小豆栽培暦。 あずきの栽培方法 ― 総論

麦・大豆栽培指針:農林水産省

小豆栽培暦

作業内容 土寄せ 雑草対策と兼ねて、株もとに土寄せをしましょう。 花が咲き、本葉が4~5枚になるまでに、2回ぐらい土寄せするとよいでしょう。 根が増えて養分吸収もよくなり、倒伏防止にも効果が期待できます。 開花時期 畝間かん水 干ばつ対策として、畝間に水をはしらせます。 ほ場が乾ききらないうちに行います。 夕方から開始しますが、水は溜めずにはしらせる程度にします。 (根腐れを防止するため、日中の高温のもとで水をためないように注意) 10日位あけて、ほ場がまだ乾き気味なら再度行います。 ポイント 土寄せ・畝間かん水で収量増をねらう。 病害虫防除 発生に応じて、薬剤防除をします。 【時期】8月下旬~9月下旬.

次の

大豆の栽培

小豆栽培暦

北海道:0• 東北:0• 関東:0• 中部:0• 関西:0• 中国四国:1• 九州沖縄:0• 北海道:0• 閉じる• 青森:0• 岩手:0• 宮城:0• 秋田:0• 山形:0• 福島:0• 閉じる• 茨城:0• 栃木:0• 群馬:0• 埼玉:0• 千葉:0• 東京:0• 神奈川:0• 閉じる• 新潟:0• 富山:0• 石川:0• 福井:0• 山梨:0• 長野:0• 岐阜:0• 静岡:0• 愛知:0• 閉じる• 三重:0• 滋賀:0• 京都:0• 大阪:0• 兵庫:0• 奈良:0• 和歌山:0• 閉じる• 鳥取:0• 島根:0• 広島:0• 山口:0• 徳島:0• 香川:0• 愛媛:0• 高知:0• 閉じる• 福岡:0• 佐賀:0• 長崎:0• 熊本:0• 大分:0• 宮崎:0• 鹿児島:0• 沖縄:0• 閉じる.

次の

【小豆(アズキ)の育て方】栽培のポイントや種まきの方法は?

小豆栽培暦

生育初期 雪が解けて気温が上がってきて、ビートやじゃがいもを植え終わった五月中旬ころから大豆の播種作業が始まります。 きれいに整地した畑に、大豆の種を自家配合肥料と一緒にビーンプランターで播種していきます。 播いた次の日に畑の土をほじくって見てみると、真ん丸でカリカリに乾燥していた種がもう土から水分をもらって膨らんでやわらかい状態になっています。 種が生きていることを実感します。 だいたい十日後くらいに播いた大豆が一斉に発芽してきます。 平らで均一に整地した畑なら、播種した順に発芽してくる光景が見られます。 このころから土の中では雑草の種も動きだしてきます。 生育中期 大豆が成長してきて子葉が開き、本葉が出てくると、雑草の芽の小さいうちに機械除草をします。 カルチという機械で大豆だけを残してそれ以外の土を動かして除草していきます。 植物はなんでもそうですが、かなり小さいうちに芽と根を土ごと動かされると枯れてしまします。 でも少しでも大きくなってから土を動かしてもやっつけれません。 また一度やっつけてもほかの雑草の種がまだ土の中にはあるので、一週間もするとまた別の雑草の種が発芽します。 ですから、一週間以内にまたカルチをかける必要があります。 五月下旬から七月上旬まで合計6~8回ほどカルチをかけます。 それでも取りきれなかった雑草がどんどん大きくなってきます。 残った雑草は人の目で見て、手で取るしかありません。 十勝では昔からホーガマという道具で腰をかがめずに雑草を切るものがあり、それを使って草取りをします。 一枚が5~10haある広い畑では、出面さん(パート従業員)を五~十人頼んで、横に並んで草取りをします。 このような手除草を1シーズン二回から三回行います。 生育後期 畝間がふさがる(大豆の植えてある列と列の間が、葉や茎が成長して大きくなりふさがって土が見えなくなる)と花が咲き、花が終わるとさやがついて実(種)が入ってきます。 さやの中の実がだんだんふくらんで枝豆になります。 (余談ですがパンパンになる少し前のほうがやわらかい枝豆としてたべれます。 ) このまま枝豆として収穫しないで秋までおいておきます。 葉がだんだん枯れて落ちていき、茎が枯れていきます。 さやも茎も茶色くなって表面にぬめりがなくなり、さやの中の大豆がカリカリに乾燥すると収穫です。 収穫 例年は十月中旬から下旬に収穫します。 朝露がなくなる十時頃から露の降りる夕方四時くらいの間が収穫のチャンスです。 (木が揺れるくらいの風が吹いている日は一日中収穫できることもあります。 ) 大型コンバインや汎用コンバインで収穫します。 茎や大豆の水分を気にしながら、大豆が汚れないように気を遣いながら収穫します。 10aあたり4~6俵くらい獲れます。 6俵あれば豊作の年です。

次の