員数)離職率は高いという結果が出ています。 なんと、事業所規模5人~29人でほぼ半数の大卒者が離職しています。 500人~999人といった規模の企業でも、約3割の大卒者が3年以内に離職しています。 高卒者の離職率はさらに高いです。 離職理由 離職理由については上記からは分かりませんが、次の資料を参考にすることが出来ます。 ・ P86より、• 労働時間・休日・休暇の条件• 自分がやりたい仕事とは異なる• キャリアアップ• 肉体的・精神的健康を損ねた• 賃金の条件• 会社に将来性がない• 人間関係がよくなかった• 仕事が上手くできず自信を失った などとなります。 今、あなたが仕事を辞めたいと思う離職理由に当てはまるもの、近いものはありますか? 上記のような離職理由のような場合には、 「甘え」 とはいえないと思うのですが、どうでしょうか。 もちろん、「甘え」に関しては基準が人それぞれ違いますので、人によっては甘えていると思う離職理由も多数あるかもしれません。 仕事を辞めたいのが甘えではなく、退職・転職した方が良い場合 仕事を辞めたい理由が甘えではなく、できるだけ早く退職・転職したほうが良い場合もあります。 パワハラ、モラハラ、いじめなどを受けている 職場の上司、同僚、先輩などから、 パワハラ、モラハラ、いじめなどを受けている場合には、精神的に変調をきたしてしまう前に退職したほうが良いです。 ハラスメントがある場合には、大きな問題です。 「会社を辞めることで同僚にしわ寄せがいってしまうのでは・・・」 「会社を辞めたら収入がなくなって生活ができなくなる・・・」 「辞めるのは甘えではないか?もう少し頑張らないと・・・」 そう思っている間にさらに追い詰められてしまうと、精神的にも体調的にも崩れてしまい、回復までに長期を要する可能性があります。 あなたが辞めても会社は回りますので、早く退職されて働きやすい職場を見つけることが大切です。 退職代行サービスも今はありますので、辞めるハードルは低くなっているといって良いでしょう。 キャリアアップに限界を感じている もうこの会社ではスキルアップ、キャリアアップが難しい、というケースもあるでしょう。 その場合には、転職して環境を変えるしかありません。 採用してくれた恩義もあるし・・・といったことを考える必要は特に無いでしょう。 奨学金の返済を会社が肩代わりしてくれている、などで働く期間に定めがあるといったような場合には、その期間はしっかり働くのは筋と言えます。 入社祝い金なども同様です。 (短期での離職の場合には、返金を求められるケースもあります) ブラック企業だった 入社してみて分かったけれど、ブラック企業だった・・・というケースもあるでしょう。 残業が多い、休日出勤もある。 でも給料が安い。 達成不可能なノルマがある、詰められる。 ただ、会社の中にいると冷静に判断できないこともありますので、友人、学生時代の先輩、親など信頼出来る人に今の働き方、会社の体質などを相談してみることをおすすめします。 それはブラック企業だね、と言われるようであり、今の会社で働き続けることに限界を感じている場合には退職・転職を考えた方が良い可能性が高いといえます。 他にやりたい仕事がある 仕事をしていて、今の仕事ではなく違う仕事を本気でやりたい、と思うようになることもあります。 元々やりたい仕事があったけれど、内定が貰えたので就職した、という方も多いのではないでしょうか? 20代は未経験での異業種転職もまだ挑戦しやすい年齢です。 本当に、他にやりたい仕事があるのでしたら転職に挑戦した方が良いかもしれません。 挑戦せず、後でずっと後悔し続けるのは避けたい、という方は多いのではと思います。 会社に将来性が無い 就職してみて分かったけれど、 思っている以上に会社の経営状態が悪い・・・業界自体に先行きが無い、といった場合。 早めに転職した方が良い場合もあります。 自分が会社を支えたい、ここで会社を立て直すことが出来れば大きな実績になる、という考え方もできますが流れとしてどうにも出来ないことの方が多いです。 将来性が無い会社はどんどん経営が厳しくなり、最終的には倒産といった可能性があります。 転職は若い方が有利ですから、将来性のある業界に転職を目指すのはありでしょう。 第二新卒の転職も需要が高いので、転職成功の可能性は高いでしょう。 仕事を辞めたいのが甘えている、と考えられるケース 「仕事を辞めたい」と思う理由として 甘いと見られるであろうケースには、例えば以下のようなものがあります。 なんとなく学生の頃の方が楽だったから、辞めたい 「学生時代は楽だったな・・・バイトが無い日は好きなことできたし。 会社、面倒だし辞めたいな・・・」 多くの人にとって社会人と学生では、やはり生活が楽なのは学生時代でしょう。 