かごめ 編み の 編み 方。 かぎ針編みの縁飾り☆編み方や目の拾い方を写真画像付きで紹介!|ハンドメイドでもの作り

かごバッグの編み方5選!初心者でも簡単に手編みができる!

かごめ 編み の 編み 方

2018. 15 かぎ針編み kokakiko かぎ針で作る夏にぴったりなあみあみバッグ10選。 全て無料編み方付き 夏が近づくと、毎年ソニプラなんかで、かごバッグを買うのが楽しみでした。 今は、かごバッグよりもうちょっと実用的な、あみあみのマーケットバッグが気になって仕方がありません。 この夏は、そんなあみあみバッグを手作りしてしまおうかな? 私が作ってみたいな!と思った、かぎ針で作るあみあみマーケットバッグの作り方を 10個集めて見ました。 日常的に使ってもよし。 エコバッグとして使ってもよし、誰かにプレゼントしてもよし。 あ〜どれ作ろうかな? どれも英語ですが、すべて無料の編み方付きです。 英語でかぎ針編みの編み方を読む時のお供にどうぞ。 基本形?マーケットバッグ by Delia すごいしっかりしてそうで、基本形かな?と思い1番に載せてみました。 1番の特徴は 毛糸を二本どりしていること。 本来8mmのかぎ針で編む毛糸を2本どりで9mmのかぎ針で編むとあるので、そうとう頑丈に出来るかと思います。 ネット編み系バッグ 長方形の底から作るベーシックバッグ by Brittany 鎖編み・細編み・引き抜き編みで作れる、基本的なネット編みバッグです。 細編みで作る長方形が、底になります。 その長方形をグルっと細編みで数段編み。 それからネット編みで作るバッグです。 いっぱい入りそうなネット編みバッグ by Two of Wands Sc3tog — single crochet 3 togetherとは、細編み3目1度。 3目を1目にする減らし目のことです。 ハンモックみたいでかわいらしいバッグですね。 丸底から始めるネット編みバッグ by makercrate バッグもさることながら、この写真のカバンの中身おしゃれじゃないですか?バゲット(しかも裸)、ワイン、そしておいしそうなチーズたち。 って着眼点がちょっとズレてしまった・・・ エコバッグ by CassieMarie かぎ針のサイズがJなので、日本でいう10号で作られています。 基本長編みなので、あっという間に編めてしまうんではないでしょうか?ハンドルというか、上の網目がつまっている部分から作って、それから上から下に編んでいくパターンです。 網目がちょっと亀みたいでかわいい。 野菜や果物の保存用にも良さそうなバッグ by Chase Clark このバッグのネット編み部分は基本的に鎖編みが中心です。 斜めな網目がかわいいバッグ by Jessica この三角っぽい編み方は、Modified Cluster編みと言うそうです。 きっと日本語でも名前があるんでしょうが、私細編み専門で、模様編みに詳しくないので、スミマセン。 モディファイド クラスター編み 始め方; 立ち上がりの鎖2目編み、針に糸をかけ、次の目に針を入れ、糸を引き出します。 (針には3目あるはずです。 最初の鎖編み2目を最初の1目と数えます。 ) 針に糸をかけ、2目引き出します。 (残り針には2目) 針に糸をかけ、次の目に針を入れ、人を引き出します。 (針には4目) 針に糸をかけ、2目引き出します。 (残り針には3目) 針に糸をかけ、2目引き出します。 (残り針には2目) 針に糸をかけ、残りの2目引き出し、模様の完成です。 基本(段の途中); 鎖を2目編み、針に糸をかけ、次の目に針を入れ、糸を引き出します。 (針には3目) 針に糸をかけ、2目引き出します。 (針には2目) 針に糸をかけ、次の目に針を入れ、糸を引き出します。 (針には4目) 針に糸をかけ、2目引き出します。 (針には3目) 針に糸をかけ、次の目に針を入れ、糸を引き出します。 (針には5目) 針に糸をかけ、2目引き出します。 (針には4目) 針に糸をかけ、3目引き出します。 (針には2目) 針に糸をかけ、残りの2目引き出し、模様の完成です。 3目で1つの模様が出来ると思います。 詳しい写真付きの解説は英語ですが、こちらをどうぞ。 日本語で言うところの、細編みの変形ということになるんでしょうか?細編みなんですけど、針を刺す位置が普段と違います。 詳しくは下のユーチューブ動画を参考にして下さい。 模様編みが素敵なあみあみバッグ パイナップル グロッサリー バッグ by Susan スーザンさん、上記のバッグの編み方、編み図でも載せてくれています。 「free Ravelry download」をクリックすると無料編み図をPDFファイルでダウンロードできます。 まとめ う〜ん。 どれを作ろうか迷ってしまう。 妄想が大得意な私は、一応上記の10コ全て、頭の中では編みましたよ^^ あ!あみあみバッグの1番オススメの使い方をお伝えしていなかったですね。 それは、お砂遊びセットを入れること。 あみあみバッグにお砂遊びセットを入れると、家までの帰り道に砂が自然に落ちてくれますよ。 って、歩きじゃなくて、車だったらダメですけどね。 あみあみバッグは、目が空いているので進みが早くて、あっという間に出来ちゃいますよ。

