甲状腺 機能 亢進 症 原因。 原発性副甲状腺(上皮小体)機能亢進症

甲状腺機能亢進症について

甲状腺 機能 亢進 症 原因

病態 [ ] 甲状腺ホルモンは身体にエネルギーの利用を促すであり、これが過剰になる事で全身の臓器細胞の働きが過剰になる。 肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 症状 [ ] 主にの活動が上がってになり、エネルギー消費の亢進により多食や体重減少、重い疲労感などの症状が現れる。 肉体及び精神の活性化による症状 [ ]• 心拍数の増加、高血圧• 発汗量の増加、体温の上昇• 皮膚のかゆみ、口が乾く• 手足の震え• 躁状態、勇敢、やる気の増大• 怒りやすくなる• 生理周期が乱れる• 眠りたいときに眠れない エネルギーや栄養素の消費量増大による症状 [ ]• 食事量の増加、体重の減少、筋力の低下• 、()、息切れ、目眩• 異常に疲れやすい、強い疲労感、集中力の欠如• 暑さに耐えられない• 微熱が続く• 髪の毛が抜ける• 吐き気、嘔吐、下痢• 鬱状態、無気力、不安感• 睡眠時間の増加 治療をせずに長期間放置しているとの原因となることもある。 また、高齢者の場合はこういった症状が見られないこともある。 低カリウム血症を来たした結果、を来たすこともある。 を認めることがある。 神経性の症状としては震え、、などがあり、中には震顫麻痺を起こす人(特に東洋人に多い)もいる。 また、甲状腺機能障害はとも関連があるとされている。 甲状腺の治療の後もの症状は殆どの場合改善されず、この二つの疾患がどう関係しているのかははっきりと分かっていない。 そのほかの神経性の症状で甲状腺中毒症との関連が疑われている疾患に、、に似た症状がある。 どのタイプの甲状腺亢進症でも視覚上の症状を伴うこともあり、瞼の萎縮による「凝視」や瞼の筋力が弱まったり運動が遅れたりすることもある。 甲状腺亢進症の場合の「凝視」()は瞼が通常よりも上方向に萎縮する為に起こる(通常の位置はで白目との境目辺りにある)。 瞼の筋力が弱まると物が二重に見えるなどする。 瞼の運動が遅れる症状()では目が下方向に物を追った際に瞼が虹彩と共に下方向に向かず、逆に上目で物を見ようとすると一時的に瞼の筋肉の萎縮が起こる。 このような症状は甲状腺亢進症の治療をすることで消滅する。 どちらの症状も甲状腺肥大()のみに見られると混同してはならない。 眼球突出症は性による部の脂肪の炎症によるもので、甲状腺亢進症を併発している場合はやを悪化させる可能性はある。 甲状腺中毒症は稀で重症な合併症であるが、患者の体調が悪くなったり身体的ストレスが加わった場合に発症することがある。 症状として、40度以上の発熱、、、、、があり、症状が悪化すると状態に陥ったり、死に至ることもある。 人間関係に及ぼす影響 [ ] 性格に驚くほどの変化をきたすことが多い。 ある程度自分の苦しみを隠す能力はあるが、すぐに行動や言葉に著しい変化が現れ、他の人は簡単に変化に気がつく。 その変化の原因が突き止められない限り、すなわち、まだ診断されていない限り、 問題の元を突き止めることができない。 特にに支障をきたすケースが多い。 患者は気分の変転が多くなり、がうまくいかず、多くはの行動を歪んで認識する。 患者自身が病変による不慣れな感覚を理解するのに苦労しており、配偶者もを共有するに至るため、誤解や誤った期待などの混乱、些細なことでの口喧嘩をもたらす。 患者は口論のストレスにうまく対処できずに不仲になることが避けられない。 甲状腺機能低下症と亢進症のどちらも同じ行動の変化が起こる。 原因 [ ] 甲状腺内組織の活動が異常に活発になることにより、 T 3 又は T 4 、或いは両方のの分泌量(活性)が過剰になる疾患である。 甲状腺機能亢進症の原因として多いのはである。 これはに対する抗体によっておこるである。 他の原因として、、甲状腺刺激ホルモンもしくは甲状腺刺激ホルモン様物質産生腫瘍、甲状腺ホルモンの過剰摂取などがある。 