生理中 喉の痛み。 生理前のつらい症状(乳房の痛み・発熱・関節痛・おなかの張り・寒気など)原因や対処法、PMSの治療

生理中の腹痛の原因は?解消法や予防法もある?

生理中 喉の痛み

Q 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。 熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。 今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。 平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。 でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか? 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。 A ベストアンサー 私は鍼灸師なので迷わず鍼灸治療と言いたいところですが、残念ながらこれは鍼灸師の能力に個人差があり、鍼が苦手と言う人もいますので、もし試してみようと言うことでしたらお試し下さい。 月経に伴う症状で来院される人は結構いますが、治療効果は大です。 肩こりや眼精疲労も一緒に相談してください。 その鍼灸師がちゃんと治療できる人なら、一緒に治療してくれるはずです。 詳しい症状や体調を聞いていないので、はっきりとは言えませんが、月経前にやたらイライラしたり、舌の先に赤いツブツブが出来たりは、精神的ストレスからも影響します。 のどに何か出ない痰(たん)のような感じがあるなども、東洋医学的には同じ原因からくるものと思います。 純粋な東洋医学の鍼灸をするところならば、今の症状に対して良い結果がでるように思います。 保険治療ができるところもあるので、事前に問いあわせてから来院することをお勧めします。 大体ですが実費なら4~5,6千円ではないでしょうか。 Q こんにちは。 悩みはタイトルのままなのですが、ここ2~3ヶ月排卵日前後にちょっとした身体の異常を感じます。 PMS 月経前症候群 は以前から少しありましたがそれとも違います。 どうも排卵日前後にだけ以上にのどが渇くのです。 元から水は良く飲むように心がけているのですが、それにしても量が異常です。 オフィスにいる間汗をかいてもかかなくても500mlペットボトル1本で通常は事足ります。 ですが、2リットル飲んでもまだ足りません。 塩辛いものを食べたとか糖尿だとか、むくみを感じることはありません。 のどの渇き以外にはまったく不具合は無いのですが…。 あまりにのどが渇きすぎて頻繁に水を買ったりのみにたったりするので仕事にも支障が…というかほかの人の目も気になります。 医者にかかったほうが良いのでしょうか? 時期が短いだけに行きかねます。 実際今回も2日で終わってしまいました。 どなたかわかる方いらっしゃいましたらお願いします。 A ベストアンサー こんにちわ、生理って本当に厄介ですよね。 毎月同じ周期で体重増加があればホルモンだと思います。 専門家では無いので詳しくは説明出来ませんが以前私も調べた事がありました。 私も排卵前から体重が増えますよ。 排卵日から生理が始まるまで体重増加です。 生理が終わり近くから足のむくみで体重増加です。 その後1週間はむくみも治まり体重が元に戻ります。 戻ったと喜んでいたらまた排卵日近くから体重増加です。 毎月この繰り返しです。 (涙 ですので体重が元に戻る期間は7日~10日位です。 bboさんも「生理開始後10日くらいから体重が増えているように思います。 」と書かれていますので10日位なんですね。 排卵日は大切な日なので身体の中で「おお~赤ちゃんが出来るよ。 栄養を貯めておこう。 」って思うらしいです。 整理中は「大変だ、赤ちゃんが出来たぞ~~。 赤ちゃんの為に栄養分、水分消費は最小限に。。。 」って、、、。 そう言う様に身体が出来てるらしいです。 ですが、この先一生この周期が続く訳では無いですよ。 何かしらの切欠でまたホルモンバランスは変わります。 出産とか、仕事が変わったとか、運動初めたとかで、、。 参考になるか分かりませんが、もし参考になればと思っています。 こんにちわ、生理って本当に厄介ですよね。 毎月同じ周期で体重増加があればホルモンだと思います。 専門家では無いので詳しくは説明出来ませんが以前私も調べた事がありました。 私も排卵前から体重が増えますよ。 排卵日から生理が始まるまで体重増加です。 生理が終わり近くから足のむくみで体重増加です。 その後1週間はむくみも治まり体重が元に戻ります。 戻ったと喜んでいたらまた排卵日近くから体重増加です。 毎月この繰り返しです。 (涙 ですので体重が元に戻る期間は7日~10日位です。 bbo... A ベストアンサー こんにちは。 ダイエットをしていて体重が増えるのは辛いですよね。 