次の

竹編みの種類(竹の編み方)

かごめ 編み の 編み 方

かごの基本のかぎ針の編み方としておさえておきたい「細編み」。 ころんとした小さなかごなら短い時間で完成するので初心者の方にはおススメです。 おおきいかごバックを作る前に練習としてつくってみてはいかがでしょうか。 めやすの制作時間• 4時間 細編みマルシェバック・ミニの作り方、手順• 輪の作り目から始め8目細編みし、最初の細編みに引き抜き編みをする。 編み始めの糸を引っ張り引き締めます。 編み図の指示通り増やし目をしていきます。 17段目はバック細編みを57目編み、最後に引き抜き編みをします。 ぞれぞれあまった糸を糸処理します。 新たな糸で編み始めの目を作り17段目の11目にかぎ針をいれ、引き編みます。 鎖編みを10目編み、17段目の18目に引き抜き編をします。 編んだ鎖目をくるむように、バック細編みを10目編み、引き抜き編をします。 糸を10センチ残して切り、糸処理をします。 反対側のもち手も同様の手順で17段目の39目、46目に編み、糸処理をして完成です。 かぎ針を扱う方や基本をおさらいしたい方などは動画をみながら編んでいくと作りやすいです。 こま編みの輪編みの作り方を説明してる動画をご紹介します。 かごのインテリアとしてもピッタリなクラフトバンドでの編み方です。 手順さえ覚えれば、編み図いらずでサクサクと感覚的に編めるので初心者さんにも簡単にできるかごの作り方です。 編み物初心者さんにもおすすめです。 めやすの制作時間• 2時間 クラフトバンドかごの作り方、手順• クラフトバンドを指定の長さにカットします。 本数に指定のあるクラフトバンドはハサミをいれカードなどをいれ裂きます。 たてひも・よこひもは半分におりしるしをつけておきます。 たてひも、よこひもを真ん中のしるしであわせた際のたてひもによこひもの長さの所に鉛筆でしるしをつける。 たてひもの中心によこひもの鉛筆線の内側にあわせてボンドで貼る。 (反対側も同様)• 短いほうのよこひもを長いよこひもに沿わせ、たてひもの両端に合わせボンドで貼ります。 さらによこひもの上下に長いよこひもを中心線にあわせて貼ります。 たてひもを作った中心に交互に編み入れ、左右の両端に始末ひもを貼ります。 しっかりと貼り付いたら、四方部分を定規などで立ち上げます。 編みひもを内側に1センチののり代ではり、交互に編み始めの編みひもに1センチ重ね貼り固定します。 残りの編みひもを輪編みしていきます。 編み終わりのテープを外側なら内側、内側なら反対に全て折ります。 上から3段目のテープにそれぞれ入れ込み、はみだす部分はカットしてください。 もち手を外側から差し込み固定します。 一段上にフチのテープをはり、もち手に飾り紐をクルクルと編んでいきます。 ボンドが乾いたら完成です。 かごバックの編み方で、初心者の方にもおススメなのはズパゲッティで編む作り方です。 糸が太いためザクザク編め、目も見やすいので簡単に可愛いかごが作れます!色んな色もあるのでお好みのズパゲッティで挑戦してみてください。 めやすの制作時間• 4時間 パゲッティのマルシェバックの作り方、手順• 輪の作り目で編み始め、細編みを6目編みます。 編み図の指示通り、増やし目をして編んでいきます。 タッセルは30センチに切った糸を8本用意し、真ん中を結びます。 半分におり、折り目から1. 5センチのところを二回巻きます。 丸カンとカニカンをつけてタッセルは完成です。 もち手部分は鎖10目でつくり、もう一段細編みで編んで完成! かごバックといえば、よくみかける麻紐でつくった形。 リボンがアクセントになって可愛いですよね。 一見難しそうですが、基本の細編みが殆どでリボンをとおす部分を気をつければ簡単にできます。 めやすの制作時間• 5時間 かご・リボンかごバックの作り方の詳細• 輪の作り目で編み始め、細編みを6目編みます。 1段ごとに6目ずつ増やしていき、8段目まで細編みしていきます。 9段目は8目増やし、56目になるようにする。 13段目までは増やし目なしで、ひたすら細編みしていきます。 14段目は長編み、鎖編を繰り返します。 16段目、17段目は細編みをします。 約180センチに麻紐をカットし、本体に数回くぐらせもち手となる芯をつくります。 もち手の芯に麻紐をグルグルと巻きつけます。 お好みのリボンを通し可愛く結んで、完成です。 長編みの仕方を説明している動画をご紹介します。 こま編みと混同しやすいこともあるので、しっかりと確認しながら編み進めてみてください。 かごの細編みでの編み方に慣れてきたら、可愛いアクセントになる玉編みでの作り方に挑戦してみましょう。 一回覚えてしまえば後は玉編みを繰り返していくだけなので、見た目よりも簡単にかごバックが出来ます。 めやすの制作時間• 1日 Tシャツヤーンかごバックの作り方の詳細• 鎖編み14目編み、さらに立ち上がりの目として鎖編み1目編みます。 鎖編みの裏側のこぶにかぎ針をいれ細編みを1つの目に2回編みます。 