左 脇腹 肋骨 の 下 痛い。 あばらの下が痛い時に考えられる内臓の異常について

【病気かも?】左脇腹の痛み その原因

左 脇腹 肋骨 の 下 痛い

普段はとくに何ともないのに、急に体に違和感や痛みを覚えるとすごく不安になりますよね。 どこかで強く強打したとか、擦り傷ができた、なんていうのは原因がわかっているだけに問題ありませんが、 何をしたわけでも無いのに身体が痛むというのは困りものです。 特に外からは見えない「内臓系の痛み」は、え?なんで?病気? と慌ててしまうものです。 すぐに痛みが消えるようであれば大丈夫ですが、疾患などの病気の場合、長く続く痛みをほっておくと進行が進み、気が付いた時には深刻な状態になっている事もあります。 今日は、内臓の集まるお腹の中でも、左脇腹の痛みについて解説していきたいと思います。 左脇腹の痛みの原因【筋肉の場合】 左脇腹の痛みといっても、原因には様々なものが考えられます。 お腹が痛い=内臓系というイメージがありますが、左脇腹の痛みは多くの場合、猫背が原因であったり、デスクワークで長時間同じ姿勢をとり続けたり、足を組む癖よって筋肉に無理が生じ痛みを伴う事も多々あります。 また普段運動しない方が、急に運動することで動かさないお腹が 筋肉疲労を起こし、脇腹が痛むこともあります。 この場合は特に問題ありませんので、湿布を貼るなどして筋肉に対して対処すれば数日で和らぐと思います。 ただ慢性的な姿勢の悪さで引き起こされる場合は、 「日頃から意識的に姿勢を正す」、「整骨院などで姿勢を正す施術を受け、ある程度長期に渡って改善する」必要もあります。 左脇腹の痛みの原因【内臓の場合】 脇腹の痛みで怖いのが、内臓疾患などによる痛みの場合です。 左脇腹付近には、リンパ球や赤血球を作る脾臓(ひぞう)、食べ物を消化する膵臓(すいぞう)、少しずれますが胃などが存在しています。 内臓系の疾患や何かしらの不調により脇腹痛む場合は、単純に脇腹が痛いというだけでなく、「深呼吸をすると痛い」「食後に痛み始める」「吐き気や下痢が伴う」など、痛み以外の症状が併発する場合が多いのも特徴です。 痛みプラスアルファの症状を自覚している方は、内臓の疾患や疲弊が原因の場合が多いので、早めの受診をおすすめします。 痛み別 病気の可能性って? 脇腹の痛みといっても痛みの種類によって病気の種類が変わってきます。 自分でもなかなかわかりずらいかもしれませんが、痛みの種類がどのようなものか静観してみるのも早期解決には大切な行為です。 チクチクと痛む• 胃潰瘍や十二指腸潰瘍の疑い ズキズキと重い痛みの場合も、神経系疾患である胃潰瘍等の疑いがあります。 強いストレスや不安感によって胃が荒れた状態にあり、特に酸っぱいゲップなどが上へ上がってくるという方は胃潰瘍などの疑いが強いです。 また胃潰瘍や十二指腸潰瘍はピロリ菌が感染することで粘膜が弱まり発症します。 このピロリ菌は死亡率の高いガンである「胃がん」の発症にも繋がりますので、早期発見が最重要になってきます。 すい臓がんの疑い 病気の種類の中でも怖いのがすい臓がんの疑いです。 すい臓がんは脇腹以外にも「背中にも痛みが起こる」特徴があります。 またすい臓がんは1日でも早い治療が回復に繋がりますので、早急に検査を受けるべき病気です。 尿管結石の疑い 尿の通り道である尿路に、石(結石)ができるのが尿管結石です。 基本的に石ができた側に痛みが走るので、左脇腹が痛いということは左側に石ができたということです。 数時間ほど痛みが続き、数分ごとに痛みの強弱が波のように現れる特徴があります。 婦人病の疑い 女性の場合、子宮や卵巣トラブルによる婦人病の可能性もあります。 おへそよりも下にある子宮や卵巣によって脇腹が傷んでいる可能性もあるため、特に妊娠希望の女性は早めに婦人科での受診も検討してみてください。 