私もダイエットしたり体重に気を遣う方なので、少しでも力添え出来ればと・・・ まず生理中との事ですので、生理中はホルモンなどの影響で余計に 気持ちが不安定になりやすいと思います。 普段より不安になったり、便秘として現れるのもホルモンの影響かと思います。 便秘に関しては、水分(ジュースとかじゃなく水とか夏ならスポーツドリンク)は、 カロリーもそんなにないので逆に摂った方が良いです。 こまめに飲むといいですよ。 生理になってから便秘になったのでしたら、生理が終わればまた通常通り調子も 良くなってくると思いますし、これも余ほどでない限り考えすぎない方がよいです。 水分で太ると思うかもしれませんが、水やスポドリなら500ml位摂ったって 大丈夫です。 水分はダイエット中も必要な要素ですので・・・。 生理になると水分をため込み、むくむので、特にお腹回りがむくんだり すると太っちゃったんじゃないかなって気持ちになりますよね。 でも、それは生理の影響が大きいと思うので、毎月それで悩むと質問者さま 自身が疲れちゃうと思うので、一時的なんだとあまり悩まないほうが良いです^^ あと、世間一般的に156cmで43~44kgはBMI17~18で痩せてると 思うのでいっぱい悩まなくても大丈夫です^^ でも、きっと質問者さまは意識の高いんだなと思うので、ダイエットなさっている のだと思います。 BMI17~18は全く問題ないどころか細いと思うので、もし続けるのであれば、 ゆっくりが良いと思います。 ストレスは本当に体に毒なので; 大げさな話、1か月で1kg減れば3か月で3kgも減るのですから、そう考えると コツコツでも効果は必ず現れてくれると思いますし、精神的にも健康でいられると思います。 1日間位で実質1kgは太らないと思いますので大丈夫です。 1kg太るには、7000カロリーほど摂取しなければけないみたいなので。 なのでお昼を食べても、そんなにカロリーは摂れていないと思いますので大丈夫です。 私もあんまり普段昼食は摂らない方でしたので、お気持ちは凄く分かります。 今は 昼食を摂るようになってきましたが、はじめは何だか昼食を食べる事に違和感があった のですが今は普通で、大した変わりもないですよ^^ あんまり答えになってないかもしれませんが、チカラになれれば幸いです。。 こんにちは。 ダイエットをしていて体重が増えるのは辛いですよね。 私もダイエットしたり体重に気を遣う方なので、少しでも力添え出来ればと・・・ まず生理中との事ですので、生理中はホルモンなどの影響で余計に 気持ちが不安定になりやすいと思います。 普段より不安になったり、便秘として現れるのもホルモンの影響かと思います。 便秘に関しては、水分(ジュースとかじゃなく水とか夏ならスポーツドリンク)は、 カロリーもそんなにないので逆に摂った方が良いです。 こまめに飲むといいですよ。 Q こんばんは。 2人目の妊娠を希望していますが、なかなか授かりません。 1人目は1回で授かったのですが・・・。 気にして何度も触っていたら、ちょっと押すだけでも軽く痛むようになってしまいました。 場所は骨盤から指3本分くらい内側で、足とお腹の境目から指3本分くらい上です。 丁度卵巣がある辺りかと思い少し心配です。 実は以前、やはり排卵から2,3日後に、その時は右でしたが、同じような場所が同じように痛んだことがありました。 こんな痛みを経験した方いらっしゃいますか? お医者様からは何も言われて無いのですが、卵巣や卵管に異常があって、排卵・受精がうまくいってないのかもと思い心配です。 月曜日は行きつけの産婦人科の担当医がお休みで、火曜日は祝日で病院自体がお休みなので、日曜日に休日診療してくれる病院に行くかどうか迷っています。 皆様、お知恵を貸して頂けないでしょうか・・・ こんばんは。 2人目の妊娠を希望していますが、なかなか授かりません。 1人目は1回で授かったのですが・・・。 A ベストアンサー 私も赤待ちです。 今回はタイミングもよく、体温もキレイに上昇していて羨ましいです。 生理予定日まで待ち遠しいですね。 病院からは、排卵したか確認に来るようには言われませんでしたか? 私も卵胞チェックをしてもらっていますが、排卵が近いといわれた数日後に、実際に排卵したかどうかと、体温がきちんと上昇しているかを確認するために来院するように指示されます。 腹痛についてですが、私は医者でも何でもありませんので、医学的なアドバイスではありませんが、私の経験談を少し・・ 私も排卵後、下腹部の辺りがチクチク痛いことありますが(場所は色々です)、特に心配していません・・ その理由として、排卵前後はお腹にガスが溜まりやすいので、そのための痛みかな~とか、受精するか着床するか、など心配しすぎているための気のせいかな~とか。。 こう書くとすごく能天気な人のように見えますが、実際気持ちの変化って影響が大きいと思うんですよ。 