コロナ 風邪 薬。 【新型コロナ】飲んでいい薬と飲まない方がいい薬|INMYDAYSUN

ECナビ

コロナ 風邪 薬

一般的な風邪の考え方 風邪をひくと、のどが痛くなる、鼻水・鼻づまり、くしゃみ、咳などが出て、悪化すると熱が出ます。 こじらせると、肺炎や気管支炎、その他臓器などへの症状が出てきます。 風邪をの症状を抑えるため、病院に行って薬をもらいます。 または、市販の薬などで、風邪を治します。 熱が出たら、会社や学校を休んで、寝て、栄養を取って治します。 悪化したら、病院で処置をしてもらいます。 インフルエンザは、感染力が強い 風邪をひいたときに、熱が急激に上がると、 インフルエンザの検査をします。 インフルエンザは感染率が高く、老人や子どもなどの抵抗力の低い人たちには、亡くなる人もいますので、なるべく感染を抑えたいということです。 予防接種を行って、感染や症状を抑えるということを一般的に行っています。 風邪の原因は、ほとんどウイルス 風邪の原因は、 ウイルスと言われています。 風邪の症状が出た場合、80~90%はウイルスが原因です。 主なウイルスは、 ライノウイルス、 コロナウイルスが多く、他にRSウイルス、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルス などがあります。 200種類くらいいると言われています。 ウイルスは、空中に漂っている ウイルスは、生物の中でしか生きられないと言われています。 人間や動物の中で生きています。 それが、空気中に放出されると数日間は生きています。 生物で大量に増えたウイルスが空気中に漂っているのは、季節にもよりますが、普通に存在しています。 人に感染しても、その人に体力があれば、症状がはっきり出ません。 増殖も少ないですが、その人が空中に放出して、それが数日間生きていますので、いつの間にか 空中にたくさん漂っていることになります。 ウイルスが入ると、すぐ風邪をひくの? ウイルスが体に入ると、身体の防衛作用が働き、ウイルスをやっつけに行きます。 ウイルスが少なければ、すぐやっつけることが出来ます。 しかし、 ウイルスが多かったり、体が弱っていて、抵抗する力が無いと、ウイルスが体に入って増殖します。 抵抗力が無いというのは、栄養不足、寝不足、ストレス、体力不足などがあげられます。 風邪の症状は、ウイルスに対する人間の反応 ウイルスが体に入って増殖すると、鼻水を作ったり、のどを攻撃したり、咳が出るボタンを押したり、熱を発生させて体温を上げたりしません。 これらの風邪に症状は、 人間が行っているウイルスの侵入に対する反応です。 鼻水やくしゃみや咳は、ウイルスを出そうとする反応。 のどの痛みや発熱は、ウイルスを熱で殺そうとしたり、白血球を送り込むために血流を増やす反応です。 要するに、風邪の症状は、ウイルスをやっつけるために体が行う反応であり、アレルギーと同じ、人間の本能で起こっている症状です。 ウイルスのたんぱく質に反応しているところも、アレルギーと同じです。 風邪は、自分の自然治癒力で治る 先ほどの話の通り、風邪の症状は、人間の反応です。 これが収まれば、風邪は治ったことになります。 要するに、ウイルスが減少すれば、自然と反応が収まります。 ウイルスが減少するのは、先ほどの人間の反応(咳や熱)であり、自己の抵抗力( 自然治癒力)になります。 薬でウイルスを減らす(殺す)方法は聞いたことがありません。 (抗生物質は細菌を殺します) ワクチンがあれば大丈夫なの? インフルエンザなどにある ワクチンですが、主に 予防に使われています。 ウイルスと同じものを少量体に入れることで、身体に 免疫(抗体)を作ります。 このウイルスに対しては、免疫があったり、罹患しても症状が軽くなると言われています。 しかし、ウイルスの種類は多数あり、インフルエンザに関しても、新しい種類がどんどんできているため、予防接種をした人が全くかからないということを聞いたことがありません。 治す効果もありません。 意味があるのでしょうか? 薬は、風邪を治さない いわゆる風邪薬は、 風邪の症状を抑えるだけです。 熱を一時的に下げたり、咳や鼻水を止めたりしますが、薬が切れると、また症状が復活します。 熱や咳は、ウイルスを追い出すためにやっていることなので、薬で抑えてしまうと、回復が遅れる可能性があります。 ただし、咳を止めることは、個人的に良いと思います。 咳はのどを痛めて、さらに炎症がひどくなるからです。 風邪を早く治すには? 残念ながら、 風邪を早く治す方法はありません。 しいて言えば、 栄養を取って、体を休めることです。 それでも、次の日に治る保証はありません。 ただし、風邪をひきづらい、治りやすい人はいます。 それは、 体力のある人(鍛えている人)です。 私が考えるに、ウイルスと戦うのと同様に、スポーツなどで体に負荷(いじめている)を掛けているため、ウイルスに対しても素早く攻撃が出来るのではないかと思っています。 