デバイス に 到達 できません。 iPhoneから動画を転送すると「デバイスに到達できません」エラーが出た時の対処方法

【解決済み】「デバイスに到達できません」というエラーの対策11個(Windows10/8/7)

デバイス に 到達 できません

Windows 10でiPhone 7やiPhone Xで撮影した写真や動画をインポートする際、最初は上手く動作するものの、ある程度時間が経つと「このデバイスに到達できません」「システムに接続されたデバイスが機能していません」といったエラーが頻発して途中で中断してしまう状態に。 最初はWindows 10純正の「フォト」アプリからインポートしていたのですが、あまりにもエラーが多いので、「PC」から直接iPhoneの「DCIM」フォルダを開き、コピペすることで写真や動画をパソコンに保存する方法に変更しました。 これも当初は上手くいっていたのですが、途中から「フォト」アプリ同様、エラーが頻発するように。 最終的に「このデバイスに到達できません」と表示が出て、パソコンからiPhoneを認識すらしない状態になってしまいました。 古いiPhoneのドライバが原因?などと再インストールも試しましたが、結局原因はPCのUSBポートの接触不良でした。 原因が分かると拍子抜けですし、あまり参考にはならないかもですが、とりあえず色々試した結果をまとめておきますね。 おさらい:Windows 10 PCにiPhoneの写真や動画を読み込む方法 写真をWindows 10 PCに読み込むには、iPhoneをPCに接続して、Windows純正の「フォト」アプリを使うのが簡単でおすすめです。 最新バージョンの iTunes が Windows パソコンにインストールされていることを確かめます Windows パソコンに写真を読み込むには、iTunes 12. 1 以降が必要です。 iPhone、iPad、または iPod touch を USB ケーブルで Windows パソコンに接続します。 必要に応じて、iOS デバイスのロックをパスコードを使って解除する必要があります。 iOS デバイスに、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示されることもあります。 「信頼」または「許可」をタップして進んでください。 PC で「フォト」アプリを開き [Windows] >[フォト] を選択 、[インポート]>[USB デバイスから] の順に選択して、画面に表示される指示に従って操作します。 インポートする項目と保存先の場所を選ぶことができます。 なお、iPhoneをWindows 10 パソコンに接続してもDCIMフォルダが表示されない、空の場合の対処方法は以前解説済みですので、良かったら参考にどうぞ。 Windows 10でiPhoneの写真や動画をインポートしているとエラーが発生して失敗する原因は? Windows 10でiPhoneの写真や動画をインポートしているとエラーが発生して失敗する原因としては、以下のようなものが考えられます。 ケーブルはApple純正品を使用しているか?>粗悪な社外品だとエラーが出る場合もあり。 パソコンで接続しているポートに接触不良が発生?>ケーブルの接続ポートを変えてみる。 iPhoneのドライバが古い?>再インストールしてみると直る場合も。 ドライバの更新も試してみて。 パソコンの空き容量は十分にあるか?>当然のことながら、パソコン自体に空き容量が少ない場合はエラーが発生する可能性があります。 一応確認しておきましょう。 各種アップデートは適用されているか?>バージョンが古いとエラーが出る場合も。 Windows 10でiPhoneの写真や動画をインポートしているとエラーが発生して失敗する場合の対処方法 という事で、Windows 10でiPhoneの写真や動画をインポートしているとエラーが発生して失敗する場合の対処方法としては、以下の通り。 パソコンの空き容量はしっかりあるか? 基本中の基本ですが、iPhoneからインポートするデータ量よりも、パソコンの空き容量が少ない場合はエラーが発生してインポートできないと思われます。 一応空き容量がしっかりあることは確認を。 iOSやiTunesなどを最新の状態に更新してみる。 これはApple公式ページでもアドバイスがありますが、使用中の環境を最新の状態に更新してみるのは、まず初めに試してみましょう。 iPhoneのドライバの再インストールや更新を試みる。 ネットで検索していて一番多いアドバイスがこれでした。 確かに自分の場合も古いドライバが入っていました。 効果があるかは分かりませんが試してみる価値はあるかも。 また、ドライバの更新を行ってみるのもおすすめです。 後でやり方は解説します。 iPhoneとWidows 10 PCを接続するケーブルを変えてみる。 ケーブルは消耗品です。 知らず知らずのうちに断線などの不具合が出たりする場合もありますし、そもそも社外品の粗悪な品の場合はしっかりデータ転送できない場合もあります。 まずはApple純正のケーブルを使用して試してみましょう。 ケーブルを接続するポートを変えてみる。 自分の場合はこれが原因でした。 PCケースのフロントにあるUSBポートを使用していたのですが、まさかの2ポート共に不具合が発生していたという悲しい結果に。 場合によってはパソコン自体を変えて試してみるのも一つの検証方法です。 iPhoneで起動中のアプリを終了させてみる。 これは読者の方からの情報提供ですが、iPhoneで起動中のアプリを終了させてからデータ転送すると成功したとの事。 一度試してみる価値はあるかもしれません。 外付けHDDなどを利用している場合は、一旦Cドライブ(ローカルディスク)に転送してみる。 こちらも読者の方からの情報提供です。 もしも外付けHDDなどに直接転送している場合、一旦PCのCドライブ(ローカルディスク)に保存した後、改めてCドライブから外付けHDDにデータ転送することで成功したそうです。 こちらも一度お試しください。 Windows 10:iPhoneのドライバを削除して再インストールする方法&ドライバを更新する方法 Windows 10において、iPhoneのドライバを一旦削除して再インストールする方法とドライバを更新する方法をご紹介しておきます。 まずはタスクバー内にある検索窓に【デバイスマネージャー】と入力。 以下のように【デバイスマネージャー】が開きます。 必要な[Apple Mobile Divice USB Driver]は、大体以下の3か所にあることが多いようです。 利用状況によっては表示されていない項目もあると思いますが、問題ありません。 [ポータブル デバイス][ユニバーサル シリアル バス コントローラー][ユニバーサル シリアル バス デバイス] 該当する項目をダブルクリックして展開します。 その中に[Apple Mobile Divice USB Driver]があれば、項目の上でマウスを右クリックし、【デバイスのアンインストール】をクリック。 表示が無い場合は、[ポータブル デバイス>Apple iPhone]と進み、[Apple iPhone]上でマウス右クリック、【デバイスのアンインストール】をクリックでもOKです。 デバイスのアンインストール画面が表示されます。 【このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します。 】の項目は、個人的にはチェックを入れておきました。 その後【アンインストール】をクリック。 画面の指示に従い、パソコンを再起動させましょう。 事前にiPhoneはパソコンから取り外しておくと無難です。 【はい】をクリック。 再起動後、パソコンにiPhoneを接続すれば、自動的に最新のドライバがインストールされます。 また、これでもダメな場合は、一度ドライバの更新を試してみるのもおすすめです。 自分はこれで改善されたパターンがあります。 先ほどと同様にデバイスマネージャーを開き、[Apple iPhone]上でマウスを右クリック。 その後【ドライバーの更新】をクリックしてください。 続いて以下の画面になるので、【ドライバーを自動的に検索】をクリック。 少々待ちます。 このような画面になったら画面を閉じてください。 その後再度インポート作業をお試しください。 改善されていると良いのですが、、、 Windows 10でiPhoneの動画や写真を取り込む際のインポートエラー対策まとめ という事で、Windows 10でiPhoneの動画や写真を取り込む際のインポートエラー対策についてまとめてみました。 一時はドツボにはまってしまい、検索しても原因が分からず途方に暮れていましたが、結局原因は基本的な部分に隠されていました。 まさかパソコンにある2つのポートのうち、その両方が接触不良とは予想外の出来事でしたね。 ネットで検索してみても、皆さん試行錯誤してなかなか原因解明に至らない場合も多いようです。 今回の管理人の不具合原因は、純粋にパソコンケースのUSBポート接触不良でした。 マザーボードは先日新調し直したのですが、ケースは流用して使用中のため、どうしても経年劣化があったのでしょう。 こういった事例では、どれが原因と一概に突き止めるのは不可能です。 トライアンドエラーで一つずつ考えられる原因を検証し、問題ないことを確認する地道な作業になるかと思われます。