私は去年夏に一度流産しているんですが、子作りがんばり中は、排卵前後や生理前に体調が悪かったり、お腹が痛くなったりしましたが、流産後の子作りお休み中は全然そういう症状がありませんでした。 そして数ヶ月前からまた子作り再開したところ、またそういう症状が出始めました。 でも気のせいか、何かに没頭してたりすると痛みを忘れていることもあります。 同じ生活するなら、痛みを気にするより、楽に暮らしたいですので、最近はあまり考えないようにしています。 今日は高温期5日目くらいですが、あまり気にしないようにしたら、心なしか先周期よりも痛みが楽な気がしています。 卵巣・卵管に異常があるのではないか??ということですが、卵胞チェックの際に卵巣をエコーで見てもらっているわけですから、もし先生が目で見て卵巣に異常があればすぐ言われますよ。 あと、卵管造影の検査は受けましたか?お子さんができなくて病院に通い始めたら、数周期目で卵管造影を勧められると思うのですが、もしその検査をしていて問題なかったのであれば、卵管についての心配もご無用かと思います。 先生は、何か異常を認めているのに言わないということはありませんよ。 通院中の産婦人科は、担当医じゃないと見てもらえませんか? 今までの検査結果や状況などがカルテに書かれているはずですので、休日診療してもらうよりは、かかりつけの病院に月曜日か水曜日に受診して、相談してみてはどうでしょうか。 私も赤待ちです。 今回はタイミングもよく、体温もキレイに上昇していて羨ましいです。 生理予定日まで待ち遠しいですね。 病院からは、排卵したか確認に来るようには言われませんでしたか? 私も卵胞チェックをしてもらっていますが、排卵が近いといわれた数日後に、実際に排卵したかどうかと、体温がきちんと上昇しているかを確認するために来院するように指示されます。 腹痛についてですが、私は医者でも何でもありませんので、医学的なアドバイスではありませんが、私の経験談を少し・・ 私も排卵... Q 私はダイエットをし、半年がたちます。 10キロほど減りました。 現在は 159cmの42. 6kgです。 そこで、今回の生理前の体重増加が、まったくありませんでした。 どれだけ食べても減るか、体重を維持する感じになっていました。 そして、生理日になったのですが、なかなか生理がきませんでした。 生理予定日から1週間ちょっとしてから、やっと生理がきました。 それまで、いつもなら生理前で体重増加するはずなのに、 今回はしませんでした。 むしろ1キロ減りました。 そして、14日の夜 いつもなら食べないはずの夜ご飯ですが、どうしても食べなきゃいけない晩御飯があって、 その日の摂取カロリーを上回ってしまいました。 いつもは1400kcal。 その日とったのは2000kcal そして、つぎの日、体重をはかると 43. 8kgでした。 1キロくらい増えてて、すごく驚きました。 まぁ、最初は水分のせいだって思って、あまり気にしないようにしました 次の日は軽い食事にしようとして、軽く済ませたのですが 次の日の体重がなんと44. 5kg 軽くしたのに、水分も普通にとったはずなのに どんどん増えるのです 次の日は43. 8 この体重がずっと続くので、 もしかしたら停滞期と考え、 チートデイをしました。 約4500kcalとりました。 案の定、体重は増えたのですが、次の日は43. 8と、 変わらない体重になりました。 だいたい、この頃1週間遅れていた生理が終わった頃なんです。 そして、昨日2時間走って 43kgまで落とせましたが 朝普通にご飯を食べ 600キロカロリー お昼にアップルパイ1つ 400キロカロリー そして、夜計ると44. 3kgになっているのです いつもならこんなに体重は増加しないのです… だからすごく焦ります 水分を含みやすい時期なのでしょうか… ですが、生理が終わったから痩せやすい時期なはず… チートデイをやったので、停滞期はではないと思うのです。 原因がわかりません。 長くなってしまいましたが、 これはなんなのでしょう? 私が考えるに 生理前の増加する時期が今きてしまっている でも、生理が終わったころに来たから、本当にそうなのかわからない それか、基礎代謝がさがり、 少しの食事の量でも簡単に増えてしまう 言わゆる、 痩せにくい、太りやすい体質になってしまった だとおもうんですけど、どうですかね… 運動をどれだけしても維持か増えるいっぽうなんです。 怖いです。 10キロほど減りました。 現在は 159cmの42. 6kgです。 そこで、今回の生理前の体重増加が、まったくありませんでした。 どれだけ食べても減るか、体重を維持する感じになっていました。 そして、生理日になったのですが、なかなか生理がきませんでした。 生理予定日から1週間ちょっとしてから、やっと生理がきました。 それまで、いつもなら生理前で体重増加するはずなのに、 今回はしませんでした。 むしろ1キロ減りました。 そして、14日の夜 いつ...

