あまの じゃ く 歌っ て みた。 天岩戸

上白石萌音「ルックスじゃない武器」が強すぎる|エンタMEGA

あまの じゃ く 歌っ て みた

こんな時間にこんばんは。 まだ夜は明けていません。 ギリギリセーフです。 先日UPさせていただきました「from Y to Y」をミックスやら動画やら作り直してみましたので改めてご挨拶を。 心の内をぼそぼそっと呟くパートと溢れる想いを叫ぶパートが混在した一曲。 泣かないようにしたいけど、ふとしたきっかけでぶわっと決壊してしまう、そんな感情の動きを感じます。 この曲の主人公さんは途中で泣き止んだり前に進もうとしていたり、すごいなあと思います。 私が主人公さんだったら全曲通して泣きっぱなしです。 nicovideo. 再生回数:2276 コメント:34 マイリス:15• 再生回数:272379 コメント:5938 マイリス:8117• 再生回数:80 コメント:0 マイリス:0• 再生回数:739576 コメント:18716 マイリス:18793• 再生回数:1844 コメント:43 マイリス:3• 再生回数:241 コメント:2 マイリス:2• 再生回数:725 コメント:9 マイリス:5• 再生回数:301 コメント:1 マイリス:3• 再生回数:239 コメント:0 マイリス:2• 再生回数:1041 コメント:77 マイリス:2• 再生回数:156 コメント:2 マイリス:1• 再生回数:122 コメント:3 マイリス:2 タグ がついた人気の動画.

次の

とんねるず がじゃいも 歌詞

あまの じゃ く 歌っ て みた

団地の南側の園庭 なかなかのもっさり感 もうサツキは咲き終わったのでそろそろ剪定をしなければならない頃 北側にはサザンカが風よけのように植栽されているのだけど、毎年 茶毒蛾が発生する 気温があがってくる今頃、卵から幼虫がかえる。 こいつ、毒針飛ばすのよ 細かいガラスの破片を浴びたようになって、痛い、痛い。 頭に浴びて、ひどい目にあったことがある。 今は居るはずのない子どもたちが昼間団地にいて、なんだかんだ遊んでいるから 被害にあったらかわいそう だから住民の方の消毒の要望も聞いていたので 副会長、すぐに動いた 造園屋さんに見積してもらって来週には作業に入ってもらう 4月に役員交代になったばかりだからとぐずぐずしていると時期を逃してしまう で、前期には無かった一目でわかる年間予定表まで作った でないといつ何をすべきかが把握できないからね 去年だったら絶対こんなことできなかったなぁ。。 今だからできる 今期一年はご奉仕いたします 今、自粛の中、会社に行くのも減らしております。 それではいちごの水やりもままならないのでいちごは団地のベランダへ移動 収穫できてますよー なんてかわいらしいのでしょうね なんて、 実はここ2年ばかりこちらのブログを更新することも減り いちごどころでは無く、手入れもしてあげていませんでした。 そこへ来てこの家で過ごす時間が増えたことで やっと心とからだの余裕がうまれたので ベランダに緑を置く気持ちの変化が。 ついこのあいだまでまったくそんな気が起こりませんでした。 インスタも見る気がしないし、 音楽もかける気が起こらないのはそろそろやばいな。。 って思っていたから。 なんだろね、こういうタイミングって。 私にとってはね。 今、いろいろ考えてみてる。 こんなに劇的に世界が変わること。 システムを変えざるを得ないこと。 変わることを受け入れないとならないこと。 なげいても自分で変えていかないとならないこと。 もしかしたらとても大きなチャンスがころがっているかもしれないこと。 考えること。 考える事。 考える。 想像力ね.

次の

天岩戸

あまの じゃ く 歌っ て みた

078] 小倉山荘では、2000年~2002年にかけて、『ちょっと差がつく百人一首講座』と題したメールマガジンを発行しておりました。 『小倉百人一首』の中から毎回一首ずつ、100回完結の形式で発行いたし、たくさんの方々に愛読いただいておりました。 この度愛読者様からのご要望にお答えし、バックナンバーを作成いたしましたのでおせんべいを召し上がりながらゆったりくつろいでご覧ください。 尚、マガジンの記載内容につきましては発行時点(2000年~2002年)のものであること、お問い合せ等にはお答えできかねますことを重ねてご了承くださいませ。 内実を知らずに読むと「大海原へこれから漕ぎ出すぞ」という勇気凛々とした冒険の歌かと勘違いするかもしれませんね。 しかし作者は流刑に処せられ、これから遠く寂しい離れ小島へ渡っていくわけです。 そこには「遠い都の人々へ伝えてくれよ、漁師の釣り船よ」と船に語りかけながら旅立つ孤独な姿が見え、また悟りきったような寂しい背中が見えるようでもあります。 波間に浮かぶ小さな舟の描写が、見事に作者の孤独を表しているようではありませんか。 隠岐諸島は現在の島根県の沖、日本海に浮かぶ島です。 今は松江市まで車や電車で行き、そこからフェリーに乗ればすぐです。 しかし当時は、難波(現在の大阪市)の港から船に乗り、瀬戸内海を廻って本州と九州の境にある関門海峡を通り、ぐるっと廻って隠岐まで連れて行かれたそうです。 なぜそんな遠回りをしたのか不思議ですが、その悲しく長い旅路を想像すると、この歌を詠んだ作者の心の重さがずっしりと伝わってくるようですね。 隠岐諸島は百人一首の撰者、藤原定家も仕えた後鳥羽上皇も流された島で、院の遺体を葬った塚の他、隠岐神社や国分寺、歴史博物館など由緒ある見所が多く残されています。 訪れる場合は、松江市などからフェリーが発着しています。

次の