厳密に言うと甲状腺機能亢進症 hyperthyroidism と甲状腺中毒症 thyrotoxicosis は同義ではないので注意。 診断 [ ] 診断は過去の履歴や触診と血液検査によって判断される。 通常は血中の TSH の量で判断される。 甲状腺刺激ホルモン TSH が低い場合、血中の(T 3)と(T 4)の量が高くなり、脳下垂体の働きが抑制されている状態で、甲状腺亢進症を発症しているといえる。 稀に甲状腺刺激ホルモン TSH が低い原因が脳下垂体に起因するものであったり、他の病気に起因する下垂体の抑制であることがあるため、(T 3)とサイロキシン(T 4)の量を確認するのも有効な手法である。 甲状腺肥大()の反甲状腺刺激ホルモン受容体のやの多くの原因となる()の抗甲状腺ペルオキシターゼ' TPO 抗体も診断の材料となることもある。 また、甲状腺は甲状腺亢進症と甲状腺炎の原因を掴むのに有効な検査である。 下垂体からの甲状腺刺激ホルモン TSH の量を検査するのと同時に、甲状腺からのトリヨードサイロニン T 3 、Free-T 3、サイロキシン T 4 、Free-T 4の数値も検査する。 甲状腺亢進症の多くは甲状腺に腫瘤を作る為、針による、()、または他の検査を行いこの腫瘤をなどのと鑑別する。 発作性の周期性四肢麻痺のため、救急外来受診の際には、血清カリウム値測定が必須である。 カリウム値によっては生命に関わることもある。 治療法 [ ] 一般的に適用されている甲状腺亢進症の治療方法は最初に甲状腺刺激ホルモンの抑制を行う薬を使い、後に手術やの治療を行うことが多い。 どの方法も甲状腺機能低下症を起す可能性があり、その場合には の投与で簡単に管理できる。 一時的治療 [ ] チオナマイド [ ] チオナマイド系の薬品とは甲状腺刺激ホルモンの生産を抑制するもので、(で使用されている)、(で使用されている)、とがある。 チオナマイドは甲状腺によるのヨード化を抑えるように働きかけ、これによりサイロキシン T 4 を生成する。 もまた甲状腺の外側で働き、活性化されていないサイロキシン T 4 が活発なトリヨードサイロニン T 3 に変化するのを防ぐ。 甲状腺組織は通常甲状腺組織を蓄えている為、チオナマイドの治療効果が出るのには何週間もかかり、服用量は何ヶ月もの間経過観察をしながら決める。 通常、治療初期には服用量が非常に多いが、長期にわたって大量に服用し続けるとをきたすことがある。 この薬はチオナマイドの治療効果が出るのに何ヶ月もかかることがあり、その間の症状を落ち着かせ管理できるようにする為のものでその原因となっている甲状腺ホルモンの過剰を治す為のものではない。 (イギリス)や(アメリカ)が甲状腺亢進症の症状軽減の為の治療では多く使用されている。 恒久的治療 [ ] 手術 [ ] 多くの場合、甲状腺亢進症はの治療方法での完治の成功率が高い為、甲状腺全体或いは一部を取り除く手術は 通常はあまり使われない [ ]。 但し、バセドウ病の患者で薬の投与が難しい場合やヨードへのアレルギー反応がある場合、それから患者が放射性ヨードの治療に反対で手術を望む場合は手術治療を行う。 また、一部の外科医は異常に肥大した甲状腺を持つ患者や既に眼球突出症の症状が出ている患者の場合に放射性ヨードを使うとなると大量のヨードが必要で、そういった治療は病状を更に悪化させる危険があると考える医者も存在する。 甲状腺摘出の手術はかなり安全で、一部の外科医は甲状腺摘出を外来で行うこともある。 放射性ヨード [ ] ヨード-131 133I (放射性ヨード)治療の場合放射性ヨード-131の錠剤か液体を一回のみ内服することで異常に活性化された甲状腺の機能を破壊する。 一回の内服で効果が見られない患者は更なる服用をすることもある。 この治療の際のヨードは治療前の検査でスキャンに使うヨードとは違うものである。 放射性ヨードは治療前の通常検査のスキャンの後に内服し、治療前のヨードは甲状腺亢進症の診断を確認する為のものである。 放射性ヨードは甲状腺内の活発な細胞に付着し、それを破壊する。 