次の

生理前のつらい症状(乳房の痛み・発熱・関節痛・おなかの張り・寒気など)原因や対処法、PMSの治療

生理中 喉の痛み

生理痛でよく耳にするのは、 腹痛や 腰痛、 頭痛といった症状で、実際に 女性の多くが辛く感じている症状もこの3つが上位を占めます。 よく聞く症状だったら、生理痛なんだと対処もできますが、 周りではあまり聞かないような症状が現れると、「これって生理痛?それとも病気?」と悩みますよね。 生理痛は、 女性ホルモンの変動が影響して現れる様々な症状を言います。 強く出る症状は人それぞれ違い、その時の体調によっても変わってきます。 症状によっては、残念ながら生理との関係を解明できていないものもあります。 それでも、やはり心配ですね。 今回は生理痛でよく聞く症状以外にも、生理になると感じる体の不調も取り上げて紹介していきます。 経血を体外に出す手助けをする プロスタグランジンがストレスや冷えの影響で必要以上に作られ、 子宮を過剰に収縮させることで鈍痛と重だるさを感じます。 プロスタグランジンが原因。 プロスタグランジンの必要以上な分泌が子宮を過剰に収縮させ血行が悪くなります。 すると、骨盤内の血流も悪くなり、鈍い痛みと腰周辺にだるさを感じます。 エストロゲン(女性ホルモン)が減少することにより血管が広がり、頭痛が起こります。 胃痛【生理痛】 症状が現れるのは、生理1日目~生理が終わるまで。 はっきりとした原因はわかりませんが、プロスタグランジンの過剰な分泌が影響しているようで、生理が始まると胃に激痛を感じたり、不快感を感じる人も多いようです。 生理とお腹の張りの因果関係はわかりませんが、プロスタグランジンの過剰分泌による強い子宮の収縮が影響しているようです。 生理前や生理中に、下腹部痛とともにお腹の張りを感じる人もいます。 排尿痛・排便痛 生理と排尿痛、排便痛の関係性はわかりません。 排尿痛においては膀胱や尿道に異常がある場合があります。 また、子宮内膜症の代表的な症状に排便痛がありますが、その際は腹痛や腰痛も強く発症します。 生理周期に伴う 女性ホルモンの変動が乳腺を刺激し、胸が張ったり痛みを引き起こします。 女性ホルモンのバランスが乱れると、症状が強くなります。 関節痛(肩、ひじ、手の指の関節、手首、膝、足首、足) 生理のたびに関節が痛くなる人がいますが、生理との因果関係ははっきりわかっていません。 関節痛の原因には、病気やケガ、老化などがありますが、エストロゲン(女性ホルモン)が急激に減少する更年期にも症状が現れることがあります。 足の付け根が痛い 生理との因果関係ははっきりしていませんが、痛みが続いたり、触ってみてしこりがあるようなら、病気が影響している場合があります。 喉の痛み(喉が赤く腫れる) 生理になると喉が痛くなる人がいますが、原因ははっきりわかりません。 生理時は通常より体力が弱まりやすい時期ですので、菌にも感染しやすくなっています。 生理時はホルモンバランスの乱れや栄養不足(特にビタミン)、体力の低下で菌に感染しやすくなり、口の中は口内炎ができやすい環境になっています。 プロスタグランジンの過剰分泌が原因。 プロスタグランジンが血管を収縮させることで、血液の流れが悪くなり内臓の働きが弱くなります。 胃の働きも悪くなるので、吐き気や胃の不快感といった症状が現れます。 更年期障害にもめまいの症状があり、ホルモンの乱れにより自律神経のバランスを崩すことが原因です。 生理との因果関係ははっきりわかりませんが、生活習慣や食生活の乱れ、ストレスから生理に関わるホルモンが乱れることがあります。 貧血【生理痛】 症状が現れるのは、生理開始~生理が終わるまでの期間。 生理による出血が原因。 ナプキンが1時間ももたないくらい出血量が多い場合は特に注意が必要です。 また、子宮の病気(子宮筋腫など)でも生理時の出血量が多くなるので、貧血が起こりやすくなります。 立ちくらみ【生理痛】 症状が現れるのは、生理開始~生理が終わるまでの期間。 生理時の出血量が多いと現れる貧血症状の一つ。 他にも、生理痛のひどい痛みにより立ちくらみが起こることがあります。 便秘【生理痛 PMS】 症状が現れるのは、生理前~。 