ゆるい学生生活を過ごした人にとっては、会社員生活はかなり窮屈だとは思います。 ただ、こうした理由から仕事を辞めたい、というのはやはり甘えであると言って良いでしょう。 朝が辛い、起きるのが面倒 学生時代と変わり、社会人として働くようになってからの朝が早い、ということに苦労する方は多いでしょう。 会社までの通勤時間によっては朝も6時過ぎには家を出る、といった方もいると思います。 そこまで朝が早くなくても、 「 起きるのがだるいな・・・もっと寝ていたい」 といったことから辞めたい気持ちに繋がる場合には、甘えているといっても良いかもしれません。 ただし、今まで特に感じていなかったのに、急に朝が辛く起きることが出来なくなってきた・・・といった場合には、他にも精神的、身体的に変調がある場合には、何らかの疾病の可能性もあります。 職場や仕事上のトラブル、ストレスなど生活上も含めて、注意深くなることも必要かもしれません。 明確な理由も無く、「なんとなく」面倒・・・といった場合には、甘えていると見られても仕方ないといえます。 とはいえ、本人にとっては、どうしても朝が辛い・・・本当に起きることが出来ない。 といったこともあるでしょう。 その場合には朝が遅い仕事、フレックスでコアタイムが10時~といった会社。 昼から出勤して夜まで働く業種、仕事に転職をする、といったことも選択肢です。 自分に合った働き方ができる職場を選ぶことも、仕事が長続きするためには必要といえます。 1回のミスで、仕事を辞めたいと思ってしまう。 少しも叱られたくない 仕事をしていれば、ミスはつきものです。 ミスによって注意を受けることもあるでしょう。 1度のミスで仕事を辞めたい、注意されたことで仕事を辞めたいと考えてしまうのは、甘えである可能性が高いです。 ミスをしてしまった場合の対処法、ミスをしないための予防策などを考えて、仕事をしていくことを考える必要があります。 仲の良い先輩に今までの失敗談を聞いてみるのもおすすめです。 びっくりするような大きな失敗をしている先輩、上司もいたりしますので、勇気づけられることもあるかもしれません。 仕事を辞めたい理由によって判断すべき 仕事を辞めて、転職先を探す場合に重視されるのが、 「退職理由」 「転職理由」 です。 在職期間が短くても、長くても、必ず面接では「 どうして転職しようと思ったのですか?」といった質問が面接官からされます。 そこでの答えに対して、 「逃げるために転職をしている」 「仕事を辞めたい理由が甘えている」 と思われたら、内定を貰うのは難しいでしょう・・・ なぜ、仕事を辞めたいのかを明確にし、自分でも客観的に考えてみることが大切といえます。 実際に転職をする場合には、辞めたい理由を次の職場で解決できることが必要です。 でなければ、また退職したいと考えてしまう可能性があるためですね。 転職することによって、退職したい理由が解消される事が必要といえます。 またもし、上司に相談して解決できる可能性がある場合には、順番として相談された方が良いでしょう。 転職活動も必ずしも成功するとは限りません。 思いのほか、長期化することもあります。 もし労働冠環境の改善などができそうであれば、まずは相談、並行して転職活動といったことでも良いかもしれません。 新卒入社して、短期間で仕事を辞める場合の転職先探し 仕事を辞めたい、それも入社して数ヶ月、半年~といった期間など、 短期での離職になる場合には、 転職先探しも苦戦することが予想されます。 第二新卒の需要が高いとはいっても、やはり1年、2年の職歴があった方が転職活動はしやすいです。 数ヶ月だと、職歴と言うには短すぎます。 その結果、 早期離職の場合は転職エージェントでは転職が難しい場合があります。 短期離職でも歓迎してくれる企業の求人を多く紹介してもらうことが可能です。 ポテンシャル採用、伸びしろで中途採用を積極的に行っている企業が多いためです。 希望の業界・業種に強いエージェントかどうかも、公式サイトにてご確認になってみてください。 転職活動の注意点 仕事を辞めたい、今の会社を辞めたい、という場合。 多くの人は転職先を探し始めると思います。 今の仕事を辞めたら、収入が途絶えてしまいますね。 仕事を辞めて1年、2年くらいは遊んで暮らせるくらい貯蓄があるので大丈夫! という方は、滅多にいないでしょう。 退職するなら半年くらいは生活できるくらいの貯蓄があると安心、と言われることもありますが、そんなにお金が貯まるまで我慢して働くのは無理・・・ 経済的なことを考えた場合、在職しながら転職先を見つけるのが安心といえます。 しかし、無理をして働き続けることで精神的、身体的に崩れてしまう可能性が高い場合には、早期に退職した方が良い場合もあります。 ご自身の置かれてる状況を見極めて、転職活動に取り組まれることをおすすめします。

次の