ヨードは甲状腺の細胞のみに付着する為(特に活発すぎる甲状腺細胞に簡単に付着する為)、細胞の破壊は甲状腺の部分的なもので、全身に広がるような副作用はこの治療にはない。 放射性ヨードの治療は50年以上安全に行われており、唯一この治療法を適用しないのは妊婦や母乳を与えている女性のみである。 むしろによる催奇形性を避けるため、 131Iによる妊娠前の治療は米国では日本に比べ多く行われている [ ]。 ただし、放射性ヨードの投与には鉛で遮蔽された病室を範囲に含む放射線管理区域内での投与となるので、実施可能な施設が限られる。 また放射性ヨードが効率的に甲状腺へ集積するよう、事前にヨード制限食を摂る必要がある。 獣医学における甲状腺亢進症 [ ] 猫 [ ] 獣医学において、甲状腺亢進症は多くの高齢の家猫に多い内分泌系の疾患である。 甲状腺亢進症は最初に猫の発症が1970年代に確認されてから今では一般的に発症が認められている。 の場合、最初は良性の腫瘍から始まるが、何故猫にそういったが出来るのかは引き続き研究が進められている。 この報告書の基となった調査はアメリカEPAのNational Health and Environmental Effects Laboratoryとの共同調査によるものである。 この中で、23匹の猫の甲状腺亢進症を調査したところ、若くて甲状腺亢進症の疾患のない猫と比べると血中のPBDEの量が三倍も高いことが分かった。 本来ならば健康を害するようなPBDEやその他の内分泌抑制成分は人間や動物では血中にないことが望ましい。 最近では甲状腺細胞の構成的活性化を促すのレセプターの突然変異も発見された。 また、その他の甲状腺腫誘発物質(、、などの)、、成分を含む食事等もこの疾患を発症する原因とも考えられている。 多くの場合、急激な体重減少、頻脈、嘔吐、下痢、多渇症(水を大量に飲む)、多食や多尿症の症状が現れる。 その他の症状として、、攻撃的態度、心臓の雑音、ボサボサの毛や太く大きくなった爪などがある。 猫の甲状腺亢進症の治療には人間と同様、三種類の治療(手術、放射性ヨード、甲状腺刺激ホルモン抑制剤)がある。 薬の投与の場合は猫が生きる限り半永久的に服用が必要で、特に老猫の場合はこれが一番コストが安い方法にもなり得る。 放射性ヨードと手術は殆どの場合完全に完治することが期待できる。 一部の獣医は麻酔に伴うリスクを避ける為にも放射性ヨードの治療を好むが、放射性ヨードの治療はどの地域にもある治療法ではない為、必ずしもベストな方法ではない。 これは放射性ヨードの治療の場合、その治療を行う施設は放射線の技術とそれ専用の設備を必要とされ、また治療をした動物の尿、汗、唾液、便には一定期間放射能を含む為に入院患者の特別対応が必要で三週間程度の入院の可能性がある為である。 アメリカの場合、放射能レベルのガイドラインは州によって違い、などの一部の州では入院は二日のみで、その後は向こう数週間の尿や便などの処理方法などを説明された上で家に帰宅できる。 手術は主にどちらか一方の甲状腺のみが影響している場合にのみ行うことが多い。 但し、この場合に、手術後に手術しなかったほうの甲状腺が活性化することもあり得る。 人間同様に手術の後遺症としてはが上げられる。 犬が甲状腺亢進症を発症する場合、甲状腺機能低下症の治療の為の甲状腺ホルモンのサプリメントを過剰に投与した場合に起こることが多い。 この為、甲状腺亢進症の症状は甲状腺ホルモンのサプリメントの投与量を調整することで消滅する。 時に犬の場合、甲状腺に機能性癌腫を発症することがあるが、多くの場合(約9割)にこの腫瘍は攻撃的な腫瘍で、体をどんどん蝕んでいき、他の組織(特に肺)へ転移しやすい為、予後は非常に悪い。 手術は出来ないことはないが、多くの場合は動脈、食道、気管などの腫瘍の周りの組織への侵略度が大きく、非常に難しい手術である。 この場合、腫瘍の大きさを小さくすることは可能である為、症状の軽減にはつながる。 違いは犬の場合は漸近的であるのと同時に肥大した甲状腺が首に塊として見つかることである。 脚注 [ ] [].