プロゲステロン(女性ホルモン)の増加が原因。 プロゲステロンは妊娠の手助けをする女性ホルモンで、体に水分を溜めようとします。 そのため、 腸からも水分を奪っていくので、腸の働きが悪くなり便秘になってしまいます。 生理に伴い分泌されるプロスタグランジンが影響。 プロスタグランジンは子宮だけでなく、 腸も収縮させ活性化させるので下痢が起こります。 頻尿 頻尿の目安は1日8回以上出ることです。 生理との因果関係はわかりませんが、子宮や泌尿器系の病気の影響で頻尿になることがあります。 プロゲステロン(女性ホルモン)の影響。 生理前になるとプロゲステロンが増加し、高温期になります。 体温が下がるほど深い眠りにつけますが、 高温期は体温が1日中高いままなので熟睡できず、昼間に眠気が強くなってしまいます。 原因ははっきりわかりませんが、生理前に増えるプロゲステロン(女性ホルモン)の影響と言われています。 症状が現れるのは主に生理前の期間ですが、生理中に症状を感じる人もいます。 体の冷え【生理痛】 症状が現れるのは、生理が始まってから排卵するまでの期間。 プロスタグランジンの過剰分泌の影響で血管が収縮し、血液の流れが悪くなるため体が冷えてしまいます。 また、体温を上げる働きをするプロゲステロン(女性ホルモン)が減少することで、体温が低くなります。 原因ははっきりわかりませんが、生理前は体温を上げるプロゲステロン(女性ホルモン)の影響により、いつもより体温が上がります。 また、発熱は体のどこかに炎症がある証拠です。 子宮筋腫や子宮内膜症の症状にも発熱があるので、病気が原因ということも考えられます。 生理前にもエストロゲンが急激に減少する時期があります。 震え 生理との因果関係はわかりませんが、生理前や生理中に体や声、手が震えるという人がいます。 生理痛の痛みや吐き気とともに震えが出る人もいます。 生理周期に伴いホルモンは大きく変動したり、ストレスや不規則な生活の影響でホルモンは乱れやすくなります。 また、病気が影響している場合もあり、子宮の病気が原因で動悸、息切れが起こることがあります。 生理の1週間位前から症状が現れます。 排卵後に増加する プロゲステロン(女性ホルモン)の影響で、体の水分が多くなりむくみます。 肩こりは血液の流れが悪くなると起こります。 生理期間はホルモンの変動やプロスタグランジンの過剰分泌で血行が悪くなりやすいので、注意が必要です。 食欲不振になる原因の一つとして、血液の流れが悪いことがあげられます。 生理時に血行が悪くなる要因には、プロスタグランジン過剰分泌があります。 喉が渇く 生理前や生理中に喉が渇くという症状が現れる人がいますが、原因ははっきりわかりません。 ホルモンバランスが乱れると唾液が少なくなり、口が乾いてしまいます。 ホルモンバランスが乱れやすくなる更年期は、喉が渇くや口が乾くといった症状が発症します。 生理時もホルモンバランスが乱れることがあります。 生理前に 女性ホルモンが減ることにより皮脂がたくさん分泌され、肌荒れが起きたりニキビができやすくなります。 女性ホルモンの影響で歯周病菌が増えることが原因。 生理周期の中で、生理前の2週間が女性ホルモン分泌の最盛期のため、症状が現れやすくなります。 菌の影響で、歯茎が腫れ(歯肉炎)出血しやすくなります。 鼻血【生理痛】 生理の出血が少ないときに鼻血が出ることがあり、 代償月経と言われています。 生理不順や過少月経の人に症状が出やすいので、生理のたびに鼻血が出る場合は注意が必要です。 はっきりとした原因はわかっていませんが、精神を安定させる働きをするエストロゲンの減少と生理前に増えるプロゲステロンの増加が原因と言われています。 (エストロゲン、プロゲステロンは生理周期によって変動する女性ホルモン)自分でコントロールすることが難しいほど、症状がひどいこともあります。 はっきりとした原因はわかっていませんが、生理周期によって変動するエストロゲン(精神安定を保つ働きがある)の減少が影響。 まとめ 生理周期に伴う女性ホルモンの変動は、妊娠の準備をしたり、生理を起こさせたり、と女性の体に様々な変化を起こします。 