下痢や便秘を伴う痛み• 肋間神経痛や胸椎椎間関節症の疑い これらは神経痛の一種で、突き刺さるような痛みが走る特徴があります。 ぎっくり腰経験者や、普段から腰痛に悩まされている方にも多く現れる症状です。 脇腹の中でも下の方が痛む場合は、肋間神経痛や胸椎椎間関節症の可能性が高いので、整体でマッサージ治療を受けたり、普段から姿勢を正す、ストレッチをするなどの改善法の指導を仰ぐことで回復していきま ただ内臓疾患からくる場合もあるため要注意です。 便秘による痛み ご自身が便秘だと自覚している場合、便秘によって左脇腹に痛みが出ている可能性があります。 通常の便秘であれば、水を多く飲んだり食物繊維を取るなど便秘解消すれば問題ありません。 ただし、便秘と下痢を交互に繰り返している方は「過敏性腸症候群」の可能性があります。 また急に便秘になり始めた場合、大腸ガンの疑いもあるため注意が必要です。 脇腹がつるのも病気の危険性あり? 脇腹の痛みだけでなく、脇腹が時々つってしまう方も実は注意が必要です。 基本的には運動不足など普段体を動かさず、筋肉が固まっているためつる場合も多いのでストレッチなどで体を動かしていけばつる機会は少なくなっていきます。 また食事の偏りによって栄養バランスが悪かったり、冷え性など血行不良も脇腹がつる原因になります。 もし 普段から動かしている方なのに、脇腹がつってしまうという方は胃や膵臓系が弱まっている、もしくはなにかしらの病気に進行している可能性があります。 脇腹がつる+長い間痛みが続く、、という方は胃がんなど腫瘍による痛みやつっぱりの可能性もあるため早めに受診するようにしてください。 左脇腹の痛みとストレスとの関係 脇腹に限らずお腹の痛みは、内臓の問題と直結している場合が多いため不安になりがちです。 ですが、現代人の脇腹の痛みの多くに「ストレス」が関わっていることはあまり知られていません。 あらゆる心身問題の原因となる 「ストレス」は、緊張状態を作る交感神経とリラックス状態を作る副交感神経のバランスを乱すだけでなく、体温調整ができない、胃腸機能の著しい低下などを招きます。 いわゆる自律神経の乱れはお腹の痛みと密接に関係しているため、もし検査を受けても異常や主な原因が見つからない、、という状態になった場合は、ジョギングや趣味に没頭するなど自分なりのストレス解消方法を探ったり、最近仕事やプライベートでストレスを抱えていないか?不安を抱えていないか?など自分の内面を1度ゆっくり見つめてみるのもよいかもしれません。 対処法 診察は何科? 昨日のジョギングが原因だな、、など原因がはっきりしていたり、2,3日で痛みが消えた場合は問題ありませんが、 1週間程度痛みが続くようであれば、病院で診察を受けるようにしましょう。 左脇腹の痛みには様々な原因が考えられるため、何科に行けばよいか迷ってしまいますが、 まずは内科での受診をおススメします。 そこで腹部エコーや血液検査などを行い、原因究明していきます。 原因が不明な場合は、産婦人科や消化器内科での受診などを担当医から勧められますので、受診するようにしましょう。 できれば大きな総合病院に行くと、そのまま他の科へ進めるので時間短縮になってよいと思います。 また腹痛の原因には内臓疾患や神経系のものなど様々な要因が考えられます。 あらゆる原因が考えられる中、病院に行くとどこが痛かったのかわからなくなった、、という患者さんも多いので、 明らかにこの位置が痛むという場合は、マジックで印を付けておくというのも、原因究明がスムーズにいくポイントです。 普段お腹が痛い=下痢などの単純な痛みなのに、脇腹など普段感じたことのない場所が痛むと本当に不安になるものです。 まずは冷静になって様子をみるべきとは思いますが、中には重い病気の可能性もあり、病気のシグナルとしてお腹が教えてくれている場合もありますので、面倒と思わず少しでも早い病院での受診を心がけるようにしてくださいね。

