大和 インフィ リンク 株式 会社。 大和インフィリンク株式会社

【ホームズ】大和インフィリンク 株式会社の店舗情報|不動産会社[不動産屋]の検索

大和 インフィ リンク 株式 会社

マンション経営とはマンションを購入し、それを第三者に賃貸する事によって毎月安定した家賃収入をを得ていく事です。 ほとんどの方が住宅ローンを活用してマンション経営を始められますが、月々のローンの返済は家賃収入で、ほぼまかなう事が出来ます。 立地条件や新築・中古などの条件にもよりますが、東京都市部の物件でも月々数千円程度のご負担で始めることができます。 ローン終了後には優良な収益資産が自分のものになり、毎月の収益は自分の収入になります。 近年、「年金不安」や「老後難民」という将来を不安に感じる情報をよく耳にします。 今は毎月安定したお給料がありますが、年金生活に入ると、給付は2ヶ月に一度、2か月分となります。 とはいえ毎月一定の支出は無くなることはありません。 そんな中、定期収入がないという事はたいへん怖いことです。 もし、支給された年金が尽きてしまったら・・・ もし、病気や怪我で突発的な多額の出費がでてしまったら・・・ もし、預貯金の取り崩しをしないと生活ができなくなったら・・・ そんな「もし・・」の時、どんな状態であろうとも毎月数万~数十万の収入があれば精神的な安心が得れるはずです。 ローン完済後は家賃収入から管理費用や修繕積立金を差し引いた収入が毎月入ってきます。 複数件保有されているオーナー様の場合、年間数百万という不労収入を確保してゆとりのある生活を送っていらっしゃる方も少なくありません。 これはローン契約者の方に万が一亡くなられた場合などに債務額(ローンの残り)が保険で支払われることになっています。 家族には債務のない安定した家賃収入を生んでくれるマンションを残すことができます。 残されたご家族に相続したマンションはすでに債務がない為、マンションを貸していれば家族には毎月収入が入ってきます。 もし、まとまった資金が必要な場合は売却をしてまとまった現金に得る方法もあります。 もし死亡保障のついた生命保険に加入している場合は、その分を見直すことも可能になります。 弊社のお客様の中には、残されたご家族への保障は手厚い状態のままで、保険料を約3分の1程度まで見直された方もいます。 マンションを所有されることにより毎月の家賃収入が得られます。 この家賃収入は不動産所得として1年に1度各市町村の窓口で確定申告をしなければいけません。 それ以外にマンション経営にかかわる費用として減価償却費や借入金利息、管理費、修繕費、固定資産税等々が 必要経費として計上できます。 これにより得られる不動産所得がよりも経費部分が多い場合、所得税法第69条、損益通算という制度を利用して赤字部分を本来のお給料の所得金額に合算することができ 所得税が還付され住民税が軽減されます。 マンション経営は相続税対策についても非常に優れています。 現金や証券などの金融資産は100万円であれば100万円と評価されますが、マンションの場合、評価額は60%程度に圧縮され、相続税額が少なく算定されます。 さらに、その物件で賃貸経営を行っていれば、 さまざまな控除が適用されて、さらに評価額が下がります。 タワーマンションによる相続税対策が規制を受ける中、マンション経営に関してはテレビや経済誌などで特集が組まれたりする等、注目を浴びています。 証券などは会社の破綻などの影響で価値がなくなる可能性があります。 しかしマンション経営の場合は実物資産になりますので、どんな事態になっても価値が無くなることはありません。 又、マンション経営は、インフレになるとモノの価格上昇に合わせて家賃をあげることができますので、資産価値が目減りしにくく、反面、デフレの場合でも好立地の物件であれば家賃収入が大幅に下がることはありませんので、 景気の動向に左右されにくい安定した運用を行えます。

