アジの開き フライパン。 アジの開きの焼き方は?グリルでもフライパンでもできる?

アジの塩焼き、フライパンで簡単レシピ

アジの開き フライパン

1 みりんとごま油を混ぜ、干物の身に塗る。 2 皮を下にして弱めの中火で5分焼く。 3 酒をかけ、ふたをして5分蒸し焼きにする。 4 ひっくり返して2分焼く。 これだけです。 火はずっと弱めの中火にしてください。 強火にすると焦げてしまったりパサパサになってしまうことがあります。 身はふっくらとしていて、皮は香ばしく、とても美味しかったです。 干物なのでもともと味はついていると思いますが、私は濃い味が好きなので塩を軽くかけて食べました。 今まで、私はテフロン加工のフライパンを使ったので、 干物を直に置いていました。 最近魚焼き用のクッキングシートを使うようになってからは、フライパンも水でさっと洗うだけで後片付けも簡単です。 干物が冷凍の場合焼き方はどうするの? 干物って冷凍された状態で売られていることも多いですね。 冷凍の場合は、 解凍せずに焼いてください。 解凍してから焼くと、干物の筋繊維が壊れて味が落ちてしまうのです。 焼き方は、基本的に冷凍ではない干物の場合と同じです。 焼き時間だけを長くしてください。 これは「何分」とはっきりしているわけではなく、焼き加減を見てということです。 まずは焼き時間を10分に増やし、あとはこまめに干物の様子をチェックしてください。 ポイントは2つです。 スポンサーリンク どうして皮から焼いた方がいいの?ひっくり返すタイミングは? ではなぜ干物は皮から焼いた方がいいのでしょう? 皮には臭みやぬめりがあり、先に焼くとそれがなくなるからなのです。 確かに皮から焼いた場合、臭みは全くなくパリパリして美味しかったです。 ひっくり返すタイミングは、皮に焼き目がつき身が白くなった時です。 ひっくり返してからは2分ほど焼けば大丈夫です。 蒸し焼きにしてあるので、ある程度火が通っているからです。 あまり焼きすぎると パサパサになってしまうので気をつけてくださいね。 干物の焼き方!トースターも使えるの? トースターを使って干物を焼くこともできます。 焼き方は以下の通りです。 1 トースターを先に温める(弱火)• 2 皮を4〜5分焼く• 3 ひっくり返して身を2〜3分焼く これだけです! とても簡単です。 もし干物が大きくてトースターに入らなければ、 カットしておきましょう。 このように、トースターを使って干物を焼くこともできますが、 個人的にはフライパンがオススメです。 理由は2つです。 片付けが面倒 網や受け皿を洗わなければなりません。 パンを焼くトースターで魚を焼くのは抵抗がある ちゃんと洗えば大丈夫ですが、大き目な日干しだとパンに魚の匂いがつきます。 その次にトーストを焼くと若干干物の香りがあることも…(汗 小さいアジのみりん干しならあまり臭いは移りませんでしたよ! いろいろな焼き方を試し、好きな焼き方を見つけてみてくださいね。

次の

【魚屋さん直伝】「アジの干物」をフライパンでふっくら焼くコツ!焼き加減はここで見極めて!

アジの開き フライパン

ひっくり返して、 さらに、もう片面を約5分焼いたら完成です。 ホットプレートも同様に、片面を約5分焼いたら完成です。 食感は柔らかいです。 しかし、グリル(網)で焼いたモノと比べると、味の凝縮感がないです。 比較用にグリルでも焼いてみました。 ホットプレート・フライパンに比べ身が締まって、味が凝縮しています。 スポンサーリンク あじを「弱めの中火」のフライパン・ホットプレートで焼くと柔らかく仕上がります。 私の感想としては少し柔らかすぎる。 と言う印象。 また、味の凝縮感がないように感じました。 あじの干物はグリルで焼くか、フライパン・ホットプレートで焼くなら「中火」(「弱めの中火」は弱い)がイイと思いました。 開きアジはコチラからどうぞ。 最近の投稿• 最近のコメント• に 野田和美 より• に himono1ba. sg より• に より アーカイブ• カテゴリー• 111• 110• 8 メタ情報•

次の

干物の焼き方と保存の方法

アジの開き フライパン

干物は『冷凍』で保存してください。 冷凍の干物は解凍せずに凍ったまま焼く事をおすすめします。 解凍状態が悪いとドリップ(旨味成分)が流出してしまうからです。 (火加減を弱めにして、じっくり焼いてください。 身の厚いものを焼く場合や短時間で焼き上げたい場合、揚げ物にする場合は、冷蔵庫で解凍しておいてください。 (3~4時間くらいでほどよい解凍状態になります。 魚を焼く前に調理器具を良く熱しておきます。 干物の大きさや厚みなどにより、焼き時間は違ってきます。 開き 1.網にサラダ油もしくは酢を塗っておき、グリルをよく熱しておきます。 2.魚の身のほうを上にして焼く。 火加減は中火以上。 3.皮の方を上にして焼く。 火加減は弱~中火。 グリルを使用する場合は、弱火で焼いてください。 丸干し 1.網にサラダ油もしくは酢を塗っておき、グリルをよく熱しておきます。 2.片面を焼く。 火加減は中火以上。 3.もう片面を焼く。 火加減は弱~中火。 開き 1.温めたフライパンにクッキングシートをのせ、皮の方を下にして干物をのせます。 2.火加減は中火。 皮に焦げ目がついて、身が白くなったら裏返します。 3.身のほうに焼き色がついたら、できあがりです。 2.焦げやすいので、火加減は弱火。 皮に焦げ目がついてきたら裏返します。 3.身のほうに焼き色がついたら、できあがりです。 丸干し 1.温めたフライパンにクッキングシートをのせ、干物をのせます。 2.火加減は中火。 片面にほどよい焼き色がついたら裏返します。 3.もう片面にも焼き色がついたら、できあがりです。 小魚の丸干-グリルでは扱いにくい小魚にはフライパンがおススメ- 1.温めたフライパンに丸干を入れて、炒めるようにして乾煎りします。 2.程よい焦げ目がつき、焼けた香りがしてきたら、できあがりです。 (焦がしすぎると堅くなるのでご注意ください).

次の