ホルモンは体のために良い働きをしたり、副作用のように負の働きをしてしまうこともあるのですね。 それが、生理痛や生理前の不調となって現れてしまうようです。 さらに、 食生活の乱れや体の冷え、ストレスを感じるとホルモンバランスが乱れてしまったり、血流が悪くなって生理痛の症状がひどくなることがあります。 ひどい症状を感じるときは、バランスの良い食事を心がける、体を温めたる、リラックスをすることで症状の緩和が期待できます。 また、 生理痛はホルモンや日常生活の影響だけでなく、病気が原因の場合もあります。 例えば、 子宮内膜症や 子宮筋腫といった病気だと、ひどい腹痛や腰痛、貧血といった 生理痛と同じような症状を引き起こすこともあるのです。 しかし、生理痛と病気を痛み方や症状で判別するのは難しいです。 鎮痛剤が効かないほどひどい、生理期間以外でも症状を感じる、生理のたびに痛みや症状がひどくなっている、と感じたときは早めに病院を受診しましょう。 スポンサーリンク.

次の

生理前に喉が渇くときや喉の痛みについて知っておきたいこと

生理中 喉の痛み

生理前の胸の張りや痛みの原因 多くの女性が経験している「生理前」の胸の張りや痛み。 これはホルモンが関係しています。 女性は生理前に「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が分泌されます。 これは体が子供を妊娠、出産する準備を整えているのです。 胸の張りや痛みは、お母さんが出産後子供に母乳を上げるために必要な部位である乳腺の成長を促しています。 この胸の張りや痛みにも個人差があります。 あまり感じない人もいれば、なんか胸が大きくなったような気がするように感じる人もいると思います。 多くの場合、生理1〜3日前に胸の張りや痛みを感じて生理が近いなあと考えると思います。 しかし中にはそのずっと前から胸の張りや痛みに悩んでいる人もいます。 いわゆる月経前症候群(PMS)です。 人によって色々症状が違いますが、月経前に不快を覚える症状の総称です。 多くの場合は生理前3〜10日ぐらいに現れるので、生理中を含めると半月ぐらいこの胸の張りや痛みを感じる人もいるのです。 女性に生まれたためとはいえ、大変なものです。 生理後の胸の張りや痛みの原因 前述したように、生理前の胸の張りや痛みは、個人差のあるものの多かれ少なかれ、多くの女性に現れる症状ですので、心配する必要はありませんが、「生理後」となると問題があります。 胸の張りの原因となる「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は生理が始まると徐々に分泌が減っていきます。 つまり、胸の張りや痛みは治まっていくわけなのですが、生理が終わってもまだ痛むのであれば問題です。 原因として考えられるのは、ホルモンバランスの乱れです。 つまり本来なら減少していなければならない「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が生理後もずっと分泌されていればやはり胸が張ったり、痛みを覚えたりします。 また年齢的に更年期に近い女性であれば、更年期の症状の可能性もあります。 更年期になるとどうしても女性はホルモンバランスが崩れるので、胸の張りや痛みを感じます。 他にもホットフラッシュという、体のほてりやのぼせ、突然の発汗などの症状が伴います。 病院に受診が必要な胸の張りや痛み 胸の張りや痛みの原因が、ホルモンではなく乳腺や乳房に問題がある場合もあります。 乳腺が何らかの原因で炎症を起こしたり(「乳腺炎」)、しこりがあったり(「乳腺症」)、乳房に腫瘍ができている時、その腫瘍が悪性だった場合は「乳癌」となります。 また、妊娠しているという事もあります。 「え、だって生理来たのに」と驚く方も多いと思いますが、それは生理でなく不正出血という事も考えられます。 妊娠していれば当然、出産のために乳腺の発達は促されるわけなので、それ自体は体の当然の働きです。 今は妊娠検査薬で簡易的に妊娠のチェックが出来ますので、時期的に妊娠している可能性のある人は一度確認してみましょう。 