免許更新 警察署 講習。 大阪の警察署で免許更新する時の所要時間や流れは?受付時間と講習も紹介!

木更津警察署管内の免許更新

免許更新 警察署 講習

医師による診断結果の届出 医師はその診察を受けた患者が安全運転に支障がある一定の病気に該当すると認めた場合において、その人が運転免許所持者であることを知ったときは、診察の結果を公安委員会に届け出ることができることとされています。 これは道路交通法の規定にもとづくものですが、あわせて刑法の秘密漏示罪の規定その他の守秘義務に関する法律の規定は、医師が届出をすることを妨げるものと解釈してはならないこととされています。 また、都道府県公安委員会は、管轄区域外に居住する人についてこのような届出を受けたときは、居住地を管轄する公安委員会にその内容を通知しなければならないこととなっています。 学科試験におけるコンピュータを使用した試験の導入 自動車運転免許の学科試験における不正行為を防止し、適正かつ円滑な実施を図るため、無数の試験パターンを作成することができるコンピュータを学科試験において使用することができるよう、道路交通法に内閣府令が改正されています。 淀川警察署での免許更新手続の概要 所在地・電話番号 淀川警察署 〒532-0024 大阪府大阪市淀川区十三本町3丁目7番27号 TEL : 06-6305-1234 対象者・受付日時 優良・一般・違反・初回・高齢 月曜日から金曜日(休日を除く) 午前9時から午後5時まで 持ち物・必要書類• 更新連絡書(はがき)• 運転免許証• 黒又は青のボールペン• 申請用写真1枚(申請前6か月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景で鮮明なもの。 高齢者講習終了証明書(70歳以上の人のみ) 備考 更新手数料・講習手数料 運転免許証を更新するにあたっては、更新手数料と講習手数料の両方がかかります。 通常は道府県の「収入証紙」(交通安全協会の窓口などで販売しています。 )を更新申請書に貼付し、一部の都府県では現金をもって納付します。 なお、金額は更新時講習の区分(優良運転者講習・一般運転者講習など)により異なります。 また、都道府県交通安全協会はドライバーの意思による任意加入のため、ここに掲げる手数料には含まれません。 更新手数料・講習手数料 講習区分 講習手数料 更新手数料 合計額 優良運転者講習 500円 2,500円 3,000円 一般運転者講習 800円 2,500円 3,300円 違反運転者講習 1,350円 2,500円 3,850円 初回講習者講習 1,350円 2,500円 3,850円 講習時間 運転免許更新にあたっては所定の更新時講習を受ける必要がありますが、その講習時間は講習区分に応じてそれぞれ異なります。 いわゆる無事故・無違反の人は「優良運転者講習」の対象とされ、講習の所要時間は他と比較して短くて済む一方で、前回更新時から今回更新までの間に交通事故や道路交通法違反を犯して「違反運転者講習」を受けることになった人は、運転適性についての診断と指導の項目が加わるため、所要時間が長くなります。 更新時講習の所要時間 講習区分 講習時間 優良運転者講習 30分 一般運転者講習 60分 違反運転者講習 120分 初回講習者講習 120分 🖿 > 🖿.