私は、スポーツをしていない時は、いつも風邪をひくとのどが痛くなり、熱が出るまで治りませんでした。 ロードバイクを始めてから、のども痛くなることが少なく、痛くなっても次の日には治ります。 ロードバイクで激しい呼吸をするため、いつものどをいじめています。 そのおかげで、ちょっとやそっとのウイルスには負けなくなったと思います。 スギ花粉にも強くなり、花粉症もだいぶ軽くなりました。 マスクや手洗いで防げるの? 本当にウイルスを全く入れないようにするには、 無菌室にしなければなりません。 それに、 人間の体はウイルスや細菌と共存しています。 人間には発症しない菌が、手や口の中にたくさんいます。 人間を消毒することは、自分を殺すことになります。 やはり、ウイルスに強い体を作るのが、確実です。 ただし、 子どもやお年寄りは、抵抗力が低いため、守らなければなりません。 マスクや手洗いは有効です。 風邪が流行る時期は、接触を減らし、マスクや手洗いは必須でしょう。 新型コロナウイルスも、風邪ウイルスの一種類 新型コロナウイルスは、風邪の一種です。 なぜこれだけ騒がれているのかというと、新種であり、死亡者が急に出たことだと思います。 検査して致死率が2%を超えてくると、まずいと思うのでしょう。 インフルエンザは0. 1%以下と言われていますが、インフルエンザはちょっと熱が高いと、みんな検査をし、検査キットが普及しているためと、医師も検査に慣れていてコツをつかんでいるため、感染者が正確にカウントされています。 新型コロナウイルスは、肺炎にならないと、検査しませんし、潜伏期間が長かったり、肺の奥の痰(たん)を検査しなければならないため、実際に感染している人を正確にカウントしていないため、致死率が高く計算されてしまったものと思われます。 ですので、感染者が正確にカウントされ、今の10倍か100倍いたとすれば、インフルエンザと同じ死亡率になるのかと思います。 新型コロナウイルスのワクチンは開発されるの? インフルエンザ同様、ワクチンは開発されると思いますが、 ワクチンに治す力はありません。 予防接種になると思いますが、そのころには、また新型が出てくるでしょう。 イタチごっこというか、どの程度意味があるのでしょうか? 対策は何が良いの? 通常の風邪の対策で良いと思います。 他のウイルスでも、肺炎で亡くなる人はたくさんいます。 また、いちいち、どの種類のウイルスか?新型か?などは、検査していません。 風邪をこじらせたで、片付けています。 インフルエンザは、高熱が出たり、こどもの死亡率が高いため、検査や治療方法が確立されています。 お年寄りや子どもが気を付けるのは、変わらないということです。 新型の発生を防ぐ方法 今回の新型コロナウイルスは、中国の武漢の市場で、野生動物が生きたまま取引されていたということがクローズアップされています。 以前にも新型と騒がれた SARSや MARSも、野生動物が最初と言われています。 ウイルスは生物の中で生存し、特定の生物で発症したりしなかったりします。 これらのことより、野生動物で発症しないウイルスが、人間と接触し、感染発祥、さらに人から人に感染したのでしょう。 要するに、 野生動物との接触は避け、食肉は珍しい物ではなく、 定番の同じような種類の物を食する方が良いかと思います。 マスコミの言葉に注意 毎日、テレビでは新型コロナウイルスの感染者が増えていると、数字を出して注目を集めています。 これでは、家でテレビを長く見る人は、 洗脳されてしまいます。 見る時はそのトリックに注意し、なるべく見ない方が良いかと思います。 (こういうネットの情報や、詳しく分析した番組を見ない人ほど、ショッキングな情報だけ信じるんですよね) 注意する文言 ・ 感染者がまた増えました・・・累積人数なので、減るはずがありません。 週当たりどのくらい感染者が出たのかを調べないと、拡大しているのか?縮小しているのか?わかりません。 ・ 死亡者がでました・・・残念ながら、風邪をこじらして肺炎で亡くなるお年寄りは、たくさんいます。 ・ ワクチンを作っています・・・ワクチンは、特効薬でも治す薬でもありません。 来年の流行に間に合うか?(でも、そんな突貫薬を試されたくないですね) 感染以上の打撃の意味は? この騒動において、経済にかなり打撃を受けています。 イベントの中止や店舗の休業、観光地も閑散としています。 マスクやトイレットペーパーの買いだめも発生しています。 普通の風邪であれば、これは大きな間違いです。 人間の性分は変わっておらず、過ちを繰り返すのでしょうか? 温暖化もそうですが、何か本来の目的と別な力が働いているようです。 人々の注目をそらして、何をしようとしているのか?考えすぎでしょうか? ウイルスは悪くありません。 生きようとしている生物です。 風邪はウイルスに対する人間の反応ということを書きましたが、今回の 感染騒動に対する人間の反応は、風邪と一緒です。 過剰な反応は、アナフィラキシショック同様、自分を傷つけます。