次の

脇腹のしこりの原因は?左右別にご紹介!

左 脇腹 肋骨 の 下 痛い

以前から気になっていたことがあり、専門家、御経験のある方も おられると思い、質問させて頂きます。 自分から見て左の腹部で、位置的には アバラ骨があってその一番下の真下か、この前は そのもう少し下くらいに、鈍痛といいますか痛みまででもない 違和感といいますか、何か表現し難いような感じがあり、 それは今日、昨日始まったというよりも、 ここ1年程度の長い間、毎日ではないですが時折あり、 別に悪化するような感じも無く、昔から同じような症状のままで、 ここ最近、大目に感じるかなというもので、妙に気になったものですから。 それでこの症状が起きる時と言うのは、大体が家庭内とか 仕事がかなり詰んでいるような時が多いです (自分は経営者ですが小規模なもので、大きな会社とかではないです) ただ、趣味などもあるので自分ではストレスを感じる事は少ないです。 (が本当に時折ですが精神的に弱っているなと感じる事はあり) あといつもではないですが、そういう症状があってから後は 割合、便意を感じる事が多く、トイレに行くと軟便であったりし、 大量に出たりする気がします。 ガスも多めに出ている気がします。 大体、その後は症状が薄らいでいる気がします。 (薄らぐが無くなっているわけではない) 以前はこれはストレスによる胃痛か、胃にガンでも出来ており、 若くしてガンなのではないか?などと思ったりしたこともあったのですが 結局、医者に行った事がありません。 どうしても口からカメラを入れられるのが恐怖で行けません。 (以前、喉の不快感で耳鼻咽喉科の医者に行った時に 鼻から入れられ、その時は麻酔をされたのですが その喉の不快感や吐き気がトラウマになっており、行けず。 ) この症状は一体何なのでしょうか宜しくお願いします。 私も同じような症状(お腹の違和感)を、20年以上前から感じてきました。 位置的に言えば、お臍から12センチくらい左よりのところでお腹の皮膚に近いところです。 私の場合、その症状と飲酒(ビール)が関係しているように思います。 飲酒が続くと症状が出てきます。 飲まないと治まります。 今は、ビールを飲むのは、週に1~2日ですのでお腹の違和感は出ていません。 私は体がそんなに強くないので医者に診てもらうことが多かったのですが、長い間、そのことを医者に話すことはありませんでした(訊くことが怖かったから-笑)。 それを思い切って医者に尋ねてみたのは、2年ほど前の健康診断のときです。 先生は「ナントカ結腸が、どうたらこうたら・・・」と言われただけでした。 消化器内科が専門の先生だったのですが、詳しく調べてみましょうとも何とも言われなかったので放ったらかしにしています。 私のような場合もありますが、医者の診断を仰ぐことが一番いいのは確かです。 折を見て病院に行かれてはどうでしょうか。 A ベストアンサー 病院に行くのが先決かと思います。 私の場合は表面でも内臓でもない2センチ奥ぐらいがチクッチクッと不定期に痛い感じです。 たまにチクチクチク~っとも。 身をよじる程度で耐えられないほどではないです。 これは中学に入ったぐらいから数年に1度、1週間~2週間ぐらいおこります。 何度か病院でレントゲンをかけて診てもらったのですが異常なし。 「ストレスですね。 」と言われるのですが思い当たるストレスは無いし…。 最初は病院でも見つけられない病気が潜んでいるのでは?と心配していましたが20年経っても元気です。 最近では「またきたか。 」と思ってあきらめていますが 誰かこれはこうゆう病気ですよと言ってくれないかしらと常々思っています。 それで最近気が付いたことがあるのですが、パソコンや書き物などで前かがみの状態で異常に内臓を圧迫したときや、きついアンダーのブラを長時間つけていた時に起こりやすい気がします。 思い当たらない時もあるので結局は定かではありませんが、qoo1234さんは思い当たることはありませんか? まったく関係ないようでしたら、また他の方を参考にしてください。 病院に行くのが先決かと思います。 私の場合は表面でも内臓でもない2センチ奥ぐらいがチクッチクッと不定期に痛い感じです。 たまにチクチクチク~っとも。 身をよじる程度で耐えられないほどではないです。 これは中学に入ったぐらいから数年に1度、1週間~2週間ぐらいおこります。 何度か病院でレントゲンをかけて診てもらったのですが異常なし。 「ストレスですね。 」と言われるのですが思い当たるストレスは無いし…。 A ベストアンサー これでは、ないでしょうか・・・? 自分も強い不安や、心配があるときによくおこり、大腸がんではないか・・・と、不安になったことがあったものですから・・・ 「空気嚥下症[くうきえんげしよう]」 空気は食事とともに多少嚥下されますが、普通は無意識のうちにげっぷとして吐き出されたり、放屁によって肛門から排泄されます。 