外国為替証拠金取引 とは。 FX 外国為替証拠金取引 とは? 意味 略

FXの証拠金とは

外国為替証拠金取引 とは

1.外国為替証拠金取引とは• (1)外国為替証拠金取引の概要 外国為替証拠金取引は、1998年の外為法(外国為替および外国貿易法)改正により可能となった新しい取引です。 その後、2005年7月に施行された改正金融先物取引法、2007年9月に施行された金融商品取引法の適用を受け、外国為替証拠金取引は、より公正で透明性の高い取引となっています。 (2)ダイワFXの仕組み 「ダイワFX」は、相対取引で行われます。 当社は、インターバンク市場の為替レートを参考に取引可能な為替レートをお客さまに提示します(このレートを「提示レート」といいます)。 (3)外国為替証拠金取引の取引方法 外国為替証拠金取引は、一定の証拠金を担保に、その数倍から数十倍の金額の外国為替取引を行うことができる取引です。 「ダイワFX」では、お客さまがレバレッジを1倍、2倍、5倍、10倍、20倍、25倍の中から選択することができ、それぞれ証拠金額の約1倍、約2倍、約5倍、約10倍、約20倍、約25倍までの外国為替取引が可能です。 外国為替証拠金取引での新規取引とは、外国為替取引を新たに行う取引のことをいい、新規取引を行って保有した外国為替を「建玉」(「買いの新規取引」を行った場合は「買建玉」、「売りの新規取引」を行った場合は「売建玉」)といいます。 新規取引と反対の決済取引を行っていただくことで、建玉を決済することができ、新規取引と決済取引との差損益を授受することができます。 例えば、1米ドル110円で1万米ドルの「買いの新規取引」を行います。 ただし、「買いの新規取引」に対して「売りの新規取引」(「売りの新規取引」に対して「買いの新規取引」)を行っても決済したことにはなりません。 決済する際は、「買いの新規取引」に対して「売りの決済取引」(「売りの新規取引」に対して「買いの決済取引」)を行っていただきます。 (4)ロールオーバー 外国為替取引には、スポット取引(直物取引)とフォワード取引(先物取引)があります。 現時点で通貨の交換を行うことをスポット取引といい、将来のある時点における通貨の交換を行うことをフォワード取引といいます。 スポット取引では通常、取引成立日(約定日)の翌々営業日に受渡しが行われます。 「ダイワFX」はスポット取引のため、約定日の翌々営業日に差損益等の受渡しが行われます。 しかし、未決済の建玉については自動的に想定受渡日(決済した場合の受渡日)が1営業日繰延べられます。 これをロールオーバーといい、これにより建玉の決済期限は原則として無期限になります。 (5)スワップポイント ロールオーバーを行うと、建玉通貨ペアの金利差に相当する額が調整(受取りまたは支払い)されます。 この金利差調整額をスワップポイントといいます。 スワップポイントはロールオーバーを行うことで生じるので、ロールオーバーが行われないときにはスワップポイントは発生しません。 また、休日を挟む場合などで想定受渡日が複数日繰延べられる場合は、ロールオーバー時に、繰延べられた日数分のスワップポイントが発生します。 この場合、日本円を売ってNZドルを買っています)、スワップポイントを受け取ることになります。 また、通貨の需給の偏りにより、スワップポイントが金利差を反映せず、買い付けた通貨の対象国の金利が売り付けた通貨の対象国の金利よりも高い場合にもスワップポイントを支払うことになる場合があります。 スワップポイントは、取引日が終了したとき(「ダイワFX」では、ニューヨーク時間17:00〔米国標準時間の期間は日本時間で7:00、米国夏時間の期間は日本時間で6:00〕を取引日の終了時間としています)に、その時点での未決済建玉に対して発生します(受取りまたは支払いが行われます)。 「ダイワFX」では、日々発生するスワップポイントは評価損益として計上され、実際の受取りまたは支払いが発生するのは決済取引の受渡日となります。 2.外国為替取引とは 外国為替取引には、以下のような特徴があります。 (1)外国為替取引の概要 例えば、アメリカへ海外旅行に行くとき、日本円を米ドルに交換します。 この通貨を交換する行為を外国為替取引といいます。 このとき、米ドルと日本円を交換する比率を「為替レート」といいます。 為替レートは、ある通貨1単位に対して交換する通貨がいくらであるか(1米ドルを買うのに日本円でいくら必要か、もしくは、1米ドルを売ると日本円でいくらになるか)という形で表示されます。 (2)外国為替市場 外国為替市場とは、外国為替取引が行われている場を指します。 取引参加者は、電話や端末を用いて相対取引(取引参加者同士の直接的な取引)を行っています。 外国為替市場は、取引参加者や取引金額などの違いにより、インターバンク市場と対顧客市場の2つに大きく分類されます。 インターバンク市場 銀行など信用力の高い金融機関同士が取引する市場です。 ここで形成される為替レートが、ニュースなどで外国為替相場として報道されるレートになります。 対顧客市場 銀行などインターバンク市場に参加している金融機関が、貿易会社などの企業や個人と取引をする市場です。 ここでは、インターバンク市場の為替レートに基づいて、外国為替取引が行われます。 (3)外国為替の変動要因 外国為替の変動には、以下のような要因が考えられます。 各国通貨間の金利差• 各国の景気・経済動向• 戦争等の政治的な要因、地震等の天災• 各国通貨間の資金の流れ.