次の

甲状腺機能亢進症の症状をチェック!原因や治療方法も紹介!

甲状腺 機能 亢進 症 原因

原発性甲状腺機能低下症 よくみられる原発性甲状腺機能低下症の原因は慢性甲状腺炎(橋本病)、医学的治療後、ヨウ素過剰、先天性、ヨウ素欠乏です。 ただしヨウ素欠乏による甲状腺機能低下症は外国にはよく見られるのですが、日本では見られないと言って良いでしょう。 甲状腺機能低下症は永続性である場合と一過性(一時的)である場合があります。 治療を行う場合はそのどちらであるかをよく見極める必要があります。 無痛性甲状腺炎や。 亜急性甲状腺炎後の甲状腺機能低下症の多くは一過性です。 甲状腺機能低下症の治療についてくわしくは 先天性甲状腺機能低下症(クレチン症) 生まれた時から甲状腺機能が低下している赤ちゃんがいます。 先天性甲状腺機能低下症と呼ばれています。 クレチン症とも呼ばれます。 さまざまな原因がありますが、日本では3000から4000人に1人の確率で生まれてきます。 こういった赤ちゃんに対しても早期に先天性甲状腺機能低下症を発見して、甲状腺ホルモンの内服療法を行えば、正常に成長できることが分かっています。 日本では生まれてきた赤ちゃんの血液を濾紙に吸わせて、そのTSHを測定することで新生児の甲状腺機能低下症スクリーニングが行われていますので、異常があればすぐに連絡があります。 日本での先天性甲状腺機能低下症の原因は無甲状腺症(甲状腺がない)、甲状腺低形成(甲状腺が小さい)、異所性甲状腺(甲状腺が正常の位置にない)、甲状腺ホルモン合成障害(甲状腺がうまくホルモンを作れない)というものです。 ヨウ素欠乏地域に見られる地方性クレチン症(日本では見られません)とは異なります。 新生児のスクリーニングで発見された先天性甲状腺機能低下症の赤ちゃんには甲状腺ホルモン剤を欠かさず内服させる必要があります。 定期的に血液検査を受けて甲状腺ホルモン剤の量を調節します。 ある程度成長してから、甲状腺機能低下症の原因検査を行うことがあります。 原因にもよりますが、一生涯、甲状腺ホルモン剤の内服が必要になると考えておいた方がよいでしょう。 出生後すぐに甲状腺ホルモン剤を開始すれば成長や発達は健康な人と変わりありません。 妊娠や授乳に影響することもありません。 一般的には運動や食事など制限事項はありません。 ヨウ素過剰摂取 ヨウ素をたくさん摂りすぎると甲状腺機能低下症を起こしたり、甲状腺機能亢進症を起こしたりすることが知られています。 日本ではヨウ素によって甲状腺機能亢進症が起こることはほとんどありません。 ヨウ素は甲状腺ホルモンの原料なので、たくさん摂るとホルモンが増加するように思われるかもしれませんが、実際には過剰なヨウ素は甲状腺の働きを弱めてしまいます。 甲状腺に異常のない方がヨウ素を大量に摂取しても、甲状腺機能低下症になることはあまりありませんが、元々甲状腺になんらかの異常を持っている方がヨウ素を摂りすぎると、甲状腺機能低下症を起こすことがあります。 甲状腺に異常がある方とは慢性甲状腺炎の患者様、放射性ヨウ素治療や甲状腺の手術療法をうけて甲状腺が小さくなっている患者様です。 医学的治療によって生じる甲状腺機能低下症 甲状腺機能低下症は医療行為によっても生じます。 バセドウ病や甲状腺腫瘍の治療後がその代表です。 バセドウ病に対して放射性ヨウ素治療を行うと、約半数以上の患者様が甲状腺機能低下症になります。 ただし、甲状腺機能低下症になっても甲状腺ホルモン剤を内服すれば甲状腺機能を正常に維持できますので心配はいりません。 甲状腺全摘術(甲状腺を全部とる手術)を施行した場合、全ての患者様が永続的な甲状腺機能低下症となります。 甲状腺疾患以外でも、頭や首に生じた悪性腫瘍やリンパ腫に対して放射線外照射療法を行うと甲状腺機能低下症になることがあります。 その発症時期は数か月〜数十年後と長期にわたります。 抗甲状腺薬を過剰に内服すると甲状腺機能低下症になります。 バセドウ病の治療中に薬の減量のタイミングが遅れた時や、無痛性甲状腺炎がバセドウ病と間違えられて抗甲状腺薬が投与された場合に起こります。 その他の薬剤では躁うつ病に用いられるリチウムによっても甲状腺機能低下症が起こることがあります。 しかしこれらの薬剤による甲状腺機能低下症の多くは一過性で投薬の中止により改善します。

次の

甲状腺機能亢進症

甲状腺 機能 亢進 症 原因

ではなぜ甲状腺ホルモンが過剰に作られるようになるのかというと、それは甲状腺を異常に刺激する抗体が自分の体のどこかで作られてしまうからです。 この抗体が甲状腺を休むことなく刺激して甲状腺ホルモンを過剰に作らせてしまいます。 しかし肝心な「なぜ自分の体内で自分の体を攻撃する抗体が作らるのか?」 という点については未だに原因は解明されていないのが現状だそうです。 (涙) 近親者、特に女性の場合は母親がバセドウ病だと自分もバセドウ病になる確率が上がると言われています。 私も主治医から「お母さんもバセドウ病でしたか?」と聞かれました。 しかし私の母親はというと健康優良児で病気知らずです。 (笑) 一説によると、過剰なストレスがバセドウ病を引き起こすとか、ヨードを多量に摂取するとバセドウ病になるなどとも言われていますが、残念ながらどちらも真相は解明はされていません。 現代病という言葉で片付けてしまうのは悲しいですが、原因究明される日はそうそうやってこないのではないか?と思います。 それよりもこういう原因不明の病気で苦しむ方は近年増えています。 あるとき医師にこう聞いてみました。 私: 「私がバセドウ病になったのは昆布の食べすぎが原因でしょうか?」 医師:「そんなわけないでしょ。 真相はいかに??.

次の