しかし、飲食時以外にも無意識に空気を嚥下する習慣の人がいて、飲み込んだ空気が胃や腸にたまります。 早食い、がぶ飲み、口呼吸の人、常に唾液を飲む癖のある人などにみられます。 症状としては、上腹部の膨満感、圧迫感、さらに左上腹部や左側腹部の痛み、しゃっくりなどを訴えますが、これらの症状がげっぷや放屁によって軽減するのも特徴です。 また、胃や大腸にたまった空気が左横隔膜を圧迫することによって、ときに動悸[どうき]、息切れなどの症状を訴え、心臓病と間違われることもあります。 診断がついたら病態をよく理解し、不安、緊張をやわらげ、悪習慣を除くことが大切です。 A ベストアンサー はじめまして。 質問を見て思わず笑ってしまいました。 実は私もそのコリコリを発見した一人なんです。 発見時、周囲の友人には無かったものですから大騒ぎになり早速次の日には病院へ。 「このコリコリは何ですか?」と聞く私にお医者様は「左には(臓器は)何もない」と首をかしげつつ。。。 触診のあと「ちょっとついて来て」と言われたので言われるがまま後をついて行くと。。。 診察室から出て廊下にある人体模型図の前で「それはコレだ」と、お医者様。 オイオイ、笑うぐらいの優しさはないのか?なんて。 左のその位置にはこれといった臓器はないそうなので、やはり肋骨だと思われます。 痩せていたり太っていたりでコリコリは個人差があるようです。 が、万が一がありますので心配でしたら病院へ行ってみて下さい。 ちなみに私が行ったのは内科です(笑 Q 最近、左あばら骨の下辺りに違和感があります。 痛みの様な・圧迫感の様な・痺れている様な、なんとも表現のしづらい感じです。 『左あばら骨の下』と言うのは、あばらの「裏」とか「後ろ」ではなくて、一番下の肋骨よりさらにおへそ側の辺りです。 中から外に圧迫されているような、何か重い物が入っているような、筋肉が張っているような、痛みの様な感じです。 1ヶ月程前に、みぞおちの辺りにも強い痛みがありました。 今はみぞおちの痛みはほとんど無いのですが、みぞおちの痛みが無くなったと同時に左あばら骨の下に違和感を感じるようになりました。 便秘はありません。 とゆうより、もともと少し軟便気味です。 1日に2~3回は便をします。 ネットで調べると、「膵炎」や「膵がん」の疑いがあると分かりました。 しかし、膵臓系の病気は血液検査では数値的には分からない、エコーをしても胃の裏にあるため分からない、といった情報も多数みました。 膵臓が原因ではないかもしれませんが、もし膵臓だった場合、今の症状が出ていたらかなり酷い状態なのでしょうか?また、膵臓が悪い場合、今のような症状が出ているのであれば、血液検査やエコーをすれば、何らかの所見が見られるのでしょうか? 膵臓で無い場合、どのような病気、どの内蔵に可能性があるのでしょうか? 過去の経験上、大病院(大学病院)は簡単な検査で所見(血液検査・触診)が見られない場合は、詳しい検査はして頂けない傾向にあります。 街医者では、検査を頼んだら行なってくれる場合が多いですが、経験や知識や技術に不安を感じる部分もあります。 現在は長期海外出張中で、病院に行ける状況にありません。 よって「まずは病院へ・・・」と言った回答はご遠慮下さい。 長々と書きましたが、ご意見を頂けると助かります。 本気で心配をしております。 最近、左あばら骨の下辺りに違和感があります。 痛みの様な・圧迫感の様な・痺れている様な、なんとも表現のしづらい感じです。 『左あばら骨の下』と言うのは、あばらの「裏」とか「後ろ」ではなくて、一番下の肋骨よりさらにおへそ側の辺りです。 中から外に圧迫されているような、何か重い物が入っているような、筋肉が張っているような、痛みの様な感じです。 1ヶ月程前に、みぞおちの辺りにも強い痛みがありました。 今はみぞおちの痛みはほとんど無いのですが、みぞおちの痛みが無くなったと同時に左あばら... A ベストアンサー 恐らく質問者さんと同様の症状だと思いますが去年までありました。 少し体調を崩したりすると決まって胃の辺りが張ってまして、自分も胃カメラなどしましたが「胃もキレイなほうで異常ないですね」といった結果でした。 結局ガスモチンなどの薬を処方され、服用しましたが効果はありません。 病院では無理かな?と諦めてかけてた時に縁あって漢方脉診流鍼灸にたどり着きました!胃ではなく腸に問題があったようでした…病気ではないですが。 その後、脉診鍼灸で内臓の調子を整えてお腹の張った症状は現在もありません。 病院では薬で症状を抑制させるだけですからね。 是非お試し下さい。 plala. htm.