次の

風邪コロナによるCOPD等の悪化、呼吸器疾患吸入薬で抑制の仕組みを解明-東北大ほか

コロナ 風邪 薬

新型コロナ、風邪、インフルエンザの各症状を比較したもの。 あくまで目安であって決めつけるのも怖いですが、症状が重くない限りは自己診断や自己隔離が基本となっている現状では、参考にできるものがあるだけでも大きいのではないでしょうか。 海外掲示板のコメントをご紹介します。 さらに鼻も今朝出ていて、大きいほうもスムーズすぎた……」と思い始め、最近睡眠の質が悪いことに気づき、それが自分の寝不足の習慣による症状だと気づく。 それが実際の体温より高く感じさせる。 いったいどうやってそれがコロナかインフルエンザかわかるんだよ。 新型コロナの特徴は肺炎になりやすいこと。 それがインフルエンザや風邪との違いかな。 だから新型コロナにかかると50%の確率で自覚症状がないかもしれず、そのまま2週間でまた普通に戻る。 医者に電話すると鼻水が出るのは違うと言われ、それから海外に行っていたか、あるいは海外にいた人と接触したかを尋ねられた。 そうではないと答えて終わった。 でも全然役に立たなかったな。 感染しないことが最良なので、手洗い&うがいや換気など予防になることをこまめにしていきましょう。 関連記事• 3: 通りすがりの• 2020年03月18日 15:55 HoSfJVlK0• スペイン風邪ってあれ、その後ウイルスの方が進化してH1N1、つまりインフルエンザA型になったんだけど、その過程で致死率下がった ウイルスそのものが弱まって、人間の耐性が上がって、ワクチン開発できた 世界は今、これを目指している しかしインフルエンザはその後も毎年たくさんの人が亡くなってる 日本の年間インフルエンザ死者数は1万人ぐらいだ 持病、既往症含む アメリカだと人口比と独特の保険の闇があるとはいえ、年間2. 2-5. 5万人が亡くなる 全てA型ではないけれど、H1N1亜型はその後もしょっちゅう変な変異して猛威を振るってる なんかむしろインフルエンザが1番厄介な気がするな.