次の

松阪警察署で運転免許更新ができるのは平日のみ、講習も合わせて2回行けば免許証が受け取れます

免許更新 警察署 講習

大阪の警察署で免許更新する時の所要時間や流れは? 前回行った「 光明池運転免許試験場」での更新手続きは結構混雑していた記憶があり(5年前の事なので記憶があいまいですが・・・)時間がかかった気がするので、今回は近所の警察署で更新手続きをすることに。 私は今回 「優良運転者」講習だったので、警察で更新手続きしたすぐ後に更新時講習を受け、郵送で免許証が送られてくる手続きをしました。 その時の 所要時間と、 警察署での手続きや更新時講習の流れまでご紹介していきます。 (「違反運転者」「初回更新者」の場合は、更新手続き当日に更新時講習を受ける事が出来ないので、運転免許試験場の方がオススメです。 ) 大阪の警察署で免許更新する時の所要時間は? 警察に到着してから講習が終わって帰るまでにかかった時間は、なんと 約45分。 予想以上に早く終わって快適だったので、流れを簡単に書いてみたいと思います。 警察署によって若干違いがあるかもしれませんので、ご注意ください。 大阪の警察署で免許更新する時の手続きの流れは? 警察署に到着して正面玄関から警察に入ると、すぐ真正面に 免許更新と書かれた窓口がありました。 そこで 「免許更新をしたいんですけど」と申し出ると、 写真と免許証と更新連絡書のハガキの提出を求められます。 (この時に写真がない場合は、「先に交通安全協会で撮ってきてください」と案内されます) 写真はスピード写真の機械で撮ったままで渡しましたが、何も言われずそこから1枚切り取って返してくれました^^ 渡された紙に住所や名前などを書き、目の検査は受付窓口の真横にある機械でします。 更新手数料として印紙を買う必要があるのですが、その窓口もすぐ横^^誰も並んでないので、ものの1分もかからずゲット出来ました。 その印紙を用紙に貼って提出したら、警察での更新手続きは終わりです。 警察に入ってから、10分もかかっていないと思います。 混雑している時もあるのかもしれませんが、私が行った時間(午前11:30頃)は私ともう1人くらいで、あっという間に手続きが終了しました。 警察署内での更新手続きを終えると、窓口の婦警さんが次の更新時講習の時間を教えてくれます。 今回は幸い、更新時講習が10分後に始まるとのこと。 なので、すぐに警察署の横にある 交通安全協会に移動しました。 先に交通安全協会の窓口で、講習料金を支払います。 講習時間は 「優良運転者」は30分、「一般運転者」は1時間と案内がありました。 前半の30分は「優良運転者」「一般運転者」が一緒に受けて、残りの30分は「一般運転者」だけが受けるというわけです。 私は30分たった時点で終了となり、退室しました。 次に大阪の警察署で免許更新する時の、受付時間と講習について詳しくご紹介していきますね。 大阪の警察署で免許更新する時の受付時間と講習について紹介! ここでは、大阪の警察署で免許更新する時の 「受付時間」と 「講習」についてご紹介していきます。 門真・光明池にある運転免許試験場とは受付日や受付時間が異なりますので、ご注意ください。 また更新時講習についても時間などを詳しくご紹介していますので、参考にどうぞ! 大阪の警察署で免許更新する時の受付時間は? 下記に、 「門真・光明池の運転免許試験場」と 「警察署」での手続きの違いを簡単にまとめています。 門真運転免許試験場又は光明池運転免許試験場 大阪府各警察署(大阪水上及び関西空港署を除く) 受付日• 門真運転免許試験場 休日を除く月曜日から金曜日、 日曜日 (土曜日、祝日(振替休日を含む)及び年末年始はお休み)• 光明池運転免許試験場 休日を除く月曜日から金曜日 (土曜日、日曜日、祝日(振替休日を含む)及び年末年始はお休み) 休日を除く月曜日から金曜日 土曜日、日曜日、祝日(振替休日を含む。 )及び年末年始(12月29日から翌年の1月3日)はお休み 受付時間 平日:午前8時45分から正午、午後0時45から午後5時まで 日曜(門真のみ):午前8時45分から午後5時まで 午前9時から午後5時まで 免許交付日 即日交付(午後2時30分までの受付のみ。 それ以降は後日交付。 ) 3週間後の日以降に交付 必要なもの• 運転免許証• 更新連絡書• 眼鏡等(必要な場合)• 筆記用具• 手数料等• 運転免許証• 更新連絡書• 眼鏡等(必要な場合)• 筆記用具• 変更の可能性がありますので、必ず大阪府警察のHPで詳細をチェックして下さい。 交通安全協会(講習会場)での講習について詳しく! 警察署内での更新手続きを終えると、次は更新時講習です。 上でもご紹介しましたが、警察の方が次の講習の開始時間を教えてくれます^^ ちなみに私の行った交通安全協会の時間割を見ると、 1日に6回講習が行われているようでした。 同じ大阪内の各交通安全協会といっても時間割が違う可能性がありますが、私の行った交通安全協会の時間割を参考にのせておきますね。 回数 優 良(30分) 一 般(1時間) 1 9:30~10:00 9:30~10:30 2 10:35~11:05 10:35~11:35 3 11:40~12:10 11:40~12:40 休憩 休憩 4 13:25~13:55 13:25~14:25 5 14:30~15:00 14:30~15:30 6 15:50~16:20 15:50~16:50 交通安全協会で支払うお金は、講習手数料500円と郵送交付代800円のトータル1,300円。 講習を受ける前に、先に窓口で支払います。 交通安全協会の窓口で、免許証が郵送で届くまで3週間はかかると説明を受けました。 ですから有効期限ぎりぎりに更新手続きを行うと、有効期限が切れた免許証しか持っていない期間が出来てしまうかもしれません。 ただ警察署で免許更新手続きをした際、 免許証の裏に「延長された新しい有効期限日」を赤色のスタンプで押してもらえました(私の免許証では、元々の有効期限日の15日後)。 ですので、よほどの有効期限ぎりぎりに行かない限りは大丈夫だと思いますが、 少し余裕を持った日にちで警察署に手続きに行かれる事をおすすめします。 私が行った時は、講習会場に入ると先に5名くらいの方が座っていました。 座席数は16席くらいの狭い部屋で、前にスライド?を見るスクリーンがあります。 講習の内容としては、大阪での交通事故の発生状況や交差点とその付近で事故が多発しているということなど。 自転車の事故の事も、詳しく説明されていました。 免許証の郵送交付を希望する場合は午後3時までに警察署で受付する必要がありますので、お気をつけ下さいね。 まとめ 「大阪の警察署で免許更新する時の所要時間や流れは?受付時間と講習も紹介!」と題して、ご紹介しました。 警察での免許更新は、更新時講習の待ち時間が少なかった事もあり、 講習の時間も含めて45分程度で終わりました。 拍子抜けするくらい、あっという間に終わったという印象です。 手数料などの料金的には、門真運転免許試験場、光明池運転免許試験場の方が安くすみます。 写真代(約800円)と郵送交付代800円がかからないので。 ただ最寄りの警察署が遠くなければ、 電車代などの交通費は警察に行く方が安くすみますよね。 それに、移動の時間もそうですが、実際の手続きの時間なども警察で行う方が時間の短縮になりそうです。 「違反運転者」「初回更新者」の方は、免許証が即日交付される 門真運転免許試験場、光明池運転免許試験場の方が時間短縮になると思うのでおすすめしますが、 「優良運転者」「一般運転者」の方は、警察署での更新をおすすめします。 この記事が少しでも参考になれば幸いです。