次の

左あばら骨の下が痛い!意外な3つの原因とは?

左 脇腹 肋骨 の 下 痛い

ページの目次• 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は「あばら骨」? 腕や足の骨が折れたら、恐ろしい痛みを感じますよね。 折れた部分は腫れたりしますから、骨が折れた事に気が付かないという事はまずありません。 でもあぼら骨が折れたり、ヒビが入っていても、見た目もさほど変わらないので気が付かない人も多いのです。 でもそんな簡単に骨って折れる?と疑問に思うかもしれません。 例えば心臓マッサージをすると体重をかけますよね。 救急隊員の人によると、結構な確率であばら骨は折れるそうです。 しかし、そんな怪我よりも、命を救う事が大切ですから、気にしないようにしているそうです。 転んだ、殴られた、どこかにぶつけた事でも十分骨が折れたり、ヒビが入る事もありますし、骨のもろい人はくしゃみした衝撃であばら骨が折れたなんて話もあるくらいです。 左脇腹や肋骨下に衝撃を受けた記憶のある人は一度整形外科に受診してみてください。 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は「神経痛」? 肋間神経痛は名前の通り肋骨に沿って走っている神経です。 ここが何らかの理由で痛みのもとになっている事があります。 肋間神経痛の原因として、肋骨が折れたり、ヘルニアなど経験のある人がなりやすい傾向があります。 また意外なことですが、運動不足が原因という事もあります。 デスクワークの人などは一日中同じ姿勢でパソコン前にいますよね。 つまり背中や脇の筋肉が固まってしまうのです。 そしてそれがいきなり体を捻ったり、くしゃみなどで衝撃を与えると、筋肉から軽い肉離れを起こしてしまうのです。 そして、肋間神経痛の理由として多いのが、「ストレス」なのです。 病院に行っても検査しても悪い所はないとなると、その可能性が高くなります。 現代人でストレスに晒されていない人はいません。 そのストレスを無くすことは難しいかもしれませんが、自分でもストレスを解消する方法について考えてみましょう。 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は「内臓疾患」? 内臓が痛むのと違う!と思っている人はいると思います。 でも内臓が腫れたりすると、周りの神経を圧迫してそれが左脇腹の痛みや肋骨下痛みに繋がる事もあります。 さて、左脇腹の痛みや肋骨下痛みを及ぼす内臓となるとまずは「心臓」があります。 狭心症や、心筋梗塞などは胸部に痛みを伴う事が多いです。 「胃」はストレスを感じると症状として現れやすい部位です。 例えば胃炎や胃潰瘍などがあります。 他にも長時間デスクワークをしていると、どうしても姿勢が悪くなり、胃が圧迫される事で、痛みを感じる事もあります。 ちょっと意外かもしれませんが「腸」もまた、問題があった場合左脇腹の痛みや肋骨下痛みとして現れる事もあります。 ちなみに便秘や消化不良を起こすと、腸の左側に消化物が溜まりやすく、その結果痛みを感じるという事はあります。 これらは治療が必要なものになりますので、内科を受診しましょう。 痛み自体がストレスになる事もある ストレスが原因で左脇腹の痛みや肋骨下痛みを感じたとします。 しかし、この痛みもまたストレス要因になりますから、結果治ることのない悪循環になります。 また、痛みの原因を知る事が怖いから病院への受診を恐れる人もいます。 しかし、痛みが治まらなけれればどんどん不安が増していきます。 それもまたストレスになるでしょう。 体が痛みを伝えているという事は、何か問題が発生しているのです。 放置しておいていい事はありません。 逆に痛みの理由に名前がついて、どうすれば痛みがなくなるかという事が判れば、ストレスも大分軽減される事になります。 だからこそ、ストレス解消のためにも病院に受診をした方がいいでしょう。 どんな病気も早い段階で発見できれば、治療にかかる期間もお金も少なくて済みます。 もちろん痛みもです。 特に内蔵疾患が理由であれば、放置は命に係わる事もありますから、是非病院へ受診した方がいいでしょう。 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は色々あるけど素人判断は危険 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの理由はいくつかあります。 1.あばら骨に骨折もしくはヒビが入った 他の部位と違い、思ったよりも軽い衝撃でもひびや骨折しやすいのです。 また痛みも他の部位と違って強くないため、意外に気が付かない人も多いです。 そのままでも自然治癒してしまう事もあるくらいですが、早い治療にはやはり整形外科へ受診すべきです。 2.肋間神経痛 肋間神経痛になる原因も色々ありますが、その一つにストレスがあります。 内科の他にも神経内科を受診するのも一つの方法です。 3.内臓疾患 心臓、胃、腸などに問題が発生しても、左脇腹の痛みや肋骨下痛みを感じる事はあります。 放置すると悪化する危険があるので、内科へ受診しましょう。 痛み自体がストレスになる事もありますから、出来るだけ早い受診をオススメします。

次の