次の

【解決】Windows10からiPhoneにデータ転送中に「デバイスに到達できません」と表示された場合の対処方法

デバイス に 到達 できません

1」にソフトウェア・アップグレード後に「『Windows10』からiOSデバイスにデータを転送時に『デバイスに到達できません』と表示される!」などの対処方法が分からない一部のユーザーが慢性的に発生するかもしれません。 下記が『【解決】Windows10にiPhoneをデータ移動中に『デバイスに到達できません」と表示される場合の対処設定方法についてのまとめです 【スポンサーリンク】• 「Windows」もしくは「Mac」を搭載したパソコンから「iPhone」もしくは「iPad」などのiOSデバイスを接続してください• 「エクスプローラー」画面にて「PC」の「iPhone」を右クリックし、「画像とビデオのインポート」を選択することにより、「ピクチャ」に保存されます• 【追記】:上記の設定でも解決しない場合は、「iTunes」が最新バージョンにアップデートされていることを確認し、Lightningケーブルが純正であることを確認してください• 「バッググラウンド(マルチタスク)画面から全てのアプリを上にスワイプし、再起動後に同じ設定を行ってください• 当サイトをフォローしてください!• カテゴリー• 105• 300• 342• 181• 142• 363• 571• 193• 267• 266• 158• 641• 212• 106• 150• 166• 1,071• 227• 162• 153• 102• 105• 144• 6,990• 120• 515• 113• 688• 333• 177• 104• 212• 116• 546• 1,854• 180• アーカイブ アーカイブ.

次の

iPhoneから動画を転送すると「デバイスに到達できません」エラーが出た時の対処方法

デバイス に 到達 できません

iOS 11の最新形式の動画を転送するには 結論から言うと、iPhone側の操作で解決します。 すると転送が始まります。 転送がややこしい理由とは iOS 11を搭載したiPhone は、圧縮率に優れた新しいファイル形式であるHEIF(写真)とHEVC(動画)が使われています。 しかし、このファイル形式はWindows 10などでは対応が遅れているようです。 iPhoneで使われる動画形式はMOVです。 閲覧したりする場合には拡張機能を使ったり、別途コーデックをダウンロードして対応する必要があります。 たかだか転送や閲覧するだけに一手間も二手間もかかる作業をしなくてはならない点は一刻も早く改善して欲しいものです。 265」形式の動画再生は を推奨されますが、「」や「」などの動画再生ソフトを使えば見ることができます。 わざわざ有料版の拡張機能をダウンロードする必要はないのでよく考えて選びましょう。 265」形式の動画ファイルはアップルの編集ソフトやPremiereだけでなく、DaVinci Resolve 16 でも編集が可能です。

次の