2~13目は鎖編み1つに1ずついれ、14目は1つの目5回細編みします。 反転させて隣の目から13目まで細編みを1回ずつ編んでいきます。 14目には細編みを3回編み、引き抜き編をします。 その後も編み図をみながら増やし目をし底を編んでいきます。 【玉編み】立ち上がりの鎖編みを1目編み、根本の部分にかぎ針をいれ細編みより長めに糸を引き出します。 かぎ針に糸をかけ、同じ目に針をいれ糸を引き出します。 糸を全部引き抜き、鎖編みを1目編みます。 1目飛ばしで玉編みと鎖編を繰り返し編んでいきます。 11段目まで玉編みと鎖編みを繰り返し編みます。 立ち上がりの鎖編みを1回し、玉編の間の隙間にかぎ針を入れ、細編みを2回編みます。 鎖編みを15目編み、その後玉編み5個分飛ばした所に細編みします。 細編みを7目編み、反対のもち手として鎖編みを15目編み、始めの目に引き抜き編をします。 編み図にしたがって1段細編みして、糸処理を行い完成です。 玉編みの作り方・編み方を説明した動画です。 始めは難しいと感じるかもしれませんが編んでいくうちにコツを掴んでいくとおもいます。 切替が可愛いマルシェかごバックの作り方の詳細• 輪の作り目で編み始め、細編みを6目編みます。 5段目まで、編み図を参考に細編み・増やし目をして底を作ります。 6段目は増やし目なしの細編み、7段目は6目増やして編んでいきます。 8~12段目まではそのまま細編みします。 13段目に糸を変え、編み図どおりに増やし目をし、細編みします。 糸変え後6段目まで増やし目をせずに細編みし、いったん糸をおいておきます。 麻紐2本取りで編み図の位置を参考に糸をつけ鎖目15目あみ引き抜きます。 もち手を細編みで一段編み、その後編みくるむように22目編みます。 反対のもち手も同様に取り付けます。 おいておいた糸で全体を引き抜き編で1周し、糸処理をして完成です。 かごに何を入れるか楽しみになるようなオシャレなかごの編み方です。 クラフトバンドを細かく裂いて編んでいくので時間はかかりますがコツさえ覚えればサクサク編んでいけます。 底の面積で大きさも自由なのでピッタリのかごをつくれるのも魅力的です。 めやすの制作時間• 1日 クラフトバンドのオシャレなかごの作り方の詳細• テープを18センチに切り、半分(6本)に真ん中でクロスにしてボンドで貼り付けます。 乾いたらそれぞれを2本ずつにさいて、18センチ2本どりのものを作り中心にボンドで貼ります。 テープを40センチに切り1本ずつにカードなどでさきます。 5ミリののり代ではり、1本にします。 1本どりのテープを中心にボンドで貼り付け、2本どりテープに交互にとおし編んでいきます。 直径5,6センチになったら、2本どりのテープを立ち上げます。 底と同じように上に向かって交互に通しながら編んでいきます。 高さ2センチになったら、2本どりで接着したテープまで編止めます。 あまった縦のテープは内側に折り、ボンドで貼り付けます。 長い縦紐は反対に指し固定し、もち手にします。 編み止めていた1本どりのテープを持ち手に巻きつけます。 最後まできたらかごに通し結ぶようにして内側で貼り付け、完成です。 動画にてクラフトバンドの編み方の説明をしているものをご紹介します。 1つずつ動画をみながら手編みしていくと上手に出来ると思います。 かごの代表的な編み方の「花結び」。 その小さなお花のような模様は手作りに見えない仕上がりです。 花結びの作り方さえ覚えればあとは根気との勝負です!完成したときの喜びはかなりあるかごの編み方です。 めやすの制作時間• 1週間程度 花結びかごバックの作り方の詳細• かごの底から編み始めます。 310センチ7本、260センチ34本テープを準備します。 花結びの中心に印をつけ画像を参考にテープを折り込んでいく。 折れた部分をひっぱるように目打ちをいれ形を整える。 左側に花結びを9個、右側に8個、全部で17個になるように編む。 下側に花結びを繰り返し底をつくり、テープを立ち上げ上に編んでいく。 高さが出たら、端処理をして縁編みをする。 もち手をつけて、完成です。 かごの模様が可愛いクラフトバンドでつくった四つだたみ編み模様のかごの編み方です。 底の大きさを変えれば様々な大きさに作れるので、ラックの収納やおもちゃ箱など使い道は様々です。 インテリアとしても可愛いですよね。 めやすの制作時間• 1日 クラフトバンドこま編みかごの作り方、手順• 作りたいサイズを四つだたみつ分の長さで計算し、テープをカットします。 横紐の中心に立て紐をかけます。 始めの列は裏の目がそろうように逆編みで編みます。 2列目からは基本編みで編んでいきます。 底が編めたらたて・よこひもを立ち上げ側面を編んでいきます。 4段編めたら縦紐を1本飛ばしで1本さき、さいた1本どりを1センチ残してカットします。 残り2段編み、内側に編みこみ端処理します。 霧吹きを吹きかけ形を整え、本体が完成です。 蓋も同様に高さを変えてつくります。