次の

Company会社概要

大和 インフィ リンク 株式 会社

残業ほぼなしで19時退社!充実の教育体制や福利厚生のある「社員ファースト」な不動産会社で、賃貸管理事務! 大和インフィリンクは、物件仕入から販売~管理までは幅広く行っている会社です。 お客様のニーズを把握し豊富なノウハウを活かしながら適切なアドバイスを行うと共に、安定した収入の確保、効率のよい資産運用をバックアップしています。 代表は、不動産投資で得た体験を、世の中に還元したいという思いから、大和インフィリンク株式会社を立ち上げました。 一生懸命働いてきた人々がリタイアした後、ゆとりある暮らしを送るためのお手伝いをすべく、クオリティーの高い資産運用の実現に向けて日々努力しております。 すぐ辞めたくなるような会社にはしたくない、との考えのもと、「社員ファースト」な会社を作っています。 ワークライフバランスの充実のため残業ほぼなしで基本的には19時退社、住宅手当・社員旅行・達成旅行など各種手当も充実しており働きやすい環境となっています。 募集要項 募集職種 雇用形態• 正社員 募集背景 私たちは「安心、安定、安全」をテーマに、ゆとりあるシルバーライフを過ごせるように、投資用マンションの売買を中心に物件の仕入れから販売、管理まで一貫して事業を行なっている会社です。 大手不動産デベロッパーで営業として常にトップの成績を残してきた代表が積み重ねてきたノウハウを強みに、業績は好調です。 今後も引き続き事業を成長させたいと考えて、組織体制を整えることに。 その一環で、バックオフィス部門で賃貸管理事務を担うメンバーを募集することになりました。 仕事内容 当社が販売した投資用マンションの賃貸管理業務をお任せします。 主なお仕事は、家賃の振込確認や申込書の作成・管理、不動産会社または入居者の問い合わせ対応など。 充実した研修制度があるため、特別なスキルや知識は必要ありません。 また、申込書の作成や書類のファイリングを行なったり、契約更新手続きなども行なったりもします。 その他、入居者様に設備の定期点検のお知らせなどもお任せする予定です。 その際に、見学日の設定を行います。 また、入居者様から「鍵をなくしてしまった」といった連絡をいただくことも。 その際は、スペアキーを手配したり、不動産管理会社に対応を依頼したりしてください。 営業担当をサポートするために、重要事項説明といった賃貸契約に関する書類を作成を行います。 不動産会社からいただいた不動産情報を仕入れ業務を担っている部長に共有したりします。

次の

バンガード

大和 インフィ リンク 株式 会社

マンション経営とはマンションを購入し、それを第三者に賃貸する事によって毎月安定した家賃収入をを得ていく事です。 ほとんどの方が住宅ローンを活用してマンション経営を始められますが、月々のローンの返済は家賃収入で、ほぼまかなう事が出来ます。 立地条件や新築・中古などの条件にもよりますが、東京都市部の物件でも月々数千円程度のご負担で始めることができます。 ローン終了後には優良な収益資産が自分のものになり、毎月の収益は自分の収入になります。 近年、「年金不安」や「老後難民」という将来を不安に感じる情報をよく耳にします。 今は毎月安定したお給料がありますが、年金生活に入ると、給付は2ヶ月に一度、2か月分となります。 とはいえ毎月一定の支出は無くなることはありません。 そんな中、定期収入がないという事はたいへん怖いことです。 もし、支給された年金が尽きてしまったら・・・ もし、病気や怪我で突発的な多額の出費がでてしまったら・・・ もし、預貯金の取り崩しをしないと生活ができなくなったら・・・ そんな「もし・・」の時、どんな状態であろうとも毎月数万~数十万の収入があれば精神的な安心が得れるはずです。 ローン完済後は家賃収入から管理費用や修繕積立金を差し引いた収入が毎月入ってきます。 複数件保有されているオーナー様の場合、年間数百万という不労収入を確保してゆとりのある生活を送っていらっしゃる方も少なくありません。 これはローン契約者の方に万が一亡くなられた場合などに債務額(ローンの残り)が保険で支払われることになっています。 家族には債務のない安定した家賃収入を生んでくれるマンションを残すことができます。 残されたご家族に相続したマンションはすでに債務がない為、マンションを貸していれば家族には毎月収入が入ってきます。 もし、まとまった資金が必要な場合は売却をしてまとまった現金に得る方法もあります。 もし死亡保障のついた生命保険に加入している場合は、その分を見直すことも可能になります。 弊社のお客様の中には、残されたご家族への保障は手厚い状態のままで、保険料を約3分の1程度まで見直された方もいます。 マンションを所有されることにより毎月の家賃収入が得られます。 この家賃収入は不動産所得として1年に1度各市町村の窓口で確定申告をしなければいけません。 それ以外にマンション経営にかかわる費用として減価償却費や借入金利息、管理費、修繕費、固定資産税等々が 必要経費として計上できます。 これにより得られる不動産所得がよりも経費部分が多い場合、所得税法第69条、損益通算という制度を利用して赤字部分を本来のお給料の所得金額に合算することができ 所得税が還付され住民税が軽減されます。 マンション経営は相続税対策についても非常に優れています。 現金や証券などの金融資産は100万円であれば100万円と評価されますが、マンションの場合、評価額は60%程度に圧縮され、相続税額が少なく算定されます。 さらに、その物件で賃貸経営を行っていれば、 さまざまな控除が適用されて、さらに評価額が下がります。 タワーマンションによる相続税対策が規制を受ける中、マンション経営に関してはテレビや経済誌などで特集が組まれたりする等、注目を浴びています。 証券などは会社の破綻などの影響で価値がなくなる可能性があります。 しかしマンション経営の場合は実物資産になりますので、どんな事態になっても価値が無くなることはありません。 又、マンション経営は、インフレになるとモノの価格上昇に合わせて家賃をあげることができますので、資産価値が目減りしにくく、反面、デフレの場合でも好立地の物件であれば家賃収入が大幅に下がることはありませんので、 景気の動向に左右されにくい安定した運用を行えます。

次の