ピボット テーブル データ 範囲 変更。 【ExcelVBA】ピポットテーブル作成方法・データ範囲の変更方法を解説!

Excelピボットテーブルのデータソースを変更する方法

ピボット テーブル データ 範囲 変更

この記事の目次• ピボットテーブルの元データ範囲を変更するやり方 それでは始めていきましょう! 元データ範囲を変更するピボットテーブルのセルをクリックして選ぶ まずは 元データ範囲を変更する ピボットテーブルのセルをクリックして 選びましょう。 「ピボットテーブル ツール」の「オプション」タブをクリックして選ぶ 元データ範囲を変更するピボットテーブル のセルを選んだら、「ピボットテーブル ツール」の 「オプション」タブを クリックして選んでください。 「データ ソースの変更」アイコンをクリックして選ぶ 「オプション」タブを選んだら「データ」 グループにある 「データ ソースの変更」 アイコンをクリックして選びます。 変更するデータのセル範囲をドラッグして選ぶ 「データ ソースの変更」アイコンを選んだら 「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」 ダイアログが表示されます。 ダイアログが表示されたら 変更する データのセル範囲をドラッグして選びましょう。 「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了! 変更するデータのセル範囲を選んだら 「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」 ダイアログの 「OK」ボタンをクリックして 選んでください。 そうすると、ピボットテーブルの 元データ範囲を変更することができます。 まとめ• 元データ範囲を変更するピボットテーブルのセルをクリックして選ぶ• 「ピボットテーブル ツール」の「オプション」タブをクリックして選ぶ• 「データ ソースの変更」アイコンをクリックして選ぶ• 変更するデータのセル範囲をドラッグして選ぶ• 「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了! お疲れ様でした。 ピボットテーブルの元データ範囲を 変更できましたでしょうか? 「データ ソースの変更」機能を使えば ピボットテーブルの元データ範囲を変更 できるので活用していきましょう。 あなたのお仕事が、つまづくことなく 進められることを心より応援しております。

次の

ピボットテーブルの範囲の広げ方

ピボット テーブル データ 範囲 変更

Excelピボットテーブルのデータソースを変更する方法 著者情報Xは「wiki」です。 これは、私たちの記事の多くが複数の著者のコラボレーションの結果であることを意味します。 この記事を作成するために、ボランティアの著者は、時間の経過とともに変更を加えてコラボレーションし、改善しました。 Microsoft Excelプログラムは、ユーザーがピボットテーブル、数式、マクロなどの高度な機能を使用してデータを並べ替えて解釈できるように設計されています。 ユーザーが入力データを変更して結果の評価を実行したい場合があります。 多くの場合、ソースデータは別のシートにあるため、ピボットテーブルの原点を変更するのは簡単な操作ではありませんが、テーブルの書式設定を失うことなく変更できます。 ステップ• Microsoft Excelを開きます。 デスクトップのアイコンを使用して、コンピューターの構成に応じて、[スタート]メニューの[プログラム]またはクイックスタートバーのアイコンから検索できます。 ピボットテーブルとデータを含むファイルを開きます。 ソースデータに必要な変更を加えます。 列と行を挿入または削除する必要がある場合があります。 入力したすべての列に、それらを説明するタイトルがあることを確認してください。 適切なタブをクリックして、ピボットテーブルを含むシートを選択します。 ピボットテーブル内をクリックして、ピボットテーブルのツールメニューを開きます。 Excel 2007および2010では、リボンの[オプション]および[スタイル]タブの上に、[ピボットテーブルツール]メニューが赤で強調表示されます。 Excel 2003では、[データ]メニューから[ピボットテーブルおよびピボットグラフレポート]を選択します。 ピボットテーブルの原点範囲を変更します。 Excel 2007および2010では、[データ]オプショングループから[データソースの変更]を選択します。 Excel 2003では、ピボットテーブル内を右クリックし、表示されるメニューから[ウィザード]を選択して、ガイド付きユーティリティを起動します。 データソースの範囲を含む画面の[次へ]ボタンをクリックします。 Excelのすべてのバージョンで、ソースデータ範囲を選択した後、クリックしてドラッグし、データの新しい範囲を選択します。 範囲を変更して、複数の列と行を含めることができます。 [更新]ボタンをクリックして、ピボットテーブルを更新します。 このボタンには、Excelのコピーのバージョンと構成に応じて、赤色の感嘆符、緑色のリサイクルアイコン、または単に「更新」という単語が付いている場合があります。 広告 ヒント• ピボットテーブルを操作してデータを編集することはできません。 ソースデータにすべての変更を加えてから、テーブルを更新する必要があります。 ソースデータに変更を加えるときは、必ずピボットテーブルを更新してください。 そうしないと、変更はピボットテーブルに表示されません。 ピボットグラフのソースデータを変更するには、従う方法は同じです。 ソースデータを編集してからチャートを更新することを忘れないでください。

次の

ピボットテーブルの元データ範囲を更新する|Excel|ヘルプの森

ピボット テーブル データ 範囲 変更

この記事の目次• ピボットテーブルの元データを範囲変更する方法 それでは始めていきましょう。 元データ範囲を変更するピボットテーブルのセルをクリックして選択する 最初に 元データ範囲を変更する ピボットテーブルのセルをクリック して選択します。 「ピボットテーブル ツール」の「分析」タブをクリックして選択する 元データ範囲を変更するピボットテーブルの セルを選択したら、「ピボットテーブル ツール」の 「分析」タブをクリックして 選択してください。 「データ ソースの変更」アイコンをクリックして選択する 「分析」タブを選択したら「データ」 グループにある 「データ ソースの変更」 アイコンをクリックして選択しましょう。 変更するデータのセル範囲をドラッグして選択する 「データ ソースの変更」アイコンを選択したら 「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」 画面が開きます。 画面が開いたら 変更するデータの セル範囲をドラッグして選択しましょう。 「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」画面の「OK」ボタンをクリックして完了! 変更するデータのセル範囲を選択したら 「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」 画面の 「OK」ボタンをクリックして選択 してください。 そうすると、ピボットテーブルの 元データを範囲変更することができます。 まとめ• 元データ範囲を変更するピボットテーブルのセルをクリックして選択する• 「ピボットテーブル ツール」の「分析」タブをクリックして選択する• 「データ ソースの変更」アイコンをクリックして選択する• 変更するデータのセル範囲をドラッグして選択する• 「ピボットテーブルのデータ ソースの変更」画面の「OK」ボタンをクリックして完了! お疲れ様でした。 ピボットテーブルの元データを範囲変更する ことはできましたでしょうか? 今回ご紹介した「データ ソースの変更」 機能を使用すればピボットテーブルの 元データを範囲変更することができます。 あなたの作業が、手を止めることなく 進められることを心より応援しております。

次の