次の

【Opal毛糸の編み方レシピ 「かごめ編み動画」】梅村マルティナOpal毛糸

かごめ 編み の 編み 方

輪の作り目で、指に糸を巻いて輪っかを作って糸を引っ張り出したら、輪の中に細編みで6目の作り目を編みます。 そこから、増目をしながら、13段まで編んでいきます。 例えば、最初は全部の目に2回、その次は1目おき、その次は2目、そのまた次は3目おきに、という感じです。 そうやって増目をしつつ13段まで編みますが、 13段目の、円の最後の目で引き抜くところで糸を変えます。 今回は、底の色を濃い色で編みました! なので、次に引き抜く糸の色を白色に変えます。 最初は長編みの段とこま編みの段を交互にしていきます。 長編みの段は、立ち上がり3目、こま編みの段は立ち上がりが1目です。 なので、口の部分は最後に細編みの段が3段続きます。 色は混ぜてもいいですけど、今回は2本とも茶色にしています^^ 長編みをしたところに隙間があるので、適当なところに糸を通して、最後のこま編み3段のところに2回くらい巻きつけます。 そしたら、糸端を手前に持ってきて、そのままくさり編みをしていきます。 70目編んだら、最後のくさり編みの目を長めに出して、20目離れたところに巻きつけます。 長さ的には10センチくらいあればちょうどいいと思います! 巻き付けたら、さっきと同じように巻き付けたところにかぎ針を入れて、引き抜きます。 そしたら、さっき編んだくさり編みの裏側にあるポコッとしたところ(裏山)に引き抜き編みをして最初のところに戻ります。

次の