次の

風邪症候群(新型コロナ)と漢方薬(正しい葛根湯の飲み方) │ 院長ブログ

コロナ 風邪 薬

漢方の古典に『傷寒論 しょうかんろん 』という本があります。 約2000年前に張仲景 ちょうちゅうけい によって書かれたとされています。 たくさんの人が亡くなり若い人も亡くなり、彼等を救えかった無念さ悲しさ悔しさから本書を書くに至った』とあります。 ここでの「傷寒」とは、急性の熱性の感染病のことです。 チフス、マラリア、インフルエンザ、20世紀初頭のスペイン風邪。 そして近年の致死率の高いSARS、MERS。 また致死率は低いが感染力の高い、今回の新型コロナ新型コロナも「傷寒」の一つといえます。 『傷寒論』が書かれたのは約2000年前ですが、その当時、というよりは歴史を遡れば、人類が地球上に存在する以前より、急性の感染症は多くの生物の間に存在していました。 それが「人類の歴史はウイルスとの戦い」と言われる所以です。 旧型および新型の風邪のウイルスもしくはインフルエンザの場合でも、多少の症状の違いがありますが、同じ熱性の感染病の範疇で大筋では症状 頭痛・発熱・悪寒・体痛など は、ほぼ同じだと思います。 一般に「傷寒」の病の初めは、皆さんもよくご存知の『葛根湯 カッコントウ 』を服用します。 「傷寒」とは字のごとく、寒さに傷つき敗れるという意味ですから、感染症 風邪など の初めはどんな種類にしろ、最初は寒気から始まります。 この寒気により毛穴が閉じて熱を体内に溜め込み体温を上げます。 入ってきた外敵 ウイルスや細菌 を体温の力で駆逐しようとするのです。 この際、漢方用語で無汗〈ムカン〉の状態になります。 無汗とは皮膚に湿気がなくサラサラした状態のことです。 この状態を漢方では太陽病時期といいます。 風邪が表症にあり、まだ体の中に侵入してない時期であり、本来はこの時期に治すのが大事です。 そして、ある程度のウイルスや細菌が駆逐ができれば、毛穴が開き汗が出て徐々に熱が下がっていきます。 それが、自らが備えている自然治癒力です。 体内に浸入した外敵から体を守る免疫機能 免疫力 です。 風邪の特効薬や薬は、一部のインフルエンザを除いて薬はありません。 だからこそ、自らが備えている自然治癒力 免疫力 を高めることが大切になるのです。 風邪の本質は冷えですから、熱も冷えの裏返しの症状です。 ですから、むやみやたら解熱剤を使うと却って体が冷え、免疫力が低下しウイルスを駆逐する力が低下します。 そして、『葛根湯:冷やす薬でなく体を暖める薬です。 単なる解熱剤でありません。 体を暖め毛穴が開かせ、体温を下げる手助けをするのが『葛根湯』の役目です。 自らの自然治癒力を高める薬であり、決してウイルス自体を駆逐する薬ではありません。 風邪の始めには、一般的には『葛根湯』を用いますが、インフルエンザのように症状が重い場合は『麻黄湯 マオウトウ 』を用います。 そして発熱が激しくより重篤の場合は『大青竜 ダイセイリョウトウ 』、『柴葛解肌湯 サイカツゲキトウ 』、『柴陥湯 サイカントウ 』などを用います。 新型コロナウイルスに罹って軽症の場合は、『葛根湯』を服用して体を暖め表症の風邪を追い出す薬です。 ただし、新型コロナウイルスは最初から一気に悪化することもあり、そのような場合は最初から『柴葛根解肌湯』などを服用します。 ~これは、漢方でいう、太陽病と小陽病もしくは陽明病の合病のことですが、その話は少し難しいので次回位に話を回します~ ただし、新型コロナウイルスに対して、多くの人は免疫もなく抗体もありませんので、急激に重篤かしやすい人も多く見られます。 そのような場合は、速やかに医療機関を受診すべきだと考えます。 次回は、漢方薬の補剤についてです。 PS 先週の土曜日、夕方の銀座中央通りです。 父が銀座に漢方不妊治療の診療所を開いてから30年余りが経ちますが、こんな淋しいこんな悲しい銀座は見たことがありません。 日本一華やかな町、銀座で開業する事を目指した鹿児島の田舎育つの父。 こんな姿の銀座を知らずに一昨年亡くなり、良かったかも知れません。

次の