妊娠の有無が妊娠検査薬で確認できるのは、生理予定日の一週間後からです。 それ以前は検査薬を試しても正しい結果は得られません。 また最終的な妊娠の判断は産婦人科での病院の受診をもってとなります。 どちらのケースにしろ生理後の胸の張りや痛みが体の重要なサインなのです。 見逃さないでください。 ホルモンバランスの乱れを直そう ホルモンバランスが乱れたままでは、妊娠がしたくても出来なかったりすることもあります。 またホルモンバランスが乱れた状態が続けば、健康が損なわれる可能性もあります。 だから乱れたホルモンバランスは治すようにしましょう。 まずは生活習慣の見直しからです。 生活は規則正しく、朝起きて、夜は眠るようにしましょう。 当たり前の生活が出来ない人が多くなっています。 食事はきちんと3食食べるように。 最近の女性は糖質オフダイエットをする人も多いですが、一時的に体重は減るものの、リバウンドしやすい食べ方なので、炭水化物は3食取るようにします。 また動物性脂肪は「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌を促すようなので、摂取は控えめに。 同じく摂取を控えたいのがカフェインです。 また現代人には中々難しいと思いますが、極力ストレスを溜めないように。 といってもストレスと無縁の人はいないと思います。 ストレスを受けても、できれば早期の時点で発散する方法を見つけたほうがいいでしょう。 生理後の胸の張りや痛みを感じたら… 一時的なものならまだしも、ある程度の期間続くようなら、病院に受診しましょう。 胸が張る=乳がんではありませんが、どんな病気も早期発見が、早期治療に結びつきます。 前述しましたが、たかがホルモンバランスの乱れが原因だとしても、甘く見てはいけません。 特に妊活中の女性であれば、猶更です。 ホルモンが乱れている限りは妊娠する可能性はどんどん低くなります。 生活習慣を見直すとともに、病院に受診し、投薬治療で症状が改善することもあります。 また合わせて基礎体温をつける習慣をつけると、自分がいまどの時期にいるのか理解できるようになります。 妊娠したい人も、妊娠したくない人も、今自分の体が妊娠にしやすいのか否かの目安となります。 最近はスマホのアプリでも簡単に記録できたり、メモリ機能のある婦人体温計もありますので、さほど負担なく実施することが可能です。 方法は簡単で、朝起きてから動かないまま体温計を図り、その結果をアプリに記録すればいいのです。 その表でホルモンバランスの乱れとかわかるようになります。 是非お試しください。 検索: 今日の人気記事• 飲食店などの空調の吹き出し口が結露することはよくあります。 それが厨房の中なら問題はないかもしれませんが... ゴムだからといって安心していると、いつの間にか劣化ははじまっています。 それは加水分解によって引き起こさ... 朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象がありますよね。 しかし、朝にラーメンなど高カロリーな... 二の腕の筋肉がピクピクと痙攣した経験はありますか?痛みはなくても何とも気持ちの悪いものですよね。 どんな仕事でも電話の受け答えが発生しますが、この時、困るのが正しい敬語の使い方ですね。 特に難しいのが、... 人間の体温の限界は何度なのか知っていますか?なぜ人間は体温が変化しないのか、人間の体温の限界はどこにあるのか、... 大学によっては教員を公募しているところがあります。 その要綱を見て応募しようと考える人もいるでしょう。 液晶が壊れた、電源が入らないなどの故障でスマホのデータを諦めて機種変更をした人も多いと思いますが、そんな状態か... 自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足のサイズが変わったかもしれないと感じることがあります... ノロウイルスや細菌が原因となる急性胃腸炎は下痢、嘔吐、吐き気、腹痛、発熱などの症状があり、大変苦しいものです。... カテゴリー• その1クリックが励みになります.

次の