次の

レバレッジとは?

外国為替証拠金取引 とは

リスク マネックスFXでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。 また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。 マネックスFXは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。 マネックスFXでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。 加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。 手数料等 マネックスFXでは、取引手数料はかかりません。 当社は、通貨ペアごとにオファー価格(ASK)とビッド価格(BID)を同時に提示します。 オファー価格とビッド価格には差額(スプレッド)があり、オファー価格はビッド価格よりも高くなっています。 流動性の低下、相場の急激な変動により、スプレッドの幅は拡大することがあります。 証拠金 マネックスFXでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。 一定の証拠金率とは以下のとおりです。 ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。 (法人口座) 金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。 ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。 その他 お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。 本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。 マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。 情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。 過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。 提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。 当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。 銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。 なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。 記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

次の

FX(外国為替証拠金取引)とは何か?初心者でも3分で分かる!

外国為替証拠金取引 とは

FX 外国為替証拠金取引 とは FX取引は1998年4月施行の「外国為替及び外国貿易法」いわゆる「改正外為法」によって一般企業や個人投資家にも開放され取引ができるようになりました。 FXとは【Foreign Exchange】の略で、直訳すると【外国為替】です。 為替レート FXとは2国間の通貨を交換する取引のことですが、取引の仕組みを理解するためには【 為替レート】と【 円安・円高】について正しく知る必要があります。 渡航先であるアメリカで買い物をするには日本円を現地の通貨 米ドル に交換する必要があります。 これは円高でしょうか?円安でしょうか? 正解は「 円高」です。 旅行者にとっては100万円が90万円になるという10万円の損失が発生しているので、円が安くなった、と勘違いしがちですが、1米ドル100円から100円未満 例えば90円 になったことは、 1米ドルに対する日本円の価値が上昇したことになるので「円高」です。 1米ドルが100円から90円 円高 になったことを角度を変えて説明すると、例えば10ドルする本を購入する場合、1米ドルが100円であれば1,000円の日本円が必要ですが、1米ドル90円であれば900円で購入することができます。 円安の具体例 次は交換時の為替レートが1米ドル100円から110円になっていた場合 FXで取引できる通貨 FXで取引できる通貨ペアの見方と種類を紹介します。 ドル円を例に通貨ぺアの見方を説明します。 仮にドル円が100円であれば、そのままの意味ですが1米ドルを100円で買ったり、売ったりできることを意味します。 つまりドル円を100円で買うとは、ドルを買う結果円を売ることになり【ドル買い・円売り】ということになります。 ドル円を売る場合は【ドル売り・円買い】です。 このようにFX取引 為替取引 では通貨ペアの左側に記載される通貨が「買い」「売り」の対象 基準 になります。 おもな通貨ペア FXで取引できる通貨ペアはFX会社によって異なります。 20通貨ペアを取扱うFX会社もあれば50通貨ペアを扱う会社もあります。 ここでは各FX会社で取扱いの多い通貨ペアを紹介します。 他にも南アフリカランドやメキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨と呼ばれている通貨ペアなど多くの種類が存在します。 FXの証拠金 記事前半で少しふれましたが FXとは外国為替証拠金取引ですので証拠金をFX会社に差し入れて、その証拠金を担保にドル円などの通貨ペアを取引することになります。 証拠金で取引するとはどういうこと?と思われたかもしれませんので外貨預金と比較して解説します。 仮に現在の為替レートが100円 ドル円 だった場合、外貨預金で1万ドルを買うには100万円の元手が必要です。 一方FX取引は証拠金取引ですので、証拠金を担保にすることで100万円の元手がなくても1万ドルの買い注文ができます。 なぜ、そんなことが可能なのかというとFXには【 レバレッジ】という仕組みがあるからです。 レバレッジとは「てこの原理」のことでFX取引に応用して表現すると 少ない元手で多額の取引ができる原理といえます。 とはいえ、無限にレバレッジを効かせた取引を許容するととんでもない損失 反面、とんでもない利益が出ることも… が発生する場合がありますのでレバレッジには上限があります。 2020年6月時点での個人のFX取引におけるレバレッジは 最大 25倍まで、と法律で規定されています。 外貨預金では100万円必要となる元手がFX取引だとレバレッジ効果で4万円から取引できる点はFX取引の一つの魅力といえます。 ただし、レバレッジを効かせすぎると少しの値動きで評価額が大きく変動しますので多額の損失が発生するケースもあります。 レバレッジを利用しない 1倍 でFX取引をすることも当然できますので、実際の取引にあたってはご自身の投資スタイルやリスク許容度を十分に把握したうえでレバレッジの可否や程度を判断するようにしましょう。 FX初心者の人へ この記事ではFXの取引をする前に絶対に押さえておきたい項目として、FXの意味や為替レート、それに伴う円高・円安の仕組み、FXで取引できる通貨ペアの一例や見方、証拠金によるレバレッジの仕組み、といった基本的な内容を解説しました。 FX取引は「安く買って高く売る」か「高く売って安く買い戻す」かのシンプルな取引ですが、そのシンプルさゆえに相場動向や売買判断が難しい面があります。 初心者の間は大きなポジションを持ちすぎない レバレッジをかけすぎない ことや損切りの設定やタイミングを事前に検討しておくことなど注意すべき点が結構ありますので、使いやすいFX会社で取引することも大事です。 私が使っているFX口座 計9口座 から初心者におすすめのFX会社を紹介いたします。

次の