次の

海田警察署 免許手続きのご案内

免許更新 警察署 講習

ゴールド免許の更新を警察署でするには証明写真が必要 運転免許センターで免許証の更新をする時は、専用の機械で担当者が写真撮影をしてくれますが、警察署で免許証の更新手続きをする時には『証明写真』が必要になります。 どのような写真を持参すればいいのでしょうか。 運転免許証に使用できる写真の基準は、各都道府県の運転免許試験場のホームページや各警察署のホームページなどに掲載されています。 その主な条件は、以下のとおりです。 しかし、上記の条件を満たしていない場合は『使用不可』となります。 その時は、警察署内または最寄にある交通安全協会でも撮影が可能です。 事前に準備するのが難しい方も、交通安全協会で撮影するといいでしょう。 ゴールド免許の更新を警察署でするメリットとデメリットとは 警察署で免許証の更新をする場合も、更新時講習は受けなければなりません。 しかし、ゴールド免許の場合は優良講習になるため、講習時間は30分で済みます。 警察署の免許手続きの窓口の混み具合にもよりますが、手続きを含めても1時間程度で終わります。 運転免許センターや試験場が近くにない場合は、往復の所要時間や交通費を考えると最寄りの警察署で更新するほうが便利だと言えます。 免許証の更新に必要な書類や持ち物については証明写真が必要な他は、運転免許センターや試験場と警察署では違いがありません。 更新のはがきが届いている方は、そちらに記載があるものを持参すればOKです。 しかし、なんらかの事情により更新のはがきが届かない場合もあります。 都道府県によって持ち物などの詳細が異なる場合があるため、更新に行かれる前に警察署に問い合わせてみるといいでしょう。 また、警察署によっては更新時講習の開催日や時間が限られている場合もあります。 この場合は、更新の手続きを先に行い、後日講習を受けに行かなければならないというケースがあるようです。 更新時講習の開催日などは警察署のホームページを確認するか、直接電話で問い合わせることをおすすめします。 ゴールド免許だと更新する時にこんな差が!警察署で行う場合 運転免許証を更新する時は、更新時講習を必ず受けますよね。 免許証の色や違反歴などによって講習時間や内容が違うので、ゴールド免許になると本当に楽になります。 更新時講習は以下の3つの区分に分かれています。 優良運転者(ゴールド免許):30分 一般運転者(ブルーの5年免許):1時間 違反運転者(ブルーの3年免許)または初回更新者:2時間 優良運転者講習の場合は、薄暗い講習会場の中で「事故を起こしてしまった場合」についてのビデオを見るだけで終わります。 事故を起こすと自分の人生だけではなく、相手側の人生を狂わしてしまいます。 安全運転を心掛けて、ゴールド免許で居続けたいものですね。 また、ゴールド免許を持っている場合、自動車の任意保険が割引されることが多いです。 加入している保険会社や保険内容によって割引率や金額は異なりますが、おおよそ10%前後も割引されるようです。 ゴールド免許に更新された時点で適応される任意保険もありますので、ゴールド免許になった場合はすぐに保険会社に連絡を入れてみましょう。 免許証の更新はいつでもいい?警察署などでの手続き方法 運転免許証の更新に行く日は、更新期間内であればいつでもいいので自分で都合の良い日を決めることができます。 警察署の場合は平日のみ、運転免許センターや試験場は平日と日曜日に更新手続きをすることができます。 しかし、日曜日と年末年始やゴールデンウィークなどの長期の休みがある期間は、かなり混雑します。 それらの日を外すことができるのであれば、混雑する日を外したほうがスムーズに更新を終わらせることができるでしょう。 更新できる場所は、更新のお知らせの案内ハガキに記載されていますので確認しましょう。 ゴールド免許へ更新する場合は経由申請に『可』と書かれています。 長期的に都道府県外に行かれている方には、とても便利な特例制度です。 たまに 「『運転免許更新のお知らせ』の案内ハガキが届かないから、更新に行けない」という方がいらっしゃいます。 運転免許証の住所変更をしていなかったり、建物名などが間違っていると届かないというケースがあるようです。 しかし、更新の案内ハガキが届かなくても更新はすることができます。 有効期限が切れてしまう前に、必ず警察署や運転免許センターなどで更新手続きを行いましょう。 運転免許証の更新手続きに必要なものや費用は? 警察署で運転免許証の更新を行う場合の必要な物や更新手数料などは、「運転免許証更新のお知らせ案内」のハガキに記載されています。 おおよそ下記のものが記載されています。 更新時の手数料は、講習区分によって異なります。 講習手数料は高齢者講習を受講した自動車学校などで支払います。 ) 中には、うっかり失効してしまった方や、やむを得ない事情により更新できなかった方がいらっしゃいます。 その場合は、必要書類や手数料などが全く異なるため、必ず警察署や運転免許センターなどに問い合わせしてください。

次の